2012年10月01日

戦術家

LadyMarcyの冒険/交易Lvはどちらも72になり、名声も上限の320kに達しました。
中将位獲得に必要な700kの内、残りは海事名声で補わなければなりません。
現在の海事名声は45k程度。
つまりあとLv2ぐらいは上げないとダメということです。

しかし、ただ砲戦で上げるのも芸の無い話。
そういう正攻法の海事は、本来海事用キャラであるレディマーシーでやるべきことのように思います。
代りにLadyMarcyは得意の機雷を使うことにしました。

以前レディマーシーで機雷+護符使用の海事をやったことがありましたが、本来そういうトリッキーな取り組みは軍人本職の人よりは、そうでない、例えば冒険担当のLadyMarcyがやるのが筋、というか似合っていると思います。
が、現在LadyMarcyの機雷Rは2で、それだけで戦える威力には程遠い。

そこでまず機雷Rを上げようと考えました。
そのためには機雷スキルが優遇である戦術家に転職する必要があります。
戦術家に転職するためにはリスボンで受ける『最新の戦術』クエをやる必要がありますが、クエを出すためには戦術R7(とスペイン語と英語)が必要。
根が冒険家ですから言語は問題ないのですが、そもそも戦術スキル自体を持っていません。あせあせ(飛び散る汗)

幸いスキル枠は一つ余裕があります。
では、まず戦術が優遇の基本海事職・准士官に転職して戦術スキルを取って、と思ったら、彼女が紙なしで転職出来るのは用心棒と軽戦士のみでした。がく〜(落胆した顔)
紙なし転職システムが導入された後に海事をやってなかったのが、ここに来て仇となりました。
しょうがないのでわざわざナポリまで出向き、戦術スキルを買います。

取りたてのR1戦術と、現在キャンペーン中で各種スキルが自動で+1になっているのに加え、こういう時のため(?)に保管しておいたアレクサンドロス大王の鎧(+3)と曙光のブローチ(+2)で、どうにかR7は実現可能になりました。
blog1364.jpg
昔、船大工に転職するため同じクエをレディマーシーでやった時はクエを出すのにかなり苦戦した記憶がありますが、今回は斡旋紙20枚ほどで比較的楽に出てきました。

各国本拠地巡りの末、目出度く転職証ゲット!
blog1365.jpg

さて、この際ですから、将来使うかもしれない別の転職クエもやってしまいます。
それは砲術関連スキルのほとんどが優遇になる砲術家。
クエを出すのに必要な弾道学R5はクリアしていますが、水平射撃R8は(キャンペーン効果を入れても)あと1足りません
ふらふら
wikiでブースト装備を探してみましたが、ほとんどが収奪装備、しかも、goodolで検索して商会ショップで買おうにも置いてない物ばかり。
辛うじて、以前イベントで貰えた名誉のグラディウスが、一番安い物で1Mで売ってましたので、泣く泣く購入。
blog1366.jpg
クエ出し条件をクリアしマルセイユでトライした結果、これまた斡旋紙2枚であっけなく出てきて程無く終了。blog1367.jpg
ちなみにクエ終了後、グラディウスは同額で商会ショップに出しておきました。
売れるとイイナ。(笑)

さていよいよ海事開始・・・・・・・ではありません。
関連する大学スキルを取らねば。ふらふら

砲撃関連の、湾内でバルシャを沈めてれば取れるものは取ってあったのですが、曲者はこれ。
blog1368.jpg
1000回も修理とかやりたくないし、補助帆が破られるまで一方的に攻撃されるのも気に入りません。
そこで目を付けたのが船強化。
LadyMarcyは造船スキルを持っていませんが、相方(2PC)のグレイマウザーは持っています。
強化は艦隊メンバーに必要造船Rを持った人がいればできるので、バルシャを新規購入し、最低限の部品で強化することに。

部品は対岸のアントワープで小ラテン帆と小砲台(それぞれ30kDの計60k)のセットをたんまり購入。
blog1369.jpg
一回の強化で50頁貰えますから、論文提出に必要な1000頁には20回の強化が必要となります。
一回の強化は2日の航海日数が必要ですから、単純計算で20×2の、最低40分は必要になる、ということです。(もちろん親方に指示する時間は別途必要)
これはこれで非常に辛気臭いですが、仕方がありませんもうやだ〜(悲しい顔)
まぁ造船修業よりはマシ、と思うことに。
一時間弱我慢した結果、目出度くスキル獲得したところで本日は時間切れとなりました。


posted by マウザー at 13:31| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

中将

戦術家になり、機雷敷設スキル上げのため、まず向かったのはジェノバ沖。
まだまだR2(+3)という低さなので、まずは『商船狩り』クエの商用ガレーを相手に、一人ジェノスクでスキルを鍛えます。

・・・・が、ジェノ-チュニを2往復ぐらいしたところで飽きてきて、しかも充分倒せることもわかったので、今度はジェノ商に挑戦してみます。

火炎砲がウザいですが、それでも結構倒せたりするのでジェノ商狩りを継続。
全艦倒すと500弱ほどのそこそこ良いEXPが手に入るのですが、肝心の名声は37程度と若干ショボいです。
しかしここはスキルR上げと割り切り、しばらく腰を据えることにします。

船のスペックはこのようなものですが、
blog1374.jpg
旋回が20もあれば機雷の2重壁を作るのに不可欠な180°ターンもよく決まるし、耐久も充分。
機雷戦が気に入っているところは砲戦や白兵戦と違い、船員を(それほど)増やさなくて済むことです。
当初は少ないかな、と思われた船倉容量も、大量の弾薬を積んで尚余りががあるほどなので、我ながら良い船になったと思います。揺れるハート

機雷Rが9になるまで続けたところ、海事Lvは順調に4つ上がりましたが、名声はまだ10kほど足りません。
そこで東アジアへ行き、いよいよ真打の商船襲撃隊に挑戦してみました。

実は前回の挑戦で太陽の護符を2つほど使い残していて、その後のイベントでも更に4つ手に入れていたので、いざとなれば護符を使って切り抜けられる安心感はあります。
心配なのはジェノ商とは格段に威力が違う敵の砲撃に耐久が持つか、ですが、実際にやってみるとそれほど痛くはないことがわかりました。

とは言っても機雷敷設中にクリティカル砲撃を喰らうケースは頻繁にあり、最大耐久はドンドン削られていきますが、ここはアパに在庫してある名工を放出して対応することにします。
blog1373.jpg
4隻全部を沈めるとこれだけ貰えます。
中でも名声がジェノ商の3倍弱も貰えるのが嬉しい!(笑)
高い機雷Rがあれば海事Lv38でも商船襲撃隊を喰える、というのもちょっと面白いですね。

例によって日本列島の周囲をグルグル巡りながら商船襲撃隊のみ狙っていってると、いよいよヤマ場に突入。
blog1372.jpg
あと53とかドンダケ寸止めわーい(嬉しい顔)

そして名声合計700k達成の瞬間。
blog1370.jpg
すぐさまロンドンへ帰って爵位を受けてきました。
blog1371.jpg
某公国の『やらせはせんぞぉ』の人と肩を並べたことになります。わーい(嬉しい顔)

次の大将位(公爵)は名声合計1mが必要。
これは冒険/交易/海事の各LvがALL73でも満たせない値ですから(73の名声上限は330kなため)、私には到底辿り着けない境地です。
てことは今回が爵位を受ける最後の機会、ということで珍しく一張羅を着ています。(笑)

