2011年05月01日

シルク製イェルク

先日のインド名産アルバムと同様、今回のアップデートで追加されたメモリアル項目に『アラブ名産品』があります。
前回なぜ一気にやらなかったかというと、アラブ名産品の中には縫製R14を必要とするタフタという織物があって、たまたま前回やったキャラは縫製優遇ではなかったのです。

タフタの材料は生糸3だけですから、アパの倉庫に在庫してある生糸を出して縫製担当者のシスターマーシーにタフタを織らせた後、残りの品物を買いに中東に出かけます。

ソコトラでの買物の注意点は投資しないと買えない竜血(医薬品)。
ジョファールは同じく要投資のピスタチオ(嗜好品)。
ホルムズは要投資のターコイズとラピスラズリ(宝石)。
投資がメンドクサイですが、それだけのことですので(笑)サクっと買ってマスカットの要人にコンプの報告をして、報酬のシルク製イェルクを貰いました。

blog0536.jpg

宝石+はもっといいアイテムもあるので、性能的にはイマイチでしょうか。
デザイン(というか色使い)も、特別に貰える物ですからもっと派手でもいい気がするのですが、あまりパッとしませんねぇあせあせ(飛び散る汗)
posted by マウザー at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

イング国イベ完了

実はちょい前からレディマーシーの海事Lvが44になっていたので、新しい乗艦・重ガレオンを建造してました。
建材はもちろん鉄です。
鉄張り船というと建造費がバカ高くなるイメージがありますが、今回はそれを抑えるべく建造の順番をちょっと考えました。

1重ガレオンは親方新造ですので、まずシーダー材で新規造船。(約3.5M)
2専用艦スキルの付与費用は船の代金と同じなので、建材が安いこの段階で付ける。(約3.5M)
付けるスキルは『重量砲撃』。
(作れないことはないけど実際に作るのは少し面倒くさい鉛の砲弾を快く提供して頂いたmuiさんに感謝)
3一回目の強化:火薬庫+提督居室で『集中装填』を付ける。(約900k)
4二回目の強化:副官室+修理道具一式で『副官室』を付ける。(約900k)
5三回目の強化:提督居室+提督居室で旋回性能を上げる。(約900k)
6四回目の強化:強化ロープ+強化ロープで耐久力を上げる(約900k)
7五回目の強化:これまでの強化で失われた倉庫容量を回復するため金庫+金庫で倉庫容量を上げる(約900k)
8六回目の強化:兵装項目の一つは鉄装材で決まりですが、もう一つを何にするかしばし熟考した結果、提督居室で旋回を上げることに決定。この時に船の総容量を+19%に。(約1M)

新規船の代金から強化完成までに大体13Mで済みました。るんるん
最初に鉄で作る方法に比べて兵装スロット一個分の強化が損ですが、重ガレオンは6回も強化できる上、対NPC専用なので、大した違いはありませんわーい(嬉しい顔)

で、できたのがこの船。

blog0537.jpg

基本的に白兵を挑まれることに恐怖を覚えるので、追いつかれないために旋回値の上昇に重点を置いています。
とりあえず帆性能以外の項目の強化値が全て反映された段階で使ってみた感想ですが、倉庫容量は弄らなくても充分確保されてたかな、という気がしました。
もっとも私は副官船を使わない主義なので、単艦での航続能力を考えるとこの位あったほうが楽かもしれません。

さて新造艦の試運転かたがた、放置していた国イベントの24章、サンファン沖で重キャラック×1、商大キャラック×5を倒すところから再開することにしてみました。
(前回(といってもかなり昔)は24章のドクロ紋章を貰ったところで中断して(というかやる気を失って)いたのですあせあせ(飛び散る汗)

全部の船を沈めても経験値的に大したことがないので旗艦撃沈重視の方針である上、船の格もかなり下なのであっけなく終了。

その後、セビリア沖(戦闘用ガレオン×1ガレオン×4)、アムス沖(戦闘用ガレオン×5)と続きますが、同様にあっけなく終了。(俺Tueeeeeee手(チョキ)

