2011年12月02日

ディーヴァニオン防具

アイオンの課金無料期間が2週間分終了。
全キャラがLv28〜30に達して、ゴールがすぐそこに見えている感じです。(残すところあと一週間ですが)

さて、アイオンではLv30になるとディーヴァニオン防具というスペシャルな装備を貰えるクエストを受けることができます。
上半身・下半身・手・足・肩の計五箇所にそれぞれ装備することによって、優れたセット効果(=性能)を発揮する優秀な防具なのですが、セット装備だけあってデザインもまた秀逸。
しかし、このディーヴァニオン防具を貰えるクエは1キャラに付き一回しか受けられません。
・・・・ということは五箇所全て揃えるためには5キャラをLv30にし、5回同じクエをやらないといけない、ということです。(貰った装備はアカウント倉庫を経由して一人のキャラに集めることができます)

私の場合、そこまで考えて全6キャラ育成、と思っていたわけではありませんが、気が付いた今では大きな目標になりました。

で、(一応)メインキャラのLadyMarcyがいち早くLv30になったのですが
blog0841.jpg

Lv30になって早々、なんと運営から件のディーヴァニオン装備が4つお祝いに贈られてきたではありませんかexclamation
どうやらアカウント内で一番先にLv30になったキャラには、そうしたプレゼントが行なわれるようになっているみたいです。
ということは、あとは自分の分のディーヴァニオン防具取得クエをこなせば、他にキャラを作らなくても1セット揃う、ということです。がく〜(落胆した顔)

とりあえず、まずクエをクリアして5つ目の防具をゲット(モンスターを倒すと貰えるDPをフルゲージまで溜めないといけないのがメンドクサイですw)

そして着装。
blog0843.jpg
確かに普段の装備(上)と違って優美さが漂いますね。黒ハート

ところで、私の場合他に5キャラいますから、全てのキャラがクエを消化し終わった場合、ディーヴァニオンセットはもう一個手に入ることになります。
一人分手に入れたからもういいや、と思うかというとそうではなくて、職業によって装備のデザインが異なるはずなので、それも見てみたいからやっぱりもう一つ欲しいです。(笑)
(ギーナ(=アイオン世界での通貨単位)を払えばそれぞれの職業用の装備に変換することもできますが面倒なのでw)

ちなみに、Lv30に初めて達すると、スペシャルなウイングも貰えます。
blog0842.jpg
これが一見地味ですが微妙に赤味がかっていて、普段の防具を赤茶系統で揃えているLadyMarcyによく合っているので、実はこっちの方がお気に入り。(<親バカ)
posted by マウザー at 14:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | The Tower of AION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

2セット目

頑張った甲斐あって(笑)全キャラLv30オーバーとなり、ディーヴァニオン防具取得クエも全員達成して、目出度く2セット目のディーヴァニオン防具ゲット!
blog0845.jpg

普通の足装備を男性が履くと爪が(4本w)出たりするのですが、これだとちゃんと靴の形になっているのが斬新です(おいおいちっ(怒った顔)

さてこのアイオン、経験値も順調に上がるし、現物もバンバン落ちるので超オモシレー、と思っていたのですが、ふと公式HPを見てみると11/6〜12/6まで経験値/ドロップ2倍キャンペーン中らしい。

あぁ〜納得。わーい(嬉しい顔)

とりあえず全員Lv30オーバーという目標も達成したので、しばらく狩りは休んで採集スキルと生産の熟練上げに勤しもうかと思ってます。

今後の展望としては、次の課金無料期間が来たら天族でもプレイしてみたいですね。
天族のシナリオも見てみたいし、魔族でプレーするにしても天族エリアのマップを頭に入れて置かないと潜入クエでまごつくハメになるだろうし・・・・
posted by マウザー at 14:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | The Tower of AION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

両手武器合成

アイオンで面白い、と思った機能の一つに両手武器合成があります。
持ち手スロットを二つとも占有する武器は、2個の武器を(NPCの)魔法で掛け合わせて性能向上を図れるというものです。
両手武器、というとグレートソードやハルバードなどの槍・大剣タイプのものだけかと思っていたのですが、ゲーム雑誌を読んでいて気が付いたのは、魔法職用のオーブや、弓職の弓も出来る、ということ。

早速試してみようー、と思いましたが、掛け合わせるメイン武器の他に同等以下の同じ系統の武器が要ります。
・・・が、一つ問題が。

実は先日レジェンド(アイオンにおけるレア度のランク:コモン<レア<レジェンド<ユニークというように上がっていく)武器のオクタヌボウを拾った際、少し性能の劣るエリート七等兵ボウを、もったいないことに処分してしまっていたのです。あせあせ(飛び散る汗)
持っていれば丁度使えた所ですが、残念ながら既にどうしようもないので、代わりの武器を探します。
貴重な銅コインを使って再度エリート七等兵ボウを買うことも考えましたが、それも何だかバカらしい。

