2006年02月04日

レーシング・ストライプス

レーシング・ストライプス」 WOWOW/字幕

子供向け映画にあまり難癖をつけるのもどーか、と思いますが、「ベイブ」は大人が見ても楽しめる映画だったのに対して、これはちょっとイマイチ。

「ベイブ」のヒットを元に、柳の下の2匹目の泥鰌を当て込んで作ったのがミエミエなのは、まあ映画業界の常として許せるとしましょう。
でも、それにしては「ベイブ」に比べ、何点かバッド(下向き矢印)なところがあります。

続きを読む(ネタバレあり)
posted by マウザー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画短評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

猫耳

さー、今日からクロニクル4が導入されました。
新スキル、新クエスト、新アイテムといろいろな見所があって、当分更新ネタに困らないのは嬉しい限りです(笑)。

まず、パッケージ購入者特典の「サークレット・オブ・ライオン」。
譲渡不可アイテムなので誰に付けようか迷ったのですが、一番使いそうで似合いそうなホークアイに。

blog0091.jpg

う〜ん。今ひとつピンと来ないかも・・・・あせあせ(飛び散る汗)

続きを読む
posted by マウザー at 16:43| Comment(2) | TrackBack(0) | リネージュ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

エルフの女マスター

C4になって色々細かい変更が加わっています。

キャラが瞬きするようになった、とか、今まで雨ざらしだったオークギルドの面々がテントに入っている、だとか。(それでも他の種族は屋内なのに、オークはまだテント・・・)

中でもちょっと気になったのが、エルフギルドの女マスター。
今はこんな感じです。



実は前々からエルフの女マスターはとてもカジュアルないでたちで、全然(戦闘のプロたる)マスターらしくないな、と思っていて、一度はブログのネタにさえしようとしたこともあります。
しかし「能ある鷹は爪を隠す」ではありませんが、映画でもマンガでもよくあるじゃないですか?
一見風采の上がらないどこにでもいるような老人が実は凄腕の達人で、片手をヒネっただけで大の男を投げ飛ばしてしまうようなシーン。
なので、ふわふわしたお洒落な洋服を着た、どこにでもいるような(!)若い女エルフが、実は戦闘のプロであることも、ありなのかも知れない、と思い返したわけです。

しかし、マスターらしくないと思っていたのは私だけではなかったらしく、そこで今回の変更となったのでしょう。

深読みしすぎたか(笑)
posted by マウザー at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | リネージュ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

釣り

C4導入の大きな目玉として(略して大目玉←違)釣りシステムがあります。
小さい頃は釣りにハマっていたこともある私としてはやらずにはおけません。

とりあえず、釣り組合員から竿と餌、そして釣りスキルを買わねばなりません。
まあ最初ですから当然初心者用の竿と餌。
そしてスキルはLv3ぐらい上げておきました。

続きを読む
posted by マウザー at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | リネージュ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

レットリザードマン討伐

次のルアークエスト「オフルレの特殊なルアー」をやりました。
体感的には思ったよりクエアイテムが出たように思え、しかも経験値的にも良かったので、予想されたほどのダルさは感じませんでした。
(それでもやはり4時間コースだったのですが)

クエアイテムを集め終わり、アイスルアー4つを貰い、早速村前の池で釣ってみます。
勿論4つとも上手く釣り上げました。
そして前回とは違い、全てクエ対象の黄色い宝石箱・大。
クエ報酬はエルブンリング1個でした。(ちなみに報酬の対象は黄色い宝石箱一個。他の3個は開けてかまいません)
ただバインドを倒すのにDSS全開でやったので、取得経験値を考えなければ収支は微妙かもしれません。

さて、釣りや礼服クエが注目されがちですが、通常のクエもいくつか追加されています。
これはLv34からできる「レットリザードマン討伐」クエスト。



要はレットリザードマンシャーマン以外を倒し、嵌めている腕輪60個を持って帰れ、という物。
大体2〜3匹毎に1個落ちる感覚ですが、ルアークエストの100個より少ない分楽な気がします。
ちなみに報酬は30ka。
posted by マウザー at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | リネージュ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

