2011年06月01日

ニャ紋

31日から始った規模アップデート『サントドミンゴ』。

それとはほぼ無関係ですが、別ゲームとのコラボとかでニャ紋なる紋章を貰いました。
早速装備してみます。
blog0573.jpg
好みの問題ですが、バランス的にやや大きすぎる感があります。あせあせ(飛び散る汗)
もっとも元からこの船種の紋章は少し大きく表示される特性があるのですけどね。
posted by マウザー at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

特製ラフカラードレス

シスターマーシーの鋳造をR10まで上げるのが意外に楽だったこともあり、残り最後の人であるLadyMarcyにも鋳造と縫製を覚えさせ、必要Rまで上げることにしました。

R上げ作業の手間よりは、鋳造と縫製を覚える余地がそもそもスキル枠にあるのか?という方が心配だったのですが、ブックシェルフに1個枠が空いていたのと、生存R5が必要なクエストをやる時に使った生存スキルが未だR1のまま残っていたのを忘却させることで、何とか余地は確保しました。

鋳造はシスターマーシーと同じくR10まで上げればOKですし、縫製はブースト2種と師弟効果が使えるので、アルバム埋めのためにはR6まで上げればOKです。
が、たまたまLadyMarcyが所属するハンザ同盟商会がR7商会なので、この際、商会特製の衣装を作れる最大R(=R12)をクリアできるまで上げようと思いました。(実はこの日が来た時のために、商会特典でたびたび貰っていた商会特製製品作成許可証を捨てずに取って置いてたのでした)

鋳造は例によってリューベックで真鍮。
縫製はオスロ、そしてオスロで織物暴落が起ってからはヴィスビーでレース織りに専念します。
縫製の目標Rは9ですが、師弟効果が無くても作れるよう10まで上げることにしました。
そして、ほどなく予定Rに到達。

アルバム埋めはあっさりクリアして4つめの重船尾楼ゲット(アルバム上)。

商会特製服はちょっと考えた挙句、一番要求Rの高いラフカラードレスを作ることに。
blog0574.jpg

blog0575.jpg
性能的には社交+3が光りますが、同程度の性能の服は他にもあるので特に優位性は感じられません。
スタイルは・・・・・って言ったら個人の好みもあるでしょうが、私的はあまりゾッとしないかもしれませんたらーっ(汗)
posted by マウザー at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

造船技法の極意書

ほぼ最後の難関だった『特注曳航補助ロープ』は、サルベージで出た『特注サルベージロープ』20本との交換をリスボンでシャウトしてみたところ、反応してくれた方がいらっしゃって無事ゲット。手(チョキ)
早速リオへ行って『特殊加工ロープ』を作ります。
blog0576.jpg

5つ必要な重装船尾楼は、持ちキャラ4人全員のアルバム報酬に1個づつありますから残りは1個ですが、流石にキャラスロットを増やしてカリブに行けるまで育てて(<アルバム報酬の報告人がポルトベロにいるため)鋳造Rと縫製Rを上げて、なんていうマドロッコシいことはできませんのであせあせ(飛び散る汗)、これまたリスボンで200Mで購入。

3本必要な『名提督の指揮杖』も、やはり自力作成は無理なのであっさり購入(各10M)。
あとはアルバムに必要な船体を作るのみとなりました。

元になる9つの船体を作るのに加工木材9つ、加工鉄材8つ(と木材)が必要ですが、一遍に作ってしまうとアイテム枠が足りなくなってしまうので、幾つかに分けて作ってはアルバムに追加して、の作業を繰り返します。

そしてとうとうアルバムが完成する瞬間がexclamation×2

blog0577.jpg

ロンドンで完成させたのに、報酬を取りに行くのにアテネまで行くのが遠く感じますが、しかたがありません。
blog0578.jpg

これで造船R20が実現可能になりました。わーい(嬉しい顔)
posted by マウザー at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

インディアマン

『造船技法の極意書』を取ってほっと一息。
じゃ折角だから今まで使ってた商大ガレオンを25%増で作り直してみるかーなどとボワ〜ンと考えていて、何の気なしに船大工の親方に自船の乗り換えを頼みました。