考えた末、弓を自作することに。
そこで細工担当のファファードを鍛え、何とか使えるレベルの弓作成を目指します。

で、ようやく出来たのがこれ。
blog0856.jpg

一見簡単なように見えますが、これを作るためには、まず元のゲルフィーボウから作らねばなりません。
作る際、DOLの『大成功』と同じく低確率で上級の生産品が出来ることがありますが、それがシャイニング ゲルフィーボウです。
『大成功』が発動しなかった場合でも高級レシピを使えばシャイニング〜を作る事ができますが、それには元となるゲルフィーボウが三個要りますがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)

幸い私の場合、2個目を作る際に『大成功』が発動してシャイニング〜を作ることができました。

ここで終わりではありません。
アルチザン ゲルフィーボウは、シャイニング ゲルフィーボウを素材とするのです。
これは1個必要なだけですから、他の素材(店売り)と合わせて作るだけで済みます。
・・・が、アルチザン シャイニング ゲルフィーボウにするためには(もし『大成功』が発動しなければ)ここでもアルチザン ゲルフィーボウが3個要るのです。
すなわち、もし『大成功』が一回も発動しなければ、大元のゲルフィーボウは9個も必要だ、ということです。ちっ(怒った顔)

幸い(笑)私の場合、2個目のアルチザン ゲルフィーボウ作成時に『大成功』が発動してシャイニング〜を作ることができましたが。

さて、問題の武器合成です。
メイン武器のオクタヌボウ
blog0857.jpg
と、先のアルチザンなんたらを掛け合わせます。
合わせたら性能は両者の数値合計になる・・・・・・・・のかと思いきや、若干攻撃力(その他)が上がって双方の魔石スロットが使えるようになるだけですが。
blog0855.jpg
それでも、性能アップは嬉しい限りですね。
posted by マウザー at 14:23| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | The Tower of AION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

とりあえず終了

アイオンの課金無料期間が終了。
無料にしてはすっごく楽しみました。わーい(嬉しい顔)(課金継続を考えるほどに)

blog0858.jpg

またいつか会うその日まで(笑)

posted by マウザー at 13:49| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | The Tower of AION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

コロラド

プチ休止からDOLに復帰してまずやったことは、ライブイベント『イレーヌと作る世界のコース料理』への参加。
・・・・・といってもメインキャラ(LadyMarcy)ではこっそり完遂していたので、
blog0863.jpg
今回は、いずれ必要になる時が来るであろう『名匠の秘伝』狙いで、錬金術師見習いのグレイマウザーでの参加です。
途中の南米編を終われば『名匠の秘伝』は貰えるので、最悪、危険海域になってしまった最後の中国編はやらずに済ましても可ですあせあせ(飛び散る汗)

ところで今回のイベントの目玉はイレーヌさんが喋ること(!)ですが、色っぽい声質自体はキャラにとても合っています。
とはいえ喋る部分はセリフ全体のごく一部。
しかも普通のNPCでさえ喋りまくるアイオンをやった後では、声を大にして宣伝するほどのことかいな?という疑問が生じたのもまた事実。
あのイレーヌさんが!という特定のキャラファンにはウケるかもしれませんが、むしろ全ての酒場女(&男)に声を出させてもそんなに(スペック上の)負荷がかかるとも思えませんし、日常的にヴィットーリアやライザ(あるいはバルタザール)の声を聴ければもっと盛り上がるだろーに、と思いました。

イベントをこなした後、久しぶりにハンザ同盟商会の商会開拓街を訪れてみました。
しばらく見ない間に立派な銅像が!
blog0859.jpg
商会長さんGJですわーい(嬉しい顔)
でもイルカの銅像って何かシュール・・・・・

その後、(今更ですが)コロラド高原を初めて訪問。
blog0862.jpg
るんるんサボテンの花咲いてる〜砂と岩の西部〜(サボテンの花?がく〜(落胆した顔)
blog0860.jpg
野生の馬がいる!わーい(嬉しい顔)
奥地にいけそうな目印も見つけましたが、条件をクリアしてないと行けないみたいです。
(調べてみると、例によって連クエ達成が必要らしい)
今後の楽しみですね。
posted by マウザー at 14:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月10日

大平原

(昨日の続き)それならば、ということで、コロラド高原の奥地に到達するための連クエを開始しました。

blog0864.jpg

blog0865.jpg

途中でしっかり横道に逸れたことは言うまでもありませんが・・・・あせあせ(飛び散る汗)

blog0866.jpg
ネッシーはどこだ?目

blog0867.jpg
テムズ川の藻屑となっている盾とか。

blog0868.jpg

基本的にロンドンからそう遠くないところに終始するのがありがたい。

そしていよいよ奥地に。
blog0869.jpg

blog0870.jpg
見た感じインディアンの居留地そのままです。

blog0871.jpg

村を少し行くと川の向こうに大平原が広がり、ワシ(?)が悠然と飛んでたりします。
(余談ですが、アイオンのマップの一部でLv20代後半の狩場なのにLv38の巨大コンドル型モンスターがマップ中央付近を周回してて、油断してると一撃で叩き殺されたりすることがあり、以来コンドル(型の鳥)が飛んでるのを見るとトラウマでビクビクするように条件付けられてしまったのを思い出しましたw)

