2012年09月01日

トレンドメイカー

ふと見るとシスターマーシーにメールが来ていました。
ん?おかしいな、彼女は商会に入っていないし、フレンドは自分以外にいないはずなのに(笑)と思ってみてみると、
blog1325.jpg
フィレンツェでうら若い召使の娘達をはべらせている好色オヤジロレンツォおじさんからでした。

これってひょっとしてアレ?と思い、早速ロンドンを出航。
途中間違ってフィレンツェに行ってしまう、というお約束のボケふらふらをかましながら、パリ美術館に到着。

出迎えてくれたおじさんに話しかけると、
blog1327.jpg
長台詞の後、トレンドメイカーの称号と服と帽子をくれました!

トレンドメイカーの称号は欲しかったことには違いありませんが、貰える条件を探ってみると色々難しく、メンドクサそうなので敢えて挑戦するまでもないかなーと思っていたのです。
ですから今回も単に、シスターマーシーが先日冒険爵位を取るために消費した文化貢献度の補填を少しでもするべく、つつましく小展示室にツタン仮面を展示していただけで、他のキャラは展示さえしてませんし、よもや称号が貰えるとは思ってませんでした。
ただ、
●人口比の小さいヴェネツィア人であること(=選考対象の母数が少ない)
●称号を取りたい人はあらかた取り終えて、競合者が少なくなっていただろうこと
●たまたま展示したタイミングが、トレンド発生の判定時期と合っていたこと
が重なっての幸運だった、とは言えるでしょう。

早速貰ったトレンド服を着てみました。
blog1326.jpg
流石に洗練されたデザインだと思います。(と申しておきましょうわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
posted by マウザー at 00:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月05日

尉官服

LadyMarcyの王立艦隊功績値がやっと20kたまりました。
blog1328.jpg
そこで材料を揃え、いそいそとフィレンツェに向かいます。

レディマーシーのためのイングランド用とシスターマーシーのためのヴェネツィア用尉官服の2着を作成。
どちらも無駄に大成功を出してますわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

早速お着替え。
blog1329.jpg
手袋と靴はケチって汎用品を使ったので若干統一感に欠けますが、それはそれ、ということで。あせあせ(飛び散る汗)

blog1330.jpg
やはり軍服だと敬礼が様になりますねぇ。

さぁ、次は佐官服だー、と言いたいところですが、佐官服製作のためには34kの功績値が必要。
つまりあと14kも足りないということです。
更に将官服に至っては全部で48k必要ですから、今の倍以上必要だということで、気が遠くなります。がく〜(落胆した顔)

もっとも佐官服が出来ても、佐官級のキャラはいないわけですから無理やり着せたところで階級詐称になるだけですし(笑)、将官服は、(階級的に)着れるLadyMarcy本人が(軍人ではなく)冒険野郎冒険淑女なので、どんなに格好良くても軍服にはあまり興味ないと思うんですよね。わーい(嬉しい顔)
(それぐらいだったら綺麗な舞踏会用ドレスの方にそそられるだろう、というか)
なので、これからも暇な時には子牛肉料理をやるかもしれませんが、大規模アップグレードもあることですし、功績値稼ぎの優先順位はかなり下がります。


posted by マウザー at 14:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

人格作成工場

色々なサイトを見てる内に、キャラメイクファクトリーという面白いサイトに辿り着きました。
顔の造形や服装などを選択形式で指定することにより、自分が思うキャラクター絵を作れるのです。

早速DOLのマイキャラの画像を作ってみました。
blog1331.jpg
服が今風なのがアレですが(笑)、やってて結構ハマります。わーい(嬉しい顔)
posted by マウザー at 21:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

ひみつ隊

2ndAge直前のイベントに何をやらされるかと思ったら、世界各地の上陸地点にいる12人のNPCに話を聞くだけ、というもの。
それだけで世界一周(あるいはそれ以上?)させられるのに、報酬は怪しい塊12個とサンクスロット3枚のみというショボさ。
それならやらなきゃいいじゃない?てなもんですが、怪しい塊からは錬金術に必要な素材が出る(こともある)ので、敢えて乗ってみます。

リスボンを起点としてアフリカ大陸周りの航路を取り、ペルシア湾、ベンガル湾を経由して東アジアへ。
現在東アジアは危険海域なので若干不安でしたが、幸いなことにPKの船影は見えず。
中継地点の堺(論文提出の都合で書庫のある場所が寄港地になります)からピンポイントでガラパゴス諸島に行けるかも不安でしたが、少しばかり行き過ぎながら、何とか辿り着けました。
その後南米大陸をグルッと一周してカリブ方面へ。
コロラド>テラノヴァを過ぎて一路欧州へ。
ロンドンに寄港後、ボスニア湾へ行き、最後にビスケー湾を踏破してゴール。モータースポーツ