すると何を血迷ったか、親方がお金とロットをくれるではありませんかexclamation

ん〜exclamation&question
これが意味するものは・・・・

blog0579.jpg

うわっ〜あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)やっぱり船売ってる〜 がく〜(落胆した顔)rz

一番最近作った輸送用オスマンガレーを叩き売ってしまっています。もうやだ〜(悲しい顔)
どうやら『船交換』と『船売却』ボタンを押し間違えていたようです。
当然確認ダイアログが表示されてたはずですが、ご丁寧に〔はい〕をクリックしていたのでしょう。

流石にしばらく茫然自失。
それほど出色の出来だった船ではないにしても、まるで初心者のようなミスを(玄人とは言いませんが、このゲームにそこそこ時間を費やしているにも拘らず)やってしまうとは・・・・
とはいえNPCに売っちゃったわけですから絶対取り返せないので、諦めるしかありません。
きっとこれは(極意書を取ったぐらいで軽い燃え尽き症候群なんかに罹ってる場合じゃねーゾ)という天の声、もしくは神の啓示なのでしょう(笑)

気を取り直して何か造船してみることにします。

『極意書』を取る際に作った各種船体が9つ、アイテム枠を無駄に塞いでいるのが実は気になっていました。
どこかのブログに「実は実際に極意書を取るより大変なのが、作った船体の処分」とありましたが、まったくその通り。
しかし、その中の強化船殻二層大型船体を使って作れるインディアマン(要44/49/46)にレディマーシーが乗れることに気が付きました。

同Lv帯の船として商用大型スクーナーがあります。
縦帆船(商大スク)と横帆船(インディアマン)の違いがありますが、帆性能はほぼ同じ。
船倉はインディアマンの方が若干広いですが、商大スクの必要船員が20人なのに対してインディアマンが33人と、やや燃費が悪いです。
ただし商大スクの強化が4回なのに対して、インディアマンは5回、商大スクの帆強化上限が+90なのに対してインディアマンが+110と、流石に乗船Lvがわずかに高い分、性能もわずかに高そうです。
何よりレディーマーシーの現在のLv(46/49/46)に測ったように合うのが、一番大きな採用条件です。

どうやら設定は武装商船らしく、初期造船の建材が鉄張りで造船費用が35M強(!)、耐久が980もあります。
しかし(4スロット砲台なのに)船室が圧倒的に足りないため、海事専門では使いにくいです。
そして交易一筋に使うとなると船足が遅い上、強化費が嵩んで、鉄製であることは邪魔でしかありません。
そこで(少々もったいないですが)新規造船時にシーダー装材を張ることにします。
で、できたのがこの船。
blog0580.jpg

工作室以外のOP選択肢は偽装倉庫と切り込み防止網。
いずれにしても役立つ局面があるとは思えないのでガン無視で。
今まで乗ってた商大スクの後継船ということで専用艦OPは『漂流物探索』を継承わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
強化に必要な造船Rが高いため、強化時のランダム数値の引きがかなり苦しく感じます。
フォルムはずんぐりむっくりしていて、スクーナーやクリッパーのような鋭角さがありません。
なので、あまり私好みの容姿ではないかも(あくまで好みの問題ですが(笑))。
しかしこの船に乗っている人はそれほど見かけないので、個性の演出という点ではいいかもしれません。

さて、続いてはグレイマウザーのローズ商大クリッパーを作り直してみることに。
blog0581.jpg

以前はあまり使い道の無かった偽装倉庫の代わりに高層見張り台が付き、(以前は横帆がMAXに10足りなかった)帆性能もMAX強化されました、が、旋回が以前より1減っている上、倉庫が約30ほど少なくなっていますがく〜(落胆した顔)
旋回減は単に引きが弱かったせいですが、倉庫容量は、以前は24%増(ペナ有)で作っていたものを、うっかりして20%増(ペナ無)で作ってしまったためでした。
潜在意識的に(牽引式ではなく)自走することをメインに考えてしまったのでしょうか。
何かホンとに集中力が欠けていると言うか何と言うか・・・

