2006年10月02日

恥辱の埋葬地

アカデミーも一期生を送り出し、次のアカデミー生育成まで10日間ほど余裕が出来たので、何をしようか考えた末、Lv31で止まったままになっているオークシャーマンで、C5になって追加されたクエ+エリアを体験しに行くことにしました。

クエスト攻略HPを見て見るとオーク村(とその近郊)で新クエが多く追加されているように思えます。
しかし、今いるところはディオン。
オーク村まではかなり遠いです。
C4までならグルーディオ村からGKで6Kそこそこで行けたのに、今は20K以上も払わなければならないので、おいそれと飛ぶのには心理的抵抗を感じます(笑)。

続きを読む
posted by マウザー at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | リネージュ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

恥辱の埋葬地(続き)

引き続き「恥辱の埋葬地」で狩りを続けます。

昨日書いた「盗掘屋掃討作戦」と「バトゥールの怨霊」クエはどちらも2回やりましたが、清算すると漏れなく好きな素材が適量貰える、というのはギャンブル要素の強い「フローラン村を救おう」クエと違って、堅実な人向きかもしれません。

恥辱の埋葬地の南にある「盗賊屋の棲家」にも行ってみましたが、残念ながら恥辱の埋葬地のmobよりも若干Lvが低めで、Lv33の自キャラから見ると全て緑名前になってしまうので、経験値稼ぎには向いてないと判断、もっぱら恥辱の埋葬地に腰を据えていました。

恥辱の埋葬地の塔型の墓の頂上には何匹か固有のmobがいて、度々何か叫ぶのですが、ずっといると段々そのシャウトが耳障りになってきます。

blog0191.jpg

・・・・・・ウザスむかっ(怒り)
posted by マウザー at 23:41| Comment(2) | TrackBack(0) | リネージュ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

チャーリーとチョコレート工場

チャーリーとチョコレート工場」 WOWOW/字幕

パッと見子供向け映画なんですが、そこはティム・バートン、綺麗な映像の中にブラックな演出がキッチリ入ってます。
子供にこんなブラックな笑いがわかるだろうか?とも思いましたが、よく考えると、実は大抵、子供の方が大人にはない残虐性を秘めているものですから、(笑えるか笑えないかは別にして)そんなに違和感は感じないのでしょうね。

ご存知のように特徴的な子役が何人も出てきますが、流石主演のジョニー・デップは子役に食われることも無く、独特の演技力で存在感をかもし出しています。
というか、正直ストーリーなんてどうでも良くて、ジョニー・デップの小芝居とリスのクルミ割りシーンだけが見所のような気もします(笑)。

そうそう、ウィリー・ウォンカ(J・デップ)のお父さんを演じている人、どこかで見た顔だなあ、と思っていたら、クリストファー(ドゥークー伯爵)リーでした。

posted by マウザー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画短評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

ウォークライヤー

しばらくオークシャーマンで遊んでみると中々好調なので、「これは上手くやれば2次転職まで行けるかもしれない」と思い、急遽アカデミーに入学させてもらって育成を始めました。

Lv33-34になると恥辱の埋葬地も飽きてきたので、ギランに戻り、恒例の「レットリザードマン討伐」クエに没頭します。

続きを読む
posted by マウザー at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | リネージュ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

X-MEN/THE LAST STAND

X-MEN:ファイナル ディシジョン」 日比谷スカラ座/字幕

知る人ぞ知る、実は私、X-MENのファンだったりします(笑)。
なので、この作品もかなり期待していて、でも混雑した映画館で観るのは嫌なので今まで観ずに我慢してきたわけですが、そろそろほとぼりも冷めている頃だろうと行ったら、予想通りガラガラ。
多分観客、30人はいなかっただろうと思います。

監督も変わったし、前2作に比べて面白くない、という前評もあったのですが、観終わってみると、私的には中々などうして、結構楽しめました。
何がいい、といってまず、
センチネル(※)が出てきたぁexclamationてことですね。

もう大拍手大喝采物です!(ただし胸の内で)

またマルチプル・マンが出てきたぁexclamation(ただし悪役だけど)
とか、
ウルヴァリンのヒーリング・ファクターの治癒速度すっげーexclamation×2
とか、
サイクロップス、原作ではリーダーなのに影薄いぃー(笑)、とか。