居留地の道具屋で役立ちそうなブースターを見つけました。
blog0872.jpg
繊維+1の頭装備です。
私的にはあまり被って出歩きたくなるデザインではありませんが(笑)。
posted by マウザー at 13:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

テノチティトラン

テノチティトラン発見といえば、カリブ方面では最大のイベントです。
この発見を前提にしたクエも複数あり、冒険家としては是非ともクリアしておきたいところ。

・・・・・ですが、発見クエ途中に海戦が一回、陸戦が一回があるので、ソロメインの私は今まで達成できませんでした。
最悪海戦は太陽の護符連打でしのげるとしても、1vs3の(もちろんこちらが1)格上NPCとの陸戦に勝てるとは思えず、サントドミンゴでこのクエ『孤立した帝都』が提示される度にため息をついてきたものでした。

しかし!

今回ハンザ同盟商会の商会イベントとしてテノチ攻略を行なうことになり、この時!とばかりに参加させていただきました。

それこそクエ出しは(要らない時にも頻繁に出るほどなので)簡単ですし、必要スキルの社交・警戒・視認・考古学Rは全て満たしているので、役立てないことはありません。
しかし、海戦・陸戦はほぼ、おんぶに抱っこ、というのが残念ですが仕方がありませんあせあせ(飛び散る汗)

blog0878.jpg

問題の陸戦も済み、いよいよ発見の瞬間!
blog0873.jpg

例によって撮り損ねていますもうやだ〜(悲しい顔)

blog0874.jpg
流石にアステカの帝都。
高層ビルの威容は凄いです。(なんか叫んでる人もいますが)
blog0875.jpg
現代人がサンシャイン60を下から見上げるような感じでしょうか?(笑)

高層ビルの前で記念写真も。
blog0877.jpg

ちなみにこの後、道具屋で貴金属+3の装備と宝石+3の装備を買ったのですが、合計30M支払ったにもかかわらずアイテム枠の関係でロットが貰えず、SSの件といい色々不手際があってガックリです。がく〜(落胆した顔)rz
posted by マウザー at 14:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

デッド・ゼロ

本デッド・ゼロ/一撃必殺』上下巻 スティーブン・ハンター著

マニアの間では超メジャーな主人公『ボブ・リー・スワガー』シリーズ最新刊。
スナイパーでありながら、驚いたことに今回彼は一度もライフルを撃ちません。(他の人は撃つんですけどね(笑))
64歳になった主人公に厳しいアクションを要求するのもリアリティに欠けますし、いつぞやのようにチャンバラになったりしないだけマシですが、スナイパー小説ファンとしては若干寂しさを感じます。

前作『蘇るスナイパー』ではハイテク狙撃システムiSniperと対決したスワガーですが、その回でハイテク機器描写が多いのは『(スワガーが体現する)ローテク狙撃技術との対比』の意味から、だけなのかと思ったら、今回でも無人攻撃機リーパーやらFM電波誘導のヘルファイアミサイルやらが登場し、何のかんの言いながら、ハンターさんは結局ハイテク武器がお好きなようです。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

posted by マウザー at 13:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読後感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

すべりこみ

ライブイベントの期限ギリギリになって東アジア・東南アジアが安全海域になったので、急いで杭州に行ってきました。
イベント自体は二周目なのでさしたる障害もなく、ついでに南蛮貿易を行なう余裕も無いのでそのままアッサリ欧州に引き返します。

パリでイレーヌさんに最後のデザートを届けると・・・・・
blog0879.jpg
(おいおい、『二人で』って、アンタそこから一歩も動いてないだろ?むかっ(怒り)
と思いましたが、
blog0880.jpg
(えっ、そ、そーですかぁ。そりゃあもう是非・・・・・揺れるハート
とか思ってしまうのは単なるバカですねわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

ちなみに最後のくじ引きは
blog0881.jpg
でした。
LadyMarcyの時は国家貢献勲記50枚でしたし、こういうところの運は無いようです。
posted by マウザー at 13:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

エルフの名前

とある極秘プロジェクト(と言ってもわかる人にはバレバレだが)のため、この世に生を受けたキャラクター。
blog0882.jpg

彼女の名前は以前やっていたロード・オブ・ザ・リング・オンライン(LOTRO)のメインキャラから取られています。
当時、いつも通りLadyMarcyで作っても良かったのですが、キャラ作成時の画面を見るとエルフキャラの名前の付け方のガイドラインが出ていたため、
blog0883.jpg
それに従うと、Ar-Marcy-rianとなったわけです。
(本編に出てくるアルウェン姫もこれに従ってるわけですね)

ネーミングルールに対するこんなこだわり方も、オクスフォード大学の教授であった原作者のJ.R.R.トールキン(が本当に考えたかどうかは知りませんが)らしいと言えばらしい。