一旦作ってしまった船をまたすぐに初期化というのも悲しいものがあるので、これはとりあえずそのままにし、次に、やはりグレイマウザーの樽廻船を(今度は間違いなく)25%増で作リ直すことにします。
blog0582.jpg

わざわざ専用艦スキルで付けなくても調理室は通常の強化で付くのですが、あえて倉庫強化の回数を増やすために専用艦に回す、という小細工を弄してみました。
しかし25%増のペナで減った対波を(性能表にマイナスの赤いバーが出ているのが気分的によろしくないので)戻すために船匠室×2を投入したりで倉庫容量に満足な数値が出せず、結果的に初期化前とあまり変らない性能になってしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)

結局R20だ、25%増だ、といっても強化時の数値の引きによっては誤差程度の変化しか望めないようです。
(理論的には有利なはずですが、良い数値が出るまで作り直すような御大尽的なことはやりたくないのですあせあせ(飛び散る汗)

さて最後に、間違って売ってしまった輸送用オスマンガレーのリベンジをします。
前回と同じように新規造船だけ亡命済み造船家の方にお願いし、強化は自分で。
blog0583.jpg

前回の失敗を活かし、通常OPは漕船補助だけにし残りの強化は主に旋回/対波につぎ込みます。
専用艦OPは調理室を止め、高層見張り台に。
これで常時警戒を発動しなくてもよくなり、漕船と運用の他に測量も使えるようになりました。(以前は警戒を消さないと使えなかったたらーっ(汗)
やはり二回目の方が良い船になるのは当たり前、とは言いながら、同じ船の操船熟練を2回も上げるのは精神的に辛いです(笑)。
それでも作り直すフンギリをつけるという意味で、あのミスが良いきっかけになったことは間違いありません。
posted by マウザー at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

カテリーナドレス

リューベック郊外で発掘できるドレープドレスと同じ要領で、各地で掘り出せるセレブの服装(笑)を探しに行って来ました。

まずイスタンブールの書庫で入手する地図で、ナポリで掘れる『メイル&サーコート』。

blog0584.jpg

以前イベントで貰った『功労者の騎士装束』の色違いver.です。
・・・・・・が、男性用なのはいいとしても、戦闘職専用なのでウチには着れる人が副官とマネキンしかいませんもうやだ〜(悲しい顔)
(しかも耐久30とか・・・・むかっ(怒り)
デザインは秀逸なんですが、紫トサカのスキピオ兜にはやはり『〜騎士装束』の方がマッチしますね。

次に東南アジアの開拓地の書庫で入手する地図で、ビスケー湾南岸で掘れる(どんだけ遠いんだ!)カテリーナドレス。
最初アンボイナで本を読み始めましたが、あまりに出ないので(中枢化してないから?)と疑い、北のテルナーテまで出向きます。
でも結局頭痛薬を20個近く費やしてようやくゲットあせあせ(飛び散る汗)

blog0585.jpg

これもイベントで貰った『功労者のドレス』の色違いですが、色使いがこちらの方がシックで綺麗です揺れるハート

ところで、今回のアプデで追加されたアルバム項目の『卵まで美味な魚』のコンプ報酬『賢人の老杖』。

blog0586.jpg

無茶苦茶高性能ですがく〜(落胆した顔)
余りに高性能で、生物+1の『ドラゴンの杖』がお払い箱になるほどに。
(しかも保管+3exclamation×2

posted by マウザー at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

男のポニーテール

アテネの書庫で見つける地図を元に、カレー郊外で『ペリューク&リボン』を掘ってきました。

blog0588.jpg

男性用のヘア・アタッチメントなのでグレイマウザーに付けてみましたが、

blog0589.jpg

イマイチですねーあせあせ(飛び散る汗)

結局、先日のメイル&サーコートともども、LadyMarcyの副官のルイス君に付けてもらう事に。

blog0590.jpg

ルイス君の髪型は元々ちょっと突っ立っててやんちゃ坊主風だったのですが、何かイメージ変っちゃいましたわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
posted by マウザー at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