まあ、マニアックな見所と言ってしまえばそれまでですが。

今回主要メンバーが何人かお亡くなりになったり能力を失ってしまったりするので、多分この3部作(?)の続き、という形での続編映画は製作されないでしょう。
正直「ええぇ!この人死んじゃうの?」ってシーンが2箇所程あるんですが(笑)、でもよく考えてみると原作コミックの世界でもそうした描写は数限りなくあって、「最後、こんなにキャラ殺しちゃってどうするの?」と思わせといて次回では何事も無かったかのように生き返ってたり、別の話が始ってたりとかで、アメコミの世界では常套手段というか、お約束な展開であったりします。
だから映画も似たような感覚で作っているのでしょうね。

今回で一応X-MEN映画は終了となる筈ですが、ファンの側からすると不満が無い訳ではありません。
まず第一に、クライマックスでマグニートー率いる悪の軍団とX-MENが戦うわけですが、そもそもマグニートーが被っているヘルメットはエグゼビア教授の精神攻撃を受けないための精神波遮断防具だったはずです。
ところが、ここでは教授が既に退場していて、いないことが前もってわかってる筈なのに、なぜヘルメットを被る必要があるのでしょう?
(被ってなきゃ只のおじいさんだから、という説もありますがw)

次の不満は、私の好きなガンビットが出てないってことですむかっ(怒り)
本当なら主役級のキャラなのにたらーっ(汗)

さて第一作から6年が経過しているわけですが、ウルヴァリン役のヒュー・ジャックマンとかストーム役のハル・ベリーは相変わらず格好良い/美しい。
しかし、今回主役級のジーン・グレイ役・ファムケ・ヤンセンはちょっとお年が顔に出てきたな、とか、ローグ役のアンナ・パキンは成長してやはりちょっと可愛らしさが虚ろってきたな、と感じました。
6年同じ役をやるって、やはり相当難しいことなのでしょうね。
それにつけてもイアン・マッケラン、よく生きてたなぁ(←失礼な!w)


※:対ミュータント用巨大ロボット。原作ではしょっちゅう出てきます。












posted by マウザー at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画短評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

新キャラ

マイブームとなりつつあるアカデミー生育成。
しかしキャラスロットが全部埋まってしまって、それぞれに思い入れのあるキャラなので削除もままなりません。
そこで新しいアカウントを作成して、アカデミー生専用キャラを作ることにしました。

続きを読む
posted by マウザー at 10:09| Comment(2) | TrackBack(0) | リネージュ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

虐げられしテクラ

虐げられしテクラ」 スティーヴン・ブルースト著

私の好きなファンタジーシリーズの第3巻。
しかし今回はかなり前2作と趣が違います。

まず解決策がシックりきません。
前2作のような「快刀乱麻を断つ」ような爽快さがなく、中途半端です。
それは作中人物が自ら「なにも解決されていない」と言ってることから、著者本人もわかっていることなのでしょう。
海外(あちら)のファンの間では「最も面白くない作品」に挙げられているそうですから、それもよくわかります。

とはいえ、対立する悪党に捕まって拷問され自殺を選びたくなったり、愛する人の人生観が自分のそれと解離していく悲しさ、問題を解決する最善の方法が愛する人を大きく傷つけることになることへの葛藤、といった複雑な心理描写は並みのファンタジー小説では滅多に描かれることのないボリュームを持っていて、その分大人の読み物としては、読むに耐える作品であると思います。(贔屓の引き倒しかなあ?(笑))

posted by マウザー at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 読後感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初心者用エンチャ

折角新しいアカウントで作ったキャラなので、初心者用エンチャの恩恵を受けてみることにしました。

blog0196.jpg

ほとんど支援する2アカのシリエルから受けられる類のものなのですが、効力3のアキュメンだけはありがたい(しかも持続時間1時間!)。

もれなく(!)キューブが付いてくるのも新鮮だったりします。
posted by マウザー at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | リネージュ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

誓いのローブ

Lv19になったので「誓いのローブ」ゲットを目指し、わざわざ温泉地帯からグルーディオまで盟主様にご足労願って(本当ありがとねあせあせ(飛び散る汗))、「導く者、導かれる者」クエをはじめました。

Lv19から受けられるものの、よく考えたらもっとレベルアップしてからでも良かったのかも知れない、とは最初のメルリザードマンを狩る段階でリンクして死に掛けた時に思いましたが(笑)、なんとかクリアし、用意したDクリが30個足りなかったハプニングがあったりとかして手間取りましたが、最後のキングアラネイドを狩る段階では、盟主様に全部mobを引いてもらって比較的安全に狩ることができ、首尾よく終えることができました。