暑い所だろうが寒い所だろうが話しかける対象のNPCがこんな薄着なのは
blog1333.jpg
恐らく情報のポロリと黒ハートのポロリを引っ掛けてるんだと思いますが、それなら妙齢のご婦人の方がよk、・・・いやそのえとあの・・・・げふんげふん。
上陸地にいる人はいいですが、リスボンの雑踏で立っているリーダーの人。
blog1332.jpg
下手すると官憲に引っ張られますね。(笑)
posted by マウザー at 23:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

略語解説

先日、高校・大学時代の友人から超久しぶりに連絡がありました。
その際、このブログを紹介して見てもらったのですが、友人はオンラインゲームには疎い人らしく、ゲームの記事はよくわからない、との感想でした。

(そりゃそーでしょ、そんな人向けに書いてないもの)と思いましたが、言われてみれば納得の指摘でもあり、それを捨て置くのも不親切な話なので、恐らくわからない要因の最たるものであろう略語・専門用語を少しばかり解説することにします。
オンラインゲーム一般に当てはまる物もあればDOLにしかない物もあり、中には私が思ってるだけで、一般には『そんな用語はねー!』というのもあるかもしれませんが、このブログ内専用という位置付けでお願いします。あせあせ(飛び散る汗)

DOL:大航海時代オンラインの略称。
DaikoukaiJidai OnlineだったらDJOじゃねーか、と思ってたのは内緒。

PC:パソコン、ではなくてプレイヤーキャラクターの略。
プレイヤーの分身(プレイヤー自身を反映してるかどうかは定かではありませんが)。
ほとんどが課金してプレイしている、ゲーム会社からみれば金蔓の人たち。

NPC:ノンプレイヤーキャラクターの略。
ゲームシステムが操るキャラクター。
プレイヤーは操作できません。

EXP:経験値の略。
ゲーム内で活動することによって得られるポイントのこと。
DOLでは敵の船を沈めたり交易品を売って利益を出したりすると貰えます。

Lv:レベルの略。
ゲーム内で得られるEXPが一定に達すると上がるステップのこと。
大抵のゲームでは高Lv=高スキルですが、DOLではそうとは限りません。ふらふら

R:ランクの略。
DOLではLvとは別にスキルという概念があり、交易品を多く購入するスキル、砲弾を遠くに飛ばすスキルなど多種多彩なスキルが存在し、それらは使えば使うほど熟練値(EXPとは別)を取得し、一定に達するとより高いランクに上がることができます。
Rが高くなるほどスキルの威力が上がるのは言うまでもありませんが、中には任意のR以上でないと生産できない物もあったりして、どちらかというとLvよりも重要なステータスであったりします。

カンスト:カウントストップの略。
LvやスキルRなどが特定の値に達すると、いくらEXPや熟練値を稼いでもそれ以上のステップには上がらなくなる状態のことです。
LvやRをカンストするのが目的というプレイヤーも数多いですが、私は、それにはあまり力を入れていません。

K:物の数の単位の略。
1k=1000。
つまり3kといえば高学歴・高収入・高身長のこと、ではなく3000のこと。
ちなみに読み方はキロですが、キロと言ってる人はあまり見た事がありません。

M:物の数の単位の略。
1m=1000k=1000000。
読み方はメガ。

D:DOLでの貨幣単位の略。
読み方はドゥカート。
ちなみにリネージュUではa(アデナ)。

カテ:カテゴリーの略。
DOLでは交易所で一回に購入できる交易品の量が決まっていますが、仕入発注書というアイテムを使うと、購入量を初期状態まで戻せます。
仕入発注書は交易品の品種(カテゴリー)によって4種類あるので、それぞれの発注書を指すときにカテ1、カテ2・・・・と称します。

与ダメ:相手に与えたダメージのこと。

被ダメ:相手から与えられたダメージのこと。

ブメ:ブーメランの略。
港への投資権利や交易所での購入量は該当の港を出港して特定距離の航海を行なうと回復することから、出航して特定距離だけ航海してまた戻ってくるテクニックのことを指します。

マグステ:マグネットステアリング、ではなくてマグロのオリーブステーキ(という料理)のこと。

ププツリ:ププランツリー(という料理)のこと。
実物は見た目がエゲツナいっぽいですが、DOLではこれを作れることが調理人のステータスでもあります。

PK:ペナルティキック、ではなくてプレイヤーキルの略。
他のプレイヤーの船を沈めたり拿捕する行為のことです。
PKを行なう人はPKer(ピーカー)と呼びます。
大抵のゲームではプレイヤーの襲撃意思の元にPKが行なわれますが、DOLの場合PK=海賊であるため、海賊ロールプレイをするためには(システム上)仕方なく他プレイヤーを襲わざるを得ない場合があって、中の人が意外に良い人であることが往々にしてあります。

あとDOL以外でこのブログに登場する略語としては、

リネ2:リネージュUの略。
私の中では既に終わったゲーム。(笑)

LOTRO:ロード・オブ・ザ・リング・オンラインの略。
言わずと知れた指輪物語の(世界を舞台にした)ゲーム。
日本版の運用はとっくの昔に終了しましたが、あちらでは未だ続いてます。