防御100ブーツ

最近ギザのダンジョンに行くようになったのですが、そこで気付いたのが自分の装備のショボさ。
そこで思い立って、ブーツの強化に本腰を入れてみようと思いました。

ハンブルグでレザーブーツを12足買い、カレー郊外で植物油を大量に採集、PF産&オスロ産の皮革と合わせて強化していきます。
順繰りに強化していくと中には失敗して消滅していく物もありますが、気にせず強化を続けます。
そして最後に生き残った一足の防御値は59になっていました。
blog0591.jpg

そこからは『名匠の秘伝』(=必ず大成功になるチートアイテム)の出番です。
前のイベントで貰ったものを使わずに溜めておいたおかげで、1キャラにつき6回は強化を『大成功』に導くことができます。(必要な工芸R10は4人ともクリア済み)

大体一回の強化で防御値が5上がると予測すると一人分6回で90はいくなー、と考えていたのですが、最初のバッター、レディマーシーの持分6回が終わった時点で防御値は80台半ば。
てことは平均3〜4しか上がらないってことですね。
シスターマーシーにバトンタッチして強化したところ、残り一回を残して防御値は99。
あと1上がっててくれれば完成だったのに、と思うか、丁度使い切るぐらいでよかった、と思うべきかは微妙なところですがわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

そして防御100ブーツ完成exclamation×2
blog0592.jpg

同じ防御100ブーツでも最後まで運を頼りに完成したブーツとは出来た時の感動も達成感も違うのでしょうが、少なくとも物理的には同じ代物なので、まあそこそこの達成感で満足することとしましょうふらふら
posted by マウザー at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

指極星DVD版

先日フラフラと秋葉原の中古ソフト屋を巡っていて、つい買ってしまったものがあります。
それは工画堂ソフトのファンタジーSLG『指極星』。

blog0593.jpg

発売は2001年3月ですから、もう何年も前に買って、やって、クリア済みです。
じゃなんで今?、というと、2003年に出たDVD版が欲しかったから。
最初に出たCD版とどこが違うのか?というと、DVD版には当時本媒体で出版された攻略本のPDFファイルが付属するのです。

このゲームは主人公を含む部隊が敵と戦いながら物語のゴールを目指す、いわゆるキャンペーン方式のSLGですが、ゲーム途中に相対した敵武将を一定条件の元で味方に引き入れることができるのです。
当時攻略本なしでクリアしたものの、(あの武将はどうしたら味方になっていたんだろうか?)というのが気になって、その後発売された攻略本をうらめしい思い(笑)で見ていた記憶があるのです。
(終わったゲームですから当然攻略本を買うには至りませんでしたw)
その時のわだかまりが今、因縁の攻略本のPDFファイルを読むことで(あぁ、そうだったんだ・・・)と解決し、ちょっと気分が晴れました。(くだらないっちゃあくだらない話ですが)

ゲームシステムやバランス、ストーリーの完成度、どれを取ってもまあ普通、というか特筆するところは無いゲームでした。
しかし、いかにもアニメアニメしたキャラ絵じゃない所や、下手に主人公とヒロイン(達)との間の恋愛云々の言及が無いサッパリしたストーリー展開は、私的には非常に好感を持っていました。
中でもヒロインの一人シリウス(CV:高山みなみ)は、まるでタカラズカの男役女優のように比較的低い凛とした声で、おもわず声だけに惚れてしまいそうないい声です黒ハート
ちなみにこんな声。(※音声が再生されます)

ゲーム自体はもう一度やることもないと思いますが、こうして記憶に残っているということは、今思い返せばいいゲームだったのでしょうね。
posted by マウザー at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

大サメよけの聖刻

今月のハンザ同盟商会の納品物は大サメよけの聖刻。
blog0595.jpg

生産で作れる普段の納品物と違い、今回は収奪か地図による発掘しか入手方法がありません。
収奪の方が入手確率が高いようですが、同じ納品物の他の商会との競合を恐れて、私は地図からの入手を選択しました。