唯一つ残念なのは、今回爵位が上がっても貸金庫枠は増えない、ということ。
前回(伯爵)で基本枠は全部貰った事になっていたのですね。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by マウザー at 10:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

都市鉱山

中将になったのでLadyMarcyの海事は終わり・・・・・・かと思いきや、まだ続きます。
何故かと言うと、サーヴェイフリゲート(要73/32/44)に乗りたいから。
海事Lv44で5スロット船に乗れるというのは画期的ではありませんかexclamationわーい(嬉しい顔)

余談ですが、哨戒型コルヴェが4スロ船なのを嘆く人も(主観的に)多いようですが、必要海事Lvが32であることを考えると、Lv32で5スロ船に乗れるとゲームバランス面でおかしくなると思われるので、4スロなのは正しい判断だと思います。わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

同じ感じで新船のハイクリッパーの要求冒険Lvが66なのに不満がある商人の方々の意見も聞きますが、それは帆性能が高く高速であることへの代償だと思うんですよね。
冒険家の観点からすると、商大クリがたった24の冒険Lvで乗れてしまうことの方がむしろ異様に感じられてしまいます。(良いことか悪いことかは別にして)

まぁそれはともかく。

海事を続けるにあたり、消耗する船部品の手当てをせねばなりません。
機雷を使うので被害分散のために装備するだけで良い補助帆、大砲は店売りの一番安い奴でかまいませんが、装甲板はそれなりに良い物を使わないと生死に関わります(笑)
本拠地がロンドンですから店売りの鉄板を買うも良し、交易所で鉄材を買って作るも良し、なのですが、それでは普通過ぎて面白くありません。

そこでリスボンに行き、そこら辺にゴロゴロ転がっているであろう(笑)使い古しの鉄板に硬化処理を施して使おう、と思い立ちました。ひらめき
財布にも優しいし、エコだし、しかもネタにもなるってことで一石三鳥ですexclamation

リスボンの銀行前や商会局の前など、誰もが探索するような場所をやってもつまらないのでそこは避け、野生の勘を頼りに(笑)何かが落ちていそうな場所に探索をかけていきます。(と言っても結局ローラー作戦なのですがあせあせ(飛び散る汗)

壊れかけの大砲や再利用できない装甲などはドンドン売ってしまい、要るものだけを残していく内に、集まった鉄板は8枚。
不思議なのは新品の(つまり耐久が減ってない)物がいくつか混じっていること。がく〜(落胆した顔)exclamation&question

鉄板に混じってファフニール像も3つ拾えました。
しかも耐久フルどころか(5だけですが)基本耐久をオーバーしている大成功品まで。
これも有難く使わせてもらうことにします。わーい(嬉しい顔)

ちょっと笑ってしまったのが、今流行のガナドールで貰えるオスマン提督服が4着も拾えたこと。
中の1着は新品ですし、残りも最大で3減っているだけですから、使用には何の問題もありません。
blog1375.jpg
好みから言えばもう少し落ち着いた緑の方が良いと思うのですが、拾い物に文句を言うと罰が当りますあせあせ(飛び散る汗)
聞くところによると、この服はかなり供給過多にあるので早晩こういうことになるとは思ってましたが、実際に拾えるとはわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
期が変わってイングのボスになっても、そこらに落ちているほど(イング服が)一杯出てくれれば良いのですけど。あせあせ(飛び散る汗)

あと、砲術家転職のクエで必要だった水平射撃ブーストの漆塗り角弓(+2)が3つも拾えたのは悔しかったですね。ふらふら
まずリスで探索すれば良かったのかー。
(ちなみに件のグラディウスはうまく買った値段で売り戻すことができましたわーい(嬉しい顔)

あとはピンクの特注カルネヴァとマスケラのセットが2つ、とか、東アジアの服とか、大量の木材とか、その他諸々etc.
色々落ちてるもんですね。

で、一番驚いたのが、完全に健康体の強化フルリグドセイルが一つ拾えたこと。がく〜(落胆した顔)
落として拾えるものだ、というのは知っていましたが、わざわざ落とすシチュエーションがわかりません。
私のように体験版アカウントキャラから本キャラへの受け渡し、というケースはあるかもしれませんが、それにしては誰に拾われてもしょうがない場所だったので、それも違うのかな、と。
どういう考えだったのでしょう?ちっ(怒った顔)
posted by マウザー at 13:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月06日

遺跡調査団の服

サーヴェイフリゲートに乗れる海事Lv(44)を目標にしていましたが、あまりにも海事Lvがモリモリ上がりすぎて、何のことは無くアッサリ達成してしまいました。ふらふら
そこで急遽、大型福船に乗れるLv(48/70/46)を目指すことに。
大型タンカーみたいな船ですから本来は交易担当のグレイマウザーを乗せたいところですが、この要海事Lv46がネックで乗れなかったのです。たらーっ(汗)
代りにLadyMarcyが乗るようになったら、彼女のマニラガレオンを渡せますし。

で、終わってみたら、
blog1377.jpg
勢い余って47にまでなってましたわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

機雷敷設スキルは
blog1378.jpg
頑張ればカンスト(R16)まで行きそうですし、その頃には戦列艦に乗れるLvぐらいまで上がりそうですが、このキャラでそんなことをしても意味が無いので、ここはこれで終わりです。end

さて機雷海事も大分飽きてきたので、傷ついた哨戒型コルヴェをドックに放り込み、久しぶりに冒険職に転職して、海事をやっている間にパラパラと手に入った沈没船の断片地図をまとめて消化することにしてみました。

初っ端に引き揚げたのは、マスカット沖に沈んでいた遺跡調査団の難破船。
比較的最近に実装されたらしい船ですが、初見参です。
各種刻印や、造船技法書獲得の際あれほど入手に苦労した特注曳航補助ロープが24個も取れたり、という中で、ちょっと気になっていたあの服もありました。
blog1376.jpg
性能はアレですが、見た目が洒落てます黒ハート
セット装備の帽子が入ってなかったのが残念ですが。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by マウザー at 23:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

幽霊船

次の沈没船は何の変哲も無い東インド貿易船でしたが、その次は何と幽霊船でしたexclamation
blog1383.jpg
道理で引き揚げる時も上昇%が不安定で、変だな、とは思っていたんですが・・・・
97隻目にして初めての体験です。

無事ケイマンに曳航し、ロンドンに帰って、事前に司祭に転職して探索に行ってみました。
blog1379.jpg
入った当初は他の沈没船とそう変わらない風景が広がりますが、すぐNPCが現れ襲ってきます。
blog1380.jpg
1対3ですが、Lv的にほぼ問題ない相手だったので軽く一蹴。

すると宝箱と幽霊が何体か現れました。
blog1381.jpg
幽霊には別に襲われることもなく、話かけると黙って消える人とか、切ないセリフを吐く人もうやだ〜(悲しい顔)とか。(話し終えるとやはり消えます)
blog1382.jpg
話すと何がしかの冒険EXPが貰えるようです。

宝箱は金・銀・めのう・ダイヤモンドなど財宝系ぴかぴか(新しい)がほとんどでしたが、アストロラーブの一種が出てきてメモリアルが一項目埋まったのが嬉しいです。わーい(嬉しい顔)
posted by マウザー at 02:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

シップレックハンター

98隻めはパナマ運河航行船。
blog1384.jpg
戦利品は美術品/染料+の装飾品と香辛料/雑貨+の手装備。
blog1388.jpg
どちらも結構有難かったりします。わーい(嬉しい顔)

99隻めは枚数の少ない小さい船。
blog1385.jpg
中身も大したことありませんでした。もうやだ〜(悲しい顔)
しかしサンファン沖に行ったついでに、例によって(?)ドクロ紋章を貰った時点で止まっているLadyMarcyの国イベを、予想外に余ってしまった太陽の護符の消化も兼ね、進めてしまいます。
blog1386.jpg
ライザの軽ガレオンが遠くに見えますが、私の中では既に戦力外(笑)
blog1387.jpg
戦闘が終わるとライザさん、さも働いたかのようにはぁはぁ言ってますけど、はっきり言って役に立ってないですパンチ
(誰?、このセリフだけ見てるとエロっちぃキスマークとか言ってるのは?)

