2012年03月02日

三毛猫

シャムネコのミッシェルはバザーのお手伝いができるぐらいに慣れました。(笑)
blog1043.jpg

ところで前回パスした三毛猫取得クエ。
どうせ以前のブサ猫の色違いテクスチャでしょ?と勝手に決め付けていたのですが、後刻、画像を見た人から「違うよ」との言葉を頂いたので、それじゃあ自分でも見てみよう、と再度ジャカルタに赴き、取得クエを受けました。

長崎郊外の小屋にタッチする必要はありますが、それほど大した問題も無く終了。
例によって欧州に帰らなければ画像を見れないので、帰りがけの駄賃に南蛮品を積み帰国。

調教師に預けたペット一覧では全体像を見ることができないので、(渋々)権利書を発行してもらいます。(アイテム枠が一つ減る上に、ペット権利書はバインダーに収納できないことがわかりましたたらーっ(汗)
blog1044.jpg
従来の猫に比べれば格段の進歩と言えそうです。
じゃあ白猫とか黒猫とかもこのテクスチャベースでやってよ、と言いたいところですが、それをやると三毛猫の価値が相対的に下がるので難しいでしょうね。

posted by マウザー at 14:10| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

ジュリアンの服

ジュリアン服に必要な高級毛皮50枚を生産するため、放牧場の造り替えを行なっていたレディマーシーのカリブPFでヤギの生産が開始されました!
これで高級毛皮のレシピ出現条件を満たしたことになります。

しかし生産されるヤギが規定量(およそ1500)に達するのを待っていてはいつまでたってもラチが空かないので、交易品のヤギを持ち込むことにします。

(ヤギどこで売ってたっけ?)と調べてみると、カリアリかザダールで売っているらしい。
そういえば『ヴィンランド』クエの一端でカリアリにヤギを買いに行かされたことを思い出しました。

高級毛皮はヤギ30植物油30で1枚(か2枚)出来ます。
植物油はPFに元々900ほど産出/保管されていましたが、それでは足りないことが明白なので別のPF産の植物油も併せ、カリアリ産のヤギを積めるだけ運び、高級毛皮を生産します。

一回目の輸送で出来たのは23枚。
もちろん最初から一回で間に合うとは思っていませんでしたが、植物油の残量から見て次の輸送で規定量に達するかどうか、微妙な感じです。

果たして2回目の輸送を終えPF在庫の植物油があらかた無くなった時、出来た高級毛皮は合計49枚。
最後の生産で大成功出してりゃな、とは思いましたが、どうしようもありません。ふらふら

PFに植物油は8樽残っていますから、必要なのはあと22樽。
てことはどこかで草を220採集できれば事足りるわけです。
そこで調べてみると、なんと手近の南米北岸高地で取れるらしいではありませんか。

早速現地に向かい採集開始。
220ですからあっという間、と言うわけにはいきませんが、それでも程無く目標に達しました。
植物油に変換し、最後の一枚を作成。

ロンドンに帰り残りの材料を揃えます。
ゴブラン織り100、というのはカレーで買えるフランス人以外にはかなり高めのハードルですが、何とか生産することが出来ました。
(高級ベルベのために取ってあるPF生糸を若干数使ってしまうことになるのが痛いですが)
ウサギ毛80を取るのに必要なウサギはPFに充分な数生息しているので、まったく問題なしでした。

そして完成。
blog1045.jpg
さすが伊達男の服、デザインセンスが秀逸です。揺れるハート
posted by マウザー at 16:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

イレーヌの服

前回のジュリアン服で欲しい服はとりあえず全て作ったことになるのですが、ここまで来たらいっそのこと全部作っちゃえ!、と半ばヤケ気味に考えています。
とは言ってもジュスティーヌとヴァレンシュタインの服はコード入力だけで済むので、残るのはライザ、バルタザール、そしてイレーヌの服。

とある計画のためLadyMarcyの縫製Rを上げようとしていて、そのためにカルカッタでベルベ織りをしているのですが、好相場待ちの間にカルカからサバイー島まで生糸を運んで高級ベルベ作りにも余念がありません。
LadyMarcy/シスターマーシーのペアだと、一回の往復でだいたい35個の高級ベルベが作れますが、それを2往復。
都合70個の高級ベルベが手に入りました。

目標のR12に到達し、カルカから帰欧する際コチンに寄って麝香を買います。
別途グレイマウザーを伴ってセイラに行きシベットを購入。

そして完成。
blog1046.jpg
性能はともかくとして、麝香やシベットという香料を大量に使っているので、割と地味なイメージながら実際にはデパートの化粧品売り場に行ったのと同じぐらい鼻がひん曲がる匂いがするはずです。ちっ(怒った顔)
もっとも汗や酒臭い男達の集う酒場ではそのぐらいで丁度良いのかもしれませんが。(笑)

高級ベルベが余っているのをいい事に、前回ヴィットーリアのドレスを作った際に余ったガーネットと併せて廉価版ヴィットーリアドレス『アービト・ダ・ヴィラーゴ』(言いにくいわふらふら)も作っちゃいました。
blog1047.jpg
他にも青パターンと緑パターンがあるようですが、派手好みの私としてはデフォルトの赤で。