セビリアの書庫で財宝の書物を読み、アテネ北西要探索R1の『宝物の地図』を見つけるところから始めます。
最初はできるだけ冒険スキルの低いレディマーシーの方が適任か?と思いましたが、書物を読むためには学問スキルがいる(レディマーシーは財宝スキルなし)は、イスパ語は持ってないは、通訳としてシスターマーシーと艦隊を組むと彼女の財宝Rが適用されるため、要らない地図も読めてしまうは、で効率的に良くありません。

結局、地図の発見物をほとんど報告していないLadyMarcyの方が有用だったことがわかりました。
(書物を読むことで得られる財宝鑑定の熟練度もフルに得られますし)

納品に必要な聖刻の数は20個。
単純計算で『宝物の地図』が20枚必要となります。
地図回しはインチキぽいので私は原則的にやりませんが、それはあくまでスキルR・冒険Lv上げ目的としては、という話であって、今回のようなケースは特例です(そこは大人の事情ってやつであせあせ(飛び散る汗)
そこでLadyMarcyとグレイマウザーをセビリアに待機させ、頭痛薬を使いながら地図回しを行います。
ある程度数が溜まったら共有倉庫経由でアテネにいるレディマーシーに送り発掘。
blog0594.jpg
これを所定数の聖刻が揃うまで繰り返します。

一枚の地図で、大サメよけの聖刻の他に海魔よけの聖刻も同時に掘れてしまいます。
しかも海魔〜の方が先にインベントリに入るので、アイテム枠が一個しか空いてないと肝心の大サメ〜が貰えなくなるのでご注意。

アイテム枠が空いてても中には大サメ〜が入ってない不良地図(笑)が何枚かあるので、結局20個の聖刻をゲットするのに地図を25枚も入手しなければなりませんでした。(ちなみに使った頭痛薬も20個程度)
posted by マウザー at 09:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

シーラカンス

ケープ海盆にて、あの生きている化石シーラカンス発見!
blog0596.jpg

小さい頃、子供向けの科学思想啓蒙書(?)で読んで記憶に刷り込まれて以来、何故か覚えているラティメリア・チャルムネです。わーい(嬉しい顔)
(ちなみにあと覚えているのがデスモスチルス(=カバのようなサイのような哺乳類)。
語呂がいいと覚えるらしい(笑))

しかし、ちょっと引っかかるところも。
絶滅種とされたシーラカンスの生存が確認されたのは20世紀になってから。
このゲームの設定時代とは合いません。
もっとも設定時代に無い船種が出てきたり、魔法(=護符)で敵船を沈めたりできるゲームですから、あまり細かい事を言ってもしょーがない、というか、ゲームを楽しむためには船種や護符と同じく鷹揚に構えて見逃した方がいいレベルの話ではありますが。

posted by マウザー at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月24日

昆虫採集

blog0598.jpg
カリブ・中南米一帯がほぼ安全化しているので、これを機会に積み残していたカリブ南米周辺のクエを固めてやってます。

夏も近いので夏休みの課題研究・・・・・・というわけでは無いのですが甲虫発見が多い(笑)。

blog0599.jpg
その筋では有名なカブトムシとか、

blog0600.jpg
小さい頃よく採っていたカナブンに似た奴とか。

孔雀服レシピをゲットするのに避けて通れないクエ『復讐の宴』も何とかクリア。

blog0601.jpg

Lv50の自称盗賊貴族のNPCと陸戦を戦って勝利しなければならないのです。(ただタイマンなのが救いですが)
Lv的にもスキル的にもあまり勝ち目のないLadyMarcyですが、剣技テクニックの3マスが埋るまでひたすら逃げ回り、溜まったところで一気に3連続で叩きつける、という方法で何とか勝ちを拾いました。(それでも3度仕留め損ねて長期戦になりましたが)
陸戦は太陽の護符のよーな救済措置がないのが辛いとこですねあせあせ(飛び散る汗)