いつの間にか沈没船からも、まとまった枚数の断片地図が手に入るようになってますが、そのおかげで記念すべき100隻めの地図も完成。
blog1389.jpg
場所からして凄〜く嫌な予感がするんですがわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

スエズ運河経由でカリカ近海に行き、地図を見てみると果たしてコチンの目の前。
blog1390.jpg
いつかもあったなぁ、こういうの。たらーっ(汗)
blog1391.jpg
あぁぁ〜、やっぱり。もうやだ〜(悲しい顔)

しかし、何はともあれ100隻引き揚げは達成したので、
blog1392.jpg
念願のシップレックハンター称号ゲット。手(チョキ)
シップレックハンターだと断片地図が入手しやすくなるらしい。
反面、東インド貿易船の引き揚げ率も飛躍的に高まる、という噂もありますが、実際どうなんでしょうね?
posted by マウザー at 01:03| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

2周目の国イベ

余った太陽の護符消費のために始めたLadyMarcyのイング国イベですが、
blog1393.jpg
完走するのはレディマーシーに次いで2度目です。
blog1398.jpg
とりあえず「ありがとう」でいいですよ(その前に金返せちっ(怒った顔)

結果から言うと、護符が1枚減った代わりにミドルトン家の紋章が一つ増えてアイテム枠的には差し引きゼロ?みたいな・・・・・ふらふら

全章を通じて私一推しのシーン、ライザがイスパニアに捕らわれて皆で助け出そうと意気込む中、アマリアの発するこの一言。
blog1394.jpg
前回は小さいSSしか撮れませんでしたが、今回はバッチリ黒ハート

そもそも(主観的に)大部分の英国PCにライザが嫌われるのは何故か、を考えたのですが、戦場に小さな軽ガレオンで駆けつけ何の戦力にもならないという理由は、実は氷山の一角ではないかと思うのです。
もっと根本的な原因は、性格の好みは別として、大した実力も無いくせに狭量で独善、なおかつ自軍と敵軍の戦力比分析もできない、軍人としては最低の人だからなのではないでしょうか。
blog1396.jpg
その自信の根拠はこっち(=プレイヤー)の力量頼みでしょ?
にもかかわらず
blog1397.jpg
こんなキツい大口を叩くのは、いくら美人でも呆れられて当然ですわね。(もちろんそんなジャジャ馬に振り回されるのが好き、という奇特な意見もわからないではないですがわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

とは言いつつ、中々使える彼女のセリフを一つ発見。

オスマン提督服拾ったよ!
blog1399.jpg
中将になったよ!
blog1399.jpg
シップレックハンターになったよ!
blog1399.jpg
汎用性が非常に高いですわーい(嬉しい顔)

今回国イベをやってもう一つ気が付いたのは、特殊整髪用具で用意されている男性用の髪型にフレデリクの髪型も用意されていたんだ、ということ。(今更な話ですがあせあせ(飛び散る汗)
blog1395.jpg
ライザの髪型があるんだから当然フレディのもあったって当然だとは思いますが、今まで気にも留めていませんでしたあせあせ(飛び散る汗)
posted by マウザー at 14:16| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

高級鎧の装飾法レシピ

上級錬金術で使うレシピに『高級鎧の装飾法』というのがあります。
レシピ自体は鋳造レシピなのですが、これで作る金箔飾甲冑を使って、精製金箔飾甲冑やら黄金の刀剣ができるので、錬金を極めるつもりならば持っておくべき一枚と言えましょう。

やっかいなことに、このレシピはポルトガル商船隊からの収奪なのです。
NPC自体は低Lvでヨワッチいのですが、旗付きなので沈めると該当国の敵対度が上がり、一定値を越すと該当国の港で迎撃艦隊に出迎えられたり、更には上陸できなくなったりして非常に困ります。もうやだ〜(悲しい顔)

なので、メインキャラでこの収奪を行なうには非常に勇気がいるのですが、手が無いわけでもありません。
今、作っていたキャラの資産を回収すべく一ヶ月間のライトチケットを適用してアイテム受渡し可能となっている元体験垢があるのですが、その中のキャラの一人が20/20/20のガレー乗り(現在は20/26/20ですが)で収奪スキル持ちだったりするので、その人を使えば良いのです。

まず、今まで乗っていたアラガレを鉄張りに換えた他、耐久や旋回など要所を強化します。
桶や予備帆などの必要アイテムも万全にサポートして、いざ出陣。

他の航海者さんのブログを読んでみると難易度はそんなに高くない、とのことだったので、実は非常に楽観視していて、せいぜい5艦隊もやれば獲れるかな〜と気楽に考えていたのですが・・・・・

・・・・・・全然獲れませんもうやだ〜(悲しい顔)
敵対度だけがいたずらに上昇していって、あっという間にこんな状態に。
blog1401.jpg
倒したのが20艦隊を越えても一向に落ちる気配がないので、首を捻って再度他の航海者さんのブログを探ってみると、同じ様に苦労して獲ったキャラが収奪R5だった、という記事がありました。
そこで自分の収奪Rを見直してみたところ、それにさえ満たないR4だったのでしたふらふら

問題はここかひらめきと思い、goodolで収奪ブーストを探し、遙か遠くのアテネの商会まで行って収奪+武器のカタールを買ってきました。

果たしてその効果なのか、それともそろそろ出る頃だったのかは判断に苦しむところですが、カタールを装備して3艦隊目でようやく出ました。わーい(嬉しい顔)
blog1400.jpg
出たのは旗艦ではなく僚艦からで、しかも心の準備も出来てなかったので、獲った瞬間のSSは見事に撮り忘れ。ふらふら

苦労したお陰でブリテン島南部のどこにポルトガル商船隊が沸くのか頭に刻み込まれましたが、多分もう二度とやらないので意味がありませんね(笑)
posted by マウザー at 19:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

クラーケン計画

自国の領土として尖閣諸島の周辺に出没する某国の漁船群。
ウザいので『沈めちゃえ!』と思うが、実際に軍艦を出して攻撃すると戦争になっちゃうのでそれはダメ。

じゃ、どうすれば?というと、どっかの海溝から巨大なダイオウイカを連れてきて、極秘裏に研究開発していた攻撃性向を高めるホルモンを注射し、尖閣諸島の周辺に放す。
(味方の船は攻撃されないよう同属の発する生態音響を流しておく)
次々に海に引き込まれる漁船。
のた打ち回る触手。
阿鼻叫喚の図が描かれるが、怪獣災害は言わば天災なので某国も非難のしようが無い。

しかし、この手の話のお約束として当然ながら怪物は制御不能に
自衛艦や米軍の艦隊が立ち向かうが、ソナーで相手の位置はわかっても有効な武器がなく、ましてやガメラやウルトラマンも存在しないので大打撃を被る。
最後の手段として核爆雷による攻撃が検討されるが、その前に、生物兵器には生物兵器を、ということでダイオウイカの天敵である巨大なマッコウクジラを強化したサイボーグ・マッコウクジラが投入された!
2匹の巨大生物の戦いに沸き立つ海!
果たして雌雄は決するのか?
そして結末は?