ちなみにLOTROでキャラを作った時はエルフの超絶美女を作るつもりでしたが、どう頑張ってもできたのは・・・・・
blog0884.jpg
・・・・・・西洋人の美的感覚や恐るべし(笑)

LOTROにはいくつか致命的な弱点がありましたが、グラフィック部分が弱いことは、それには該当しません。
もちろんカルチャー的なものもあるでしょうし、ゲームが動くマシンのスペック的な制限もあるでしょう。
しかし、肝心なのはそれを補うプレイヤー側の想像力だ、という考え方がアチラのゲームには根本にあるのではないでしょうか。
でなければ、初期のWizardryがあんなにヒットすることもなかったでしょう。
それを考えるとDOLも、(次々と装備データを追加するだけではなく)もっとプレイヤーの想像力を刺激するような部分について考えて欲しい気がします。
posted by マウザー at 14:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

アトランティス

スターゲイト:アトランティス ファイナルシーズン』 DVD/字幕

『スターゲイト:SG1』のヒットを受けて、同じ時空、同じ題材(スターゲイト)を扱いながら銀河系とは別の銀河(ペガサス銀河)を舞台に作られた海外SFTVシリーズ。

遂にファイナルシーズン(シーズン5)を迎え、どんな大団円を用意しているのか期待しながらの鑑賞・・・・・・・・・・・・・・・・でしたが、フタを開けてみると何とも中途半端な終わり方でした。
確かに当面の危機は回避されるのですが、まだレイス(の残党)は相当数残っているはずですし、アトランティス(=エンシェントと呼ばれる古代異星人が作った都市型宇宙船)を地球に持ってきちゃってどーすんの?、とか(またペガサス銀河に持って帰んなきゃなんないのは大変だろーに)。

SG1方式の終わり方を踏襲するのなら、この後2時間程度の大団円用スペシャルムービーが作られるはずですが、そんな噂はつとに聞きませんし、多分このまま終わるのでしょう。

調べてみるとシーズン5で打ち切りが決定したのは最終話の直前、ということで、この終わり方も納得です。

海外ドラマではこういうことは良くあることですが、観ているこっち側は溜まったもんじゃありません。
私が期待していたところでは『スターゲイト:ユニバース(第2シーズン)』、『フラッシュフォワード(第1シーズン)』をはじめ、期待してなかったところでは『HEROS』、リメイク版『V』、『イベント』など、途中打ち切りのタイトルは枚挙に暇がありません。
シーズン2まで追っかけている『フリンジ』が同じ憂き目に会いませんように。わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

『〜アトランティス』に話を戻しますが、そもそも私はシーズン1で、このシリーズは無理があると思ってました。
『〜SG1』の宿敵ゴアウルドの設定や造形に比べ、『〜アトランティス』の敵役レイスの設定と造形はいかにも取って付けた感が強く(昆虫と人間の混合生物と言いながら見た目マンマ人間だし)、ゴアウルドの狡猾さに比べ、レイスは数を頼みとするだけの単純な生き物で、悪役としては役者不足でした。
また『〜アトランティス』では宇宙船使用の頻度が高く、『スターゲイト』なのに肝心のスターゲイトが出てこない回もしばしば。
スターゲイト自体の価値も低く、陰謀でスターゲイトが爆破されたエピソードの次の回には(恐らく無人惑星に無駄に設置されているゲイトを持ってきて)復活しているお手軽さ。
地球に二つしかないゲイトを巡っての攻防が展開する『〜SG1』とはえらい違いです。
加えて『〜SG1』でさえ最後の方(シーズン9〜)ではネタが尽きてバリバリに閉塞感が漂っていたぐらいですから、『〜SG1』の途中から始った『〜アトランティス』で練った脚本が出てくるはずも無く、完成度の低い話が多くて、私に言わせれば逆に「よく5年持ったな〜」という感じです。

人気シリーズは人気がある限り続編が作られていく、というのは洋の東西を問わず番組制作のお約束ですが、作られているうちにネタは尽きる、以前やった回の制限に縛られて話の展開の自由度が狭まる、キャストは年を取る(特に女性キャストは深刻な問題です)、というよーに、『スターゲイト』に限らず古くは『スタートレック』や、最近では『24』など、長寿番組は長寿番組で問題があるものですね。
ファン心理からすれば、いつまでも同じキャストで(例えつまらない話でも)ドラマが観たい、続いていって欲しい、というところでしょうけど。
posted by マウザー at 14:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画短評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

歌うイヌ

コロラドでコヨーテを発見するクエスト『歌うイヌ』。
一瞬イヌが歌うか?と思いますが、遠吠えのことだったんですね。

blog0885.jpg
marcy:「ちゃんと岩陰で日差しを避けてるなんて賢いワンちゃんですねー」
コヨーテ:「(目を合わせないでおこう・・・・)」

ガラパゴスのゾウガメや重慶のパンダと同じく対象オブジェ付きの扱いですから、後々ペットとして登場するかも、いや、して欲しいところです。
posted by マウザー at 14:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

