2011年01月06日

大航海時代オンライン・マイキャラ紹介

大航海時代オンライン(DOL)は、過去の記事にも書いた通りプレオープン時にやっていたことがあります。(プレオープン時はZephirosサーバーでした)

その後長い長いインターバルを挟んで、2008年5月頃にnotosサーバーで一から再スタートしてました。
そこから今までの間、リアル事情で色々あったり、またDOLでは後発組にあたるので発信する記事の新鮮味も無さそうだ、ということで、ブログは書きませんでした。

とはいえ、最近ではキャラもそれなりのLvに到達したこともあり、何か特筆すべきことがあった時には書いてみようかな、と思った次第です。

DOLの特色は1キャラで冒険/商人/軍人の全てを体験できることですが、反面1キャラで取得できるスキル枠には上限があり、全てのスキルを1キャラで取ることはできません。
でも例えば、一度冒険者の道を行くと決めたら必要な冒険スキルは全て取りたいじゃないですか?
しかも冒険にしろ商人にしろ軍人にしろ、ゲームから提供される娯楽は全て甘受したいし、するのが今までの私のプレイスタイル。
当然の帰結として、冒険なら冒険、商人なら商人でキャラを分けることにしました。

DOLは通常1アカウントでキャラスロットは2個。(始めた当初はキャラスロット追加サービスは実装されてませんでした)
たった2人では全て網羅することは無理そうです。
しかし2アカでは4人作れることになりますし、2アカはリネ2で慣れているので、それぐらいならどうにかやっていけそうだ、ということで2アカを採択した結果、全員で4人のキャラがいます。

【2014/2/16 更新】

blog1568.jpg

名前:LadyMarcy
性別:女性
国籍:イングランド
Lv:冒険77/交易75/海事51
アパルタメント:地中海式R4 Dタイプ

見てわかるように、リネ2のメインキャラと同じ名前。
眼帯をつけてるところも持ち越してます。(髪の色は違いますが)こっちはやめましたw

冒険担当です。
言語学を除く全学問スキルを持ってます。
故に得意職業は博物学者。
でも最近は高速度を生かして別キャラの牽引役に回ること多し。

メインシップ:チーク製巡航ハイクリッパー
blog2640.jpg
強化フルリグ×4を装備した高速船。

スタッフ/執事:ジャン
blog0728.jpg
執事の中では有数のイケメンだけど没個性といえば没個性。

副官(財宝と美術を除く学問担当):ピエール
blog0937.jpg
一番目に雇った副官。長い付き合いです。黒ハート

副官(財宝と美術、開錠担当):ラシード
blog2291.jpg
ピエールと双璧のいい男(笑)。でも無愛想もうやだ〜(悲しい顔)

副官(調理・管理技術・生態調査等):ユリアナ
blog0724.jpg
一番新しく雇ったにしては結構重用されてます。

副官(サルベージと開錠担当):アーイシャ
blog0727.jpg
ラシードだけだと財宝+と開錠+が両立し得ないため、高Lv財宝クエ用に雇った開錠副官。
サルベージも役には立ってるけど、活躍の場がほとんどラシードと被るのが可哀想ではありますあせあせ(飛び散る汗)

副官(釣りとアフリカ言語担当):ルイス
blog0758.jpg
アーイシャよりもっと可哀想なのがこの人。
釣りもアフリカ言語も使う場面が限られてる上、もっとも役に立つのが母国語のポルトガル語
というのが悲しいたらーっ(汗)

ペットのメガネフクロウ『アーチー』
blog0747.jpg
名前の由来は伝説の魔術師マーリンのペットの名前(と映画『ウォッチメン』では語られてました)から。



blog1851.jpg

名前:グレイマウザー
性別:男性
国籍:イングランド
Lv:冒険58/交易75/海事31
アパルタメント:オスマントルコ式R4 Dタイプ

本当は馴染みのある「マウザー」の名で作りたかったのですが、既に存在していて取れなかったので、由来の一つでもあるフリッツ・ライバーの小説の主人公名をそのまま持ってきました。
「魔の都の二剣士」シリーズって私の中ではマイナーな部類なのかなーと思っていたのですが、まったくの見ず知らずの方から「相方はランクマー(小説の舞台の都市名)ですか?わーい(嬉しい顔)」とか「魔法がんばってください(小説での職業は魔法使い)」とか声を掛けられることが時々あり、意外に知名度が高いことに驚かされます。(と同時にDOLプレイヤーの社交性の高さにも)