コメディパートとして美味しい役どころのこの人や、
blog0539.jpg

折角の出番なのに「ううっ」としかセリフが無い人達とかと会っている内、
blog0540.jpg

とうとう30章の最後の戦闘がやってきました。
blog0538.jpg

敵は重ガレオン×1、戦闘用ガレオン×7です。
ライザ女史他雑魚NPCが味方に付くとはいえ戦力とは考え難いため、流石に1:8の隻数比はちょっとキツイかも?
しかし、丁度というか何と言うか、ライブイベントで貰ったアニバーサリーロット産の海戦アイテムがあるので、それを使えば何とかいけるか?という見込みもあります。

そして開戦一番、スロットに入れたラーの円盤を2個、シヴァの矢を1個使った時点で、敵船は全て沈んでしまいました!がく〜(落胆した顔)
実はこれがちょっと予想外。
私の見込みだと少なくとも重ガレオンは生き残って砲戦で沈める筈だったのですが、何ともつまらない結果になってしまいました(勿論敵を過大評価しすぎた私の責任ですが)。
ちょっと反省たらーっ(汗)

ロンドンに帰還すると女王様に褒められ、
blog0541.jpg

美人だけど天然の暴走女の成長を見守って、
blog0542.jpg

今巷で話題のケイトさんと同姓のミドルトン家の紋章(彼女の家系にも海賊はいたのでしょうか(笑))を貰って目出度く幕を閉じたのでした。
blog0543.jpg


posted by マウザー at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

北米の蝶

久しぶりに商会開拓街に行ってみるとジュスティーヌさんが訪問されてました黒ハート

blog0544.jpg

あれ、ついさっきまでセビリアにいたと思ったのに超忙しい人ですね。
・・・・つか、彼女の乗船どんだけ速いんだ、って話ですが(笑)

ところで、ふとロンドンの冒険クエ仲介人に話しかけてみると、新クエらしい『流浪のチョウ』というクエが提示されました。
どうやら北米に行かねばならないのですが、クエ情報取りはヴェラクルスあせあせ(飛び散る汗)・・・・・しばらく冒険から遠ざかってる間に、情報取りが億劫になっています。ふらふら

発見は北米東岸ですんなりゲット。
blog0545.jpg
posted by マウザー at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

ライザ再び

レディマーシーが所属する石榴商会主催のインカエピソードクエツアーに参加してきました。
冒険担当のLadyMarcyでは既に冒険編をクリア済みですが、今回は海事ルート。
参加者の意向によって、ガチで戦うチームと太陽の護符を使って流すチームとに分かれますが、出てくる敵艦の種類と数から言って私のLvでは足を引っ張ることになりかねないので素直に護符チームへ。

さて一番目のエピソードクエから始めますが・・・・
blog0546.jpg
ラウアさん、お久しぶり。相変わらずお美しい揺れるハート

二番目のクエからはこの人が登場。
blog0547.jpg
「私はライザ」・・・・・・・・知ってます。
つかお忘れですか? 数日前に別れたばかりですよね?むかっ(怒り)

ストーリーとしてはライザ女史の船を誤って(笑)沈めてしまった結果、またしても彼女の傍若無人に振り回されることになるのですが・・・

海事ルートで出てくる敵艦はそれなりに強力そうですが、艦隊メンバー全員による護符攻撃の前にはひとたまりもありませんあせあせ(飛び散る汗)
(はっきり言って、罪悪感さえ覚えた程ですが)

クライマックスでは大ボスのピサロ登場。
型通りの悪役セリフを吐きますが・・・・・
blog0548.jpg

勿論護符攻撃の敵ではないわけで、これまた型通りの捨て台詞。
blog0549.jpg

大きなお世話です。ちっ(怒った顔)

取りあえず称号『キープ・カヨマック』を取ったところで時間切れ。
クエ報酬は冒険の時に貰えた舞衣装の色違いですが、個人的には冒険用の方(右)が好みです。
blog0550.jpg


posted by マウザー at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

千里の道も

まず最初に8日の記事の訂正から。

インカエピソードの冒険編のクエ報酬は『インカ高官の貫頭衣』(探索+2/視認・生態調査+1)で、『〜舞衣装』とはデザインが異なる別の服でしたあせあせ(飛び散る汗)
そして白い舞衣装は『チプチャの民の舞衣装』で称号『キープ・カヨマック』を貰った後の冒険クエ『いつも二人で』のクエ報酬でした。ふらふら