BF2:バトルフィールド2の略。
FPS(一人称シューティングゲーム)の秀作で、一時期やっていたことがありました。

といったものがあります。

まーこれだけ書いても理解できないものは理解できないだろう(し、する必要もサラサラない)とは思うんですが(笑)、一応後学のため。わーい(嬉しい顔)
posted by マウザー at 17:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

六弦ギター

ライブイベント『ひみつ隊を探せ』のポロリ情報で『楽器が無いなら自分で作ればいいのさっ』てのがありましたが、今現在でも特定の楽器は作ることが出来ます。
それは加工木材を使った上級錬金で作る六弦ギター。
錬金R11で作れますのでチャレンジしてみました。

とりあえず加工木材を3つ用意して臨みましたが最初の2回は失敗。
しかし次の回で大成功!
blog1335.jpg
六弦ギターキターexclamation×2(画像は若干加工しています)

大成功ではなく普通の成功でもメイプル製ヴァイオリンは出来ますが、それを通り越しての快挙。(笑)
blog1336.jpg
性能はアレですが、使用効果有りな上に耐久が129もあります。
思う存分ギター演奏ができますね。るんるん

しかし、良く目を凝らして見てみると、弦の数が7本あるように見えるのですが・・・・がく〜(落胆した顔)たらーっ(汗)

posted by マウザー at 14:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

ダース・ヴェイダーとルーク

話題になってたのはブクログを通じて前々から知っていましたが、流石にamazonで絵本一冊だけ注文するのも気が引け、でも近所の本屋にも無いし(発注掛けてもらうほどの熱意も無く)、図書館はいつも貸出し中(+それなりの予約数)で、いつの間にか忘れておりました。
しかし、今日本屋に行ってみると平積みになってるではありませんか。

早速買って読んでみました。

SWのパロディは『親指スターウォーズ』やレゴブロックを使ったゲームなど数多いですが、これもその一つと考えていいでしょう。
とはいえ他のパロディに比べて、それほど笑えるわけでも、ヒネりが効いているわけでもありません。
ほのぼのすることはほのぼのするんでしょうけど、育児に無縁の私にはイマイチ訴えるものの無い本でした。

ただ、ちょっとクスりとした一節は、

DV:「そして父と息子として共に銀河を支配するのだ!」
ルーク:「そしたらおやつくれる?」

というくだり。
posted by マウザー at 18:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読後感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

ダンボール戦記

『ダンボール戦機』というアニメがありますが、その話ではありません。(笑)



どうも自主製作映画ぽいのですが、被弾シーンとか中々良く出来てます。
戦車がよく燃える燃える。わーい(嬉しい顔)

2もあります。



大真面目でボール紙製ルガーP08を撃つところとかが可笑しい。
posted by マウザー at 18:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

GM降臨

原作ではグレイマウザーの相棒であり、以前は体験アカにポル人で作っていたファファードを、体験アカの有効期限設定変更に伴い、作り直すことにしました。
折り良く『カンバック・キャンペーン』で5日間活性化できるアカウントがあったので、そこにいて前に特殊帆塗料収奪に使っていた龍王院君をキャラデリし作成。
(流石に課金実績のあるアカウントは早々消されないでしょう)
blog1337.jpg
今回はポルではなくイスパニャンで。
なぜイスパかというと、また特殊帆塗料1の収奪をやりたいから。
(収奪対象のNPCがいる海域に近いのです)
そのために龍王院の装備から船まで全て取り上げ、ファファードに引き継がせます。
前回収奪した帆塗料はほとんど使ってないのですが、やはりキャラを作るからには目的があった方がやる気が違いますし。わーい(嬉しい顔)

初級海事学校はサクッと卒業するんですが、幕間に講義の途中で割り込んでくる、過去にワケありぽい女性客を激写。
blog1338.jpg
着てるのは黒ジョーゼットかと思いきや、黒染めのルネサンスドレスでした。
顔の形と髪型が同じなのでLadyMarcyで成り済ますことができますね。(笑)

同じく半強制的に進められるイスパの国イベでも著名NPCをパチパチ。カメラ
blog1340.jpg
ヤンチャな若者が着ている黒マントはレイヴンブレストプレート?

悪役のアルバ公。
blog1339.jpg
笑えるぐらい悪相ですね。わーい(嬉しい顔)

極めつけは2ndAgeに向けた挨拶のため、降臨したゲームマスター氏。
blog1341.jpg
皆から質問・要望責めでしたが、別にGMはゲームの仕様を考える人ではないので、言ってもしょーがないのに、と思えるような発言もいくつか。(笑)
挨拶自体はありきたりの定型文言でしたが、中の人がいかにも真面目そうな物言いで好感を持たれてました。ハートたち(複数ハート)
(下手にハッチャケるより不評を買う危険は少ないでしょうね)
posted by マウザー at 13:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

戦闘機?