生産・交易担当キャラ。
取引スキル全種持ち。
鋳造・工芸・縫製は全てR15だし、調理・保管もR10オーバー(調理と保管は瞬間+5アイテムがあるので積極的にカンストしなくてもいい、という方針です)。
とはいえ、前記三種の生産スキルを常時R15で保つにはアルティザンに転職する必要があるのですが、その転クエが面倒、という名目の元、鋳造と工芸のみ優遇の錬金術師見習いに。
現在は縫製/工芸/鋳造がR15で回せるフィロゾフに転職済み。
錬金術≒魔術と考えると、キャラ名にも合っています。

メインシップ:ローズウッド製商用大型クリッパー
blog2280.jpg
ほとんどのケースで牽引されることになるので増量25%で再建造された商船。
ここまで真っ赤な船体と帆をしている人はそうそういないので、満足はしてまするんるん

スタッフ/執事:ソフィア
blog0738.jpg
ジャンと並んで人気の女性執事。でも頭の回転は鈍そうです。

副官(調理・食品/家畜取引担当):カルディナ
blog0740.jpg
最初に雇った副官。言わば古女房?

副官(工芸・宝石/工業品/鉱石取引担当):カーラ
blog0741.jpg
美人な上、工業品/鉱石/宝石取引持ちという才色兼備な人揺れるハート
ただし口調がぶっきらぼうなのが玉に瑕。

副官(香料/香辛料取引、防火担当):エルダ
blog0742.jpg
香辛料交易での大活躍もさることながら、調味料取引と防火があるのが何気に大きい。

副官(縫製、繊維/織物取引、防火担当):フランシーヌ
blog1305.jpg
体形はまるで子供なのに、この縫製関係の優秀さは何なんだ、といいたくなるぐらい優秀。
でも喋り方はやっぱり子供w

副官(貴金属・酒類担当):エマ
blog1724.jpg
副官スキル追加システム導入により錬金術用の副官ベアトリーチェを解雇したため、新たに雇われた副官。
現在育成中。

ペット:ミッシェル
blog1043.jpg
名前の由来は映画『バットマン』でキャットウーマンを演じたミッシェル・ファイファーから。



blog1852.jpg

名前:レディマーシー
性別:女性
国籍:イングランド
Lv:冒険53/交易64/海事56
アパルタメント:北海式R4 Dタイプ

当初は海事担当キャラとして始めたのですが、いつのまにか海事Lvが一番低いありさまに。
今では何とか戻しましたが、油断するとすぐ他のLvに追い抜かされます。

海事によく使われる大砲を自作するとなると鋳造優遇職である必要があります。
特定の海事職を除き大半の海事職は鋳造優遇ではないので、折角鋳造Rをカンストさせても大砲製作の度に転職をしなければなりません。
海事自体は嫌いじゃないのですが、それが面倒臭くてついつい海事から遠ざかってしまうんですよね。
その代わり、といっては何ですが造船の面白さに目覚めて造船スキルはMAXのR16まであります。

メインシップ:貴賓用木製装材(チーク同等)製ガレアス
blog2237.jpg
海事をやるのには大人数の船員を連れたまま移動できなきゃ、という思惑の元に移動用のガレーを建造しましたが、結局一番乗っている時間が長い船になりました。

