2013年01月01日

2013年開幕

blog1563.jpg


あけまして、おめでとうございます。
全ての航海者に良き風の吹かんことを。
そして理力と共に、長寿と繁栄のあらんことをexclamation×2

さて、『1年の計は元旦にあり』と申しますが、とりあえず恒例のキャラ別目標を考えてみました。

LadyMarcy:巡航ハイクリッパーに乗れるようになる冒険Lv75はもう先が見えているので、別に目標でも何でもありません。
爵位も中将になり、発見勲功値をいくら稼いでもあまり役に立たないので、基本的な冒険は多分やらないようになるでしょう。
(冒険Lvと名声値の上限が伸びたら話は別ですが)
交易Lvもほぼ最終ラインに近付いているので積極的に上げることもないでしょうね。
てことで残るは海事ですが、機雷で上げるのは易しすぎるし、といって砲撃関連は(一応)海事担当のレディマーシーに任せたいので、やるとしたら陸戦でしょうか。
あまり乗り気ではないですが、せめて、やりかけのギザダンジョンのメモリアルコンプは達成したいですね。
(目標小っさ!ふらふら

グレイマウザー:交易Lvはカンストしてしまいましたが、冒険Lvが足りないのでハイクリッパーには乗れません。
しかしあの船は、ソロ商人プレイヤーにとっては有用な船ですが、ほぼ曳航オンリーの人にとってはあまり意味が無いのも事実(速度を気にしなければマニラガレオンや大福があるので)。
なので積極的に冒険Lvを上げることはしないつもりです。
錬金Rはいくらか上げたいですが、それというのもアデプトローブを着る(要R13)という目標があるからです。
こちらは現在まだR8ですから先は長いのですが、あまり血眼になることなく、ゆるゆるやっていこうと思います。

レディマーシー:2013年はこの人がメインになる予定です。
まず海事Lvを上げよう(できればLv60ぐらいまで)と思います。
・・・・・とは言いつつ、爵位UPのために冒険に走ることも念頭に置かなきゃなりません。あせあせ(飛び散る汗)
何ていっても尉官のままじゃ軍船の船長としてはかっこ悪いし(笑)

シスターマーシー:LadyMarcyが巡航ハイクリッパーに乗れるようになると、今まで使っていた大クリが浮くのがもったいないので、彼女に引き継がせようと思います。
現在冒険Lv59ですからあと5上げないといけないのですが、目標としては妥当なところですね。

ところで今年は夏ごろからリアルで忙しくなる予定なので、DOLのIN時間が少なくなるかもしれません。
(『シムシティ』の新作もあるしわーい(嬉しい顔)
それを考えると、もっとIN時間を大事に使うようにすべきなのでしょうねわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
posted by マウザー at 01:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月02日

強制イメチェン

新年早々、コーエーの罠に嵌ってます(笑)
ニューイヤーロットにニューイヤーボックス、そして赤い福袋と、3種類もロットを受け取らないとならなくて、あっという間にアイテム枠が押し詰められてしまいましたふらふら
要らないなら貰わなきゃいいようなもんですが、中途半端に要りそうなアイテムも出るため、貧乏性のプレイヤー(=私)心理を巧みに突かれています。

そこで枠整理のため、パッケージ購入特典で使いさしの特殊整髪用具(髪型を変えるアイテム)と名理容師の染色料(髪色を変えるアイテム)を使い切ってしまうことにしました。

まず長かったレディマーシーの髪をバッサリ、ショートヘアに。
blog1564.jpg

実世界では、軍人は短髪が当たり前といえば当たり前。
颯爽とした風体や清潔感といった精神面よりは、単に狭い艦内で機具に髪を巻き込んだり火を燃え移らせたりしない、というような機能面が重要視されてのことです。
ただしDOLだと軍服には似合うのですが、それ以外の服だと物によってはチンチクリンに見えるのが玉に瑕。

グレイマウザーはバサルトグレーだった髪の色を、ほぼ銀に近い(若干黄色がかってますが)色に。
blog1565.jpg
男性用の新髪型はピンとこないし、メガネはトレードマークなので外せないし、ということで色のみの変更になりました。
でもどちらかというとこっちの色の方が私の中でのイメージに近いです。揺れるハート

LadyMarcyは逆に長髪に、そして色も以前より明るみを増した赤に変更。
シスターマーシーは髪色を以前の紫より明るいピンク寄りに、そして丸メガネだったのを四角メガネに変更。
blog1567.jpg
四角フレームになっただけで何か現代顔ぽく見えるから不思議がく〜(落胆した顔)

変身道具(顔にメガネ、傷跡などのワンポイントを加えるアイテム)も使い切ろうと思ったのですが、使い切れずに1個残って(う〜んちっ(怒った顔))と思っていたら、ニューイヤーロットからバラバラ出てきて、瞬く間に25個に膨れ上がってしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)
まあ、無理して使い切る必要も無かったと思えば気分的には良いのですが・・・

posted by マウザー at 23:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

怪しい男

フランクフルトの街の片隅に『怪しい男』なるイベントNPCがいます。
blog1569.jpg
話しかけると探検船乗船券やら名匠の鍛冶道具やらをくれるのですが、枠が一杯だったり、今は貰いたくない、といった時には別の選択肢が用意されています。
blog1570.jpg
試しに衛兵を呼んでみると・・・・・・・・・
blog1571.jpg

ちょっと微笑ましい展開に(笑)

余談ですが、この怪しい男が着ている和服、中々渋くて『剣客商売』の藤田まことが着てそうな良い雰囲気なんですが、ユーザーに開放されてるんでしょうか?
もしされてるなら一度着てみたいですねぇ。
posted by マウザー at 15:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

ピンクの商用クリッパー

前回の皇帝選挙で貰った祭礼用装材を使って、今はほとんど使っていない商用クリッパーを強化し直してみました。
blog1572.jpg
作り方がすっかり板に付いた25%増量仕様で、かつ倉庫強化MAX。
恐らく曳航メインなので付ける必要も無いのに、残り1回の強化回数がもったいないからと付けた急加速OP(と大マスト)のおかげで、帆強化MAXまで実現されてしまうオマケ付き。
blog1573.jpg
そもそもこの船を処分せずに残しておいたのは帆塗料が桜模様(特殊帆塗料その10)なので、いつかピンク装材の船体にしたら似合うんじゃないかな?という、あまり実用的な意味の無い理由だったのですが、実際に作ってみると予想以上にファンシー過ぎて、(こりゃ乗る人を選ぶ船だなー)と思いました。(笑)