ファファードは総合Lv17に達し、ようやくカーボ沖で収奪ハント開始。
名声的にもブレストプレートその他を装備できるようになりました。
blog1342.jpg
乗機乗船は前任の龍王院君から引き継いだ軽ガレーですが、いつの間にか小型船全般に強化回数が+1されてるらしく、1回分強化可能になっていたので耐久を強化。

ところで、軽ガレーのグラフィックは小型で平べったく帆も一枚で垂直尾翼に見えることから、船というよりは、どちらかというと戦闘機のようなイメージがあって(もちろん主観の話ですが)、船の名前もそれに準じてます。
blog1343.jpg
前回は試作艦(機)だったのでFXでしたが、今回から制式となりXが取れてFのみに。(笑)
名称は『竜殺しの紋章』を装備していたことからの連想で、ディズニーの黒歴史となったあの映画とは関係ありません。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
ちなみに所属がイスパニアの船なので、No.は148に。
(中国語読みで一(イー)四(スー)八(パー)=イスパexclamation×2)(くっだらねーちっ(怒った顔)
posted by マウザー at 14:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

戦果

ファファードが総合Lv21になるまでカーボ沖で特殊帆塗料その1の収奪に専従させた結果、得られた帆塗料は3枚。
blog1344.jpg
前やった時は7枚ほど獲りましたから、あまり芳しくない結果と言えましょう。あせあせ(飛び散る汗)
原因はリアルラックに欠けていた他、爵位が来たからとか、釣りや運用スキル取り忘れたからとかで一々リスやセビに帰っていたので、冒険Lvが早く上がりすぎてしまったためでしょう。
この辺のEXPは一桁二桁の勝負なので、もうちょっと緻密に計画すれば良かった、と反省。ふらふら

とはいっても以前獲った帆塗料がまだ余ってるぐらいですから、充分といえば充分なんですが。
posted by マウザー at 13:16| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

アベンジャーズ

アベンジャーズ』 シネマサンシャイン池袋/字幕

劇場で映画を観たのは何年ぶり?というほど久しぶりです。
3Dでもなければ吹き替え版でもないヴァージョンでしたが、どちらも好きではない私には好都合。

私は『バットマン』や『スーパーマン』などのDCコミック作品より、『X-MEN』を筆頭としてマーベルコミック作品の方が好きです。
なので前提となる『キャプテン・アメリカ』や『アイアンマン』『マイティ・ソー』はDVDやWOWOWで当然予習済み。
ただし『ハルク』だけは(原作の翻訳版を通じて大体どういう話かは知っているものの)未見だったので、そこがちょっと残念でした。(恐らくそこで出てきただろうエピソード絡みのやり取りもあったので)

144分というかなり長尺の作品ですが、目立って中だるむこともなく、最後まで楽しむことができました。
ホークアイやブラック・ウィドウなど、主役級ではないキャラもそれなりにバックストーリーが掘り下げられていて、単なる添え物に終わってないところが、いかにもヒーロー映画を作り慣れているマーベルらしいです。
(もっとも彼らは所詮ただの人なので、クライマックスの超人戦闘にはかなり厳しいものを感じましたが)

しかし、ちょっと気になったことが一つ。

原作だとお約束の(?)「アベンジャーズ・アッセンブル!」(アベンジャーズ集合せよ!)というセリフが遂に発せられなかったこと。
絶対言うと思ったのに・・・がく〜(落胆した顔)

そして劇の一番最後で顔を見せるあの顔は、ひょっとしてサノス?(マーベルユニバースでも著名なヴィラン(悪役))
まさか『アベンジャーズ2』でインフィニティ・ガントレットの話をやるとは思えませんけど、もし映像化できたら凄いでしょ−ねーふらふら

マーベル映画恒例のタイトルロール後のおまけ映像ですが、今回もありました。
・・・・・・・ありましたが、この脱力感は何だろう(謎
詳しくは劇場で!(をいちっ(怒った顔)

posted by マウザー at 01:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画短評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

2ndAgeの幕開け

わざわざ秋葉原に足を運んで『〜2ndAge』トレジャーBOX版パッケージを買いに行ってきたのですが。

売り場で現物を見た時、思わず「でっかっ」がく〜(落胆した顔)と洩らしてしまうほど、箱の大きさにビックリしました。
『〜ティエラ・アメリカーナ』の時も(無駄に豪華な装丁の本のおかげで)大きかったのですが、今回はそれに輪を掛けて厚みが凄い!
いい加減にパッケの大きさで豪華さを演出するのはやめなさい、と思うんですが。(苦笑)
大体サンタマリア号のペーパークラフトを望んでいる人は何人ぐらいいるんでしょう?ちっ(怒った顔)

さて家に帰って早速インストール。(そもそも大量ダウンロード&アップデートが嫌なのがパッケを買う動機の一つでもあるので)
インストーラを起動すると、まず以前のバージョンのDOLクライアントアプリを削除するところから始めます。