posted by マウザー at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

The Tower of Aion・マイキャラ紹介

オープン当初はマイマシンのスペック不足で乗り遅れ、マシンを買い換えた後はあまり芳しくない評判に影響されて手を出さずじまい。

しかし無料チケットを貰ったのをきっかけにやってみると、これが結構面白く感じられました。

・(喋りまくることを含め)生活感のあるNPCの行動
・カラスや羽虫が飛ぶ、など臨場感のある環境演出
・随所に挿入されるキャラデータを読み込んで作られるムービー
・聴き応えのあるBGM
・(少なくともリネ2よりは)バリエーション豊かなクエスト
・スタイリッシュMMOと自称するだけのことはある、洗練されたデザインの装備
・・・・etc

もちろん欠点も色々ありますが、少なくともリネ2よりは(気に入るかどうかは別にして)ゲーム性が高いです。

【2012/6/26 更新】

blog1236.jpg

名前:LadyMarcy
性別:女性
職業:イズラフェル鯖魔族/Lv40ボウウイング
生産担当:金属鎧&武器

リネ2&DOLと同じキャラ名。
職業弓職もリネ2から持ち越し。
一応どのキャラも平等育成を心がけていますが、取得したドロップ装備で一番良い物をまず搾取するえこ贔屓キャラ。


blog1224.jpg

名前:グレイマウザー
性別:男性
職業:イズラフェル鯖魔族/Lv36スピリットウイング
生産担当:特になし

DOLと同じキャラ名。
私自身では初の召喚職。
ローブ装備はデザインが、いまいちピンと来るものが無いのが難点。


blog1239.jpg

名前:DarkMarcy
性別:女性
職業:イズラフェル鯖魔族/Lv37スペルウイング
生産担当:錬金術

キャラ製作時にバストの大きさゲージを最大に振るとこんな感じになります。黒ハート
キャラ全員がクエで集めた銀コインを貢がせて買ったエリート五等兵ローブ装備を纏うお姫様キャラ。


blog1242.jpg

名前:MissMarcy
性別:女性
職業:イズラフェル鯖魔族/Lv37チャントウイング
生産担当:縫製

リネ2に習ってSisterMarcyとしたかったキャラ名も入力文字制限のため、こんな名前に。たらーっ(汗)


blog1218.jpg

名前:スティン・グレイ
性別:女性
職業:イズラフェル鯖魔族/Lv37ソードウイング
生産担当:料理

重装備のお陰で打たれ強さはピカ一。


blog1227.jpg

名前:ファファード
性別:男性>女性
職業:イズラフェル鯖魔族/Lv37シャドウウイング
生産担当:細工

軽装備故に防御力に難があるは遠隔戦闘能力も落ちるは、で結構使いにくいシャドウですが、近接戦闘スキルのバリエーションが多いので、やってて面白いかもしれません。(でも包帯の大量携帯は不可欠)
posted by マウザー at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マイキャラ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイオン

ヒラウ・バナン!


一週間DOLをお休みして何をしていたか、というと、リネ2と同じNCJが運営しているMMO『THE TOWER OF AION』。

ことの発端はNCJがリネ2を(課金状況とIN状況によって)最大三ヶ月無料にするキャンペーンをやっていると聞いて、自分のアカウントを調べてみたこと。
残念ながらネカフェでIN履歴のあるメインアカウントは対象外だったのですが、その代わりAIONが7日間無料になるチケットが付与されていたのを発見したのです。(ちなみにサブアカウントは見事に三ヶ月無料となっていましたわーい(嬉しい顔)

DOLはいいゲームですが、あまりどっぷりハマっているとマンネリ化してしまいます。
たまには違うゲームに行ってみる方が視野を広げる意味でも良い、というのが私の持論。
そこでこの機会にAIONをやってみることにしたのです。(といっても無料なのが一番大きいのですが(笑))

AIONは既にリリースされて何年も経っているゲームです。
リリースされた当初はリネ2の正統的後継ゲームということでそれなりに期待していましたが、当時は要求スペックを満たすマシンをもっていなかったのでOβにも参加できず、正式運用されてからは課金額の割りにツマラナいという噂もあって、何となく敬遠していました。