昔、『ピンク・キャデラック』という映画がありましたが、これがクリッパーじゃなくてキャラックだったらダジャレになったのにねわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
posted by マウザー at 23:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

超人ロック/風の抱擁 第4巻

最近のシリーズの流れで行くと大体第4巻で完結するんですが、今回は終わらず次巻に持ち越し。(泣)
posted by マウザー at 17:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読後感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

ゴリアテ

いよいよ三部作の完結編。
私は普段めったに☆5なんて付けないのに、並み居るSF作品を尻目にジュイブナイルの本作(三部作)に☆5を付けていいんだろうか?と思いますが、面白いんだから仕方が無い(笑)

この巻のみの感想で言えば若干中だるみっぽいですが、デリンとアレックが自分の気持ちに気付く描写も自然だし、クライマックスには盛り上がる戦闘シーンも用意されていて、ストーリーテリングの上手さに感心します。
(また続編を全然考えてない、という作者の潔さもGood!)
posted by マウザー at 18:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読後感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月08日

チャプター2

本日から大型アップデート『グリフォンの翼』が実装されました。
まずINしてみると、『船長宛ての荷物が届いてやすぜ』メッセージが。
最近このメッセージを見ると嫌〜な予感がするのは気のせいでしょうか?ふらふらあせあせ(飛び散る汗)

銀行に行ってみると果たして
blog1575.jpg
嫌がらせのように大量のプレゼントが!

白のレーシィグローブは良い感じですが、1個あれば充分ですし、その他の物に至っては、貰ってもあまり嬉しくないものばかり。
幸いなことに現在、以前購入した『バルバロッサの秘宝』パッケに付いてきた無料シリアルで枠空け用のアカウントを活性化していますから何とか収納できそうですが、そうでなければ、かなり頭に来ていたむかっ(怒り)ことでしょう。

notos鯖では直前が16世紀の第5期だったため、15世紀の第5期からのスタートになります。
blog1574.jpg

歴史的事件は『新大陸到達』。
で、何をさせられるのかというと、
blog1576.jpg

セビ−サンファン間レース。
またレースかYO!
でも、まぁロンドン−リオに比べたら短いか・・・・・・・・と、思っていたら、何と中型船限定というレギュレーションがく〜(落胆した顔)
今からスクーナーや軽クリを作る気はしないし、店売りのピンネをLadyMarcyの大クリに引かせれば、とも思いましたが、そこまで必死になる価値がこのレースにあるだろうか?というと、前回のレースで一応望みの物は引いているので(前回と同じ報酬だとは限りませんが、同じ可能性は高いと思うんですよねあせあせ(飛び散る汗))、私的には今回パスでいいかな〜と思ってしまいました。たらーっ(汗)

ところで、今回から登場する新NPC、ルクレツィア。(長いので、以下ルクちゃんでふらふら
blog1577.jpg
ヴェネツィアの教会に行くと会えました。
blog1578.jpg

恐らく非難殺到だったエイリアス嬢の3Dモデルの教訓を踏まえ、かなり力が入った造形だと感じました。
ヴィットーリア姫の、ヴェネツィアのアイドルの座が危ない!(笑)

着ている服は例によって著名人服レシピ第2弾とかで用意するんでしょうが(もちろん課金仕様で)、一見シンプルに見えて、胸元あたりをよく見ると手が込んでる、中々ファッショナブルなドレスです。
blog1579.jpg
ルク嬢のキメ台詞は
blog1580.jpg
早乙女主水之介に聞かせてあげたい(笑)

フィレンツェの商工会議所で新レシピが出た、というので早速作りに行ってきました。
blog1581.jpg
帽子には最高級毛皮、服にはなめし革が必要になります。
blog1583.jpg
良く言えば洋物ファンタジーRPGの弓職が(初期Lv段階で)着ているような、悪く言えば『白雪姫』の小人が着ているような服です。ちっ(怒った顔)
色のバリエーションは上の画像に載っている3色。
その内の赤パターンに染めてみました。
blog1582.jpg
SSを撮った場所の床の色が服と被って映えなくなっちゃいましたが、それを差し引いても、あまりゾッとしない出来のように感じます。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by マウザー at 22:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

幽霊船再び

『グリフォンの翼』で実装された服でもう一種、フィレンツェの商工会議所で作れる物がありました。
blog1588.jpg

ウプランドというローブです。
blog1587.jpg

着てみると、『貴族のローブ』という割には色もデザインもおとなし目で、15世紀のデザインはあまり洗練されてなかったのか?と思ってしまいます。わーい(嬉しい顔)
裾が地面を擦っているのがゴミを集めそうで気になりますが、それを言ったらDOLのドレス類の裾は大抵地面に届いているので、気にしないが吉というものです(笑)

色のバリエーションは3色。
デフォルトの青の他に赤、緑が選べるようです。
blog1586.jpg

私的には緑のパターン(左)がいいかな、と思いますね。わーい(嬉しい顔)

ところで、恒例の大寄付大会10Mで購入するロットから断片地図がまとまって出たおかげで、一隻分の沈没船地図が完成しました。
必要断片の枚数は11枚と少ないし☆5だし、ちっ雑魚船か〜と思っていたのですが、現地に行ってみると異様にスイートスポット(=沈没地点に近く、引き揚げ効率が上がる点)が狭いのですがく〜(落胆した顔)
blog1584.jpg

???と思いながら引き揚げてみると、通算2隻目の幽霊船でした。
blog1585.jpg

前回で幽霊船探索の手順は大体わかっているので、開始早々襲ってくる敵を落ち着いて撃破。
宝箱を開けながら、さまよえる乗員に話しかけていきます。
blog1589.jpg
前回は冒険EXPしか貰えませんでしたが、今回はお金や薬湯を貰えるケースが多かったですね。
宝箱から『悲運の黄金櫛』が出て、『海底に眠る航海者の思い』メモリアルが1項目埋まったのが地味に嬉しいです。わーい(嬉しい顔)
ただ、途中で沈没船が崩れていって折角貰ったお金を落としたりして、実入り自体はそれほどでもなかったのが残念。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by マウザー at 21:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