・・・・・・・・・・・・・・・というよーなモンスターパニック映画の筋立てを考えてみたんですがわーい(嬉しい顔)(くだらんわ!ちっ(怒った顔)


posted by マウザー at 21:55| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 身辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

調査用大型クリッパー

シスターマーシーの冒険Lvが58になったので調査用大型クリッパーを建造しました。
・・・・・・というかこの船に乗せたくて冒険Lvを上げたんですが。

調査用大型クリッパーはマストの数が無印クリッパーより1本少ないのに基本性能はほぼ同等、なおかつ強化上限が違うので、その分40程帆性能が高いのです。
(逆に言えば乗船Lvが6も違うのにそれぐらいしか違わない、ともあせあせ(飛び散る汗)
冒険船ですから当然(?)チーク装材に張り替えたいところですが、今回は堺で拾った祝典用木製装材を使います。
船OPは急加速と高層見張り台。
そしてそれ以外の強化3回は全て提督居室×2で旋回と対波強化に当てます。

完成したのがこの船。
blog1415.jpg
帆性能はMAX行ったし、旋回も補助帆の補正-2を入れた後でも24と、私個人の歴代最高の旋回を実現でき、充分満足です。

しかし、船体のこの色は・・・・・・・ふらふら
濁った水色に近いパステルカラー。
色的に合うかと思って特殊帆塗料その2を使ってみましたが、正直微妙です。もうやだ〜(悲しい顔)
blog1405.jpg
でも、これは人間も同じですが、完璧な彼(女)よりも少し特異だった方が愛着が湧くかもしれませんしねぇわーい(嬉しい顔)

ところで今『ビアフェスト2012』なるライブイベントをやっています。
出される景品がことごとくショボいので最初はやらないでおこうか、と思いましたが、丁度磨いた白鉱石の副産物でイベントに使う水晶が2人分できたこともあるし、アテネに提督居室の材料を買いに行かなければならないこともあって、参加してみることにしました。

フランクフルトでイベントNPCに話を聞くと『ガラスのブーツ(型ジョッキ)を作りにヴェネツィアへ行け』と言われるのですが、それを現地で作ってくれるNPCがこの方。
blog1402.jpg
LadyMarcyと顔の形と髪型が同じ美人(をいパンチ
しかしセリフを聞いていると、あまりのザマス言葉の連発に少々うんざりしてきます。
blog1403.jpg
言ってる方はそれが狙いなんでしょうが(笑)
作ってもらってフランクフルトに帰っても、結局報酬として貰えるのは銀の手鏡のみ。もうやだ〜(悲しい顔)
まぁ、ネタとして使えただけいいか、と思うことにします。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
posted by マウザー at 13:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

足立区の花火大会2012

荒川沿いで行なわれる足立区の花火大会は、震災の影響で昨年から秋にやるようになったのですが、昨年は色々あって観に行くことができませんでした。
しかし、今年は天候も都合も良かったので久しぶりに見物に行くことができました。

三々五々集まりつつある見物客を縫いながら、まだ陽が落ちる直前に陣取った席は、2箇所ある花火の打ち上げ場所を丁度均等に観られるような絶好のポジション。
blog1409.jpg
そこそこ間近ではありながら風が無いので花火の破片が降ってくることも無く、迫力のショーが展開されます。
(途中ちょっと単調になりましたがあせあせ(飛び散る汗)
blog1408.jpg
音響的な位置にも恵まれていました。
鮮やかで豪華な色彩もさることながら、重低音の響きが強烈です。
blog1407.jpg
それはもう、後ろに陣を張っていた家族の幼い子供が『うるさ〜い』と喚いていたのが印象的なほど。(子供にはそう感じられるでしょうねわーい(嬉しい顔)
よく『胸を打つ』『心に響く』という言い方をしますが、大抵は文学的な表現であるのに対して、これは物理的に体を打たれるような感覚でした。(心臓が弱い人は危ないんじゃないか?と思うぐらい)
blog1406.jpg
相変わらず花火に合わせてクラシック音楽を流す、というクダラナい企画(しかも音楽の調子に花火が合ってないむかっ(怒り))をやっていたようですが、設置されているスピーカーからも結構離れていて、邪魔な雑音が小さくしか聞こえなかったのも良かったですね。
posted by マウザー at 14:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くじ運

『ビアフェスト2012』とは別に行なわれているイベント『チャレンジミッションspecial〜冒険編〜』。
航行距離や達成した冒険クエの☆の数などに応じてクジ引き券が貰え、クジを引くとランダムで景品が当る、というものです。

先頃から冒険に力を入れていたシスターマーシーが券の獲得枚数が一番多く、8回分ありました。
そこでクジを引いてみると、3回目に引いた時に、
blog1411.jpg
出ました!一番クジ!
アパの船部品の収納枠が増えるアイテムのようです。
どちらかと言うと二番クジの消耗品収納+アイテムの方が良かった・・・・・なんて贅沢を言うとバチが当りそうですが。ふらふら

7回目のクジは自動的に『銀のスプーン』が当ることになっているようなので
blog1410.jpg
それ以外の結果は
・ストレージ増設道具×1回
・探検船乗船券2枚×2回
・沈没船の断片地図3枚×4回
でした。

それに引きかえLadyMarcyは3回引いて
・ガリレオ式望遠鏡×2回
・六分儀×1回
でした。
冒険アイテムとしてガ式望遠鏡や六分儀は優秀ですが、既に持っているのでゴミも同然。
どう考えても断片地図の方が有用です。
思わずLadyMarcyの運の無さを嘆いてしまいましたが、wikiに載っているクジ番号の表を見て少し考えが変わりました。

クジ番号の数=当選確率と考えると、
ガ式望遠鏡:8番〜18番(確率11/100)
六分儀:19番〜29番(確率11/100)
断片地図:56番〜75番(確率20/100)
ですから、断片地図の方が断然出易いことになります。

もちろん番号の幅と当選確率に関連が無い可能性もあるので断言はできませんが、もし連動しているのなら、特にLadyMarcyの運が悪い、とは言えないかもしれません。
もっとも、より高い確率で断片地図を引く状況でさえゴミしか引かない、という意味では、やはり運が悪いのでしょう。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by マウザー at 19:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

トレハン初挑戦

ライブイベント『ビアフェスト2012』の一環で、ケープ>マカオ>長崎>リオ>ポルトベロという、ほぼ地球一周レシピ配布の旅を終え、報酬にバイエルンの衣装を貰いました。
blog1412.jpg
前のビアフェストで貰ったヤツの色違いで、黒になった分若干精悍さが増したかもしれませんが、所詮庶民の服(笑)、見てくれが作業服ぽいです。ふらふら

前にレディマーシーの髪型を2ndAgeから使えるようになった新しい髪形に変えましたが、他のキャラもイメージを変えてみたくなりました。
シスターマーシーも新しい髪型に変更。(上図)
LadyMarcyのポニーテールは変えたくなかったので、代わりに貴族ぽく(笑)モノクルを導入。
blog1413.jpg
残るはグレイマウザーですが、新しい男性用髪型で思うようなものがなく、顔のアクセサリーもパッとしないので、彼だけ未だ検討中ですあせあせ(飛び散る汗)