スタッフ/執事:ドミニク
blog0995.jpg
イケメン達の中で一際光る渋いオジさん。ハートたち(複数ハート)
この人を基準にメンバーの制服が決まりました。

副官(造船、機雷、火気取引担当):ナザリオ
blog0994.jpg
造船時にはキーパーソンとなる他、火器取引あり防火ありで、何かと重用される人。

副官(砲撃関連担当):ジークフリート
blog1000.jpg
最初に雇った副官だが海事から遠ざかるにつれ影がめっきり薄くなってしまいました。がく〜(落胆した顔)

副官(剣術関連、収奪担当):ヴィンセント
blog1001.jpg
陸戦にも興味が出てきて急遽雇用。

副官(白兵関連、収奪担当):ニーナ
blog1323.jpg
本当は男性の白兵副官を雇いたかったところですが、イクバール君(のご面相)があまり気に入らなかったので。(水平射撃+もあるし)

副官(航海関連、工芸担当):ホルフィーナ
blog0689.jpg
本当は男性の工芸+副官が欲しかったのですが、ギルバード君(のご面相)が(ry。

ペット:マウザー
blog0489.jpg
ある時期自船の帆紋章がタイガーだったので、それに合わせて同じ猫科のオセロオットを。
(ちなみにマウザーは「鼠を取るもの=猫」という意味もあります)猫

折角ユニフォームを揃えたので集合写真も撮ってみました。
blog2279.jpg
(クリックで大きく表示されます)

blog1566.jpg

名前:シスターマーシー
性別:女性
国籍:ヴェネツィア
Lv:冒険65/交易75/海事32
アパルタメント:インド式R4 Dタイプ

当初はLadyMarcyで(スキル枠不足のため)できなかった冒険をやるための補足的な冒険キャラだったのですが、LadyMarcyが冒険キャラとして確立してからは常時縫製をR15で保持するための商人キャラに転身。
従ってグレイマウザーが鋳造・工芸を、そしてこのキャラが縫製ブティックを受け持つ体制です。

冒険家なのか商人なのか中途半端ですが、単にイングランドから一番遠い国だからという意味不明な理由でヴェネツィアに生を受けたのにもかかわらず、実はヴェネツィアは造船に大きな役割を果たすサイザル麻を(開拓地の)交易所で買える2カ国の内の一つだった、ということで結構重要なキャラになりました。

メインシップ:祭礼用木製装材(チーク同等)大型クリッパー
blog2271.jpg
元はLadyMarcyのメイン船でしたが、改装とリビルドでより高性能になってます。

スタッフ/執事:マリア
blog0752.jpg

副官(考古・宗教・財宝・美術担当):ライツェン
blog0754.jpg
副官(縫製、織物・工芸品取引担当):オラツィオ
blog1003.jpg
双子キャラ。
学問はあっても調査スキルがない、とか、縫製はあっても繊維取引がないとか、中途半端なキャラには中途半端な副官が集まるのか?
まあどの道それほど真剣にスキルを考えるキャラじゃないのでいいのですけども。

副官(生物担当):ソニア
blog0927.jpg
副官(調理、管理技術担当)クラウディア
blog1353.jpg
防火のあるオラ君や管理技術のあるクラウさんはまだ役立つ局面も多いですが、折角優秀な(という噂の)ソニアさんはあまり期待視されてないのがちょっと可哀想。

副官(造船担当):チェスター
blog1739.jpg
ヴェネツィア公用船を造る目的だけに覚えた造船スキルのサポート役。
現在育成中。

blog0494.jpg
ペット:ピーコ
ペットの名前からして孔雀の英語(ピーコック)から付けたいい加減さが丸わかり。


以下、休止中のアカウントにいるキャラ

blog2341.jpg

名前:MadamMarcy
性別:女性
国籍:イングランド
Lv:冒険36/交易64/海事18
アパルタメント:インド式R4

名前はリネUで使っていたキャラから。
当初は倉庫キャラとして主にオーナメントの保管がメインでしたが、復活時は南蛮貿易に参加できるほど成長しました。

メインシップ:チーク製商用大型クリッパー
blog2347.jpg
曳航専用なので25%増量で建造。

スタッフ/
執事:ヴィト
副官:ジルベール、ダヴィデ、ピエトロ、アスラーン、ベルンハルト



【画像なし】

名前:ファファード
性別:男性
国籍:イスパニア
Lv:冒険21/交易40/海事21
アパルタメント:北海式R2

名前はフリッツ・ライバーの小説『魔の都の二剣士』シリーズにおけるグレイ・マウザーの相棒から。
特殊帆塗料その1収奪用として誕生。
その後メンターポイント稼ぎ用として使われ現在に至ってます。