川崎大師

昨年は正月2日から西新井大師へ初詣に行き、入場制限も出る混雑ぶりに辟易して帰ってきたものですが、その教訓から今年はほとぼりを冷ます意味で、初詣に行くのをちょっと控えてました。
で、昨日ようやく、両親の墓参りも兼ねて川崎大師に行って来たのですが、
blog1591.jpg
参道も閑散としてますし、境内もそれなりの数の参拝客しかいませんでした。
といっても本堂の中では護摩が焚かれ、事前に予約したのであろう祈祷者がギッチリ詰っていたのは、さすが有名どころの神社というべきでしょうか。

面白い形の五重塔があったりしますが、
blog1592.jpg

意外と敷地が狭く、観光目的としてはやや肩透かしでした。ふらふら

昨年の西新井大師では正月から『凶』を引いてガックりきたものですが、同じことは早々起らないだろうと・・・・・
blog1590.jpg

・・・・・・どんっ(衝撃)
2年続けて『凶』を引くのは確率的に考えて、逆にかなりレアなのではないか、と思ったりしますが(もちろん『凶』のおみくじが特別に多く入ってる、ということがない限り)、毎年1月はツキが無いのかも知れません。もうやだ〜(悲しい顔)

昨年西新井大師で買ったお守りはそれなりに効果があった気がしたので(笑)、先例に倣って今年もお守りを買おうか〜と思ったのですが、川崎大師のご利益表やお守り売り場の看板を読んでみると、何と川崎大師には『病気治癒』のご利益が無いのです!ちっ(怒った顔)(『厄除け』はありますが)
ということで今年はお守りは買わずじまい。
まぁお賽銭は例年の倍(といっても20円ですが)弾んだので、何とか聞届けてもらえるでしょうわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
posted by マウザー at 13:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新トレジャーハント

『グリフォンの翼』でトレジャーハントの新しいシリーズが実装されました。
早速、一番簡単そうなものから始めます。

レリックピースの上手い合成のやり方は前回の最後でかなり掴んだので、程無く一つ目のクエを受けることが出来ました。
blog1595.jpg
特定のレリック以外は、発見時のエフェクトは以前と同じ模様です。
いつも思うのですが、これ実際に宝箱を見てたら「目が、目がぁ〜」状態ですよね?わーい(嬉しい顔)

今回の報酬は首飾り。
blog1594.jpg
口説きはあまり使わないのでスキル棚に入ってるかな〜ふらふら

注目のメモリアルコンプ報酬ですが、
blog1593.jpg
ハットは帽子と捉えていいでしょうが、ケトル=やかん?
どんな形の帽子なのか見当も付きません。ちっ(怒った顔)
で、ググッてみたのですが、『鉄製の丸型帽子(現代のヘルメットの原型)、あるいは探検家がよく被る布製の丸型帽子』といった物のようです。
参考サイト
posted by マウザー at 13:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月11日

スパルタカスの兜

トレジャーハントはまだまだ続きます。
テーマは『作られた緑』から『ローマと争いし者』に移りました。
blog1596.jpg
大損害を蒙りながらの勝利ゆえ、益のない、割の合わない勝利を言い表す慣用句『ピュロスの勝利』のエピソードが語られます。
blog1597.jpg
ちなみに前回の首飾りといい今回の書物といい、使用効果ありなので、持ち歩いても簡単には耐久が削れないのはいいことですね。

その次はスパルタカス。
blog1598.jpg

スパルタカスといえば真っ先にカーク・ダグラスが思い浮かびますが、ちょっと若い人は知らないかなぁ。ふらふら
報酬として貰える兜が、特異です。
blog1599.jpg

I am your father !”
コ〜、パ〜。
黒太子の鎧と合わせてみました。わーい(嬉しい顔)
posted by マウザー at 02:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月12日

海賊女王

海賊女王といってもエメラ●ダスの話ではありません(笑)
blog1600.jpg

報酬はまたもや首飾り。
blog1601.jpg
使用効果あり、という以外はありふれた性能かもしれませんね。

これで『ローマと争いし者』テーマは全部終了したことになるのですが、間違って『スパルタカスの武具』レリックをもう一個作ってしまったのであせあせ(飛び散る汗)、それが終了してから『アヴァロン』に行きたいと思います。
posted by マウザー at 16:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

副官育成計画

『グリフォンの翼』でジェノバがNPC国になったことにより、今まで海事Lv上げの定番だったジェノバ商船隊がすべて旗付きになりました。
旗付きということは、沈めると当然該当国との敵対関係が悪化します。
ということは、今までのようにジェノ商を沈めていると敵対値が一定値を越えた段階でジェノバに入れなくなる、ということです。(精鋭艦隊の出迎えはないようですが)
それが嫌な人にはジェノ商はアンタッチャブルになってしまいますが、その代わり、似た構成の『地中海商船隊』という所属不明の旗なし艦隊が配置されるようになったので、お上の意向としては『こっちを倒せ』ということのようです。

じゃそもそもジェノ商を残す意味って?がく〜(落胆した顔)と思いますが、まあそれはそれとして。

問題は、ジェノ商と同じくジェノバ傭兵艦隊も旗付きになったこと。
blog1603.jpg
周知の通り、この艦隊からはグリフォン紋章が収奪できます。
グリフォン紋章は紋章メモリアルの一環ですし、不幸なことにジェノ商と違い代替艦隊も(今のところ)見当たらないので、コンプしたい人は避けて通ることができません。
(恐らく『双頭の鷲』紋章と同じく皇帝選挙で手に入れることはできると思いますが、それは既に収奪メモリアルじゃないよね?という話で)

マネキン・メモリアルと同じく敵対度UPが前提のメモリアルに格上げ、という方針であれば一応納得はできますが、難易度低下に向かっている全般の流れから考えると、恐らくそこまで意図しているわけじゃないでしょう。

開発側は『昨今、紋章メモリアルなんてやる人いるの?』と思ってるかもしれませんが、やるかやらないかを決めるのは(メモリアルが実装されている以上)ユーザーなので、意味も無く敷居を上げるのはどんなもんかなーと思います。

そもそも頭に『ジェノバ』って付いても所詮傭兵艦隊なんだから、旗付きにする必要無かったんじゃないの?と言ったら暴論なんでしょうけど(笑)