LadyMarcyがいるアカウントはまだ2ndAgeにバージョンアップしていないのですが、グレイマウザーのアカウントはパッケ購入特典の無料シリアルを適用した関係で、2ndAgeのコンテンツが遊べます。
そこで冒険スキルもそこそこ育っているシスターマーシーで、トレジャーハントに挑戦してみました。

選択したレリックテーマは『裏英雄』ですが、そのクエストをやれるようになるまで特定のレリックピースを揃えなければなりません。
大抵は書庫で読書することによってピースが溜まるのですが、溜まるピースはRの低いものが多く、それらを合成してRを高めていく作業が必要になります。

これがまた辛気臭い。もうやだ〜(悲しい顔)
確かにアウトドアで歩き回るだけが冒険じゃなく、資料を読んで知識を増やす座学も必要、といえばその通りなのですが、書庫と酒場を行ったり来たりだけってのはゲームとしてどうなんだろう、と思います。ちっ(怒った顔)

その内ようやくクエが受けられるだけのピースが集まりました。
ダイアログの指示に従いオスロ郊外へ。
目指す大岩に到着し、タッチすると宝箱が突如出現。
blog1416.jpg
チュドーンexclamation×2
探索も開錠も必要なく、発見物を発見して終了となりました。
blog1418.jpg
発見物はメモリアルアルバムに収められるので、
blog1417.jpg
あと幾つ発見しなきゃいけないかが一目でわかるのはいいですね。
アルバムコンプの報酬は『マスカレイド』とありますが、これが何なのかは今のところわかりません。がく〜(落胆した顔)
しかしマスカレイドとは仮面舞踏会のことなので、きっとあの、目を隠すマスクなのではないかな、と勝手に推測。

で、次のテーマに『グリモワール』を選んでみたんですが、『裏英雄』で使ったレリックピースは自動では消去されません。
にもかかわらず、全体でピースは15種類以上持てない、というルールがあるために『グリモワール』のピース合成が上手くいかなかったりするのは、ちょっと不親切な設計だと思いました。
ピースを消す方法が用意されていないので、不要なピースをプレイヤーが勝手に合成して減らしていく、という裏技的な対処をしなければならないのです。
どこかで修正が入るとは思うんですけど、テストの時に(これは不便だ)って思わないんでしょうかねぇ?ちっ(怒った顔)
posted by マウザー at 22:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

受け継がれるクリッパー

シスターマーシーが調査用大型クリッパーに乗れるようになったのを受けて、それまで乗っていた無印クリッパーをレディマーシーに譲りました。
彼女も丁度冒険Lv52になったばかりで(ほとんどが移動によって獲得された冒険EXPですが)、これでLadyMarcy>シスターマーシー>レディマーシーと3代に渡って引き継がれることになったわけです。

ただ乗り継ぐだけでなく、丁度船大工でいるこの折りに、強化も1からやり直しすることにしました。
以前このクリッパーを強化したのは造船Rの最大が19だった頃ですから、かなり昔のことです。
そもそも以前強化した時に失敗していたあまり上手くいってなかった気もしますし、調査用大型クリッパーも無印クリッパーも性能的にはそんなに変わらない、ということは同じだけ良い性能に出来るかも、という期待もありますし。わーい(嬉しい顔)

ちなみに以前はこんな性能でした。
blog0493.jpg
で、今回強化やり直し後の船。
blog1414.jpg
倉庫容量が増えているのは、最初の強化でかなり切り詰めて設定してたら提督居室の船倉マイナス値が嵩んで400を切りそうな勢いになったので、ビビって旋回1を犠牲にして容量を増やしてしまったからです。ふらふらあせあせ(飛び散る汗)
OPや帆性能はそれほど変わりませんが(補助帆の構成が若干違うのですが誤差ということで)、やはり旋回と対波値が雲泥の差となっています。がく〜(落胆した顔)
特に旋回は補助帆の補正-4を入れた後でも23という、素の数値では前回の調査用大型クリッパーを越える値を叩き出しています。
こういうことならもっと早く強化し直しておけば良かった、と後悔しても後の祭りですがね。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

実は今回ただ強化し直すのも芸が無いので、前回のケースに懲りずに何か色付き木製装材を張ってやろうと思ったんですが、探してみてもバザー売りの人も少なく、いても前回使った祝典用だったりして適当な装材を適価で手に入れることが出来なかったのでした。
あれだけ流行ってたガナドールも下火になってきたんでしょうか?がく〜(落胆した顔)
posted by マウザー at 02:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

棚ぼた

今日のメンテ明けにLadyMarcyがINしてみると、『船長宛の荷物が届いてますぜ』メッセージが。

ん?ヴィジランティ服が予定より早く納入されたのかしら?がく〜(落胆した顔)と不審に思いながら銀行に行ってみると、
blog1421.jpg
届いていたのは沈没船地図の断片が90枚。
@2Mで換算すると180Mの価値がある代物です。

う〜む、これは何だろう?
誰か篤志家の方が贈ってくれたのでしょうか?(でもそんなメールは着てないし)

公式HPのサーバーアップデート情報を見てみて解決しました。
●トレジャーハントのテーマ「裏英雄」の開始条件の変更に伴い、10/2(火)定期メンテナンス開始時点での《古びた武勲詩の断章》の所有数と消費数に応じて、《沈没船の断片地図》を補填
つまり10/2時点で持っていた『古びた武勲詩の断章』1枚に付き10枚断片地図をくれるらしいのです。
で、私は9枚持ってましたから90枚の断片地図が貰えたというわけ。

そもそもこの『古びた武勲詩の断章』はトレジャーハント『裏英雄』の開始のためのキーアイテムで、2ndAge実装前のプレイベントで配られていたものですが、開始のために必要なのは1枚で、何かの都合で亡くすことを考えても、1キャラ2枚もあれば充分なアイテムです。
それをバカみたいに9枚も持っておく方も持っておく方ですが、今回はそれが吉と出ました。(というか持っていることすら忘れていたあせあせ(飛び散る汗)
本当にすいませんねぇ、アップグレードもまだしてないちゅ〜のに。(爆

気が変わって『返せ』と言われても大丈夫なように、早速使ってしまいます。わーい(嬉しい顔)
1隻目を引き揚げ、2隻目の沈没現場に向かう途中、
blog1420.jpg
冒険Lvが73に。
blog1419.jpg
これでサーヴェイフリゲートに乗れる要件を満たしたことになります。
と言っても、すぐ海事をやるわけでも大海戦をやるわけでもないので、造るのは当分先になりそうですが。
posted by マウザー at 16:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

グリモワール

シップレックハンターだと1枚の断片地図で2枚分の分析ができる時があることや、引き揚げた沈没船からも断片地図が手に入る時もあるので、補償された90枚(+元から持っていた3枚)の断片地図を使って、5隻の沈没船を引き揚げることが出来ました。

心配された東インド貿易船の数ですが、4隻を引き揚げた段階で1隻でした。
・・・・・ということは打率.250なので、プロ野球なら7、8番打者ぐらい低い数値です。
大した事ないじゃん、と思ったら次の1隻が東インド貿易船で、5隻中2隻ですから打率は4割!
4番打者も勤まるか、ってほどの高打率ですね。わーい(嬉しい顔)
どのみちサンプル数が少なすぎて何の参考にもならないんですが・・・・