ところで、近東に行ったついでにアデンに行き、ペルシャネコクエをやってきました。
ホルムズの中だけで終始するので楽と言えば楽です。(ただし街中はめっさ走り回らされる上、交易所に売ってはいるものの羊毛30が必要)
blog1048.jpg
長毛系の猫は余り好みではないのですが、それでも以前の猫に比べれば10倍可愛いですね。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

posted by マウザー at 21:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

強化フルリグドセイル

航海に出かけようと思って出航所に入ると、突然「王宮から呼び出しかかってますよ」と言われました。
はて?最近冒険の発見もしてないし、投資は前回投資戦で爵位貰って以降、合計でMに足りないぐらいしかしてないし、元より海事はやってないので呼び出される理由に見当が付きません。
不審に思いながら王宮へ行くと、
blog1049.jpg
大佐に昇進exclamation×2

う〜むちっ(怒った顔)と首を捻って思いついたのが王立艦隊功績値。
直前の帰港で(例によって)『海難史I』の論文提出を行っていたので、功績値が5000に達したのです。
王立艦隊功績値で爵位が来ることは(おぼろげながら)知っていましたが、具体的にいくつで来るのかは(冒険キャラだし『王立艦隊功績値で爵位』なんて私には関係ない話だーと思っていて)覚えておらず、商会の人に確認して「来ますよ」と言われて、はじめて納得。
きっと論文出した時にメッセージ出てたんでしょうけど、見事に見落としてますね。(笑)
でも地道に出してきてよかった〜わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

ところで昨日ここで書いた『とある計画』というのは、コンプ報酬で強化フルリグドセイルが貰えるメモリアルアルバム『メインマストにつける帆』を、4キャラの内ただ一人クリアしていないLadyMarcyでクリアさせよう、というもの。
必要な縫製Rは最大で14ですからR12あれば装飾品と箒ブーストでクリアできる見込みです。

で、大量の麻生地を使ったものの何とか達成。
blog1050.jpg

しかし喜びもつかの間、この火曜から実施されたライブイベントを完走すると、その報酬が強化フルリグだと言うではありませんか。がく〜(落胆した顔)

(何もこのタイミングで〜)と思いますが、流石のコーエーもそこまでは責任持てないでしょうからしょうがありません。ふらふら
(というより、強化フルリグみたいなアイテムをばら撒きすることの方を問題とすべきでしょうが)

何か努力の成果を踏みにじられた想いがしますが、だから萎える?と言われると実はそうでもありません。
私のようにキャラが複数いると、強力な補助帆などいくつあっても足りるなどと言うことは無いのです。
しかも貰えるものは貰っておく、使えるものは使っておくのがゲームの基本路線。
こうなったら全キャラで強化フルリグ貰ってやるわ、と逆に闘争心に火が付きました。

貰える報酬に興味が無くて二週目からのイベントはすっぽかしていたのですが、幸いなことに取り返しがつく仕組みのようで、急遽二週目のイベントから再スタート。
てっきり『長靴を履いた猫』がベースかと思っていたら途中で『ブレーメンの音楽隊』が出てきたりして、blog1051.jpg
それなりに楽しかったりします。(だったらやっとけよ、って話ですが)わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

三週目からのイベントはナポリ-パナマ-江戸の2時間制限タイムトライアルですが、リオからリマへは(ここで使わなきゃいつ使うんだ)と言わんばかりのシチュエーションなので、いつぞや貰って死蔵していた臨時定期船券を使用。
危険海域の東アジアではPKの待ち伏せが心配でしたが、幸運なことに影も見ませんでした。(検索画面上にはいましたが)
そしてイベント完走(^-^)手(チョキ)
blog1052.jpg

もちろん帰りがけにバイーアに寄り、メモリアル報酬も貰ったことは言うまでもありません。
blog1053.jpg
posted by マウザー at 16:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

四つの笑い話

今やっているライブイベントの途中、オクスフォードにいる4人のゴッサムの住人から、それぞれ笑い話を聞く、というくだりがあるのですが、私が思わず笑ったのがここ。
blog1054.jpg
作る側も『面白い!』と思ってこの笑い話を紹介しているのではなさそうです。わーい(嬉しい顔)
(少なくとも日本人受けのジョークではありませんでしたね)

2週目のイベント完了時に貰える武将猫ペット
blog1056.jpg
言うまでも無く信長(ニャガ)をイメージしているのですが、めっさ可愛くない。もうやだ〜(悲しい顔)
この可愛く無さは何だろう?
変な髭のせい?チョンマゲのせい?とか考えましたが、それがないと普通の猫になっちゃうしねぇ・・・・・・

で、3週目のイベントの2周目も行ってきました。
blog1057.jpg
普段大クリに乗り慣れてて、たまに乗船がクリッパになると、折角かき集めた強化フルリグで固めてるのにも関わらず、ひどくモッサリ進む気がします。
(実際モッサリなんですがあせあせ(飛び散る汗)
前回とは違い今回はセビリア-サントドミンゴを臨時定期船券を使って飛び、ポルトベロからパナマまでは運河を使用。
こちらの方が高くつくのですが、船速に不安がある分をお金でカバーしようという魂胆です(そんなに違いは無さそうですが・・・)
posted by マウザー at 23:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

ライザの服

ライブイベントのお陰で東アジアにPKの目が向いている(であろう)のをいい事に、巨大な葉を採集にポルトベロへ行ってきました。
もちろん目的は高級染料を作るため。

今回必要な葉の数は510(染料17個分)。
片手間に小説を読みながら採集放置してると、程無く予定数に達しました。
ロンドンに帰還し製作。
blog1058.jpg
性能もさることながら、やはり見た目が(DOLに出てくる軍服の中では)ピカ一ですね。(当社比)
以前尉官服や佐官服がどーたらこーたらと言ってた気がしますが、あれは所詮量産服。
こっちは(レプリカとはいえ)一種のオリジナルブランド品ですから格調が違います。(笑)
当初は廉価版でもいいかなーと思っていたのですが、どうやら白地の物は正式版しかないようなので、必要材料の多さも我慢するしかありません。あせあせ(飛び散る汗)
ただ、この白い軍服に合う軍帽が従来品の中には中々無いのですよね。
王立艦隊功績値を溜めて作るイングランド海軍官帽が一番似合う気がしますが、必要な功績値は7500。
あと2500足りませんから、作れるのは当分先です。もうやだ〜(悲しい顔)