スタッフ/
執事:スザンナ
副官:ウルフガング、エスメラルダ、ナターシャ



blog2343.jpg

名前:ブラッドローズ
性別:女性
国籍:イスパニア
Lv:冒険22/交易41/海事20

元はガレー船の乗り心地を見るため体験版に作られたキャラでしたが、ポルへの敵対度が上がる『高級鎧の装飾』レシピ収奪で大きな功績を上げました。
(努力の甲斐あって、現在では『敵対』から『敵意』まで下がってます)

メインシップ:フレミッシュガレオン
blog2348.jpg

スタッフ/副官:ダンカン、ハワード



blog2344.jpg

名前:ガレット・デロア
性別:男性
国籍:フランス
Lv:冒険24/交易41/海事17

名前はリネUで飼っていたペットから。
元は、グレイマウザーが使えない時の取引スキル支援用目的で体験版に作られました。
その後、メンターポイント稼ぎ用として使われ現在に至ってます。

メインシップ:フレミッシュガレオン
blog2349.jpg

スタッフ/副官:ジョセフ、アネット



blog2346.jpg

名前:アルマーシリアン
性別:女性
国籍:イングランド
Lv:冒険10/交易36/海事0

名前はロード・オブ・ザ・リング・オンラインで使っていたメインのエルフキャラから。
友人紹介キャンペーン用景品獲得のために作られました。

スタッフ/副官:アイザック



blog2345.jpg

名前:マウザリン
性別:男性
国籍:イングランド
Lv:冒険10/交易36/海事0

名前はロード・オブ・ザ・リング・オンラインで使っていたドワーフキャラから。

スタッフ/副官:ヘルマン
posted by マウザー at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | マイキャラ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

シャーロック・ホームズ

シャーロック・ホームズ』 WOWOW/字幕

ホームズがロバート・ダウニーJr.、ワトソンがジュード・ロウという、私のイメージからすると「逆でしょ?」みたいなキャストです。
本家のホームズシリーズの味や雰囲気が出ることなど、望む方が最初からおかしい、てなもんで、そんなことは期待してはいけません。
お金もそれなりに掛けてあって豪華さは出てます。
ストーリーもそれなりに起伏があって、娯楽作品としては及第点あげてもいいと思います。

でもねー、ホームズが体力バカって設定は無いと思うのよ。
結局ワトソンと「あの女」に助けられっぱなしで、最後の謎解説がなければダメダメ主人公で終わってたとこですね。
posted by マウザー at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画短評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

ギャラクティカ・ファイナルシーズン

ギャラクティカ・シーズン4」 DVD/字幕

第一シーズン第一話を観たのはもうずいぶんと昔の気がしますが、ファイナルシーズンのレンタルDVDが近所のTUT○YAでようやく旧作扱いになったので、1巻から最終10巻までを借りて一気観しました。(ちなみに旧作だと1巻につき7泊100円で借りられるのでするんるん

第一級の特撮、第一級のCG、臨場感溢れるセット、衣装、小道具類、迫力ある戦闘シーン。
それだけで宇宙SFドラマとしては必要にして充分な要素を満たしてます(笑)。
一番気に入っているのは宇宙での戦闘シーンで訳のわからない光線を撃つのではなく、ちゃんと質量兵器(=ミサイル類)を撃っているところ。
その他にもベクターCP1FN Five-Seven等SFチックなフォルムを持つ小火器が出てきてガンマニアをニヤッとさせるシーンがあったり、旧作「宇宙空母ギャラクティカ」のサイロン兵が大量に出てきてSFファンをニヤッとさせるシーンがあったりで、通のツボを突いた作りになっています。
ストーリーの内容については恐らく評価が分かれるところだと思いますが、シリアスに徹した展開がエポックメイキングであることは間違い無いでしょう。