さて話は変わって。

今回のアプデで加わったメモリアルアルバムの報酬に『造船技法の極意書』があります。
今までR19が最高だった造船ランクが+1される超貴重アイテムですが、アルバムコンプのためには厳しい棘の道を歩まねばなりません(笑)。

基本的に特定の(公用を含む)船体を9種作るのですが、調べてみるとスキル的にはウチのキャラで全て作れそうです。
しかし作成に必要な材料にいくつか入手しがたい代物があって、それがハードルとなって立ち塞がります。

まず第一の難関は『重装船尾楼』。
自力での入手手段は2つのみ。
一つは収奪ですが、自キャラのLv、収奪Rから考えてほぼ無理です。たらーっ(汗)
もう一つはメモリアルアルバム『大型の特殊兵装』のコンプ報酬。
縫製R9/鋳造R12が必要ですが、Rを満たし(交易所で容易に買える)材料さえあればいずれはコンプ可能です。
ただしキャラ1人につき1個しか貰えないので(仮にスキルを持っていたとしても)4キャラでは4つしか手に入りません。

ウチのチームで見た場合、必要Rを満たしているのはレディマーシーとグレイマウザーのみ。
取りあえず2人分のアルバムコンプだけはしておきました(交換しなければアイテム枠を塞ぐことはないので)。

blog0551.jpg

縫製Rは足りてるけど鋳造を持ってないシスターマーシーは、鋳造を取得してRを上げればいいだけ(それでも大変がく〜(落胆した顔))ですが、残るLadyMarcyに至っては縫製も鋳造も持ってないので、流石にそこから!っていうのは(面倒くさいので)ナシの方向にしたいですねあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

残り1個の重船尾楼をどうするか(多分南蛮貿易に精を出してバザ買いということになるんでしょうが)と、強化船殻設計書をどうするか、が当面考えられる障害ですが、いずれにしても長期戦は必至のようです(考える時間もそれだけあるってことですわーい(嬉しい顔)
posted by マウザー at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

マチュピチュ

先週の石榴商会主催のインカエピソードツアーの積み残し分が行われました。

戦闘メインの前回と違い今回はクスコとマチュピチュ発見があるので、私は冒険担当のLadyMarcyで参加。
(まあ(名目上は)海事担当のレディマーシーでクスコに行けてもメリットがあまりない、ということもありますが)

LadyMarcyはクスコ発見に必要な視認R7/考古学R11/社交R10は満たしていますが、クエ自体を出すのに必要な海事名声60k以上を満たしてないので今まで達成できませんでした。
しかし、ツアーの同行人からクエを紹介していただけるので、ソロメインプレイヤーの私としては今回のようなツアーは有難い限りです。るんるん

そして、ちょっとした(!)海戦の後、あっさりクスコ発見。
うっかりして発見時のSSを撮り忘れたたらーっ(汗)ので、代りに参加者の集合写真を。
blog0552.jpg

blog0555.jpg

ふ〜ん、臍ですか。(へぇ、そう。・・・雨

続いて、(パナマ-ポルトベロの運河往復と)ちょっとした陸戦の後、あの天空の村ラピュタマチュピチュ発見。

blog0553.jpg

blog0554.jpg

ふ〜ん、老いた峰ですか。(語感は可愛いけど、あまりヒネったネーミングではないのですねあせあせ(飛び散る汗)
posted by マウザー at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

移動用ガレー

今まで大勢の船員を乗せた戦闘艦を戦地まで移動させる時には、船員輸送船として船倉の大きい商大ガレオンに乗り換え、2アカ目のシスターマーシーのクリッパーに曳航させてました。

それで特に不便がある、というわけでもないのですが、どうにか自力で(そこそこの速さで)移動したいな、という欲求は前々から感じていました。
そこで海事Lvが46になったらターキッシュガレーを作って乗ってみたらどうだろう?と密かに考えていたのです。

いざ海事Lvが46になり、「さあ作るぞ」と色々調べてみると、こと移動用に特化した場合、タキガレよりは、その派生系である輸送用オスマンガレーの方が性能が高いんじゃないか?と(私には)思えました。