やってみると意外にこれが面白い。

既に何を言おうと全て旧聞に属する話なので細かくは言いませんが、流石NC、リネ2の弱点をことごとく知り尽くしていて、見事にそれを解消しています。

まず、
生産(や採集)で経験値が入る
DOL(やその他の新しいゲーム)では当然の仕様ですが、リネ2では戦闘でしか経験値が得られず、戦ってLVアップすると一回も生産したことが無くても高Lvの生産物が生産できるようになる、という意味不明な仕様なのです。
個人的にはこれがリネ2一番の致命的欠陥だと思っていたのですが、AIONでは勿論生産するたびに経験値が入りますし、尚且つ素材を採取しなくても親方からクエを受け、素材も提供してもらうことで生産を続けることもできます。

キャラクター作成の幅が大きい
リネ2も決して少ない方ではない、と思いますが、AIONは桁外れにパターン数が多いです。
blog0603.jpg
選択できる項目が顔の輪郭から始まり、体形、手足の長さ/太さ、目鼻口の大きさ/位置など多数あり、キャラ作成で他人と被ることはおよそありえないであろうと思えます。
もちろん美人美男に作ることもブサイクに作ることもできるので、個人の嗜好をかなり忠実に反映できます。

装備偏重ではない
リネ2では【まず装備ありき】でした。
故にプレイヤースキルよりも武器防具の性能が物を言い、装備できるLv帯が5つしかなく比較的低Lvでもグレード別の最高級装備を装備できたりします。(勿論それを買う金があれば)
しかし現物ドロップの少なさやアデナ(=リネ2世界での貨幣)稼ぎの難しさもあって、高性能の武器防具を(手っ取り早く)揃えるためRMTに走らせる大きな要因となっていました。
AIONでは装備できるLv帯も細かく分けられていて分相応以上の装備は装備できないようになっていますし、そこそこ現物ドロップがあり、店売り装備の価格も極めて安く抑えられているので、リネ2のように『Lvはあるけど装備がない』状態に陥ることはまず無いと思われます。

装備グラフィックがいい
リネ2も基本的にはいいのですが、低Lv装備はえらく地味で装備していても見栄えがまったくしない時があります。
AIONでは低Lv装備もかなり力が入っていることを思わせる充実ぶりで、尚且つ上半身/下半身/手/足/その他の装備の種類が違っても違和感があまり無いように配色に気が使われているところが何気に凄いと感じました。
blog0604.jpg

NPCがちゃんと生活している
リネ2のNPCやmob(=モンスター)はただ何もせずボーッと突っ立ている(か歩く程度)だけでしたが、AIONでは特にイベントやクエに関係ないのに、兵士NPCは練習相手に打ち込みをする、荷運び屋は荷物を運ぶ、子供ははしゃぎまわる、湖には狩りに関係の無い魚が悠然と泳いでいる、巡回mobは決められたルートをちゃんと巡回する、肉食獣mobは牛mobや猪mobに襲い掛かる、など生活感や臨場感を出すのにとてもいい演出だと思いました。
これは何もAIONが始めて、と言うわけではなく、私の好き揺れるハートだったLOTRO(=ロード・オブ・ザ・リングズ・オンライン)では当然のように行われていた仕様です。

また、NPCのみならず、PCも場合によっては勝手に動きます。
DOLでは放置すると『伸び』をしたりしますが、AIONでは雪の要塞(当然寒い)にいると吐く息が白くなったりしますし、
blog0610.jpg
雪が降ると女性キャラの場合、「あら、雪だわ雪」、
blog0611.jpg
みたいな動作をします。(ちなみに男性の場合腕を抱えて寒がったりします)

単純なハック&スラッシュゲームを望む人にはまったく要らない機能で、しかもそこにマシンパワーや開発費が使われ、なおかつそれが(間接的にでも)課金額の高さに繋がることを考えると、批判したくなる気持ちもわかります。
しかしゲーム(世界)を楽しむために、そういう演出はとても重要だと思うんですよね。
リネ2でもやりたかったのでしょうが、当時(=7年前)の一般的なマシン性能を考えれば実現は難しかったのでしょう。