それはことも無く終了。
削除が終わると一旦インストーラも終わってしまうのが不親切ですが、再度起動すればいいだけの話ですから、わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)そこは我慢しましょう。
インストールが終わってクライアントアプリを起動すると軽いバージョンアップがあった後、オープニングムービーが始りました。
所々以前のムービーの使い回しもありますが、トリコルヌを被った女性航海者揺れるハートが出てくるようになったのが目新しい。

ムービーが終わりキャラ選択の画面に行きますが、何と、キャラが表示されません。
あれ?おかしいな、ひょっとしてコーエーさん移行作業中にキャラデータ消しちゃった?がく〜(落胆した顔)、(んなわけないんですが)と数分悩みます。
結局ハッと思い当たったのは、鯖を指定する画面で何の気なしに『決定』ボタンを押していたのがマズく、notos鯖を指していなかったのではないか、ということ。
通常は最後にログアウトした鯖名のところが選択されて表示されますが、一旦旧ver.のクライアントソフトを消したため、その情報まで初期化されていたのではないだろうか、と。
再度<鯖をちゃんと指定して>ログインしてみると、目出度く懐かしい顔ぶれが表示されましたちっ(怒った顔)
ちなみに別のマシンでダウンロード&アップデートしてみましたが、ちゃんと前にログアウトした鯖を覚えていました。
ということで、その情報はクライアント側にあるんだ〜、というのが変なところからわかったのでした。
(わかったところでどうだ、って話ですが)

ようやく無事ロンドンに降り立ちましたが、今回の目玉機能の一つでもある街中での時間変化(太陽の移動により明るくなったり暗くなったりする)が早速始っています。
最初は、もの珍しいので面白いのですが、明るさが移り変わるサイクルがかなり速いので、慣れてくると少しばかりせわしなく感じます。
いくら街中で時間が経とうと航海日数には加算されないのですから、もう少しゆっくり変化してくれてもいいのになぁ。

最初に出航所に入った途端、オープニングムービーにも登場した謎の美女エイリアスが現れて、色々言ってきます。
一種の性格判断か?と思いきや、4人のキャラで色々選択してみた結果、どの選択肢を選んでも最後に言われるセリフは変わらないようです。
blog1347.jpg
ちゃんと占って欲しければフランクフルトへ来い、ということでしょうか?

で、今回追加された地であるフランクフルトへ行ってみました。
blog1348.jpg
広場の中心をはじめとして、各所にこの像が立っています。
何か有名な像なのかもしれませんが、よく知りません。あせあせ(飛び散る汗)

大聖堂に行って神聖ローマ帝国の皇帝選挙が行なわれるさまを見ましたが、生憎まだ新ver.にアップグレードしていないので、参加は見送りせざるを得ません。
聞くところによると、選挙の支援をしても報酬が貰えないバグがあるらしく、生半可に参加すると痛い目を見そうです。(笑)

バグといえば、アパルタメントで飼っているメガネフクロウが止まり木から落ちて埋もれてしまう状態になっています。
blog1346.jpg
wikiにも同様の現象が報告されているので恐らくバグでしょう。(公式HPから報告済み)
早く助けてあげてーふらふら

パッケ付属のアイテムシリアルNo.は縫製のレシピをデコードした他は、金庫枠がかなりキツイので
何も取り出してません。(もうちょっと情報が出てきたらやりくりに走ろうか、とは思ってますが)
しかし、それはそれでつまらないのでnpcの固定レシピで作れる何かをトライしてみようと思いました。

目を付けたのはジェノバのなんちゃら公爵夫人が作れる『コロン提督の衣装』。
いかにも良さそうな服ではありませんか。
で、材料を揃え、作りに行きました。
大成功も出し、さあ試着、というところで判明したのですが、この服、男性専用だったのです。もうやだ〜(悲しい顔)
まあ確かにコロン提督は男性ですけど、wikiにもそんな情報は無かった気がするし(といってwikiを恨む訳にもいかないんですが)ドガリーヌと同じように男女兼用と思い込んでたんですよねー。
その場では着れずに、ロンドンに持って帰ってグレイマウザーに着せるしかありません。
blog1345.jpg
性能もイマイチですし、デザインも私にはイマイチに感じられます。
残念〜ふらふら
ちなみに明かりが暗いのは、外でSSを撮ると空の色がすぐ変わって同条件になりにくいので、アパで撮らざるを得なかったため。

wikiを見てると、どうやら新しい縫製のレシピは各地に出現しているらしい。
新服ネタが使えるのは喜ばしい限りですが、高級毛皮を使うものが多く、PFでヤギを産出できるようにしないといけなくなるのがメンドクサイです。
あと真珠の調達もキーですね。

posted by マウザー at 03:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テオルボとロイヤルドレス