ところで『グリフォンの翼』の目玉機能の一つに『副官へ任意のスキルを追加できる』ことがあります。
追加に使うアイテムは錬金術を用いて作るのですが、材料の一つに今回のアプデで登場した『副官能力育成法』なる紙切れが必要です。
これは沈没船の宝箱やガナドールの景品で出るようですが、最も手に入れ易い方法は殿オンの報酬であるように思います。(個人差はあるでしょうが)

そこで東アジアが安全化するのを待って、今ではすっかり殿オンのノウハウが身に付いたLadyMarcy&グレイマウザーを江戸に派遣しました。

例によって最初の20数回は音沙汰なく、ようやくお呼びがかかっても違うアイテムだったりとジリジリした往復が続きましたが、4回目の呼び出しでようやく件の紙切れをゲット。
blog1602.jpg

一旦手に入れてしまえばスタックアイテムなので、既にポピュラーとなっている枠埋め&リスタ方法が使えます。
とはいえ、欲しいアイテムが出てくるまで延々リスタする、というのも結構辛気臭いものです。あせあせ(飛び散る汗)
(『枠を埋めずに運任せ』の方法よりも各段に効率的なのは疑う余地もありませんが)

副官一人にスキルを追加するために必要な『〜育成法』は5枚。
1PCに副官は5人。
私の持っているPCは4人。
・・・・・・ということは副官全員にスキルをつけようと思うと5×5×4の100枚必要、ということになります。
呼び出し1回で貰える『〜育成法』は一枚ですから、単純計算で100回呼び出しを受けないといけない、ということになりますが、これはもう考えただけで気が遠くなるレベル。(笑)

が、それはあくまで計算上の話です。
もちろん全員に追加できればそれに越したことはないわけですが、本当にスキル追加が必要なのは誰々なのかを考えれば、実際はもっと少なくて済むはず。

他人の副官スキル追加計画を見ても何の足しにもならないとは思いますがあせあせ(飛び散る汗)、このブログは私自身のためにも書いてるわけで、以下は私用の備忘録です。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

【LadyMarcy】
ルイス:?
ピエール:?
ユリアナ:?
ラシード:戦闘関連の何か
アーイシャ:?

【グレイマウザー】
カーラ:貴金属取引+
ベアトリーチェ:鋳造+
カルディナ:酒類取引+
エルダ:嗜好品取引+
フランシーヌ:?

【レディマーシー】
ニーナ:漕船+
ジークフリート:水平射撃+
ヴィンセント:オスマントルコ交信(できれば)
ナザリオ:?
ホルフィーナ:?

【シスターマーシー】
オラツィオ:繊維取引+
ライツェン:?
クロード:造船+?
クラウディア:嗜好品取引+?
ソニア:?

あれあれ?ひょっとして私って副官スキル、そんなに必要ないんじゃないのか?
当面は都合25枚(+将来のための『種』1枚)あればいいようです。がく〜(落胆した顔)

グレイマウザーについては確かに鋳造+と貴金属+が欲しいと思っていて、泣く泣くカルディナと別れて失恋明梅を雇うか、と考えていた時期もありました。(結局実行には至ってないのですが)
カーラとベアトリーチェにそれぞれ付けることが出来れば当時の望みは叶ったことになりますね。

ユリアナやナザリオ、フランシーヌなど超優秀な人には今のままで大満足黒ハートという、嬉しいような、(張り合いがなくなって)悲しいような複雑な気持ちです。(<単なる親バカふらふら
posted by マウザー at 15:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

湖の騎士

『アヴァロン』テーマの一発目はランスロットの話です。
blog1604.jpg

発見場所がご近所のカレーなのが助かります。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

報酬はランスロットの剣。
blog1605.jpg

性能は大したことないのですが、青味を帯びた見た目が、オッ目と思わせます。
posted by マウザー at 15:33| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

ガウェインの斧

『アヴァロン』テーマ第2弾はガウェインの話。
blog1607.jpg

発見場所は前回のランスロットの剣より更に近いブリテン島東岸でした。

報酬はガウェインの斧、なんですが・・・・・
blog1606.jpg

ランスロットの青い剣はちょっと良い感じだったのですが、この緑色は趣味が悪いがく〜(落胆した顔)・・・・・・・・・
加えて、そもそも斧を緑色にする必要ないじゃんむかっ(怒り)
発見時の絵のままでよかったのにexclamation×2・・・・・・・・と思ってしまいました。

聖剣エクスカリバーを始めマーリンの杖、トリスタンの剣と、アーサー王伝説絡みの発見物はいくつかありますが、これにランスロットやガウェインも加えればさぞかし強い論戦コンボが出来そうな気もします。
しかし残念ながらトレジャーハントは発見物扱いにはならないので、それが何とも、もったいない感じ。
トレハンはやってもいいから、発見物に追加して欲しいですね。ちっ(怒った顔)
posted by マウザー at 13:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月16日

アヴァロンへの航海

『アヴァロン』テーマの最後にして、恐らくchap.2のトレハンのメインイベントであろうと思われる『アーサー』発見の旅へ。

ブリテン島南岸の奥地へ向かう岩をクリックすると・・・・・・・・・
blog1608.jpg
これは『エルドラド』の時と同じパターンですね。
blog1609.jpg

気が付くと湖の中に浮かぶ島への一本道に立っています。

見るからに『島の頂上目指せ』な感じなので山道を登っていくと、巨大な金色の林檎の木が。
blog1612.jpg

根元にある石碑をクリックすると目的達成、のようですが、折角なのでそれは少し放って置いて、周囲を散策してみます。

まず、島全体を覆う霧の表現が目新しい。
blog1610.jpg

霧のかかるフィールドは別ゲームでは目にしたことのある風景ですが、DOLでは初めてかもしれません。

島の裏手には一面花が咲き乱れる牧歌的な場所もあります。
blog1611.jpg

うまくSSには撮れませんでしたが複数の蝶がヒラヒラ舞うオブジェクトもあり、情景の構築に力が入ってることを感じさせます。がく〜(落胆した顔)

当然と言えば当然ですが昼夜の区別も反映されていて、島中央の林檎の木の夜景が、昼とはまた違った美しさを醸しだしています。
blog1615.jpg

しかも良く見ると、ただ光っているだけではなく、ぴかぴか(新しい)光源が動いていることがわかります。

blog1616.jpg

それはもう、とても幻想的で、老後はここに移住してノンビリ暮らそうかと考えるほど。(笑)