ところで当のライザ女史は自分のファッションが真似されているこの状況をあまり快く思ってないのかもしれませんが、
blog1059.jpg
一番良く乗る船の帆にミドルトン家の紋章を掲げていることに免じて、許して欲しいと思います(笑)
posted by マウザー at 01:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

バルタザールの服

コード入力で済むジュスティーヌ服とヴァレンシュタイン服を除き、正式版の服としては最後となったバルタザール服。
原料となる純鉄の板金はハンブルグ産の鉄鉱石と石炭を持ち込めば比較的簡単に作れるので逆に一番後回しになっていたきらいがありますが、ようやく製作できる運びとなりました。
blog1060.jpg
既に他の航海者さんのブログで言及されてますが、バル氏が着ているジャンパー風のジャケットがありません。たらーっ(汗)
(あれは私物という設定なんでしょうか?)
ブーツや帽子は別パートなので作れなくても(渋々)納得しますが、服装が正確にキャラ設定通りに作れないっていうのは、やはりいかがなものかちっ(怒った顔)って思ってしまいますね。

また板金以外の素材が(孔雀石は別として)ニット100、というのも少々納得がいきません。
ニットといえば(実物の製法は別なのかもしれませんが)つまるところ毛糸です。
どうしてもるんるんかあさんが夜なべをして手袋編んでくれた〜、のイメージになってしまい、実用的な軍服という感じではありません。(笑)
まあ板金を編みこんだ服には違いないので防弾(防刃?)性能はあるんでしょうけど。

で、見た目ですが、いかにも実用一点張りという感じで、バル氏のようにゴツい体格の軍人さんには似合うかもしれませんが、優男にはイマイチピンときません。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
posted by マウザー at 00:06| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソンブレロと七面鳥

ジュスティーヌの服ですが、正直いい歳した大人の女性でホットパンツはないわー、と思っていました。
しかし廉価版の物は(必要素材が少ないこともあって)とりあえずいっぺん作ってみても損はありません。
で、作ってみました。

ピンク、薄緑、黒のバリエーションがありますが、中でも気に入ったのは黒バージョン。
意外にアダルティックです。
・・・・・・・・が、アメリカンなデザインだけに頭の方も何かそれなりの帽子が欲しいところです。

ロンドンでも買えるピューリタンハットの黒染め?とも思いましたが、ここはアメリカ大陸に近いカリブの島で掘れる羽付ソンブレロの黒染めでいくことにします。

サントドミンゴ西のとんがり岩付近で探索すること数十分。
上手く掘り出せました。

早速持ち込んだ染め粉で黒くし装着!
blog1061.jpg
実用面でいけばカウボーイ服の方が正しいのでしょうが、西部劇アトラクションのショーガール風と考えれば中々いい感じです。

同時に掘ったドレッドヘアとカリビアンドレスでつかの間のバカンスを楽しんだ後、
blog1062.jpg

折角ドミンゴに来たので新ペットの七面鳥クエをやってしまいます。
blog1063.jpg
クエといってもドミンゴとセビリアで話を聞くだけの簡単さ。
blog1064.jpg
一応ゲットはしましたが、画像を見たいという気も起らないので、このまま調教師に預けっぱなしになりそうです。(笑)
posted by マウザー at 15:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

アステカ・エピソード

著名人服製作も一段落ついて、次何しようか、と考えた時思いついたのがアステカ・エピソードの連続クエスト。
折りしもカリブ海が安全海域化しているのが好都合です。

ポルトベロに向かい、冒険から始めて商人、海事と繋がっていく連クエを受けていきます。

物語の中心人物はこの人
blog1066.jpg
・・・・・・・・・・・ですが地味だし言動が面白味に欠けるので影薄いです。ふらふら

脇を固めるヒロイン、ショチトルですが
blog1067.jpg
この人嫌い。
だって・・・・・・・・
blog1068.jpg
とか言われるんですよ?(笑)

もう一人、悪漢コルテスに付き従う美女(?)マリンチェ
blog1069.jpg
ですが、結局部族を裏切った理由というのが
blog1070.jpg
悪女としては、まあ普通と言えば普通ですが、大局的見地に欠ける発言ですねーちっ(怒った顔)

そんなこんなで話は進み、
金塊に目が眩んでアステカの部族を支配しようとしたコルテスも
blog1075.jpg
傍若無人な振る舞いの知らせを受けた本国からの討伐隊の先鋒バルちゃんことバルタザールに撃たれ(って、陸戦exclamation&question
blog1076.jpg
逃げ出したところをキューバ総督の艦隊にコッテンパン。
blog1071.jpg
(海戦が都合2回ほどありますが、どちらもNPC援軍がカタを付けてくれるので、巻き込まれないように遠巻きに応援するだけわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

最後はいかにも悪役らしい捨て台詞
blog1077.jpg
を吐いて敗北したのでした。

ちなみに途中でバルちゃんが現れたのもビックリですが、
blog1074.jpg
そのバルちゃんを連れてくることができる顔の広い(しかし名も無い)船員が
blog1073.jpg
私の配下にいたってことの方が驚きです。(笑)