早速この日のために用意したD-ZELでオール+3にしたりして(それでもミスリルセットには防御力で劣るのですが)装備してみました。

blog0197.jpg

う〜ん、強面の顔なのに、雅なデザインが何ともミスマッチですたらーっ(汗)
posted by マウザー at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | リネージュ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

男のペアって

Lv29になって生活圏がディオン近辺になってきたので、より良い装備/レベルの高いキャラとペア替えです。

・・・って言ったら、全15人の内、男性キャラはこの2人しかいないのに、何でこういう組み合わせになるかな?〜ちっ(怒った顔)(→答:マウザー君がWIZに相性の良いシリエルだから)

blog0198.jpg

絵的にあまり見たくないような・・・(笑)
posted by マウザー at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | リネージュ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

ダンジョン&ドラゴン2

ダンジョン&ドラゴン2」 銀座シネパトス2/字幕

風邪気味で体調が悪いにもかかわらず、頑張って観に行ってきました(笑)。

続きを読む
posted by マウザー at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画短評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

リファイン

BlackCobra君はようやく卒業することができました。

blog0200.jpg

スペルハウラーは2人目なので転クエ自体は「この道はいつか来た道るんるん」で面白くはなかったのですが、今回、シリエルのエンチャ付だとLv32でもレットリザードマンソルジャー(Lv37)を軽く狩れる、とか、Lv37でもクロンベ(Lv43)を軽く狩れる、ということがわかって、今後に大きな糧を残してくれた育成でした。

さて、今日は「リファインプロジェクト」と称して色々アップデートが行われました。
インスタントアイテムの種類が増えた、だの、ショートカットが3段一度に表示できる、だの、召喚職は友人を召喚できる、だの、かなり多くの物が改善されています。(それによってバグも出ているようですが)
その中の一つに、ロード画面中にTipsが表示される、というのがあるんですが・・・・・

blog0199.jpg

・・・言ってることは正しいと思いますが、役に立つ情報なのでしょうか? (笑)
posted by マウザー at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | リネージュ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

空中列車と魚

BlackCobra君が卒業してちょっと間が空いたので、再びまだ見てないエリアを観にいくことにしました。

今回はシュチュッツガルドから北東へ登っていき、空中列車の遺跡とやらを見てみることにします。

続きを読む
posted by マウザー at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | リネージュ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

3号機

blog0206.jpg
名声値400点フル獲得を狙うための3人目のアカデミー新入生を作りました。

誓いのローブは、やっぱり女性用デザインの方がシックリくる気がします。

posted by マウザー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リネージュ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

シルノエンローブ

ふとした思い付きで、マウザー君の装備をアバドンからシルノエンに換えてみました。

blog0207.jpg

まるでアビスウォーカーかスペルハウラーか?といった感じですがレッキとしたシリエルです(笑)。

換えた理由としてまず、「詠唱速度がそんなに大事か?」という疑問が前からありました。
もちろん大人数の狩りで、多くのPTメンバーにエンチャを掛けるケースを考えれば最重要事項であることは間違いないでしょう。
しかし私のような殆どペアプレイ専門だとエンチャの量自体そんなに多くないので、それほど目に見えて違いは無いんじゃないか?、それよりも少しでも魔法力を上げてルーツの成功率をUPした方が良くはないだろうか?という疑問が浮かんだのです。

また、レベル的にそれほど違いが無いセカンド・シリエルのティックが、B装備できるレベルなのにいつまで経ってもカルミなのは少々可哀想、と思ったのも理由の一つです(笑)。
といってアバを2セット揃えるのもバカバカしいですから、あと110%EXPを稼げば装備できるレベルになるハウラーのことも考え、シルセットにしました。

さて、実際に使ってみると、先制してルーツを掛ける場合なども特に詠唱が遅いとは感じられません。
むしろ折角のシルセットなのにルーツを失敗したり、魔法攻撃力の面で思った程効果が上がっているのか疑わしいケースさえあります。

今はアカデミー生の育成で、ハウラー候補キャラのエンチャを行っていますが、必要なエンチャの数はメインキャラのファントムレンジャーに付ける場合より(クリ関係が無い分)少なくて済みます。
なので体感的にアバ着用時と比べてそんなに遅いとは感じませんでした。

しかし、試しに物理攻撃に対するエンチャも含めてマクロを流してみると、やはりかなり遅く感じます。
しかも、シルローブを着た姿を見慣れないせいか、何か違和感を感じてしょうがありません。

結局3時間ほど試した後、元のアバセットに戻すことになったのでした。
posted by マウザー at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | リネージュ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。