つらつらとパッケに付いてきた、2ndAgeについて書かれた冊子を読んでいると、今まで謎の美女エイリアスさんの役割をよく理解してなかったことがわかりました。
昨日の出航所での問答は、ゲーム内の歴史をどう動かすかについてのアンケート調査だったのですね。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
しかし私のようにデタラメに答える人もいるだろうし、全PCの性格がゲーム内容に影響を及ぼすってゆーのもどーかなと思いますが、まあその辺は(目に見えないので)案外適当なのかも知れないなー、なんて思いました。(笑)

彼女はフランクフルトの酒場にいる、ということなので、会いに行ってみました。
blog1349.jpg
何となく目付きが怖いし、意外と小柄なことに気が付きます。
そして着てる服のせいか、足が短いようにも見えます。がく〜(落胆した顔)
blog1350.jpg
顔だけ見てる分には充分美人だと思うのですけどね。(笑)

ところで今回のアプデの主要項目の一つである楽器製作ですが、新しいのを片っ端から作る、という余裕は精神的にも金庫枠的にもまったくありませんから、よく性能を睨んで、要りそうな物だけ作ることにしました。

まず食料品取引+のバグパイプ。
blog1351.jpg
実はバグパイプの構造ってよく知らなかったのですが、こんなになってるんですね。

雑貨取引+のテオルボ。
blog1352.jpg
胴体がかなり大きく、ネックも恐ろしく長いので迫力満点です。わーい(嬉しい顔)
これは結構気に入りました。

あとは工芸品+のハーディガーディも作りたかったのですが、材料に黒檀を使う、ということで次にブルネイに行く時まで持ち越すことにしました。

wikiで続々と上がってくる新アイテムの情報を見ていて、これは欲しいなと思った装備に、マルセのNPC固定レシピで作る織物取引+のフレンチフードがありました。
材料に真珠を使うのですが、交易所で真珠を売っている東南アジアにわざわざ行くのは面倒なので、南米大陸沿岸で真珠貝を採集をし、保管スキルで真珠に変換することに。
ペルナンブコと南米北東岸の上陸地点の間ぐらいがよく獲れます。

だいたい貝を30個ほど捕れば必要な真珠の数(10個)を満たせました。
残りの材料サテンとジョーゼットはヴェネ人であるシスターマーシーがヴェネツィアで買えるので簡単に揃います。

さてフードを作ったはいいですが、頭装備だけではなんとなく物足りません。
そこでこの際、対装備らしい、パッケ購入特典のロイヤルドレスのシリアルNo.をデコードすることにしました。
シリアルNo.一つで、ロイヤルドレス、ロイヤルガウンの他、レシピと紋章と槍の計5点が一気に取れてしまうのは、売る方は簡単でいいでしょうが、使う側にとっては悪夢です。ちっ(怒った顔)
特にロイヤルドレスは♀専用、ロイヤルガウンは♂専用なので、もし、どちらかの性別しかキャラがいない人だと着れない方の服が無駄にアイテム枠を塞ぐことになるからです。むかっ(怒り)
私の場合、どちらの装備も使えるので構わないと言えば構わないのですけど、それでも貸金庫に収納するのに、あっちのアイテムをこっちへ、こっちのアイテムをそっちへ、とコロコロ転がして枠を空けるのに苦労しました。

ロイヤルドレスとフレンチフードを着用してみました。
blog1354.jpg
火器+2は大きいし、色味も落ち着いていて良い色だと思うんですが、ドレスの胸と腕の部分がもっこり盛り上がり、肩もいかり肩で、ガタイが大きくなったように見えます。
当時はこれが先端のファッションだったんでしょうか。

ちなみにロイヤルガウンはこんな感じ。
blog1355.jpg
手は込んでいそうですが、イマイチ格好良く感じません。ふらふら
これもセット装備の帽子と合わせると化けるのかも知れませんが。
posted by マウザー at 21:31| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月22日

帰りは飛行機で

94隻目の沈没船はセイロン南の沖合いでした。
商会定期船で長崎まで行き、南下してアチン横を西へ西へ。
引き揚げてみると、どうということのない東インド貿易船で、首尾良くセイロンに曳航。

さて、その後です。
一旦ジャカルタに行き、カテ2クエである『希少な配送物』を受けます。(硝石はアパの倉庫に在庫してあります)
そこから自走で欧州に帰るにしても、長崎まで戻って商会定期船で帰るにしても(定期船は寄港待ちがあるので)丸々1時間以上かかります。
とりあえず論文提出のため台湾の安平へ行ったところで思いつきました。ひらめき

今回のアプデで導入された『緊急帰還』を使ってみてはどうだろう?