全てが終わって称号オセロメー、ゲット!
blog1072.jpg

更に続きのクエをやるとジャガー戦士の衣装が貰えるのですが、装備してみると
blog1079.jpg
か、可愛い・・・・・・・・・・・・のか?がく〜(落胆した顔)(でも尻尾がついてるのがいいですねハートたち(複数ハート)
blog1078.jpg
着ぐるみには欠かせない頭装備ですが、テノチの道具屋固定レシピで作れます。
しかし材料のジャガーの皮はクエでしか手に入らず、入ったとしても縫製R18が必要。
縫製R18っていったら師弟効果、ブースト装備で+3できるとしても、LadyMarcyだと後3Rも足りません。(今R12ですからあと3って言ったら縫製カンストするってことなんですがあせあせ(飛び散る汗)
この画竜点睛(を欠く)感が嫌ですが、ジャガー頭だけのために縫製R上げるのもアレなんで、気が向いたら、というか他の都合ができた時に考えることにします。ふらふら

ところで今、銀のタロットを使って『女帝』を出し船装備の回復を狙っているのですが、25%の出現確率のはずなのに何故か『愚者』三連発。もうやだ〜(悲しい顔)
この『愚者』ですが、タロット効果が切れる時に、その場(あるいはその海域)に捨ててあるアイテムを一個拾うことが出来るのです。
シヴァの矢5個とか耐久30ぐらいの16門カロネード砲に混じって、
blog1065.jpg
場所が場所だけにあり得る拾得物ですが、タイムリーといえばタイムリー。
アステカの神の思し召し、というヤツですね。
1Mで買える紋章ですから、1M得した、と言って言えなくもありませんわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)(使い道は難しそうですが)

とりあえずエピ関連は終了。
しかし、ついでにポルトベロで受ける新ペットクエもやってしまいます。
鶏20をコヨーテのいる大岩にお供えすればほぼ終了ですが、オクスフォードのジュスティーヌに報告しないといけないのがメンドクサイところです。
blog1080.jpg
七面鳥と違ってコヨーテは画像を見てみたいのですが、
blog1081.jpg
飼う決心がつかないので、例によって預けっぱなしになってます。
posted by マウザー at 21:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

ジャガーの頭

昨日(ジャガー戦士の頭が作れないのが・・・)と書いたのは、作れそうな縫製Rを持つグレイマウザーやシスターマーシーはテノチティトランの発見クエを達成できそうにないし、と考えたのが理由ですが、一夜明けた今日、頭を冷やしてよく考えると、ひょっとして単に追従してれば行けるんじゃ?と気がつきました。ひらめき
ビブロス遺跡やギザのピラミッドも同様な方法で行けるのですから、テノチティトランも行ける可能性は極めて高い筈。
そう考えて、作るための素材を揃えるために動きます。

まず一番重要な『ジャガーの皮』は10枚必要。
ポルトベロで受ける『ジャガー保護作戦』というクエをクリアすると、冒険/交易/海事それぞれの種類に従って規定枚数貰えます。
海事クエの場合はLv38の対象NPCを15人倒す、というもので貰える枚数も一番多い(5枚)です。
Lv38程度ならLadyMarcyでも倒せそうですが、陸戦テク上げの他の人と獲物の取り合いになるのが嫌なのでパスし、冒険クエ(中南米北岸高地に草60をお供え=>3枚獲得)と交易クエ(テノチにいる対象NPCに秘伝の治療薬20を渡す=>2枚獲得)を繰り返すことにします。
blog1082.jpg
クエ自体が非常に出にくく(恐らくナワトル語というアステカの言語を持っていないため)斡旋書を何枚も叩きましたが、草や治療薬の入手はそれほど難しくないため、クエが出てしまえば容易くクリアできます。
規定枚数の皮を揃え、リオでゲレップを、PFで樹脂を手に入れ、いざテノチへ。

果たして追従するシスターマーシーは何の問題も無く入れました。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
道具屋でレシピを参照し製作。
blog1083.jpg
やはり頭があった方が締まります。(そうか?がく〜(落胆した顔)

ところでこのジャガー服、どうやって着ているんだろうと思って背中側に回ってみました。
blog1084.jpg
ちゃんと切れ込みがあって紐で結び止めるようになっているのですね。わーい(嬉しい顔)

ジャガー戦士というと『グイン・サーガ』のグインとか『鉄拳』のキングとかに代表されるように、頭だけ豹頭で体は普通の人間というのが非常にカッコいいと思うのですが、こんな着ぐるみタイプだと(コミカルで可愛い(?)かも知れませんが)シリアスなストーリーにそぐわない気がします。
posted by マウザー at 19:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

バットカー?

ル・マンやF1等モータースポーツにはあまり関心が無いのですが、日産が発表した実験用レーシングマシンの画像
blog1085.jpg
を見た瞬間はちょっとSFファンの琴線に触れる物を感じました。
そのSFチックなボディはパッと見(新作『バットマン』に出る新しいバットカー?)と勘違いしてしまいそうなほどです。わーい(嬉しい顔)

(詳細はこちら

posted by マウザー at 13:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

防御100ファーブーツ

今週から始った『春が来た!』イベントですが、とりあえず予定されたイベントを一通りこなすと1キャラにつき名匠の秘伝が2個貰えます。
グレイマウザーとLadyMarcyの分は来るべき愚者の両手強化のために取って置いてあるのですが、他の2人は自由に使えます。

以前、防御値100のレザーブーツは作りましたが、その後も飽き足らずチマチマとファーブーツの強化も進めていて、イベントで名匠の秘伝が貰える度に適用してきていました。
そこで今回も同様に使うことにします。

blog1086.jpg

適用前の防御値は82でしたが、2人分4回の強化で、
blog1087.jpg
上手く100に乗せることができました。わーい(嬉しい顔)
どちらかと言うとレザーブーツよりファーブーツの方が見た目が好みなので、これはこれで家宝級アイテムとなりました。

名匠の秘伝は一種のチートアイテムですから運を頼りの強化に比べれば嬉しさもそれなりですが、使わなければアイテム枠を塞ぐだけ邪魔ですしね。あせあせ(飛び散る汗)
posted by マウザー at 18:06| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

春が来た?