シスターマーシーはトレジャーハントを頑張って、『グリモワール』テーマのレリックを完成させました。
『グリモワール』は1つのテーマの中に3つの発見物があり、これはその一つ。
blog1422.jpg

blog1423.jpg
他の2つも完成させたのですが、トレジャーハントのクエストは1日に1つしか受けられない、ということで、残りは明日・明後日にならないとできません。
てことは、その次のテーマはそれ以降、ということになり、何とも気の長い話です。
毎日少しずつやりなさいね、という親心なんでしょうが、やり込み派の人だと(そして私のようにイラチの人だと)、そんな悠長な、と思ってしまいますね。むかっ(怒り)
posted by マウザー at 19:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

獅子紋章

トレジャーハントのクエが一日一回しかできない、ということで、興味の対象を他に考えねばならなくなりました。
そこで注目したのがアフリカ沖の状況。

一昔前まではアフリカ沿岸、特にカナリヤ沖や穀物海岸沖などはPC海賊(=PKer)の狩場で非常に剣呑でした。
しかし最近はPC海賊の数自体が減っているようで、東南・東アジアは別として、その他の海域ではとんと姿を見かけなくなりました。(理由は色々あるのでしょうが)

アフリカ沿岸はPKの脅威さえ考えなければ、初級から中級にかけて狩りやすいNPC海賊が多いので良い海事場です。
中でも以前から目をつけていたのは、ベニン沖のベニン私掠海賊。

このNPC海賊の4隻艦隊(ガレオン×2、軽ガレオン×2)のものから獅子紋章を収奪できるのです。
NPCの強さは、収奪軍人としては能力の低い(収奪R5+4)レディマーシーでも何とか太刀打ちできそうです。
そこで永らくお蔵に入っていた北欧重ガレーを引っ張り出し、紋章狩りにチャレンジしてみました。
blog1425.jpg
他の航海者さんのブログ情報では対象NPCはかなり頻繁に湧くので、粘着するより数をこなした方が良い、とありました。
粘着に必要とされる『防御』スキルを持っていないレディマーシーとしては願ったり叶ったりな展開。
雑魚敵を含めてどんどん狩っていき、対象艦隊のPOPを待ちます。

・・・・・・・確かにPOPはするのですが、中々収奪できません。
10艦隊目を沈めたあたりからカウントするのを止め、気長に続けることにしました。

収奪できるのは主に特殊帆塗料その5。
これはアデンの工房でも買えるので希少価値はまったくありませんもうやだ〜(悲しい顔)
blog1426.jpg
途中アイテム枠が埋まってしまったのにそのまま2艦隊ほど狩り続けていたことに気が付いて落ち込んだりふらふらしながら、空しく帆塗料が溜まり続けます。

そして恐らく15、6艦隊目かと思われるあたり(20艦隊までにはいってない感じ)で、目の前を赤いアイコンがよぎっていきました。
blog1424.jpg
この間の『高級鎧の装飾』レシピといい、収奪アイコン流れるの早過ぎわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
blog1429.jpg
とりあえずゲットできました。るんるん
でもだからといって、今後紋章メモリアルのコンプとかは全然目指しませんから!
(コンプ報酬のバハ像とか、イベントで貰ったヤツがアパの倉庫で埃かぶってますし(笑))

ところで、本日のトレハンの成果。
blog1427.jpg

blog1428.jpg
エメラルドタブレット獲得!
blog1430.jpg
今までに取ったアイテムは性能的にイマイチだったのですが、今回は今までになかった錬金+の装飾アイテム。
これはフィロゾフのグレイマウザーのためには助かります。わーい(嬉しい顔)
posted by マウザー at 13:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

黒い商大クリッパー

事の発端はこの特別講座でした。
blog1431.jpg

スキルをセットすると名産コンボが発生した時にカテを余分に貰える、という、どちらかと言うとショボいスキルなのですが、暇つぶしにはいいかな、と思って受けてみたのです。
100k以上の利益を上げる名産コンボを発生させるのが一番良い方法(『一攫千金』は南蛮貿易する手間を考えれば時間がかかりすぎる)、と思って大量のウイスキーやらフランネルやらをリスボンなどに運び、帰りはプルーンやらベルベットやらをロンドンに運ぶ地道な交易を続けます。(笑)

コンボが失敗しても再交渉紙なんて使うのはもったいないので、ファロやセビリアに行くかブメするかになるのですが、考えたらこれも結構メンドウでしたねあせあせ(飛び散る汗)

ともかく地味な活動の連続で、ようやく論文提出まで漕ぎつけました。
リスボンで提出を終えた後、時間が空いたので(鉄板でも拾って硬化鉄板に打ち直すか)と、例によって探索を始めました。
目論見通り何枚かの鉄板の他、またまたオスマン提督服が拾えたりとかしている内に、夜戦用木製装材を1枚拾いました。

先だってのクリッパー強化やり直しの時に間に合っていれば!とも思いましたが、今更言ってもしょうがありません。ふらふら

それでも折角手に入れた装材ですから、使ってみたくなります。
で、色々考えました。

・LadyMarcyの大型クリッパーの造り直し→元からチーク製なので色以外に向上が見込めない上、手間だけ大変。
・レディマーシーの輸送用オスマンガレーの造り直し→これも元からチーク製だし、再強化込みで7回も強化をやり直すのは超大変。
・造ってはみたものの使ってないシーダー製インディアマンの造り直し→チーク同等になるとはいえ元々の帆性能が高くないので、あまり意味が無い。

考えた末グレイマウザーが乗っている商大クリッパーの自走速度を向上させることを思い付きましたひらめきが、今のローズウッド船体は気に入っているので、別に商大クリを新規造船することにします。
何となればLadyMarcyも乗れるので商大クリ2隻艦隊も実現できますし。わーい(嬉しい顔)

コンセプトは、グレイマウザーのローズウッド製商大クリよりも航走能力を高め、LadyMarcyの大クリよりも積載量を増やすこと。
で、できた船がこちら。
blog1433.jpg
航走能力を高めると言っても、元から大クリに勝てるわけは無いので無駄に総容量を切り詰めたりせず、倉庫は旋回9を減じない程度の容量と、帆強化MAXと、ほどほどの旋回/対波を施すのみ。
良く言えばバランスが取れた、悪く言えば突出したところのない中途半端な性能と言えそうですが、バランスを取ることは地味に重要である、というのは私の持論。
blog1434.jpg
さすが夜戦用だけあって夜だと視認性が極めて悪くなります。(笑)
紋章は獲ってきたばかりの獅子紋章を金色にして(黄色では?という意見は却下)付けています。
ちなみに金獅子というとヴェネツィア国際映画祭の金獅子賞が思い浮かびますが、あれの意匠の元は聖マルコ獅子紋章
blog1436.jpg
なので、特にヴェネ贔屓というわけではありません。わーい(嬉しい顔)

ところで自走用の商大クリを作ってしまうと、今まで乗っていたローズウッド製商大クリの方は曳航専用としても構わない、ってことになります。
そこで、こちらも容量25%増しで造り直しすることにしました。