試しにボタンを押してみると、アッという間にハンブルクへ戻ること(?)ができました!
ハンブルクからロンドンは目と鼻の先なので、大変な時間の節約です。

使うには(当たり前ですが)交易品を積んでいないことが条件ですから、商人の人にはあまり意味の無い機能かもしれません。
しかしよく考えれば、地味に便利だと思います。
冒険では、東アジアや東南アジアは言うに及ばず、僻地のクエや地図を消化するだけの場合、行きはともかくとして、帰るのは不毛な時間であることが多いのです。
海事の人も修業の終わりに、定期船発着港まで危険海域の中を航行する不安を考えたら、一足飛びに(安全な)欧州まで帰れるのは大きいのではないでしょうか。
また僻地のPFのメンテもこれを使えばかなり楽になるでしょう。(サバイー島でさえ、リマかヒバオアに行けばいいだけですから)
ハンブルクから距離のあるフランスやヴェネツィアの人には賛同を得られないかもしれませんが、それでも東・東南アジアから自走することを考えたらマシだと思うのですよね。

あまりに楽すぎて、これはこれで、ちょっと問題なのかなぁとさえ思ってしまいます。
遠足だって『帰るまでが遠足』と言われるように、目的地から帰る部分もゲームの一部ですから、安易にその部分をショートカットしてしまうとゲーム自体がつまらなくなって、結局プレイヤー自身が損をすることにもなりかねません。
ゲーム性の面から考えると、良いことじゃないのかもしれませんねぇ。あせあせ(飛び散る汗)
posted by マウザー at 17:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

昨日の記事のフォロー

昨日の記事で書いた『緊急帰還』ですが、どうやら恒常的に使える訳ではないようです。
歴史的事件が発生して7日間の間だけ、しかも一度だけ使えるコマンドらしい。
ま、そりゃそーか、って納得してしまいました。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

本来は発生した事件に介入する手段のようですが、そのつもりがなければ、私がやったように僻地からの帰還手段として使えることもある、という話ですね。

ところで、恐らくロイヤルガウンの対装備であろうハイクラウンハットをデコードしてみました。
blog1356.jpg
色がマッチしてるせいか、ガウンだけのイメージより若干見栄えが良くなった気がします。わーい(嬉しい顔)
あぁ、また枠がぁぁ・・・ふらふら
posted by マウザー at 01:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

新しい髪形

こそっと育てている体験版キャラが交易Lv22になったので、造船キャラの(!)レディマーシーで商用サムブークを作りに商会定期船/長崎経由でインドまで行ってきました。
(よく考えたら東南アジアでも作れるんですが、造船修業時の条件付けでサムブーク=インド造船が身に付いてしまったのでたらーっ(汗)
途中のブルネイで楽器製作に使う黒檀を仕入れます。
しかしそのお陰で、カリカットで造船指示を済ませた後、お得意の『緊急帰還』で欧州へ、という目論みはあえなく崩れてしまい(笑)、ガレーで欧州までヨタヨタと自走しなければなりませんでした。

そんな苦労の末に作った楽器がこれ。
blog1357.jpg
ハーディガーディというらしいですが、これまで聞いたこともありませんでした。
ハンドルを回して弦を擦り音を出す楽器のようです。

さて、今回のアプデから作れるようになった新しい髪形がある、とのことなので、航海者特典ポイントを使って特殊整髪料を一つ貰ってきました。
女性の髪形で追加されたのはこの4つ。
blog1360.jpg
個人的な感想として、AとDはショートヘアなので特に軽装や軍服に似合うと思われます。
が、いささか野性味に欠けるので(レディマーシーのような)目付きの悪いオネーサンには上品すぎるきらいがあります。
Bはロングヘアで少し巻いたサイドの毛が良いアクセントになっています。
ボリュームのあるドレスにピッタリという感じですが、軽装だと頭デッカチに見えるかもしれません。
Cは・・・・・主に少女向けの髪型かと思われます。あせあせ(飛び散る汗)
男性用の髪型も3つほどあったんですが、後ろ髪がピンとハネた、いかにも今風なのとか、ピッチリした7:3分けとか、あまりゾッとするものが無かったので割愛です。あせあせ(飛び散る汗)

取っ替え引っ換え手持ちの服を合わせてみてキャラに似合う髪型を探してみたのですが、中々キマりません。
結局AやDは普通すぎる(良いとは思うんですが)、という判断からBを採用。
軍服ぽいのも、
blog1358.jpg
ドレスも、
blog1359.jpg
それなりに締まる髪型かと思います。
ただ、レディマーシーだと黒髪なのでディテールが見えにくいのが難点です。
リスボンで見かけた同じ髪形の人は輝くような金髪で、お姫様ヘアがものの見事にキマッていたのに深い印象を受けました。
posted by マウザー at 03:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

プレイヤーズバイブル


話のネタのため、書店で買ってきました。
2ndAgeの情報については得る部分もあったのですが、その他(ゲームの基本的な仕組み)のデータは既に周知のものなので、あまりタメになりませんでした。
もちろん2ndAgeから始める人もいる訳で、そのことは何ら責めるつもりもなく、しょうがない話ではありますが、依然として誤字が多い(水平射撃を水兵射撃と書いたり)のは何とかならんのでしょうか。(校正もそこそこに、よっぽど急いで出したかったんでしょうね)