今やっているライブイベント『春が来た!』ですが、イベントアトラクションを行なうことでリスボンの広場に大きな桜の木が生えるらしい。

ま、それはそれでどーってことないのですがあせあせ(飛び散る汗)、問題はその過程で『春の種』やら『春の力』なるものを溜めていくと『春レベル』なる物が上がっていって、最終のレベル16になると景品として(またまた)強化フルリグドセイルが貰えるらしいのです。

先日(いくらあっても足りない)と書いた手前、ここは全力で貰いに行かざるを得ませんが(笑)、先だってのイベントといい、コーエーはよっぽどこの帆の金銭価値を下げたいようですね。むかっ(怒り)

とりあえずイベントを一流しした後は、ボルドーの教会前で『遺跡探索』という名の無限クリック地獄に挑みました。(終点があるので『無限』はオーバーですがあせあせ(飛び散る汗)

遺跡探索に必要な『根気』パラメーターは足りなくなれば、石油や干しイチジクなどの交易品を春の精霊に提供することで充填してもらえるらしいのですが、私の場合はボルドーで『根気』が尽きる>リスボンへ行き稼いだ春の力で春レベルUP>根気充填、の繰り返しで、まったく交易品のお世話にならずに済みました。(一日の最初の回だけは無料で充填してもらえるのです)

さて数日の不毛なクリック戦争の後、ようやく春レベルが最大まで達しました。
blog1088.jpg
グレイマウザー他あと3名残ってますが、これも直に終わる予定。
またまた4枚強化フルリグが増えますね。
流石に全キャラに行き渡るには3枚程足りませんが、少なくとも(いくらあっても足りない)という感じではなくなりました。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

で、苦労の甲斐あって(?)リスボンに咲いた桜の大木も見てきました。
blog1089.jpg
綺麗は綺麗ですが、やはり違和感はあります。(笑)

ところで、溜めた春の種でイベントアイテムがいくつか貰えます。
その内の一つ『桜の髪飾り』はこんな感じですが
blog1090.jpg
正直微妙。(少なくともキャラの歳格好と衣装を選ぶ気がします)

また、やはり同様にして貰える『桜の盆栽』ですが、
blog1091.jpg
普通の盆栽かと思いきや、芸が細かいことに、見ているとハラハラと桜の花びらが散っていきます。がく〜(落胆した顔)
ちなみにいくら散っても花びらが無くなることはないようです。(当然かふらふら
しかし以前あった松の盆栽と同じ様に机の上に置けず、床に置くには背が低くて洋風の部屋に飾るにはイマイチ感が拭えません。たらーっ(汗)
盆栽は盆栽でいいのですが、もう少し洋風の部屋に置くということを意識して作って欲しいものです。

posted by マウザー at 03:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月17日

特注カルネヴァレアーヒト

昨日は気付きませんでしたが、イベント景品で特注カルネヴァレアーヒト(今更だが長いあせあせ(飛び散る汗))&マスケラが貰えるようです。
今回はピンク・バージョンということで、ああ『桜の髪飾り』と併せて使えということなのね、と納得しました。わーい(嬉しい顔)
『桜の髪飾り』は染め粉で花の色を変えられるみたいなので
blog1093.jpg
手持ちのカルネヴァ(ryと併せて色々変えてみました。
blog1092.jpg
副官連中にもとっかえひっかえ試してみたところ、ちょっと奇天烈なこの髪型もドレスを着用している人には割と似合うことが判明。
結局、グレイマウザーの副官のベアトリーチェに付けてもらうことに落ち着きました。
blog1094.jpg
posted by マウザー at 14:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

ピラルク釣り

今月のハンザ同盟商会の商会コンペ。
一番得点の高い納品物は金庫か塩漬けピラルクのグリルです。
普通に考えれば保管12で作れる金庫4つが圧倒的に簡単な気がしますが、あまりにも簡単すぎるきらいがあるので、ここは頑張ってピラルクに挑むことにします。

釣りRを鍛える意味もあって一番釣りRが高いLadyMarcy(R12)は温存し、シスターマーシー(R9)とレディマーシー(R7)の二人でチャレンジ。
ブースト装備を二人ともR11になるように調節し、アマゾン川を遡ります。

約50分経った所で釣果はたった3匹あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

もう少し釣れると思っていたのですが、これではラチがあかないので一旦カイエンヌに引き返し仕切り直すことにしました。

本命のLadyMarcyを出動させた上、釣り師に転職、セビリアのモラ屋さんでモラを購入。
ルイス(釣り副官)とユリアナ(猫副官)を伴い、ついでにオポルトとセウタで塩とバジルを120ほど購入しカイエンヌへ。

ブースト込みで16にし、食料は釣った魚を転用すればいいので水を大量に積み込み、アマゾン川上陸地点付近で釣り開始。
220分粘ったところで二人合わせて97匹釣ることが(なんとか)出来ました。
(火事とネズミで13匹ロストしたのは含まず)
blog1095.jpg