今まで付いていた船OPは急加速と高層見張り台。
曳航専用ということになれば急加速は要りませんし、高層見張り台は自走しない分『操帆』を使わないので余った行動力を『警戒』に使えるため不要、ということになれば、貴重な2回分の強化を船OP以外の項目(金庫+金庫とか)で使えることになります。
ただし25%増量ペナで失った対波-5の赤いゲージが気分悪いので、船匠室で解消する方向で考えます。
blog1432.jpg
結局船倉の容量が目標より6ほど足りず、対波-1の解消を諦めて金庫をもう1個使えばちっ(怒った顔)と後悔したりとか、最後の最後で引きが弱くて悔しがったり、ですが、誤差と言えば誤差と言えそうですあせあせ(飛び散る汗)
posted by マウザー at 21:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

フル強化商大ガレオン

レディマーシーが航海中に、メールを受け取りました。
見てみると、
blog1435.jpg
貴次って誰やねん?と思いましたが、一瞬後、長崎の酒場男君だと思い出しました。

(これがかの有名な営業メールか)と笑ってしまいましたが、ご無沙汰してる他の酒場娘さんからは来たこと無いのに、ちゃんと異性キャラ黒ハートにピンポイントで送るところが、流石というか何というか。わーい(嬉しい顔)

ところで、どうも私は一旦造船熱に火が付いてしまうと、何隻か続けて造りたくなってしまう性格らしい。(笑)
何か次の造船ネタがないかな?と手持ちの船を探したところ、基本強化5回+再強化1回の計6回で止まっている商用大型ガレオンを見つけました。

商大ガレオンの一番高い要乗船Lvは交易44で、再強化は2回できます。
再強化1回に付き最も高い乗船Lvが5上がりますから、交易Lv54あればフル強化船に乗れるわけですが、一番交易Lvが低いレディマーシーが丁度54で、残り1回の再強化をするのに絶好機です。わーい(嬉しい顔)

元から25%増量で造られていたので、再強化設定後、残り1回分の強化をすればいいだけだったのですが、以前は船OP無視で設計されていたので面白味に欠ける船でした。(ちなみに専用艦OPは投網)
しかし折角7回も強化できるのですから、船OPや倉庫容量などを総合的に見直して1から全部やり直すことにします。

強化終了後の船がこちら。
blog1437.jpg

blog1438.jpg
25%増量ペナを解消した上、倉庫容量強化をほぼMAX(厳密には1足りませんが)。
しかも強化回数が多いので自然と帆強化MAXな上、おまけで旋回と対波まで1回強化することができました(笑)

造った後で、ひょっとしてもっと高Lvの別の船の方が性能良かったんじゃないか?と不安になりましたが、交易Lv54で乗れて船員90人をキープしたまま船倉900越えを実現できる船というのも早々無い気もします。(wikiを見てざっくり計算した限りでは輸送用広船ぐらい)

交易にも、そして強化次第では海事にも使える商大ガレオンが優秀だということは改めて私が言う必要もない周知の事実ですが、フル強化してまで乗ってる人はそんなにいないだろうと思うのですけどね。(交易Lvを54で止めざるを得ない人も、そんなにいない筈ですしわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
posted by マウザー at 13:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

戦闘用商大ガレオン

実は私は商大ガレオンをもう一隻持ってまして、以前はLadyMarcyの交易船として造ったのですが、これまた使われなくなって久しくドックで朽ちていたのです。
この機会にこっちも再び陽の目を見せよう、と思いました。

目的は、海事Lv23のグレイマウザーでも乗れる4スロ海事船。
丁度、例によってリスボンで拾ったボロボロの圧延鉄板から作った鉄張り装材がありますので好都合です。

今回は25%増などでは作りませんからペナを解消する必要もなく、海事用船OPも付きませんから(付いたとしてもグレイマウザー自身が兵器技術スキルを持ってないので使えない)、唯一使えそうな副官室以外、強化回数のほとんどを好きな強化項目に使えます。(ただし最後の一回で鉄装材を張らなければなりませんが)

強化項目は耐久と旋回に絞り、粛々と強化していった結果、完成したのがこちら。
blog1440.jpg
以前造った重ガレオンと比較してみます。
blog1439.jpg
強化回数が1回多いこともあって帆MAXは実現していますが、海事船なのでそこはそれほど重要ではありません。
耐久が重ガレオンよりほぼ50多いですが、これも強化回数が1回多いのと船OPを付けるために1回余分な強化回数を取られなかった影響でしょう。
船倉が多くなって継戦能力が上がっているのが、さすが商用船というか、地味に嬉しいところです。

果たしてグレイマウザーで海事をやることがあるのかどうかはわかりませんが、少なくとも海事Lv30ぐらいか次の海事爵位を取れるところまではやっておきたいですね。
posted by マウザー at 16:24| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

ふいご吹き装備

グレイマウザーの錬金術が(ようやっと)R8になったのを記念して『ふいご吹き』(R8で得られる称号)のローブと帽子を作りました。
錬金術師の服と帽子を使った上級錬金術で『大成功』を出さないといけないのですが、要R11の服の方はアッサリ2回目でゲット。
blog1442.jpg
しかしR10で済むはずの帽子の方で苦戦して、生糸と裁縫道具でベルベットを作る>高級染料と合わせて錬金術師の帽子を作る>実験!>普通の成功でベルベットができる(あるいは高級ベルベができる)、のサイクルを何度となく繰り返すことになりましたあせあせ(飛び散る汗)

しかし、ようやく帽子も『大成功』を出すことができ一式完成。
blog1443.jpg
一番左側が『ふいご吹き』装備です。
服は工業品+1が、帽子は染料+1が何気に有用です。

真ん中2つは以前のハロウィンイベントで貰った魔法使い服。
左から2番目のヤツはセットの帽子が別にあるので、ふいご吹きの帽子が似合わなくてもしょうがありませんね。たらーっ(汗)

一番右側が、今やってるハロウィンイベントで貰える服。
blog1444.jpg
こうして見ると、こっちの服も意外と帽子に色味が合ってます。わーい(嬉しい顔)
posted by マウザー at 13:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

オスマントルコ公用ガレアス

レディマーシーが海事Lv54になった時から、造りたかった船がありました。
それは巨大な船体を持つガレー船、ガレアス。
私のイメージでは、『ガレー乗りはこれに乗れて初めて一人前』です。

巷(笑)では海事船としての評価はイマイチらしいですが、移動用の船としては良い船らしい。
チーク製の移動用船として造ることも考えましたが、確かに今使っている輸送用オスマンガレーより帆性能は高いです。
しかしフル強化回数(7回)の輸送用オスマンガレーに比べて強化回数が1回少ない上、今の船を捨てて新船を作るほど航行性能に差があるか、というと微妙ですし、先だって獅子紋章収奪の折に感じたのですが、レア収奪用に相応のちゃんとした海事船も欲しいのです。
根底には造船極意書獲得の際に作ってアパの船部品棚を圧迫している公用大型二層櫂船を片付けたい、という願望もあるのですけどね。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

さて公用船体を使うことで一つ、大きな障害が出てきます。

ガレアスはイスタンブールで造れますが、公用船体を使うFS造船の場合、イスタンに投資しておかないとダメです。
イスタンは一般の他国籍人が投資できない領土(というか本拠地)ですから、トルコに亡命したことのない(したくても諸事情でできない)レディマーシーには造れません。
なので、手に入れた船の強化はロンドンでできますが、肝心の新規造船ができない、ということになります。
(ちなみに公用船体を使わない一般的な建材の船は、『特殊造船』ではない普通の『新造』メニューから造れます)
一般的な建材で造って最後に、これもアパの船部品棚に(捨てて)ある英国公用装材を張ろうか、とも考えましたが、折角の公用船体を使える船ですから極力公用船体を使ってしまいたい。