さて肝心の発見ですが、
blog1613.jpg

やるのは朝にした方がいいかも(アーサーだけに)・・・・・・・・ふらふらあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
blog1614.jpg
景品は黄金の林檎。
性能はパッとしないものがあります。もうやだ〜(悲しい顔)

余談ですが、黄金の林檎と言われてまず思い浮かぶのがレイ・ブラッドベリの小説『太陽の黄金の林檎』。

ブラッドベリはあまり好きな作家ではありません。
私は、SFはプロットとオチありきの文学だと思うのですが、彼の作品はどうということのない話を、過度に叙情的な文章で読ませているという感じで、SFというよりはファンタジーに向いている作風だと思うのですよね。
また物悲しい、切ない話が多いのも一因かもしれません。ふらふら
もちろん好みの問題で、良い悪いの話じゃないのですが。

ちなみに上の小説はアーサー王伝説とはまったく関係がありません。(笑)

話が逸れましたが、これでメモリアルアルバムも残り2マス。
blog1617.jpg
しかしnotos鯖(15世紀5期)は『為政者の鑑』テーマが見えていないので、期が変わるまでしばらくトレハンはお休みです。ふらふら

そうそう、タイトルは映画『アヴァロン』のクライマックスで流れる曲『Voyage to Avalon』から。
ストーリー自体はアレですがあせあせ(飛び散る汗)、美しい映像、綺麗な音楽、そしてマニア心をくすぐるWizardlyネタ。(笑)
ハインドDとシルカの実車(機)が見られるのもポイント高いですね。わーい(嬉しい顔)

posted by マウザー at 14:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

二つのアヴァロン

昨日の記事を書いた後にふっと思い出したのですが、冒険クエで『エクスカリバー』を掘り出した時、アヴァロンはカリブのサントドミンゴ郊外の沼地にあるってことになってませんでしたっけ?
でも今回のアヴァロンはブリテン島のソールズベリー平原に行く途中にある、という設定(笑)

いったい、どーなってんのよ?むかっ(怒り)とコーエーにねじ込みたいところですが、ちょっと待って。

歴史なんて諸説あるのが普通ですし、スフィンクスやピラミッドのような巨大建造物ならまだしも、当時存在した全ての物が残ってるわけではない遺跡からの発掘品や、書いた人間の主観が入りまくる歴史書など、虚構ではないにしても、ごく大ざっぱに歴史の一部分を照らす光でしかないのは衆知の通り。
まして『アヴァロン』は伝説の地ですから、どこにあったって不思議じゃない(笑)

同じ史跡(?)が二箇所にあるのはゲーム内の統一性としてどーよ?という話もありますが、そこはほら、護符魔術が存在する世界ですからあせあせ(飛び散る汗)
私としては、ソールズベリ平原に向かう途中で霧にまかれ、知らないうちにテレポート装置(ファンタジーRPGではよくあるギミック)を踏んで次元の壁を越えカリブにテレポート!
帰りも同じ方法でブリテン島に帰ってきた、という説を採りたいと思います。がく〜(落胆した顔)

そんな非現実的な!という意見もあるかと思いますが、そもそもこのゲーム、現実の歴史のシミュレートと考えるには色々な矛盾があるのは既に明白です。
そこで私が前から考えている解釈は『この世界は我々が住んでいる地球と非常に良く似た惑星、あるいはパラレルワールドの地球の世界である』です。

そうすれば
・服装や武器の用語・用法が我々のいる世界の物と違ってたって
・18世紀に開発された船がバンバン走ってたって
・護符魔法で敵の船を焼いたり凍りつかせたりできたって
・共有倉庫という超空間運送システムがあったって
・定期船が航走の専門家たるプレイヤーの船より速くたって
・実在の船と少々構造が違ってたって
・鉄を貫く銃の一撃を浴びせても敵がケロリとしてたってetc.
ぜ〜んぶ辻褄が合うってなもんですわーい(嬉しい顔)(何せ何でもありだから)

ま、最後の方は皮肉ですけどわーい(嬉しい顔)、よく『開発者はもっと歴史を勉強しろ』と言う人がいますが、出来るだけ実際の歴史に沿うに越したことは(リアリティの面で)ないでしょうが、教科書じゃなく所詮ゲームなんで、荒唐無稽は荒唐無稽なりに、提供されたコンテンツを素直に楽しむことが肝要だと思いますね。
posted by マウザー at 15:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月18日

副官育成法

殿オンの褒賞で貰える『副官能力育成法』。
当初の目標は25枚だったのですが、それは比較的早い段階でクリアできました。
しかし、大きな目標としては『全副官にスキル追加』ということがあるので、東アジアが安全海域の間は引続き殿オンを続けることに。

で、安全化が解ける前日の昨日になってキリのいいところで欧州に帰ってきたわけですが、成果は52枚(副官10人分)。
blog1618.jpg
全副官は20人ですから、ようやく半分といったところですが、チンピラヤクザの捨て台詞並みの(まぁこのくらいにしといたるぁ)てとこでしょうか。(笑)

早速ヴェネに行き、スキル追加アイテムの生成を行ないます。
錬金術の必要R10はブーストで軽くクリアできますし、石墨1000個はレディマーシーのPFに999個唸ってるので問題なし。
あとはアテネで羊皮紙1000個調達すればいいだけでしたが、相場が若干高めで結構な出費となりましたもうやだ〜(悲しい顔)

生産なので、もしかして大成功が出たら大助かり?と思い、フルブーストのR8+6のR14で臨みましたが、
blog1619.jpg
結局大成功はなし。
ケチくさー、という思いと、まぁそりゃそーだよね、という思いが交錯します。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

結局目論み通りの10人分のスキル追加アイテムが出来ました。
blog1620.jpg

今回の一番のキーポイントはグレイマウザーに鋳造+と貴金属+を追加する手筈なのですが、当初フィロゾフのベアトリーチェに鋳造+、宝石商のカーラに貴金属+を追加するのが、それぞれの職業から考えて一番自然だと思ってました。