そこで計画を変え、輸送用オスマンガレーを作ることにしたのですが、輸送用オスマンガレーは(何と)海事44から乗れたのですねがく〜(落胆した顔)
(まあ、大したことじゃありませんが)

いずれにしても、とりあえず(イング人である自分には)自力で作れないので石榴商会の亡命済み造船家の方に新造してもらい、強化だけすることにします。

完成したのがこの船。
blog0556.jpg

性能的に、特に突出した所の無い船になってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
効力を発動するのに管理技術Rが10もいる縫帆技術を(無駄に)付けてしまったのと、移動用ということで帆性能の高い補助帆を付けますから、旋回がスロット分-1されるのが痛いといえば痛いですね。ふらふら
Lv49の再強化時に期待、というところでしょうか。

船の外観については、主帆の大きさが異様に(デカっ)って感じました。
他人の船を見るのと自分のとでは感じ方が違うのが良くわかります。
あと速力ですが、やはり何ともモッサりしています。
原因は船長の漕船Rが4と低いから、とういうことはわかっているんですが・・・
posted by マウザー at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

空振り

沈没船の断片地図が300枚ほど溜まってきたので消化しようと思い、サルベージに精を出しています。

今回はアルゼンチン沖。

blog0560.jpg

まず現場について当りを付けてから一旦サンアントニオに引き返して出直し、と心に進行図を描いていたにもかかわらず、引き揚げ始めてみると「一気にいっちゃえ!」とヤマ気が出てしまい、大ダメージを食いながら引き揚げ続行。
引き揚げのタイムアップと、自身が沈没船になる一歩手前(笑)でなんとか引き揚げに成功しましたるんるん

blog0557.jpg

ダメージを回復するための資材も底を付き、飲料水も乏しい中曳航を始めますが、
blog0558.jpg

途中何度も曳航ロープが切れ掛かるので、その都度停船して状態を回復しなければなりません。
採集をかけても採れるのは海水ばかりで資材の元の丸太・木材は拾えず、雨雨も降らないので水も無くなるばかり。
一旦ロープを切って体勢を整えてから再引き揚げした方がいいんじゃないか?という考えもよぎりますが、行けるとこまで行ってみよーと少し進んでは停まって、の繰り返し。

blog0559.jpg

どうにかギリギリでサンアントニオに寄港することができましたふらふら
(次からは素直に曳航ジベ出そうあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

ロンドンに帰る途中、wikiでこの沈没船から何が出るかを調べてみると、今話題の(笑)造船+1装飾品が入っている(かもしれない)造船技師の宝箱の可能性があるらしいexclamation×2

まあ多分そう上手くは行かないだろう、とは思いつつ、やはり期待してしまいます。晴れ
さて、探索の結果は・・・・・・・















・・・・・貴金属+1の頭装備コートハットの他、宝玉が二種類、豪華な首飾り、金と、宝箱のタの字も拝めず。
「たとえ宝箱が出たとしても更にそこから抽選な訳で、下手に期待させられるよりもいいやー」と負け惜しみも言いたくなりますがあせあせ(飛び散る汗)、宝箱、見たかったなぁー
posted by マウザー at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

黄金の筏

先日のインカエピソードツアーで海事ルートは(一応)海事担当のレディマーシーがクリアし、冒険ルートはそれ以前に冒険担当のLadyMarcyがクリアしてます。
残る商人ルートをやらないのはいかにもOneHandDrop、もとい片手落ちわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)感が強いので、交易担当のグレイマウザーにやらせることにしました。

必要なソーセージ100ハム100ベーコン100魚肉100(鼠に食われる分を計算し実際はそれ以上)をあらかじめ用意し、リオデジャネイロのクエ『偽りの聖女』から始る連続クエをこなしていきます。

さしたる障害も無く称号『キープ・カヨマック』を取得して終了・・・・・・・なのですが、関連するクエの情報をwikiで見ていて一つ気になったことが。

リマで受ける冒険クエ『黄金の筏』(要探索R9宗教学R11開錠R9)の前提に、インカエピソードの商人ルートのクエ『真のエルドラド』が含まれているのです。

てことは。

冒険担当のLadyMarcyで『黄金の筏』をやりたい場合、LadyMarcyでも商人ルートをやっておかねばならないってことですあせあせ(飛び散る汗)