ヴァレンシュタイン

『Thanksgiving』で追加されたクエ『大国の思惑』をやるためには前提として、以前のアプデ(GoldCoast)で追加された『闘技場に咲く麗しの花』から始まる一連のクエストをこなす必要があるらしい。
それはジェノバ-ナポリ(ローマ)の往復、そしてローマではヴァレンシュタインとクリスティーナ嬢のNPC二人の間を何回も何回も往復するだけ、という、かなりダルい作業なのです。(おまけに取得経験値もしょぼい)
なので今までは無視していたのですが、今回は前提となった訳ですから、やらざるを得ません。

blog0888.jpg
おかげで今まで無縁だったコロッセウムにも(今更ですが)初めて入り、バレンシュタイン氏にも初お目見え。
blog0889.jpg
片やクリスティーナ嬢は、これほどかって言うほどのお姫様言葉使いです。わーい(嬉しい顔)

とりあえず作業を終わり、本命の『大国の思惑』も終盤。
blog0890.jpg
デュマの『三銃士』でも有名な御仁リシュリュー氏にも謁見。
とかく悪役のイメージが強いですが、政治的にはともかく、芸術文化的には大きな貢献者であったことは定説ですね。

----------------------- おまけ --------------------------
blog0887.jpg
プレーリーを発見した時から絶対いると思ってたわーい(嬉しい顔)

posted by マウザー at 14:26| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

Lv68

LadyMarcyの冒険Lvが68に。
blog0891.jpg
これで冒険Lvカンストまであと2となりました。

特にLvに関しては、そんなに必死に上げたい、という想いはありません。
むしろカンストしてしまえば冒険EXPが入ってこなくなるわけですからつまらなくなるので、逆に出来るだけLvの上昇は抑えたいところです。
(そもそもLvなんてどの船に乗れるか、を示す指標でしかありませんしねぇ)

で、次のLv69まであと17万強のEXPが必要ですが、そんなに大変な感じではありません。
何故って、まだ達成していないクエや地図がてんこ盛りだからです。
ラパ・ヌイも、クマー服も、その他諸々も・・・・・・

今日はまだ未発見の食虫植物『サラセニア』を発見するクエを出すため、前提となる『フクロユキノシタ』

blog0892.jpg

の地図を書き出しに東南アジア開拓地に行きました。
当然その地図だけが出てくるものだと思っていたら、あれよあれよと、全部で5枚も未発見の生物地図が・・・・・・
事ほど左様、というか、茫然自失、というか、まだまだ未熟だなーと思い知りましたわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
posted by マウザー at 13:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

サラセニア

前提をクリアし、早速件のサラセニアを発見しに行きました。

blog0893.jpg

植物には珍しくオブジェ付きの扱いです。(力入ってるなー)がく〜(落胆した顔)
見た目綺麗なのでオーナメントに欲しいところですが、食虫植物ですから若干微妙な気もしますあせあせ(飛び散る汗)

サラセニアと言えば、真っ先に思い浮かぶのが『仮面ライダー』のショッカー怪人サラセニアンですが(笑)、色々検索していて行き当たったこのサイトのサラセニアンの説明(特に戦闘員特典の項)が面白かったので紹介します。
posted by マウザー at 00:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

青龍偃月刀

まだやってない冒険クエって何があるかなぁ〜とつらつら数え上げていたら、三国志関連の連クエを終わらせてなかったことに気付きました。
あの関羽が使ったとされる青龍偃月刀が(最後に)貰えるヤツです。

途中まではやってあったのですが、どこで中断していたのか調べてみると『諸葛弓弩』と呼ばれるクロスボウを発見する手前でした。
そこから再開。
blog0894.jpg

その次も弩です。
blog0895.jpg

その次がいよいよ前編・後編ニ段構成の『伝国の玉璽』。
blog0896.jpg
発見すると街の噂になったりします。
blog0897.jpg
サンケイ(鳥類)に続いて二度目ですねー。

ここで青龍偃月刀取得クエ出しのため、一旦ロンドンに(途中で『メガマウス』を発見したりしながら)引き返します。
そしてすぐ商会定期船でトンボ返りし、重慶で情報収集。
blog0898.jpg
聞いて驚け!って言われても・・・・・あせあせ(飛び散る汗)
結局また杭州まで川を下って首尾よくゲット。
blog0899.jpg
刀って言ったのに槍じゃん!とゆーのはさて置き。(笑)
偃月刀というのは円月刀とも書くのでシャムシールに似てるのか、と思ったら全然違いますね。
ちなみに偃(円)月というのは字面から考えると満月・・・・・・のことかと思ったら半月を意味するようです。

ここで終わっても良かったのですが、ここまで来たら途中で分岐する別の武器クエ『父の背中』までやってしまいたい。
blog0900.jpg
こちらは言葉通り(刀)剣、ですが恐ろしく長いがく〜(落胆した顔)
blog0901.jpg
確かに馬でも切れそうですが、背中に背負った場合うまく抜けるのか?という疑問が生じます。わーい(嬉しい顔)