しかしいざベアトリーチェに鋳造を付けようとすると
blog1622.jpg
なんと、彼女には鋳造を付けることができません。もうやだ〜(悲しい顔)
じゃカーラは?というと、
blog1621.jpg
問題なく付きそうです。
ではカーラに鋳造+を、ベアトリーチェに貴金属+を、で良さそうですが、ちょっと待って。ふらふら

カーラには錬金術+も付けることが出来ます。
てことは、ベアトリーチェの一番大きな存在理由である錬金術+のメリットが失われるわけで、カーラに錬金術+を、ベアトリーチェを解雇して、元から鋳造+と貴金属+を持ってる明梅を雇えば、要求を満たした上、副官スキル追加アイテムも1個使わずに済む計算が立ちます。
(もちろん1から成長させなければならないのは非常に面倒臭いのですが)

う〜むちっ(怒った顔)

ここで一気に腰を折られて、立ち往生してしまいました。
もう少しよく考えてみたいと思います。ふらふらあせあせ(飛び散る汗)
posted by マウザー at 14:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

会うは別れの始まり

ベアトリーチェに鋳造+が付かなかった問題で、ベアトリーチェを解雇して明梅を、という当初の計画は、明梅の顔を某サイトで見て、あまり気に入らなかったちっ(怒った顔)(女性にそんなことを言うと失礼ですがw)ということで二の足を踏んでしまい、計画が狂って、どうしていいかわからなくなってしまいました。ふらふら

そして、ずいぶんと長い間wikiの副官表と睨めっこした結果、いい考えがひらめきました。ひらめき

お膝元のロンドンにエマという副官候補がいるのですが、この人、貴金属+、嗜好品+、酒類+と、今回付ける予定の副官補助スキルを3つも備えているのです!

じゃ何で今まで雇ってなかったのかと言うともちろん錬金術+の副官を優先したためでしたが、例えばカーラに錬金術を付けることにより、ベアトリーチェを解雇できるので副官枠が1個空きます。
そこでエマを雇用、(追加アイテムで)鋳造を付ければ、当初の予定よりも追加アイテム3個分助かる(あるいはその分、別のスキルを付けられる)ことになります。わーい(嬉しい顔)
しかもエマはドイツ語も持ってますから、フランクフルトに行った時にチョー便利exclamation×2(笑)

しかし、一抹の不安もあります。
それはエマに鋳造が付く保証がないこと。
ベアトリーチェの例は錬金術+に鋳造+まで付くと強力になり過ぎるという配慮でしょうから、ごく普通の副官であるエマは大丈夫だと思うのですが、前例がない(あるいは見てない)ので、もしかしたら付かない可能性も捨て切れません。

副官スキル追加アイテムは『決定』ボタンを押すまで消費されませんから、一旦エマを雇って試してみればいいのですが、雇うためには枠を空けないといけませんから、ベアトリーチェの解雇は決定的になってしまいます。
たまたま活性化している倉庫アカウントの人で試そうかと思いましたが、良く考えてみるとそのアカウントは2ndAgeにUPGしてないので、副官スキル追加アイテムが使えないのですもうやだ〜(悲しい顔)

困ってしまいましたが、ここは勇を鼓して前進するしかありません。

てことで、さよならベアトリーチェ。もうやだ〜(悲しい顔)
blog1627.jpg
こんにちは、エマ。わーい(嬉しい顔)
blog1626.jpg

さて、エマを雇ったのでスキル追加アイテムを使ってみましたが
blog1625.jpg

ある程度副官が育たないと、付けられるスキルがわからない仕組みになっています。
まあ、ゲームですからしょうがないですねふらふら

ベアトリーチェを解雇したので、どう転んでもカーラに錬金術+を付けることはほぼ確定。
(カーラに鋳造、エマに錬金術、でもいいのですが、会計士の英国人が錬金術もできたりすると筋として変じゃないですか?わーい(嬉しい顔)
そこでカーラに錬金術+を追加しました。
blog1624.jpg

blog1623.jpg

あとはエマが成長してくれるのを待つだけとなりました。
posted by マウザー at 18:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

まだまだ続く副官スキルの話

エマに鋳造+が付くかどうかについて、多分大丈夫だろうと思っていた根拠の無い自信は、早くもグラつき始めています。(笑)
というのも、エマと同じ『縫製』副官であるフランシーヌやオラツィオに鋳造+を付ける事ができないのを確認してしまったため。

確かに『縫製』と『鋳造』が優遇で両立する職業はアルティザンとフィロゾフ以外ないわけですが、フィロゾフのベアトリーチェに鋳造+が付かなかったことを考えると、副官の職業は付けられる根拠にならないようです。(それを考えると錬金術+も鋳造+も付けられる『工芸』副官のカーラは凄い、ということになるのですが)

まぁまだエマの可能性が全て閉ざされたわけではありませんし、食品商のカルディナや香料商人のエルダに鋳造+が付けられることは確認できたので、最悪の場合どちらかに付ければいいのですが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・食品商や香料商人に鋳造?がく〜(落胆した顔)

この辺りのコーエーのバランス感覚が(今回初めて、というわけでもありませんが)わかりませんふらふら
posted by マウザー at 01:21| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月22日

重ね着

副官スキルのこともあって、ようやく(泣く泣く?)LadyMarcyのいるメインアカウントを2ndAgeにアップグレードしました。
これでメインキャラでガナドール(多分やらないけど)やトレジャーハント(多分やらないでしょう)が出来る上、皇帝選挙に至っては4キャラで組み合わせを探ることが出来るように。(それをやると一度に400M飛ぶ、ということですが(笑))

折角UPGしたのですから、今更ですが『重ね着』システムを試してみることにしました。
(倉庫枠の整理にもなるという話ですし)
ヴェネの酒場娘に重ね着アイテムを作ってもらって装備を指定すれば、アイテム枠のカウントから外れ、下に何を着ても、指定した装備が表示される、という仕組み。
内の服の性能が優先されることや変装度のことはともかくとして、私の見るところ『重ね着』とはいっても、要はデフォルトのシャツ&ズボンのグラフィックを変更する、と考えた方がわかり易い気がします。

頭装備/服/手装備/足装備を指定することが出来るので、アイテム枠を減らすならその4種がセットになっている装備を指定するのが良さそうです。
とは言っても、実際にセットになってる物はそうそうありません。
すぐ思い浮かぶのはクマ服セットですが、さすがに常時クマ服でいるほどメルヘンチックな気分にはなりませんし・・・・・わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