で、観終わった感想ですが、ネタバレ含みますので『続き』に続きます・・・・・

続きを読む(ネタバレあり)
posted by マウザー at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画短評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

雷切

レディマーシーが所属している石榴商会の某女史のBBS記事に触発され、『ギザギザの紫色の剣』こと雷切を取りに行こうと思いました。

取得クエの前提は『ドイツ騎士団の剣』と『サラディンの剣』の取得クエを終了していることです。
どちらのクエも比較的低Lvですから以前にやっていてもおかしくはないのですが、サラ剣はやった記憶があるものの、悲しいかな、ドイツ騎士団の方はやった記憶がありません。

冒険担当者のLadyMarcyで調べてみたところ、やはり発見物欄に見当たりません。
そこで、まずそのクエをこなすべくリスボンに赴きました。
斡旋書を二十枚ほど使って首尾よく『ドイツ騎士団の剣』クエを出したのですが、何とクリア済みのマークが付いていますexclamation
しかもそこには要財宝Rのマークがexclamation×2
つまり財宝の発見物だったのですねもうやだ〜(悲しい顔)

当初私は『ドイツ騎士団の剣』は歴史遺物の発見だと勘違いしていて、発見物の歴史遺物欄を見て、(無い〜)と思い込んでいたのです。
改めて財宝の発見物を見てみると、ちゃんと発見済みでしたふらふら(とんだ無駄足)

さて、肝心の雷切取得クエはジャカルタ発です。
現在東南アジアは危険海域であるため、要所要所にPKさん達が2〜3人いましたが、幸運にも遭遇することなくジャカルタに到着。
クエもスンナリ出て一路長崎へ。
クエ情報取得も長崎から一歩も出ずに済み、あっけなく剣ゲット。

blog0498.jpg

早速共有倉庫経由で空輸し、レディーマーシーに渡して装備してみました。
blog0499.jpg

アイコン状態ではわかりませんでしたが、装備してみると異様に大きいことがわかります。
この大きさだと重量もそれなりにあるはずで、当然両手剣として扱わなければ、って・・・・・ぉぃ
blog0500.jpg

こんなのを片手で振り回したら即手首が折れそうですが、そこは槍でさえ片手で扱うこのゲーム、例外などないようですあせあせ(飛び散る汗)

グラフィックスはどう見ても某ファンタジーRPGか某コミックスに出てくる剣をイメージさせる代物ですが、これが日本で発掘されるのは納得いきません(というか日本刀のグラでよかったような気がします)。

posted by マウザー at 02:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

シラクサ・ダンジョン

ダンジョンでのソロプレイが容易になるアプデ以前から手を付けていたシラクサ・ダンジョン。
クリア自体は簡単なのですが、メモリアルアイテムが中々コンプできていませんでした。

海戦にしろ陸戦にしろ単純作業に飽き易いのが私の性格なので、コンプまであと2つというところで長期間ホッタラカシにしていましたが、ふと思い立って性根を据えて取り組むことにしました。

探検船の乗船券を使って本拠地のロンドンから直接ダンジョンに行くので、獲得した交易品やアイテムを整理するのは何かと便利です。
しかもこのダンジョンでは、ロンドンで名産判定となるガラス細工が沢山採れる(笑)ので、金銭的には非常に潤います。
ただし、金儲けのためにやってるのではないですし、敵NPCが雑魚過ぎるので戦闘のスリルは楽しめませんから、精神的にはかなり辛いものがあります。

残り2つの内、上層で出る1個は比較的早期に出たものの、中層で出る『地下墓地の小刀』がやはり全然出ません。
そうこうする内に同じメモリアルアイテムの『副葬品の護符』(操舵/操帆+1)が9つも溜まる始末。