例によって東アジア海域の安全刻限が迫る中、なんとか滑り込みでやり終えることができました。(だって思い付くのが遅いんだもんあせあせ(飛び散る汗)
posted by マウザー at 02:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

天族プレイ

あまり一つのゲームに集中しているとすぐ飽きてしまうので、時々違う方面に顔を突っ込みたくなるのが私の性分。

アイオンは新規アカウント(というかNCアカウントにアイオンを新規登録した人)について、体験版という形で10日間(あるいは20時間)無料期間が付与されます。
NCアカウントはリネ2時代に複数持っていますから、今回はその中の一つを使って天族側でプレイしてみることにしました。

無料期間の他にLv20まで、というレベル制限もありますから、魔族の潜入クエのための下調べには(該当マップの対象Lvが高いので)向きませんが、天族側の初期マップやシナリオの体験には興味があります。

今回はキャラスロ全部に作るなどということはせず、基本1人に集中します。
そして魔族プレイの経験からソロ安定度抜群(?)のスピリットウィングを作成することにしました。

blog0902.jpg
濃いアイシャドウがチャームポイント揺れるハートのHolyMarcy。
画像ではよくわかりませんが、足を少し長めに作りすぎてしまって、どんだけバービー体形なんだ、って感じです。(ビーバー体形よりマシかがく〜(落胆した顔) ちなみに後ろのソードウィングは時間が余ったので適当に作った、単なる付け足しです)

さて、やってみてわかったことは、
●天族のシナリオ進行具合やクエストの難易度、各要塞の位置付け等は、魔族とほぼ同じ
まあ当然と言えば当然ですが、あまりにも同じなので、(あぁここは魔族ならこのクエに相当するのね)とか(魔族はこうだったから、この要塞ではこういうクエもあるはず)と思い当ってしまうのが良いことなのか悪いことなのか。
●にもかかわらずLv10のディーヴァ覚醒クエで登場する天族の宿敵は当然魔族・・・・・ではなくて龍族(NPCのみで構成される種族)なのが、天族のヘリオンさんが登場する魔族と違う
魔族はハナから目じゃないってか?(笑)
●魔族のアルトガルド要塞に相当するベルテロン要塞の周辺に、恐らくPT向けで非常に硬い中型の蟹型アクティブモンスターが徘徊していて、油断していると踏み潰される
アルトガルド周辺にも同じ様な氷ゴーレムが徘徊してますが、ノンアクティブだったよーな。ちっ(怒った顔)
●イズラフェル鯖の天:魔のPC比率は3:2ですが、主観的には天の方が倍は多い感じ
そのため天族の本拠地エリュシオンへ行っても重いこと重いこと。
放置イベント期間中のパンデモニウム(魔族の本拠地)より重いんじゃないか、というぐらいです。
(単に魔族が過疎ってるというだけの話ですが)
●羽が白い
blog0903.jpg
これも天族なら当然ですが、黒い羽を見慣れた目には斬新です。

難易度が同じとは書きましたが、クエの内容や狩りの対象など詳細はまったく違うので、それなりに楽しめました。
特にシューゴ(イタチ型種族)とブラウニー(タヌキ型種族)の悲恋を扱った(コミカルな)クエとかが笑えます(特定のブラウニーNPCを殺さないように殴って、捕らわれのシューゴNPCの前におびき出さないといけないという、スピ的にはかなり高難易度なのですが)。

いよいよ更に面白くなるゾ、という段階で、与えられた20時間を後4時間残してLv20に到達してしまいましたあせあせ(飛び散る汗)(お約束ですが)
そのままやっても良かったのですが、やはりEXPを貰えないのにゲームを続けるのは生理的に抵抗があるので、ここで(このキャラは)終了。

とりあえず別にオッサンキャラを作ってソードウィングにしたりして遊んでるうちに
blog0904.jpg
無料期間も終わりました。
posted by マウザー at 14:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | The Tower of AION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

発見!発見!

最近こう冒険にばかり力を入れているように見えるのは、この研究課題のためです。
blog0913.jpg
クエでも地図でも、とにかく発見しないことには先に進めません。
なので、いきおい未達成のクエを探しては潰していく日々になります。
(地図回しやクエ回しは冒険専従キャラとしては避けたいのです。発見勲功値も溜まらないですし)

で、一応発見数は稼いでいるのですが・・・・・
blog0912.jpg

blog0909.jpg

blog0911.jpg

blog0910.jpg
発見Rが11オーバーでさえ20ポイントしか貰えないので、まだまだ先は長そうです。

現在インド洋と東アジア海域が安全化しているのでカリカ発東アジアのクエを攻めているところですが、往復がしんどい!(笑)
blog0906.jpg
まぁおかげで(今更感は充分ですが)安土城を見れたりして、それなりに感慨はあるわけですが。
blog0907.jpg
まるで観光写真カメラですねあせあせ(飛び散る汗)