シャーマン・リターン

C4が始ったから、というわけでもないのですが、新キャラ作ってみました。
オークメイジは、実は以前Lv25のシャーマンを作って結局挫折した経緯もあるのですが、その時とはmobの様相も支援体制も違ってきていますし・・・



なぜオークメイジかというと、これを作ることによって全種族の女性キャラを(FとM別々に)制覇することになるからです。
まあ、作るだけなら枠がありさえすれば誰でも作れるわけですが、夢は全種族の女性キャラ(5種族×2)を全員2次転職させること。
そのうちダークエルフ、ドワーフは完了、エルフ、ヒューマンは1人づつ達成してますから、あとは4人です。
とはいっても急いで達成することもない目標なので、気長にやるつもりなのですけどね・・

続きを読む
posted by マウザー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リネージュ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

タイラント

オークモンクがLv40になったのでタイラントの転職クエを行いました。

さすがに戦闘職、徹頭徹尾、戦闘が要求されます。
その分他の(支援職などの)職の様に殺人的な長距離マラソンが要求されないのが救いです。

続きを読む
posted by マウザー at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | リネージュ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月16日

チルコーダ

オークメイジの育成はLv12ぐらいから、勝手知ったるDE村近辺でやることにしました。
ある程度までは沼でホラー類を狩り、Lv16ぐらいになるとストッペル(蜘蛛)を狩れるようになるので調子に乗ってガンガン狩っている時、ふと気が付きました。

続きを読む
posted by マウザー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リネージュ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

釣りの成果

ヘアカラー変更ポーションを使ってみました。



実は前から赤毛に変えたかったのです。
変更後のイメージがパッとするかしないかはさておき・・・。

普通髪色の変更薬はセブンサインの司祭を通じて古代のアデナで買うことができますが、今回は釣った魚から得られる魚油や鱗を使って作りました。
製作図は露天から買いましたが、後の材料は釣果ですので、司祭から買うよりは幾分安くなっている筈。

続きを読む
posted by マウザー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リネージュ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

魔法使いとしてのシャーマン

オークシャーマンはLv24も間近となり、前回挫折したLv25にあと一歩のところまで来ました。

今までシャーマンでの戦い方は、
1)ドリーミングスピリッツ(スリープ)で眠らせる
2)フロストフレイム
3)徐々に体力が減るのを待つ
4)最後の一発を殴ってFinish 
という形でやってきました。

手近に他の敵がいれば勿論、一匹目のHPが徐々に減るのを待つ間に次の標的にスリープ→フロストフレイム を繰り返しを行うわけですが、そう都合よく、程よい距離にmobが分散しているケースは少ないので、普通は1匹づつ処理することになります。
そうすると、3)の「待つ」部分が相当ダルくなってきます。

続きを読む
posted by マウザー at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | リネージュ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

職質

今日秋葉原を歩いてると、突然見知らぬ男2人に呼び止められました。
例によってキャッチセールスかと思い、邪険に手を振って歩き去ろうとしましたが、なにか声をかけて追ってきます。
見ると警察手帳を振りかざしています。
見た目(恐らく私服でしょうが)全然警官らしくない、どこにでもいるようなオッサン2人組です。
物言いは丁寧なので、話を聞きます。

その日私はOD色のM65フィールドジャケットを着ていたのですが、どうやらそうしたミリタリーファッションの人を呼び止めているらしいのです。
曰く「そうした服を着ている人がよくコンバットナイフとか持っていることがある」とか。
また秋葉原という土地柄、「(パソコンや家電製品を買うための)大金を持っている人が護身用に催涙スプレーを持っていたり」することもあるらしい。

相手「どうしてそういう服着るんですか?」
(青島刑事だって着てるじゃないですか、と言いたいのをグッと堪えて)
私「いやあ、生地が厚くて暖かいですし・・・」
などという、いかにも嘘っぽい、私が警官側なら(んなわけあるかい!)と突っ込みたくなるような問答をしてしまいました(笑)。