グレイマウザーでクリアする前ならともかく、やり終わった後に気が付いたのでメンドクサさは相当なものですが、しかたがありませんもうやだ〜(悲しい顔)
特に急ぐ必要は無いものの、記憶の新しい内にもう一度やっておく方がよろしかろう、ということで、次の日、グレイマウザーの時と同じ要領で商人ルートを進めます。

blog0561.jpg
アルヴェロだー(トゥンバガって合金製なのですね目

blog0562.jpg
ラウアさんだー(当然『さん』付けです揺れるハート

途中ラウアさんとツーショットを撮ったりしながら
blog0563.jpg

いよいよエピソード終了。(ここに出てくる筏を見つけに行くわけですね)
blog0564.jpg

同じことを二回続けてやるのはかなり苦痛ですが、一人頭(1Mのコストで)トゥンバガ450個貰えるのはかなり美味しいと言わざるを得ません手(チョキ)

さて前提は満たしました。

ここまで来れば更に急ぐ必要も無いのですが、勢いを駆って(というかそういうクエがあることを忘れない内に)『黄金の筏』までやってしまいたい。

斡旋書を40枚ぐらい使いましたが、何とかクエは出ました。
情報収集はトゥンベスですが、実際に掘るのは南米北岸高地。
ロカ君から「パナマ運河使え」と言われますが、大量に積んだトゥンバガのおかげでその場所へ行くには南米大陸をグルっと一周しなければなりませんむかっ(怒り)

結局すぐには掘らずに、一旦ロンドンに帰ってトゥンバガを処分してから再度向かうことにしました。
blog0566.jpg

サルベージャーなので宗教学の熟練は半分しか入りませんが、開錠分はフルに入るので、まあよし、というところです。

posted by マウザー at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

エクスカリバー

サルベージをするうちに、目論見どおり開錠Rが10になりました。

blog0565.jpg

実は前々からやりたかったことが、これで実現可能になりました。
それは『エクスカリバー』の発掘。
考古学か開錠いずれかのRが1足りないことで、今まで達成できなかったのです。

早速盗賊に転職し、ロンドンで冒険仲介人に話してみると、斡旋書2、3枚ですぐクエ提示を受けます。

blog0567.jpg

エクスカリバーってカリブに埋ってたんですね目

折りよくカリブ海が安全海域化したこともあって、何の心配も無くサントドミンゴに到着。
首尾良く発掘に成功exclamation×2
blog0568.jpg

攻撃力100の剣ですよ。
もったいなくて使えませんけどたらーっ(汗)

posted by マウザー at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

死の秘宝

本 「ハリーポッターと死の秘宝 」 上下巻 J.K.ローリング著

えぇっ今更〜?がく〜(落胆した顔)
・・・と言われるのは覚悟の上です(笑)。

初版発行が2008年7月だから、読むのに約3年もかかってしまいましたたらーっ(汗)
だって恐らく一回しか読まないのにハードカバー一冊3800円なんて払えないし〜
なので図書館で借りて読もうと思ったら予約殺到で(まあ当然ですが)、ならこっちも予約すればいいものをメンドクさがって予約せず、ブームが過ぎるのを待ってたりして(一旦沈静化した時期があったのですが、モソモソしてる間に映画版「〜死の秘宝PART1」が公開され、又全冊貸出中の状態に)、今に至ってしまったのでした。(映画版PART2には何とか間に合いましたね)

さて前作『〜謎のプリンス』を読んだのが大昔(笑)になってしまったため、どういう話だったか細部を覚えてなかったりします(笑)。
が、とりあえず残された謎は全て解かれたようなので一安心わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

シリーズ全作を通しての感想は、確かにこのシリーズ、面白いです。
何がいい、といってまず話のテンポがいい。
字が大きいので見た目ほど長くないせいもあるでしょうが、本のボリュームの割に読むのが苦痛ではありません。
読者を飽きさせない程度のタイミングでイベントが起り、いくつもの謎が徐々に解明されていき、中身が薄っぺらにならない程度に心理描写も含みつつ、という(作為か不作為かはわかりませんが)読者を惹き付ける実に巧みな展開が用意され、流石世界的ベストセラー、と思わせます。