かれこれ4時間ぐらい、延々と雑魚NPCを狩り続けた後、ようやく出ましたちっ(怒った顔)

早速シラクサまで赴き、ジェームズ王子に景品交換を依頼。
blog0501.jpg

これでプレステ・シリーズは鎧と足が揃ったことになりますが、手は(私には)難易度の高いボルドー・ダンジョンですので、当分(コンプは)無理そうです。
posted by マウザー at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

街の噂

現在、東南アジアと東アジアが安全海域化しているので、南蛮貿易にはピッタリです。
寝る前に牽引船(LadyMarcy)は商会貿易船で長崎まで、貨物船(グレイマウザー)は拠点回航でダバオまで引っ張るように設定して、次の日にはすぐ南蛮貿易が始められるようにしているのですが、更におまけとして、欧州各地で受けられる東アジア向けの冒険クエを受けてから商会貿易船に乗るようにもしています。

今回はリスボンで受けられる要求スキル:生態調査R11/生物学R13のクエ『台湾島の鳥調査をもう一度』。

ほぼ台湾の淡水の中だけで完結するクエだし、生態も生物学も副官の補佐があるので、ブースト装備もフル活用することなく余裕で終了。
blog0502.jpg

wikiによると、このクエを達成すると街の噂になるらしいので、酒場の主人からガンガン安酒を買って話を聞いてみます。

ちなみに他のキャラクターが聞くとこんな風ですが・・・
blog0504.jpg

自分だとこんな感じ。
blog0503.jpg
これまで他人の噂しか耳にしたことがありませんでしたが、自分だと、ちょっと照れくさい。あせあせ(飛び散る汗)
posted by マウザー at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

ヴァジュラ

今回はロンドンで受けられる要求スキル:宗教学R14、開錠R12の『魔神を貫く武器』クエ。

流石に長崎からカリカットは(時間的にも)遠いので、素直に自走でインドを目指します。
しかしカリカットに着いた後、ゴア近辺で完結するのかと思いきや、アデン横の上陸地まで行かされます。がく〜(落胆した顔)

blog0505.jpg
LadyMarcyの宗教学Rが8しか無いので、エース副官2人がかり+ブーストフル装備で何とかギリセーフでした。

ヴァジュラといえばコミック『孔雀王』に出てくる独鈷杵や三鈷杵が頭に浮かびますが、短剣のようなコンパクト武器なのにもかかわらず、ゲームの発見画像を見ると、いくつかに分解されてる描かれ方です。
中にはそんなのもあるのでしょうが、実物は多分一個物だと思うのですけどね。

posted by マウザー at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

強化サルベージロープ

実は昨年末からLadyMarcyのサルベージャ転職を目指して進めていた計画がありました。

サルベージャ転職には強化サルベージロープが2本必要です。
バザなどで買ってしまえば手っ取り早いのですが、自作することもできます。
ゲームとはいえ(いやゲームだからこそ)他人の力を極力借りたくない私としてはもちろん自作を選ぶ他ありません。

強化SRの原料はなめし革、純鉄の板金、そして麻です。
また作成はPFの縫製師の固定レシピ利用ですが、レシピを出現させるには麻を産出する畑を持っていなくてはなりません。

なめし革と純鉄の板金はPFで早々に作り終え、あとは麻畑が完成するのを待つのみ、だったのですがこの麻畑が中々できません。

赤豆やサトウキビ、綿花など、違う畑が出来ては更地にして再開発、の繰り返し。
とりあえず当座の産出項目に含まれてなくても、裏のテーブルに麻が含まれていればレシピが出てくるのですが、それでも上手くいきません。