まあ、ミリタリーファッションとコンバットナイフに関連が無いか、と言えば無いことも無いでしょうが、直結させるにはかなり発想に飛躍がありすぎる気がします。
大体、仮にコンバットナイフを持っていたとして、秋葉原に出かける際に持ち歩くでしょうか?(まあ、世の中オツムの暖かい人も多いので、いるかもしれませんね)
個人的に警察には悪感情は持ってないので「お勤めご苦労様です」と言いたいところですが、秋葉でそんな人に目をつけるぐらいなら、もっと目を向けるべきところは一杯ありそうです。

ところで、声をかけてきたオッサンはこちらの持ち物を見たかったようですが、背負っていたナップサックの中を見るでもなく、ジャケットのポケットの中を確認すると、それで気が済んだようです。
こっちはボディチェックでもするのかと脇腹を触ってもいいように手を上げたのですが、「あ、手は上げなくて結構です」と言われました。
仮に私が刃渡りの長いコンバットナイフを持っていたとして、それを無造作にポケットに入れておくでしょうか?
屈んだりうつむいたりした拍子に落とすかも知れないのに?
もし私が長い刃物を携帯するとしたら、一番持ちやすいのはシース(鞘)ごと脇腹辺りに吊るでしょう。
言い換えれば、そこを確認しないと折角職質しても凶器を見逃すことになるだろう、と思うのです。
う〜む、ぬるいっ(笑)。
(こっちもちょこっとハリウッド映画の見過ぎかと思いますけどね)

結局2人は「驚かせてすみませんでしたね^^;」と言って去っていきました。
私はこのジャケットをもう10年ぐらい着ているのですが、ジャケットを着ていただけで職質される日が来るとは思いもよりませんでしたたらーっ(汗)

posted by マウザー at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

礼服

C4で導入された礼服。
既に着ている人も頻繁に見かけるようになりましたが、見た目以外性能的な向上が無いことや、必要な素材数が生半可でないことなどから、本当に着たい人以外は手を出しにくいアイテムです。

続きを読む
posted by マウザー at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | リネージュ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

続・礼服

大ネタなのでもうちょい引き摺ります(笑)。
折角作ったので色々なキャラに着せてみます。

続きを読む
posted by マウザー at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | リネージュ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

勇猛なるジャレグ

勇猛なるジャレグ」 スティーブン・ブルースト著

剣の腕も優れ、呪術・妖術も使える暗殺者が主人公と聞いて、正直強すぎる主人公像を想像してしまいましたが、実は大ハズレ。
強いことは強いですが、剣の腕はそうたいしたことが無い上、暗殺者業界ではNo.1でもありません。
しかし典型的なヒーロー物にありがちな、強いだけで思慮深さの足りない人物設定でないところがいいです。

読んだ後、これははっきり言って「ファンタジー版スペンサーシリーズ」だと思いました。
口は悪いが硬い友情で繋がれている相棒。
美人かつ聡明かつ有能な妻。
主人公の完全な味方、というわけではないにしてもプロとしての誇りを持って仕事をする取り巻きの人達。
主人公にしてからが何が起こっても大丈夫な程タフではなく、むしろ避けられるトラブルは万全を期して避けるタイプの性格なのです。
(そうしていてさえ色々なトラブルに巻き込まれるのはハードボイルドのお約束ですが)

ストーリー的にも「ある貴族から大金を盗んで、別の貴族の館に客人として匿われている男を、両家のメンツを潰すことなく始末する」ような困難な命題を解決しなければならない、スペンサーシリーズに似た展開です。
(もっとも解決方法はいかにもファンタジー的ですが、充分納得のいく方法です)

ファンタジーなので竜や魔法(呪術と妖術)が出てきますが、それらの存在についてありえそうな描写がなされているのも魅力の一つです。
結局ファンタジーと言いながら、現実感があるかどうかはそれらに対する細かな設定や描写にかかってくるからです。

いろいろ書きましたが、今後このシリーズは続々翻訳されそうですのでとても楽しみです。
posted by マウザー at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 読後感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。