で、グレイマウザー(左)には永らくマネキンに着せていた魔法使い服一式を選択。
blog1629.jpg

配色もパッとしませんし地味ですけど、魔法使いの服はだいたい地味な方がいいんですわーい(嬉しい顔)
魔法使いは高い攻撃力を持ってる反面HPは低いため相手に狙われやすいので、目立っちゃいけないのです!(違うゲームだろ、それはちっ(怒った顔)

4種セットは難しそうなので諦め、軍人のレディマーシー(右)にはイングランド尉官服とナントで買える白いトリコルヌ。(もちろん他で買って白く染めることも出来ます)
一見無難な取り合わせに見えますが、トリコルヌは冒険者専用のいわゆる職縛り装備なので、今までだと、恒常的に地方海賊や船大工でいる彼女には着用し難い帽子です。
しかし『重ね着』システムを使うと装備を選択した後は職業を変えてもそのまま保持されるので、使いやすくなりました。わーい(嬉しい顔)
いかにも下級士官ぽいいでたちですが、実際に下級士官なのでしょーがありません(笑)
尉官服ではなく将官(同等)服+官帽という組み合わせも考えましたが、階級詐称ですので後ろめたい感じがしますから却下。ふらふら

シスターマーシー(左)はトレンドメイカーの服と帽子セットにヴィジランティブーツの黒と黒染めの(わざわざオポルトまで買いに行ってきた)グローブ。
blog1628.jpg

このセットも以前はトレンドメイカー称号を付けてないと着れませんでしたが、『重ね着』を使えば、一旦着た後は称号を変えても着続けられるのがいいですね。

LadyMarcy(右)は冒険家ゆえ軍服は身に付ける気にならないし、ドレスは組み合わせが安易になり易いので、かなり悩みました。
結局、冒険家らしくアドミラルジュストコールの赤と、靴をシスターマーシーに取られたために余ったヴィジランティ帽子、防御値25の中途半端なファーブーツという、あまりパッとしない組合わせになってしまいました。たらーっ(汗)

『重ね着』システムで選択した装備は耐久も減りませんし、枠も食わないのですから(普段着の性能など気にしないけど初期シャツ&ズボンで出歩くのは中華みたいで嫌)という人には福音ともいうべきものでしょう。
また職縛りや称号縛りの服も、やり方次第で組み合わせられるようになりましたから、プレイヤーのファッションセンスを刺激する意味で喜ばしいことだと思います。

その反面、装備を取替え引替えしたい人や、たまの息抜きに違う服を着たい人には、何を着ても重ね着指定した服が表示されてしまうので、あまり有難くないかもしれません。
内の服と外の服のグラフィック表示が、何かトグルスイッチ式のようなもので切り換えられればいいのに、とも思いますが、重ね着するためのアイテムが120kと比較的廉価で作れる(ヴェネに行く手間を除けば、ですがあせあせ(飛び散る汗))ことを思えば、着せ替えを楽しみたい人は贅沢税として諦めて、普段から重ね着アイテムを作り溜めてガンガン使うことになるのでしょうね。
posted by マウザー at 22:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月24日

新鮮なガレオン

副官スキルや重ね着の件も一段落したので、期間限定で活性化しているアカウントのMadamMarcyを育てて遊んでいます。
位置的には倉庫キャラですが、重ね着その他のお陰で倉庫枠やアイテム枠は以前ほど苦しくなくなってますので、本来的にはこれ以上育てる必要はありません。
しかし、折角使えるようになっている以上使わないと損、という身に染み付いている貧乏人根性がなせる業というか、なんと言うか。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
その時間分をメインキャラに掛けた方がいいのでは?という気もしますが、まぁ、元々横道寄り道大好き人間ですから(笑)

MadamMarcyですが、まず、商用大型キャラベルだった乗船をなんとかしたいのと、一人しかいない副官を2人に増やしたい、という目標があります。

2人目の副官を雇うためには自Lvが40、1人目の副官がLv20になってないといけません。
自Lvを上げる一番手っ取り早い方法は南蛮貿易品の投下による交易Lv上げ。
そこでLadyMarcyとグレイマウザーのペアで稼いだ南蛮貿易品を彼女に渡してガンガンLvを上げます。

Lv的に商用ガレオンにはすぐ手が届いたのですが、この船は(大)昔乗っていたことがあるので、あまり面白くありません。
そこで、少し上のフレミッシュガレオンを狙うことにします。

問題はフレミッシュガレオンの乗船要求Lvが16/37/16であること。
交易Lvは時間の問題としても、海事Lvは14しかありませんから、これを何とかしないといけません。
しかし、わざわざジェノバに行くのは面倒くさいので、手近で済ませたいところです。
そこで2PCを活用した『ブルターニュの私掠船団クエ擬似連続受け』の技を使うことにします。

『ブルターニュの私掠船団』クエはロンドン・アムスで受けられる海事クエですが、ほどほど良いEXPを貰えます。
これをレディマーシーに出させ、MadamMarcyに紹介、クリアさせます。
その後(交易クエの『木材の納入』のような)簡単に済ませられるクエを挟んでから、再度『ブルターニュ〜』の紹介を受けクリア、の繰り返し。
紹介数が尽きたらレディマーシーの方も別のクエを挟んでから再度『ブルターニュ〜』を出させ、振り出しに戻る、という寸法。

クエ自体も海事スキルを上げる意図などまったくないので、ちょびっと砲撃した後は太陽の護符と戦乙女の護符でドド〜ンと片付けてしまいます。
何とも興の無いやり方ですが、この辺は既に通った道ですから、そんなに時間を掛けてもいられません。あせあせ(飛び散る汗)

さて乗船Lvには到達しました。
FS新造もできるようですが、キャラ的にそこまでする必要も無いのでアントワープで普通に新造し、強化のみ
行なうことにしました。
例によって25%増量後、渡し網で対波ペナ解消。
船OPに特色のある船なのでもったいないですが、OPが使えるほど使用キャラが成長するとも思えないので、潔く倉庫強化のみに専念。
blog1630.jpg

操船熟練は0の状態ですが、フルになれば倉庫容量はあと33増える筈です。
もっとも残りの選手生命(約一ヶ月)を考えると、そんなものは誤差と言ってもいいでしょうけどわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
今まではよく注意して見たことがありませんでしたが、中々メリハリの利いた、見た目の良い船ですね。揺れるハート

副官の方は投資で名声を上げ、得られたインド・カリブの入港許可を元に港発見の旅を続けている間に1人目の副官が目出度くLv20を越え、2人目を雇うことが出来ました。
で、これは当初気付いてなかったのですが、アパを購入済みだったことで、続けて3人目も雇うことができたのでした。
自キャラの間で同じ副官は雇わない、という独自ルールがあるので(笑)既に20人雇えない人がいる中で、バランスを考えて誰にするか考えるのは、それはそれで結構楽しめました。わーい(嬉しい顔)

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・

え?タイトルはどういう意味かって?