ところでクリスマスイベントも始りました。
blog0905.jpg
貰える特殊帆塗料は正直言って手抜き感が強いのですが(以前からあるものの使いまわしですし)、
黒サンタ服は(従来の三色を持ってる)コレクター的には期待大です。
blog0908.jpg
長崎にもツリークリスマスが立ってます。
この白い材質は何だろう? ガラス?プラスチック?
あと電飾ぴかぴか(新しい)の電源は何だろう?
平賀源内(1728-1780)はまだいない筈だし・・・・(笑)
posted by マウザー at 15:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

少佐

セビリア発の東アジアクエをやり、
blog0916.jpg
長崎で報告したところ、冒険爵位獲得のお知らせが!

早速ロンドンに引き返し、爵位を受けました。
blog0914.jpg
そりゃこんだけ発見重視の冒険をやってれば早晩そーなるだろうって話ですが、実はまったく予想してませんでしたあせあせ(飛び散る汗)

少佐といえばガンダムのあの人が思い浮かびますが、あのお方は最終的に大佐まで昇っちゃいますし、海軍少佐というイメージでもありません。
『攻殻機動隊』の草薙素子も人気のある『少佐』キャラですが(笑)、あの人も海軍少佐とは(ry
そう考えると、駆逐艦や軽巡洋艦の艦長を務めることもある階級の割には、映画や小説で人気の出たキャラクターって意外に少ない気がします。
スタートレック・ネクストジェネレーションのデータ少佐が一番手ぐらいでしょうか。
posted by マウザー at 02:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

トロン:レガシー

トロン:レガシー』 DVD/字幕

1982年に公開された『トロン』の続編。
今度は前作の主人公の息子が電脳の世界へ迷い込みます(笑)。

背景世界だけ借りた別物語ではなく、正に前作の続編として作られているため前作のストーリーを知らないと入り辛いかもしれません。
しかしこちらはリアルタイムで観ていた身。
しかもDVDは勿論、ウェンディ・カルロスの音楽が気に入ってサントラCDまで持っているぐらいですから、まったくノープロブレム手(チョキ)

前作ではメカ・デザインをシド・ミード、コスチューム・デザインを(あの)ジャン・ジロー=メビウスが担当していたわけですが、本作でも(もちろん作品世界を壊さないために)その基本コンセプトから外れないようなデザインとなっていて、それがまったく古さを感じさせないことから、前作当時のデザインがいかに先進的であったかを伺わせます。
特に、冒頭で出てくるレコグナイザー(警告)・ゲートから始まり、ライトサイクル、劇中盤で出てくるライトセイル(光帆)船や大型戦艦のデザインは前作を踏襲(なおかつより繊細にデザイン)されていて、ファンにとっては感動ものです。
ただし電脳世界の話なので、いかに現実感を出すためとはいえ、警告ゲートに推進システムの描写(煙を吐いたりする)を加えるのはやり過ぎかと思いました。

ところで前作のCGは、今の目で見れば少ないポリゴン/少ない発色で、ショボさがありありと目立つ代物でしたが、当時としては最先端かつ革新的な映像で、その映像スチルがCG検定の教科書にも載るぐらいエポックメイキングな作品でした。

それから30年、CG技術はハード・ソフトの両面で、子供用の足漕ぎ自動車からフェラーリのスポーツカー(以上か?)ぐらい進化してますから、その表現力たるや比べるべくもありません。
とはいえ、優れたCG作品が巷に溢れている現在では、本作のCGの出来の凄さのインパクトは、逆に薄れてしまった感がありますあせあせ(飛び散る汗)

また前作では、光を放つコスチュームを表現するのに一旦撮影したフィルムの上から蛍光色を塗ったり(と記憶しています)していたのですが、本作では素材作成や縫製や撮影技術が向上したため、実際に衣装の中に電飾を埋め込んで撮影しています。
確かにその方がよりシャープで優れた映像が撮れるのでしょうが、映像加工という面では安直な感じですし、前作のアナクロさが逆にいい味となっている事を考えると、技術が進むのも良し悪しだなという気もします。

ストーリー自体は、まぁあって無いようなものなので触れないことにします。(をいちっ(怒った顔)
posted by マウザー at 17:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画短評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

黒サンタ服

クリスマスイベントで黒サンタ服を貰いました。

blog0917.jpg
(左は去年の赤服)

黒サンタ帽子の方はイベントNPCが危険海域のバンジェルマシンにいたこともあって貴重な非戦密約を発動しての参加でしたが、今回は長崎だったので商会定期船で往復するだけの超簡単さ。
サンタクロースといいながら、あまり苦労しませんでしたあせあせ(飛び散る汗)(オヤジギャグかっちっ(怒った顔)

サンタ服としての来歴はともかく、やはり黒いと背中の袋からサブマシンガンでも出てきそうなダークな雰囲気がありますねわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
(それで思いついたひらめき 来年は武器スロットに装備する白い袋型のアイテムふくろを出してください>コーエー様)
posted by マウザー at 00:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