特筆する箇所としては、固定レシピには発生の周期があることと、新コンテンツで得られる船装材の種類。
そして特に気になったのが船に追加された新オプション。

船自体に取引スキルが+1される(カテゴリー別)ものや学問+1されるものがあるそうです。
実際どういう仕組みなんでしょうね?
学問については船内に専門図書館でも備え付けるのでしょう。
しかし取引スキルについては?
繊維やら織物については布団圧縮機のような装置でも付いていて圧縮して沢山積み込めるとか?
じゃ鉱石は溶鉱炉でも付いていて、その場で精錬できるとか?(いくら港でしか火を入れないとしても危ないわ!)
付加価値を付けるのは構わないのですが、あまり理屈に合わない仕組みにするのはいかがなものかって思いますねぇ。

本への不満としては、新装材で作った際、船体がどうなるのかという絵が欲しかった。
装材のアイコンで大体の色はわかりますが、同じメタリックにしても光沢の強い物になるのか、渋くくすんだ物になるのか。
というか、ピンクの装材ってどうなの?がく〜(落胆した顔)
まぁ待ってれば誰かが作って乗ってくれるでしょうから、それを見て、という話なんですが。

恒例のおまけについて。

神聖ローマ近衛軍装材は、これを使って作ると金色の船が出来るらしい。
新船のゴールデン・ハインドを文字通り黄金色で作るとか、船の名前にKOG(ナイト・オブ・ゴールド)と付ける人が続出しそうです。(笑)

一部で期待されていたデルフィン特製制服ですが、蓋を開けてみれば何のことはない、ダマスカス織シュルコーと同じグラフィックで性能のみオリジナル、という物。
一体感もなく(もちろんセットの帽子もない)、制服の定義をまったく無視してるとしか思えません。
セーラー服にしろ、とは言いませんが(笑)、これなら従来の制服のグラフィクのままで良かったのに。ちっ(怒った顔)
通常の制服と違い、訓練生称号縛りがないので誰でも着られるのはいいのですが、じゃ、そもそも制服じゃないじゃん?(デルフィン特製シュルコー?)
所詮おまけだと言ってしまえばそれまでですが、それによって本の売り上げが左右されることを思えば、ユーザーにアピールするのは何かを考えるべきだと思うんですよね。

あとは名匠の秘伝×5や鍛錬具をどう評価するかで、この本の価値が上下する感じです。
ところで、『〜プレミアム・エディション』と銘打ってますが、プレミアムじゃないエディションも出すのでしょうか?わーい(嬉しい顔)

posted by マウザー at 13:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

哨戒型コルヴェット

PB(プレイヤーズバイブル)に付いていた神聖ローマ近衛軍用装材を使って、かねてから作りたかった哨戒型コルヴェットを建造しました。
blog1361.jpg
この船、初期建造時から鉄張りですし、船員室、砲室も充分確保されているので、立ち位置としては高Lv冒険者向け海事船だと思うんですが、それにしては付けられるオプションが急加速/投網/漂流物探索/耐風マスト/耐波装甲/高層見張り台と、およそ海事に縁の無さそうなものばかり。
周囲を見渡しても乗ってる人はよく見かけますが、船体の色から判断するにチークなどに張り替えて、恐らく移動用として乗ってる感じです。

結局少しでも役に立ちそうな高層見張り台と耐波装甲を選択することにしました。
勢い余って専用艦OPで耐砲撃装甲を付けましたが、付けた後で兵器技術Rが足りなかったことに気が付くお約束。(笑)

流石、高造船Rの船だけあって、強化を重ねる毎にどんどん数値の引きが悪くなっていくのが悔しいです。ふらふら
DGS+提督居室+ローマ近衛装材を使って、旋回の上昇期待値の中間値は+5なのに3しか上がらなかったり、とか、本人は張り込んでいるつもりなのに結果が伴わないのでショックが大きいです。
まぁ、別に化け物のような旋回値を期待しているわけでもなく、元から高旋回値を持ってる船なので、ほどほどの性能には落ち着くのですけどね。あせあせ(飛び散る汗)

出来た船の操船熟練上げも終え、ロンドン港で乗り回してみましたが、折角の金色装材が中々目立ちません。もうやだ〜(悲しい顔)
blog1363.jpg
船体自体が小さいこともあるのでしょうが、もう少しメタリックなのかと思いきや、少し黄色い木製建材のようなイメージです。
blog1362.jpg
こんなことなら、前から持っていた重キャラックに張った方が見栄えが良かった、とも思いましたが、性能的には重キャラックを軽く凌駕しているので(建造費を考えたら、そーでなければ割に合いませんもうやだ〜(悲しい顔))、大失敗、というほどの事ではないとは思いますが。
posted by マウザー at 02:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

暗殺者グレイマン

確かに戦闘シーンやアクションシーンは迫真の出来。
そして、いかに凄腕の主人公でも各国から集められたプロの殺し屋集団相手では、これだけ痛めつけられ瀕死の状況まで追い詰められるのはしかたがない、ということで、クライマックスで盛り上げるためにはいい筋書きだと思います。

続きを読む(ネタバレあり)
posted by マウザー at 01:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読後感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。