移動手段が豊富
リネ2では特定職の、しかもかなり高Lvからだったリターン魔法が初期から使える(ただし再使用に30分かかるが)他、特定箇所への帰還スクロール、(毎度おなじみ)テレポーター、飛行移動(=自力で飛ぶのではなく鳥が憑依するイメージで自動的に目的地まで飛ぶ)、空中エレベータ(?)
blog0609.jpg
など、うまく使えばリネ2のようにやたらに走り回る必要がなくなっています。

他にも色々感心したことはあります。
リネ2譲りの操作性の良さ。(某FF14はこの辺がダメでした)
クエスト主導で無理なくLvアップが出来るバランスの良さ。(初期のリネ2もそうでした)

そして勿論大きな特色である飛行機能。
blog0605.jpg
狩場ではほぼ使えないのが残念ですが、この浮遊感、滑空感は斬新です(今更、ですが)。
blog0606.jpg
ただし私自身は高所恐怖症でもあるので、あまり高いところに登ると(ディスプレイの前で)足がすくんでしまいますふらふらあせあせ(飛び散る汗)

一つ残念なのはここでもやはり業者と思われるPCが散見されたこと。
思えばDOLにだっていますし、リネ2ほど顕著ではなく、リネ2のように狩が邪魔されることもなかったので、まあ諦めのつくレベルかもしれませんが。

さて、リネ2ではDE(=ダークエルフ)メインプレイヤーだった私は魔族を選択。
本当は天族も作りたかったのですがアカウント毎に作れる種族は一つと決まっているので仕方ありません(主命題が種族闘争なのでこうしないと色々問題が生じるのでしょう)
用意されている色々な職の特色をそれぞれ楽しみたいがため、例によってキャラスロットに作れるだけキャラを作りました。
blog0607.jpg
(左から)スペルウイング(=攻撃専門魔法職。リネ2ではスペルハウラーに相当)
ソードウイング(=ヘイトで敵を引きつける、いわゆる盾職。リネ2ではシリエンナイト?)
チャントウイング(=ヒールも戦闘もできるエンチャンター。リネ2でいうとブレダン兼シリエル)
ボウウイング(=弓職。リネ2だとファントムレンジャー。しかし二刀持ちで接近戦もできる!)
シャドウウイング(=短剣職?リネ2だとアビスウォーカーだがやはり二刀使い)
スピリットウイング(=召喚魔法職。リネ2だとファントムサマナー)

もちろんLadyMarcyは弓職でわーい(嬉しい顔)
blog0608.jpg

どの職もそれぞれのスキルに特徴があって、そのスキルの使いこなし方が楽しい。
リネ2では名前だけだったブレードダンスもボウ&シャドウW系だと本当に舞っているようだし、回転しながら周囲の敵にダメージを与えるソードWも豪快(時として余計な敵にダメージを与えてリンクを起こしたりしますが)。
特にボウ&シャドウW系のハイドスキルはLOTROのハイドと違って敵の正面に行ってもまったく発見されない完全隠行なのです。
これにより敵のアジトの中心に忍んで行きボスだけ暗殺、ということも可能になるのでクエストによっては凄く有利な職業になりますね。(それ以外は攻撃力/防御力で非常に中途半端なのですが)

結局7日間では大したLvアップが出来る筈もなく、Lv14までが4人、Lv13までが2人といったところでタイムオーバーになりました。
全体から見ればLv14なんて極々表面を引っかいた程度しかなく、それで評価するのもどっぷりハマっている人から見れば(何言ってんだか)つー話ですし、もっとLvが上がれば違う物も見えてくるのかもしれません。
しかし面白かったのは事実なんで、まあご勘弁をあせあせ(飛び散る汗)

※ちなみに冒頭の言葉は魔族の挨拶のセリフです。晴れ
posted by マウザー at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | The Tower of AION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。