ポイントとしては、藻が頻繁に発生するので一々駆除していてはキリがないため、そのまま放置し帰りがけに予備舵で直して帰る、というのがいいと思います。(てことはあらかじめ予備舵を積んでおかなければならないということですが)
あと航海200日を過ぎた辺りから疫病が頻繁に発生する(体感ですが)ので、疫病薬もあると便利かもしれません(一々上陸地点に行って治すのがウザければ)

先の3匹と合わせて丁度100匹でキリがいいことからそこで終了し、カイエンヌへ引き返して持ち込んだ塩とバジルで調理します。
blog1096.jpg
100匹のピラルクは130皿のグリルになりました。

個人的にちょっとこれは納得いきませんあせあせ(飛び散る汗)
ピラルクと言えば世界最大の淡水魚。
全長3mの個体も珍しく無いのに、1匹で一皿二皿しか取れない筈がありません。ふらふら
まぁマグステも同じような話ですけどね。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
posted by マウザー at 14:58| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

窄袖衫襦

つらつら他人様のブログを眺めていると、まだ持ってない服で食料品+1の性能がある窄袖衫襦(ジャイシュウシャンルー)という物があるのを発見しました。
手に入れるには紅毛城遺跡内部での探索とか。
女性専用なのがアレですが、調理担当のシスターマーシーには必要な服かもしれません。

食料品取引は比較的上がりやすいスキルですからそんなブースト要らないんじゃ?という説もありますが、ここは活動目標を作る意味もあって取りに行くことにします。

遺跡内部と言っても別にダンジョンに入るわけではないので通常装備でOK。
要探索R14らしいですが、ほぼ目一杯ブーストするとここまでUPするので問題なし
blog1098.jpg

現地に行き探索開始。
遺跡内部なのに草や石や砂がガンガン掘れるのである意味発掘現場っぽいですが、船倉がすぐ一杯になるのが少々煩わしい。たらーっ(汗)

初めて行く場所ですのでホットスポット(=アイテムが掘れるポイント)を見つけるのに苦労しながら遺跡内部を右往左往。
他人が捨てたダンジョンでの拾得物を拾っては外に捨てに行ったりしながら、探索すること数十分。(例によって本を読みながらですので、主観時間としてはそんなに掛かってない感じですが)
やっとスポットを見つけました。(入って左側の真ん中辺りです)
blog1097.jpg
見つけてからはすぐ掘れました。

とりあえずシスターマーシーに着せてみましたが
blog1099.jpg
地味な上に染色不可。ふらふら

同種類の服で食料品+1の他に調味料+1が付いている物もあるようですが、そちらはNPCからの収奪ということで、入手は(私には)ほぼ無理のようです。ふらふら(それ以前にそこまでしては要らない、というか)
posted by マウザー at 13:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月23日

クマ服

探索を専門スキルにするために博物学者に転職したついでに、今まで敢えてやらずにいたクマ服関連の連続クエストを(近東・インドが危険海域なのにもかかわらず)やることにしました。

一路アデンへ、と言いたいところですが、まずは行きがけの駄賃でクマ服連クエの前提の一部でもあるカーペットカメレオン発見クエをリスボンで受けます。
サンジョ>ケープ>ザンジバルと経由して無事発見。
blog1100.jpg
で、クエ報酬のカメレオン帽子を被ってみましたが、
blog1101.jpg
超きも〜いがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)

さてアデンへ着き、クマ服クエを始めます。
初っ端から中々目当てのクエが提示されず焦りますが、提示のためには剣術Rが7要る、ということに気付き、一旦カリカットへ行って剣術持ち副官へ交換。(論文提出のため&交換代がもったいないので)
取って返して剣術ブースト装備を装着後再度挑戦し、なんとか提示を受けることに成功。

そこからはトントン拍子に進み、まずクマ手足ゲット
blog1103.jpg

blog1104.jpg

そして目当てのクマを発見!
blog1105.jpg

しかし肝心のクマ服とクマ頭が未入手なので、まだまだ続きます。
途中『軍人の護符』を納品するクエがありますが、もちろん予め準備しておいたので(嘘。たまたまイベントで貰ったのを取って置いただけ)アデンから一歩も出ずに終了。

いよいよ服と頭入手クエに着手します。
どちらのクエも陸戦がありますが、服の方はボスがLv31(子分22)、頭の方はボスがLv38(子分29)と、LadyMarcyでも何とかクリアできそうなぐらいのショボさです。
     :
     :
果たして特に問題も無く陸戦終了。
クエ報酬で貰える地図を消化すると念願の服あるいは頭を貰えます。
blog1106.jpg

blog1107.jpg
必要生態調査Rが15の地図(地図なので実際は13でも大丈夫なはずですが)なのでそれなりに大変ですが、貰ったばかりのカメレオン頭が早速役立ちました。(笑)

blog1108.jpg
全ての装備を着用した図。
やはりマッチョ体形かデブ太め体形のキャラでないと似合いませんねーあせあせ(飛び散る汗)
posted by マウザー at 13:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

小ネタ

単独では記事にならない小ネタをいくつか。

LadyMarcyの副官ユリアナが、ウチの一家では始めて特性ALLSクラスになりました。
blog1102.jpg
年期の入った人には珍しくないことでしょうが、特に初期からいたわけでもない彼女が最初、というのに若干ビックリです。
生態調査と視認持ちなので、ピエールとラシード、そして彼女がいれば学問と調査スキルのほとんどはブースト可能となることや、管理技術、インド諸語など使用頻度の高いスキルを持っているのが勝(?)因だったのでしょう。