そうした事情で永らく乗れるLvにもかかわらず、造船できませんでした。
(他のゲームコンテンツを投げ出すほどレアハントに興味があるわけでもないし、リスボンなどで見知らぬ造船家に造船依頼するのもメンドクさいな、と)

そんなところへ、ハンザ同盟商会の7カ国投資済み造船家のPC持ちの方が休止から復帰されました。
INするのを待ってここぞとばかりに造船依頼。あせあせ(飛び散る汗)
快く造ってもらえました。わーい(嬉しい顔)

さてベースの船はできましたから、あとは自力で強化するのみ。
レア収奪用船と考えた場合、『漕船補助』以外の船OPはたいしたものがありません。
そこで『漕船補助』以外の船OPは付けず、その分耐久と旋回に力を入れることにしました。

完成した船がこちら。
blog1445.jpg
船のネーミングが実に安直ですが、『緑色のでかいやつ』という、そのものズバリというか、名は体を表すというか。

耐久/帆強化はMAX。
旋回も、まあ使えるほどには上がりましたので満足です。
鈍重な公用船体を使っているにもかかわらず帆性能は今使っている輸送用オスマンガレーとほぼ同じ(もちろん旋回/対波は及びも付かないのですが)という、移動用の船としてちゃんと造ったらどれぐらいのポテンシャルを秘めているのか試してみたくなる船ですね。
blog1446.jpg
ほとんど船体の下部にしか緑色が見られない(上部は塗ることができますし)のが若干拍子抜けです。

待望のガレアスを手に入れたので、秘蔵のシリアルコードを入力してバルバリア海賊紋章を張ってみよう、と思ったのですが、やってみると紋章部分が予想以上に小さく、メリハリの無い意匠と相まって、紋章が映えませんもうやだ〜(悲しい顔)
仕方が無いので違う紋章に置き換えました。たらーっ(汗)
しかし考えてみると、折角公用大型二層櫂船船体を捌けた、と思ったら要らない紋章を増やしてしまって、何のこっちゃーちっ(怒った顔)、だったのでした。
まぁ、ラ・ロワに乗れるときまで取っておきましょう(いつの話だ!ちっ(怒った顔)
posted by マウザー at 12:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月31日

藩王のドルマン地図

今回の『チャレンジミッション〜商人編〜』キャンペーンには産業貢献値800/利益10M/生産大成功1200回という3つのハードルがあります。
前回の『〜冒険編〜』では最後の課題までこなしたのは結局シスターマーシーしかいませんでしたが、今回は4キャラとも皆、基本生産スキル(縫製/鋳造/工芸)をそこそこのRまで持ってることもあり、4人とも全部の課題をこなし、スペシャルくじ券1人9枚ゲットを目指しました。
(恐らく次の軍人編ではほとんど稼げないでしょうし)

南蛮貿易を1往復やれば一人10Mの利益はすぐに叩きだせますし、産業貢献値は本拠地ロンドンで大砲を買って放り込んでおけば一日100は稼げるので、これも問題なし。
残すは大成功1200回ですが、生産Rの高さは関係無いようなので、低Rの生産を大量に、そして地道にこなすのが良いように思います。
個人的な感想としては、PFで大量に生産される(!)羊を羊毛に、その羊毛をニットにするのが、1匹の羊から2回も生産できてお得です。わーい(嬉しい顔)
(あるいは調理スキルがあるなら大量の羊>羊肉>羊ソーセージ、とか、大量の豚>豚肉>ハム、とか)

いろいろ工夫して、とにかく4キャラともハードルはクリアしました。
これで合計9×4の36回くじが引けることに。
その内4回は自動で『銀のスプーン』が当ってしまうので、残り32回が目指すアパの棚拡張アイテムを引くチャンス、ということになります。

結果。
blog1441.jpg
一応クローゼット(装備品)増築道具は1個当りました。
しかし、後は交易教導書が1枚当ったのみで、残りはカテ3、4ならまだ良い方、オニキスの首飾りとか交易基本職転職証とか、要らないものばっかが溜まります。
くじはそーゆーものだ、と言ってしまえばそれまでですが(笑)、気合が入っていただけに、もう一個ぐらい増築アイテムが欲しかった。もうやだ〜(悲しい顔)

ところで、ガレアスを建造した裏には一つ大きな目的、というかモチベーションがありました。
それは『海賊の書きつけ』(藩王のドルマンが掘れる地図)の収奪です。
落とすNPCはアラビア海北東岸沖で奇襲をかけるイスラム王朝艦隊(ガレアス×1、重ガレー×1)。
他の航海者さんのブログ情報では『難易度はそんなに高くない』とのことでしたが、なにせ相手はガレアスですから、こちらも相応の船を使わなければ負けてしまいます。(笑)

船も建造し、後は紅海が安全化するのを待つだけ〜、と思っていたら建造後1日で『紅海海域安全化』のアナウンスが!
何というツキの良さでしょうわーい(嬉しい顔)
早速スエズ運河経由でマスカットへ向かいます。

装備を揃えマスカットを東へ出航し、上陸地点の沖合を7、8日ウーロウロしていると、目的の敵がPOPし奇襲を掛けてきます。
新造艦を使っての初陣だったので、最初は慣れずに2発ほどクリを食らって(お船が傷物に〜たらーっ(汗))と凹みましたが、二戦目以降からは慣れてきたので上手く立ち回れるようになりました。手(チョキ)

POPするのは目的の艦隊の他、同名ですがガレアス一隻のみの違う艦隊の場合もあり、中々一筋縄ではいきません。
それでも4艦隊目(通算では8艦隊目)の艦隊から
blog1452.jpg
地図をゲットしました。

この地図から藩王のドルマンを掘るためには、視認R13と開錠R13が要ります。
藩王のドルマンを何故欲しいかというと、装備自体よりも、入手の瞬間に『選ばれし者が身につける衣』メモリアルの該当項目が埋まって、アルバムが完成するのです。
基本は縫製がらみのアルバムなので縫製担当のシスターマーシーに埋めさせていたのですが、彼女の視認/開錠Rだと要求Rに届きません。
冒険担当のLadyMarcyなら楽にクリアできるレベルですが、彼女に掘らせてもアルバムは(当然ながら)完成しません。たらーっ(汗)

シスターマーシーにLadyMarcyを追従させてればいける気もしますが、まだ余裕があるので、もう一枚地図を狙うことにしました。

すると幸運なことに、最初から数えて12艦隊目(目標の艦隊では6艦隊目)で、さらに1枚ゲット。

早速掘りに行きます。
現場はナイル川の下流から少し遡った所。
blog1447.jpg

blog1448.jpg
首尾よくアルバムコンプです。

帰りにマルセイユに寄り、コンプ報酬を貰います。
blog1449.jpg
このレシピでパイレーツジュストコールやコマンダージュストコールが作れるのですが、当面は必要のないアイテムです。
しかし、これをコンプ報酬以外で手に入れようと思うと強力なNPC(戦列艦×1、重ガレオン×3)からの収奪となり大変なので(笑)、それを考えると楽に手に入れられて良かったと思います。

ちなみに藩王のドルマンはこんな服です。
blog1450.jpg
ドぎついピンク色で着る人の趣味が問われる一品ですが、保管+2ということもあり、人によっては重宝するアイテムかもしれません。
posted by マウザー at 16:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。