さて、そーゆー感じで苦労しているところに今回のイベント『ヌーベルフランス開拓団〜試練の時〜』です。
なんと、アゾレスにいるイベントNCPに話しかけるだけで、強化SRをあっさりと5本も貰えるのですexclamation×2

blog0506.jpg

イベントNCPから貰うのは他のPCから買ったり貰ったりするのとは違って、私の中ではOKといえばOKなのですが、今までの苦労は何だったのーむかっ(怒り)ていう思いは消せません。
しかもご丁寧なことに、完成した畑の様子を見に行く途中のアゾレスで強化SRを貰い、PFに着いてみればちょうど強化SRのレシピが出現していたりとかたらーっ(汗)
まったく間がいいのか悪いのかあせあせ(飛び散る汗)
(折角の固定レシピですが強化SRさえ手に入れてしまえば無用の長物なので、怒りにまかせて再び更地化してしまったことは言うまでもありません)

用意したのに無駄になってしまったなめし革や純鉄の板金はともかく、とりあえずサルベージャには転職はできました。
blog0508.jpg

しかしこのサルベージャ、転職するのに800kDもの金がかかります。
紙アリでそうですから、紙ナシでは4Mかかることになります。
錬金術師見習いの15Mには及びませんが、おいそれと転職できる金額ではないことも確か。
とすると、次にサルベージャになる時は再度転クエをやることになるんでしょう。
でも、そのために麻畑キープっていうのももったいなくて現実性の薄い話になりますね。

それはそうとして(?)今は楽しく沈没船ガンガン引き揚げてます。わーい(嬉しい顔)
blog0507.jpg
posted by マウザー at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

アイダ王女の小さな月

アイダ王女の小さな月』 ビアズ・アンソニー著

偉大なる惰性(?)シリーズ第21巻exclamation
結局ボーイ・ミーツ・ガールに終わるプロットやマシンガンのように続くダジャレ(ただし英語)の連続は相変わらず。
ダジャレに関しては、この作品だけの問題ではありませんが、やはり翻訳では読者に面白さが的確に伝わらない気がします(翻訳者はすごい努力をしてるのでしょうが)。
とは言え原書で読むには読者側(=私)の英語力が無いのが致命的なんですが・・・

結末が見えているにもかかわらず、読みやすく引きこまれる展開は(毎回ながら)流石です。
posted by マウザー at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 読後感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

パンダ

手持ちの沈没船地図をあらかた引き揚げ終わって、現在安全海域化中のインドと東アジアで、カリカット−東アジア行き冒険クエを粛々と消化しています。

その中の一コマ。
blog0509.jpg
これな〜んだ?

パンだーexclamation×2exclamation×2

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・ゴメンナサイ勢イダケデヤッテシマイマシタ雨
posted by マウザー at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

装甲強化

デイリープレゼントのロットを開けていたら、残り僅かだった沈没船地図の断片が図らずも規定枚数に達してしまったので、サルベー者から博物学者に転職してしまった後にもかかわらず、その沈没船を引き揚げに行ってきました。

場所はチュニス沖の☆8地中海王室船。
真珠と銀しか出ず(あ〜あ)と思っていたら最後の宝箱で

blog0510.jpg

念願のモード6がexclamation

立て続けに引き揚げてる時には出ずに、こんな付け足しみたいな引き揚げで出るなんて・・・


ところで今やってるイベント『ヌーベルフランス開拓団〜試練の時〜』では遠洋航海用ビーチ板なる装甲+4航行速度-0の装甲板が貰えます。
今まで私は削剥シーダー板(装甲+2航行速度-0)を(初期クエで貰ってから)何とはなしに使っていたのですが、ここで一発、装甲スロット全部をこの板で埋めてみることにしました。

blog0511.jpg

装甲が+12されて29にexclamation×2

元来スピードが売り、つまり捕捉されないことが命題の高速船に対砲撃用の装甲を(しかも貴重なアイテム枠3つも使って)付けてどーする?という声もあるでしょう。
それはその通り。

でもね。

自分が実際の船長で、自船の航行速度を落とすことなく装甲を強化できるとしたら、やると思うんですよね。
アイテム枠というゲーム仕様に縛られるのもゲーム性を高める上で重要だとは思いますが、そーゆー思い入れ、というか気分も又、重要な部分を占めているのです。
posted by マウザー at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。