もう一ついいところは、子供を子供として描いているところ。
児童書や児童向け文学では、読者層に受けるため(かどうかはわかりませんが)、子供の癖に異様に賢明な主人公が登場したり、大人の癖に異様に愚かな悪役が登場したりします。
しかし、この作品ではそうではありません。
味方も敵も、大人はそれなりに分別を持って描かれていますし、主人公のハリーポッターはどちらかと言うと(頭が悪いという意味ではなく、思慮が足りないという意味で)愚かで感情の抑制もできません。
思慮深さや感情の制御能力は先天的なものではなく、子供から大人に成長する間の環境や教育の段階で身に付く(大人でも身に付いてない人は多いですがw)後発生的なものだと思いますので、その辺がいやに現実的に描かれているなぁと感じるのです。
といっても、子供ならではの恐れを知らない向こう見ずな行動が事態を打開し、話を収束する方向に持っていく、という点では、子供が主人公の話ならではの醍醐味を生んでいるのかもしれません。

他にも、例えば敵味方例外なく死ぬ人間は死ぬし、強力な味方であるダンブルドア先生も、実は主人公に非情な考えを持っていたり、児童書にあらざるシリアスな面をいくつも用意している所が大人の読者を魅了するのでしょう。

まぁ薄っぺらな小難しい話をしましたが、面白かったらそれでいいんですわーい(嬉しい顔)
posted by マウザー at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 読後感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

戴冠式用礼服

サルベージは手持ちの断片地図をあらかた消費したので一旦休止。
で、引き揚げた沈没船から見つかった最高級染料3個をどうするかについて、ちょっと考えました。
道具屋に売っ払うのは簡単ですがそれでは芸が無いので、結局まだ作ったことの無い戴冠式用礼服を作ることにします。
足りない分7個をわざわざPFに赴いて補えば、その他の材料は比較的簡単に手に入ります。

blog0569.jpg

見た目は以前に掘り出したドレープドレスの色違いVerです。
さて、事前に性能などをよく調べずに作ったのですが、意外に高性能なのに驚きます。
blog0570.jpg
性能に関する限りこの一着があれば美術+2の黒孔雀服や財宝+2の武松服を処分してしまえる(=金庫枠が1個空く)ことになりますね(実際にはそうはいかないのですがふらふら

PFに行ったついでに高級染料も5個作っておいて、錬金術がR5になった記念に錬金術師の服も作ってしまいました。
blog0571.jpg
一気にアイテムが増えて金庫枠がアップアップの今日この頃です<自業自得

posted by マウザー at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月30日

強化船殻設計書

造船ブーストアイテム『造船技法の極意書』入手計画は密かに進んでいます(笑)。

鋳造スキルの無かったシスターマーシーに鋳造を覚えさせ、必要な鋳造R12の内、船大工のかなづちと師弟効果を除くR10までリューベックで真鍮製造に勤しみます。
で、晴れて3つ目の重船尾楼ゲット(アルバム上)。
あと残り2つ〜あせあせ(飛び散る汗)

強化鋼の板金もセイロンで緑鉱石を採掘した甲斐あって32/35まで入手。
PFでの緑鉱石産出も続いているので、こちらも達成は時間の問題でしょう。

一見難関かなぁと思われた『強化船殻設計書』は、LadyMarcyが(冒険担当なのに)工芸をR14まで持っていたことがわかり、工芸優遇職に転職すれば達成できそうだ、ということがわかりました。
もっとも作るのに必要な工芸R15に1足りないため、『〜設計書』の材料となる船大工ののこぎりを余分に一本掘り出さねばなりませんでしたがたらーっ(汗)
また作る際に要求されるフィレンツェへの工芸貢献度は貝紫の情報を工房に伝えることによって、だいたい4週間で溜まりました(1週間200が上限なので)。

そして今日『〜設計書』製作完了。
blog0572.jpg

ここまできて、実は『特殊加工ロープ』の方が難物だ、というのがわかってきました。
製造に必要な強化ロープ(リオで製造)と特注サルベージロープ(サルベージで入手)はゲットしましたが、残りの特注曳航ロープが未入手。
リスボンで探しても出物があまり無いようなので、どうしたものやら。
(まあ気長に待ちますけどねわーい(嬉しい顔)
posted by マウザー at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。