フレミッシュガレオンとフレッシュ(新鮮な)を掛けた、泣きたくなるほどツマラナいダジャレですよもうやだ〜(悲しい顔)たらーっ(汗)
(※ちなみにフレミッシュは『フランドル地方の』という意味です)
posted by マウザー at 19:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

期待の新人

期待の新人、といっても阪神ドラフト1位の藤浪のことではありません。(笑)

試用期間だったエマの交易Lvが10に到達し、特性が公になりました。
blog1631.jpg

いきなりのS特性。がく〜(落胆した顔)
正直40か50なら御の字と思っていただけに、思わずオッと思ってしまいました。
もっともS特性でもLvが足りてなければ意味が無いんですがふらふらあせあせ(飛び散る汗)

とはいえ正式採用には間違いないので、末永く働いてもらうことにします。わーい(嬉しい顔)
blog1632.jpg

あとはLv20オーバーで鋳造+が付くかどうかですね・・・・・・
posted by マウザー at 23:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

この道は

MadamMarcyにかまけて、もう一つのキャラスロにいるファファードに注力しないのは片手落ち、と思い、彼の方も使っていきます。
特殊帆塗料その1収奪に携わったあと海事Lv10でホッタラカシになっていたので、とりあえず目指すのは海事学校卒業。

中級までは以前乗っていた軽ガレーでイケるのは、前任のキャラで実証済みなのでササッと終了。
しかし上級の実技はそうはいかないだろう、ということで、新しい船を用意しました。
blog1633.jpg

折り良く船部品の棚に捨てられてあった鉄張り装材を使い、例によって船OP無視で耐久と旋回重視の強化。
旋回19は低操舵Rでもくるくる回るので、ストレスレスですわーい(嬉しい顔)

以前と違い、いつぞやの修正で卒業試験前の総合演習が、たった5回で終了できるように変更されています。
blog1634.jpg

とはいえ新規ならともかく、何度もやってきた身には5回でも相当カッタルいですが、この辺で文句を言ってはいけませんね。あせあせ(飛び散る汗)
サッサリ西の敵をあっさり撃破し(笑)、いよいよ卒業試験。
ここでも以前は20隻沈めないといけないところが10隻で済むようになってます。
経験者にとっては有難いことですが、新規者には少々物足りないのでは?とも思います。
blog1635.jpg

ただクリアしても面白くないので、旗艦は白兵で挑むようにしていました。
blog1636.jpg
キャラ誕生直後から白兵をやってきた有利さはあるものの、このLv帯のガレー敵を白兵で勝利できる、というのは私的には結構新鮮な感覚です。
blog1637.jpg

課程終了後に船を貰えるようになってから卒業まで行ったのは初めてだったので(今更フリゲートを貰ってもしょうがないと言えばしょうがないのですが)ちょっと嬉しい。わーい(嬉しい顔)
posted by マウザー at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

パイレーツコート

軍装でいることに飽きた(早!)レディマーシーのために、わざわざサントドミンゴ郊外に行ってパイレーツコートを掘ってきました。
blog1638.jpg

本当は収奪で得られる、従ってレアリティの高いバッカニアコートにしたかったところですが、所詮色違いなだけで作りは同じだ、ということで妥協してしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
腰の後ろに短銃を挿んである所が、ガン(ウー)マンらしくて気に入ってます。揺れるハート
尉官服を倉庫に戻した代りに出してきた黒テンガロンも西部劇ぽくて良いですし。

一方、LadyMarcyと同じヴィジランティ帽を被っている人が多くて気に入らなかったところは、レディマーシーからお下がりのトリコルヌを黒染めして付けてみたら、中々締まった良い感じに。
blog1639.jpg

こんなことしてたら重ね着アイテム破産を起こしかねないな、と思いつつ。(笑)

posted by マウザー at 19:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

冒険Lv上限解除

昨年から気が付いてはいたのですが、シスターマーシーの冒険/交易Lvが共に59で、いつかLv上限解除クエをやらなきゃな、と思っていました。
LadyMarcyの交易Lv60の時も、伸ばし伸ばしにしてて結局『-』がついちゃった経験から、今回はそうなる前に達成するため、奮起して(と言うほどのこともないのですがw)やってしまおうと思います。

交易Lv上限解除クエ(別名『33Mをドブに捨てるクエ』)は、ブツを買ってカリカに行ってNPCに話すだけですからあっさり終了。

しかし冒険の方は発見物が絡むので、下手するとちょっとした手間がかかるかもしれません。
wikiに載っている必要な発見物とシスターマーシーの発見済み一覧を見比べた結果、足りないのは鳥類の『レンカク』だけだということが判明。
幸いなことに必要な発見物の中では一番要求Rが低い物ですし、発見場所もアマゾン上流と比較的近い場所なので、サクッと見つけに行ってきました。
blog1640.jpg


発見後即リスボンに行き、高台のNPCに会いに行きます。
blog1641.jpg

既に必要な発見物は発見済みなので、黙ってNPCの話を聞いてればいいだけなのですが・・・・・・
blog1644.jpg

高台と出航所を何回か往復しなければいけないのが大変です。
(リアルで階段を登るわけじゃありませんが、心理的にふらふら

blog1642.jpg
ツンデレキターーーーーーーーーーーわーい(嬉しい顔)ーーーーーーーーーーーexclamation

blog1643.jpg

そんなこんなで、事もなく冒険Lvの上限解除クエも終了。
心置きなく(大クリ乗船に向けて)冒険に勤しむことができます。手(チョキ)
posted by マウザー at 23:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。