アイオンOST

先月(11月)の21日に注文したアイオンのオリジナルサウンドトラックCDが、今月25日になってやっと到着しました。
blog0918.jpg

韓国からの発送だとすればこんなもんですかね。
相方の人からは「クリスマスプレゼントが来ていいなぁ」とか言われましたが、先月の内にお金払ってるんですけど?ちっ(怒った顔)

早速聴いてみました。
もちろん天族プレイ時の曲も入ってますし、(まだ到達してない)高Lvエリアの曲もあるでしょうから聴いたことの無いものも何曲か(というかほとんど)あります。
魔族プレイヤー的には本拠地のパンデモニウムやアルトガルド要塞でかかる曲、敵種族であるブラッククロウ・ライカン族のエリアでかかる曲などが聴き慣れていて、思わずプレイ画面が目に浮かびます。(笑)

反面、聴きたかったモルヘイム要塞やインペトシウムで掛かる曲が収録されてなくて、嬉しさ半分、とまでは行きませんが、嬉しさ2/3ぐらいでしょうか。もうやだ〜(悲しい顔)

調べてみると2.0や2.5のパッケージに付いてくるサントラCDにも収録されてなくて、恐らくそれ以前のヴァージョンのパッケに入っていたのでしょう。
特にモルヘイム要塞の曲(Wailing Wall)は公式HPに(中途までで終わる)試聴版が載っているだけに残念です。
posted by マウザー at 01:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | The Tower of AION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

和犬

例によってやり残していた発見クエを拾う日々なのです、ハイ。(重慶の少女風)
blog0919.jpg

blog0920.jpg

blog0924.jpg
ジャガー戦士の面も発見!
blog0925.jpg
でかっ!

これまた途中までになっていた『滝』シリーズもフィニッシュ。
blog0922.jpg
=ヴィクトリア・フォールズですね。
blog0921.jpg
もう先人に何度と無く言われてますが、水のミの字もないところが『ナイアガラの滝』と言われても・・・・・ちっ(怒った顔)

ところで各国の本拠地には既に新年イベントのためのNPCが待機してるのですが、そこで注目したのはコレ↓
blog0926.jpg
お座り和犬のペット(?)
何コレ、超かわいい揺れるハート
今いる洋犬もいいですけど、ゆくゆくはこちらもユーザーが飼えるようにして欲しいですね。
posted by マウザー at 18:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

イースター島

東南アジアが安全海域になってまずやろうと思ったのは、東南アジア方面でゴッソリ抜けている釣り発見物を埋めること。

行きがけの駄賃で東アジアの『オオウナギ』を発見したのを手始めに、
blog0928.jpg
wikiを参考にしながらシビレエイやらノコギリエイやらブダイの一種とかブダイの一種とかetc(メンドクサイんでSSは無しw)をどんどん釣っていきます。

一応あらかた釣った後、今度は『ラパ・ヌイ』関連の連クエをやることにしました。
(実はそのために東南アジアが安全化するのを待っていたのです)
例によって途中からですが、今回は『太平洋』の発見という、ごく初期の方からの再開です。
セビリア発のクエを受け、ヤーディンで情報を取った後ダバオの東で発見。
blog0929.jpg

その後はジャカルタでひたすら連クエをこなし、フィジー諸島、サモア諸島、タヒチなどを発見。
そして遂に、ラパ・ヌイだーexclamation×2
blog0930.jpg
ついでに奥地の遺跡も発見。
blog0932.jpg

wikiの進行表も途切れてるし、これで終了・・・・・・・・・と思いきや、実はここからが大変なのでした。ふらふら
ラパ・ヌイ(=イースター島)にまつわる伝説を元に、モアイ像を3つも特定したり
blog0933.jpg
変な絵とか杖を発見したりとかで、何度も何度もジャカルタとラパヌイを往復しなければなりません。

最初の方こそ(おーモアイ像だー)とか言いながら楽しく観光していたのですが
blog0931.jpg

回を重ねるにつれ、段々景色も目に入らなく(というかどーでもよく)なってきます(笑)
航路自体はほぼ一直線で楽なのですが、何しろ航海距離が長いのです。
決して遅くは無いはずの私の船でも往復55分、島内で右往左往する分も含めると1クエに小1時間掛かりますから、ちょっとやそっとじゃ終わりません。

とはいえ地道にやっていればいつかは片が付くもの。
おかげで問題の研究論文も先が見えてきました。
blog0935.jpg

残すところは(近いリマではなくてがく〜(落胆した顔))リオデジャネイロで受けなければならない一つと、集大成の一つを残すのみ。

途中でワンガヌイに立ち寄って伝説のカヌーを発見したりしながら、
blog0934.jpg

リオとジャカルタを最後の往復。
遂に連クエ終着駅のクエを達成!
blog0936.jpg
いつの間にか論文も完成してましたわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
posted by マウザー at 23:29| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。