チマチマ溜めていた沈没船の断片地図が規定枚数に達したので引き揚げてみると、珍しくネームドシップでした。
blog1109.jpg
狭い船内で、5つの宝箱開け終わる前に盗賊3人登場(逃げられないので倒さなければならない)という高いハードルでしたが何とかクリア。ふらふら
宝箱の内一つに戦術+剣が入っていました。
blog1110.jpg
特に珍しくないのかもしれませんが、初めて見る剣です。

『春が来た』ライブイベントの方は全4キャラと帆塗料収奪のため期間限定で活性化していたアカウントのキャラ1名でクリア。
更に体験版アカウントキャラ3人でトライしていました。
体験版といえど航行する時には航行するので、内2人は自船用に強化フルリグが必要です。
しかし交易品取引支援用のガレット・デロア君は自走することがあまりないので、いい補助帆を持っていてもそんなに意味がありません。
ですから課金キャラに渡したいところですが、残念ながら体験版キャラからアイテムを渡すことはできません。

しかしながら、ご存知のようにこのゲームではドロップしたアイテムは一定時間後に(一定確率で)拾うことが出来ます。
中には100%消滅してしまう物もあるようですが、この際ですから(ダメ元で)強化フルリグを試してみることにしました。
人気の無い場所へ行き、密かにドロップ。
そして30分程経った後、探索Rの高いLadyMarcyでその場所を探索。
・・・・・・・・・・・・・・全然引っかかりません。もうやだ〜(悲しい顔)

あ〜やっぱりな〜たらーっ(汗)と思って一旦引き上げましたが、4時間後ぐらいにふと思い返してもう一度落とした現場に行き、探索してみました。
blog1114.jpg
あった〜exclamation×2
体感的に太陽の護符とか名工とかは残ってる確率が高い気がしますが、強化フルリグは性能が性能だけにダメかなーと覚悟はしていました。
しかし特に消滅を決定付けられてはいないようです。
(もっとも真似されて回収できなくても保障はしませんがわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)



posted by マウザー at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

三度目の世界周航

イベントのお陰で太陽の護符が面白いように溜まります。
・・・・が、ちょっと洒落にならないほど溜まりすぎてアイテム枠を非常に圧迫するようになりましたあせあせ(飛び散る汗)
そこで少しでも消費しようと考えた挙句、思いついたのがグレイマウザーで世界周航クエをすること。
周航クエ自体は過去2回経験済みですが、男性キャラでは初めて(唯一の男性キャラですから当然ですが)なので、報酬(貰える服が違う)のためにもやる価値はあると考えたのでした。

ラスパルマスまでは進んでいるので、その先から始めます。
リオ>ブエノスアイレス>サンアントニオ>ウシュアイアまでは順調。
次の寄港地ワンガヌイへは海域変更の度に何度も停船させられるのが鬱陶しいですが、ここはじっと我慢。あせあせ(飛び散る汗)

ワンガヌイでは一部で有名な(地元料理の不味さに面食らった一行が、物語のヒロイン・エレナが作り直した料理に驚く)このシーン。
blog1112.jpg
(お約束ですが)お前は海●雄山かっ(笑)

ワンガヌイからマニラに行かなければなりませんが、目標物の少ないここら辺の航海は不安感が伴います。
そこで私には珍しく(読んでいる小説が佳境に入っていることもあって)委任航海を使ってみることにしました。
ワンガヌイ−クガリ−ルン−マニラと、おおよそPKに襲われる心配の少ない場所(ちなみに東南アジアは現在安全海域)ですから手放し航海でも行けそうです。

で、マニラ到着。
安全海域と言えど、NPC海賊を避けるため航路を考えながら航海するのもゲームの一部、と普段から思っている私としては内心忸怩たる思いがありますが、確かに楽だわー(笑)

マニラ>ブルネイ>ブルネイ郊外ではエレナの大写しが見られます。
blog1111.jpg
何となくパースが狂っているように見えるのは気のせいでしょうかあせあせ(飛び散る汗)

ブルネイからマニラに帰った後テルナーテへ行きますが、そこから何度か海事戦闘があります。
今回の目的には太陽の護符の消費が含まれていますから、上納品などで逃げずに敵に立ち向かうこととします。
海事命の人には邪道と思われるかも知れませんが、そもそもフィロゾフ(錬金術師)といえば通念的には魔法使いも同然、更に私自身はファンタジーRPG出身者ですから魔法の行使には何の抵抗もありません。(笑)

テルナーテ-ディリ間の戦闘用ガレオン:護符5発で勝利。
ディリ沖の軍用スループ:護符2発で勝利。

軍用スループには流石に追い着かれそうでしたが(追い着かれれば白兵で勝てる見込みは皆無)、相手の耐久の低さに助けられました。

ディリ>モザンビークは問題ありませんが、モザンビーク>カーボヴェルデは敵の破壊工作のお陰で海域変更の度に停船させられるのにイライラ。ちっ(怒った顔)
よっぽどケープから臨時定期船券でリスボンに飛ぼうかと考えましたが、リスボンからカーボに戻るために通る海域の数と、順当にカーボまで行く時に通る数にそれほど差が無いために断念。
渋々我慢してカーボまでの航海を続けます。
(ちなみにモザンビーク沖、ケープ沖、カーボ沖にはそれぞれクエNPC艦隊が控えてますが、航路次第で回避が可能なので、特に自分から戦闘に赴くことはしませんでした)

カーボからはセビリアへ帰るだけ。
セビリア沖で最後のNPC艦隊が待ち伏せていますが、何の気無しに進んでいくとNPC艦隊の間を上手くすり抜けてしまいました。
しかしセビリアに着いても誰も迎えてくれません。もうやだ〜(悲しい顔)
どうやら最後の戦闘をクリアしないと進まないらしい。(以前はNPCから仕掛けてきた気がしますが、いつの間にかクリックしないと戦闘が始らないように修正されたのでしょうか?)
しょーがないので再びセビリアを出航。
NPC艦隊の一つに戦闘を仕掛けます。
blog1115.jpg
敵が鈍足なイベリアンガレオンなので護符砲撃ち放題。わーい(嬉しい顔)

かくして周航クエ終了。
1.5Mの報酬とサーカムライナー称号と服をゲット。
blog1116.jpg
しかし肝心の太陽の護符の耐久は5しか減ってませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)(保管Rの高さが影響?)
posted by マウザー at 14:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

騎士(爵)への第一歩

溜まった太陽の護符で護符海事をやってみようと思ってます。
しかしどうせやるなら王立艦隊功績値が入る形が望ましい。
LadyMarcyでやってもいいのですが海事Lvが低い上に冒険キャラで海事をやるのはキャラの存在意義に反します。(笑)

となると海事キャラであるレディマーシーでやることになるわけですが、生憎彼女の爵位は准一等。
王立艦隊の入隊資格まで2つ足りません。たらーっ(汗)

そこで彼女の爵位を上げることにします。
とは言いつつ本業である海事は最近海事爵位を貰ったばかり。
ということは手っ取り早く爵位を取るには海事以外の方法を採る方がベター。

てことで、まず投資爵位を狙います。
本来、大投資戦以外で大口投資を行なうのは特定の投資報酬を得るためや特定の交易品を交易所に並べるためを除き、原則今まで行ないませんでした。
というのも見返り無しに投資するのはドブにお金を捨てるようなものですから、商人の行動原理に反する、という思いがあったからです。

しかしこの際四の五の言ってられないのでわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)、いざという時のために(どういう時だろう?)共有倉庫に溜めてある1Gの流動資産と200枚の投資申請書を持ち、ヴィスビーに向かいます。
なぜヴィスビーかというと、一つは国の勢力関係に影響をできるだけ与えたくないので利害が絡みにくい辺鄙な港である必要があることと、どうせなら投資ランカーになりたいから。
ヴィスビーでランカーになっても利点はほぼ無いような気もしますが、少なくともネタになりますからね。わーい(嬉しい顔)

レディマーシーのヴィスビーでの投資額は0からのスタートでした。
始めは少額ですので投資しては投資申請書を発動、の作業が煩雑でしたが、次第に額が大きくなるにつれてすぐ手持ちの資金が尽き銀行に走る作業の方が大変になってきます。
(その点ベルゲンなどと違ってヴィスビーは街役人と銀行が近くてやりやすい)

投資額が1Gを越えたあたりで投資爵位取得のお知らせが!
blog1118.jpg
計算だと次の爵位は2G、と思っていたので盛大に計算違いをしていたことが発覚。ふらふら

まあ結果オーライなので、そこで終了。
blog1117.jpg
とりあえず4位にランクされました。

ロンドンに帰って爵位受領。
blog1119.jpg

残りあと1つの爵位は冒険(の発見勲功値)を上げて取ることになると思います。

posted by マウザー at 14:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミラー衛星衝突

ロイス・マクマスター・ビジョルド
東京創元社
発売日:2012-03-22

ロイス・マクマスター・ビジョルド
東京創元社
発売日:2012-03-22

最近はファンタジー憑いていたL.M.ビジョルドの、久しぶりのSFである『マイルズ・ヴォルコシガン』シリーズの本作。
人気シリーズの続編だけあってやはり面白いです。

ファンタジーの『死者の短剣』シリーズは(ファンタジー小説も嫌いでは無いにも関わらず)立ってないキャラ設定とか盛り上がりに欠ける展開とかもあって、正直あまり関心しませんでした。
(辛うじて2部目まで読みましたがそこでギブアップ)
しかし、物語がSFになりヴォルコシガンシリーズになると途端に水を得た魚のように人物描写や文体まで生き生きとしてくるように感じられるのは、やっぱりこのシリーズが好きなんでしょうね。
取りあえずシリーズを通しての読みやすい文体と複雑な政治がらみの一筋縄ではいかないストーリー展開は健在ですので、前作以前のファンならば安心して読めると思います。
posted by マウザー at 22:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読後感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

殉教節用アルバ

先だっての周航クエの時気付いたのは、セビリアでの最後のシーン、イスパニアの偉いさんであるタベラ枢機卿が着ているのは殉教節用アルバだってこと。(イスパ人には衆知の事実なのでしょうが)

blog1120.jpg
これはリューベック郊外で掘れる服なので、手に入れればコスプレが出来るはず。
そう思って掘りに行きました。

最初、自分の職業がレンジャー(=探索非優遇)であることに気付かず、ブースト装備もいい加減だったため、必要な(らしい)R14に届かず無駄に1時間掘ってたりしましたが、気付いて探索装備を固めR17ぐらいにして再開した後も、かなり時間(2時間ほど)がかかりましたもうやだ〜(悲しい顔)
きっと探索ポイント(のすぐ横)は大量の草とゴミ装備で埋まっていることでしょう。(笑)

苦闘の末ようやく掘り出せたので着てみました。
blog1121.jpg
司教帽(ミトラ)は以前作って持っていた物を染色。
これも一つの著名人服ですね。わーい(嬉しい顔)
posted by マウザー at 12:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。