2013年05月01日

バーの長さ

グレイマウザーのメンターポイントが5000を越えました。
ゴールは10000ptですから折り返し地点を越えた、ということでもあります。

しかし情報画面を見ていると、どうも違和感が。
blog1820.jpg
全体と獲得ptのバーの長さの比率が合ってないように感じます。がく〜(落胆した顔)

試しに画像で測ってみると、全体の長さが144ピクセルなのに対し、獲得ポイントは58ピクセルしかありませんふらふら

このまま進むと、全体の枠を獲得ptのバーが埋めきる前に10000ptに達する気がします。

果たして(同じ獲得ptでも)途中から伸びが急に進むのか、あるいは全体で15000ptぐらいまで獲得できるように計算されているのか、非常に興味があるところです。(笑)

posted by マウザー at 12:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月04日

サーヴェイフリゲートG3

耐久はMAXだけど旋回/対波が共に10しかない、というLadyMarcyのサーヴェイフリゲート。
ある意味失敗作なんですが、メンドクサいので造り直しもせずに、放っておいてました。
しかし、ここへきて欠点を挽回できるかもしれないと思い、SRにチャレンジ。

まず強化ポイントが旋回であることははっきりしてるので、グレードボーナスの一つは『旋回強化』で決まりです。
しかし、もう一つを何にするかで悩みました。
とりあえず元の船にOPが1つしか付いてないので、『砲艦(あるいは装甲艦)改装』かスキル継承にしようと思いましたが、『〜改装』はメリットと共にデメリットも発生するのでイマイチ採用する気になりません。

考えた結果、ここはやはり強化ポイントである旋回にこだわるべきか、ということで『強化舵』を付ける事に。

わざわざマスカットへ出向き、ジーベックを造ってG1にします。
欧州へ帰ってG1ジベに『強化舵』強化を施し、残りの強化回数を埋めてサヴェフリに合成。
blog1822.jpg
81%ですから、まず失敗は無いだろうと思いましたが、万が一でも素材船を造りなおせばいいことなので、ある意味開き直ってGO。
・・・・・・・・・順当に成功しました。

G2へは例によって大型キャラックを素材船にします。
G2の大型キャラックを造り、強化回数をフルにして合成。
blog1823.jpg
G2の合成は流石にリカバリー(=時間的な手間)が大変なので設計図を8枚使って100%にしました。

さて、いよいよG3への合成です。
やはり同じ様に素材船のG2大型キャラックを造ります。
現時点でサヴェフリの船種別が『高速戦艦』から『汎用艦』に変わっていますが、旋回強化を考えると+2される『探検船』に変えたほうが良いことは間違いありません。
とはいえ誤差と言えば誤差なので、上手くいってしまったらその時はそれでいいか、という気持ちで、G2素材船(強化なし)を一旦合成してみます。

順当に失敗してあせあせ(飛び散る汗)、種別も目出度く探検船に。わーい(嬉しい顔)
再度G2素材船を造り、今度はフル強化します。
もちろんサヴェフリの方は設計図投入で経験値を(ほぼ)MAXにしておきます。
blog1824.jpg
ゴルフのパットには簡単なようで外しごろの距離というものがありますが、60%台の成功率も外しごろと言えば外しごろ(笑)。
しかしリトライは難しくないので達観してボタンをポチッ。

・・・・・・・・・・・・・成功しました。手(チョキ)
blog1821.jpg

(補助帆の旋回修正なし/装甲板未装備状態)
旋回が9高くなり、いかにもフリゲートらしい性能になりました。わーい(嬉しい顔)
『探検船』種別になったことで耐久の伸びがなくなり、耐久MAXには15ほど足りなくなってしまいましたが、そこは許容範囲。
失敗した、と思ってた船がこうして欠点を挽回できる機会があるってことは、SRも中々捨てたもんじゃないですね。わーい(嬉しい顔)
posted by マウザー at 14:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

義賊の帽子

今週火曜日の21時に歴史変動がありました。

歴史変動イベントがガナドールタイプだったこともあり私的にはあまり関心が無かったのですが、今日になって、ふと(今は何世紀の何期なの?)と気になりました(笑)

ワールドクロックを見てみると現在notos鯖は15世紀の第3期。

とすると、ひょっとしてあのレシピが出現してるのでは?がく〜(落胆した顔)
そう思ってエジンバラへ行ってみると、果たしてレシピが見えるようになってました!

そのレシピとはこれ。
blog1827.jpg
実はこのレシピ、Chap.3開始後から実装されていたのですが、notos鯖ではメンテの約8時間後に歴史変動が起って16世紀になってしまったためにレシピが消えてしまい、ほとんど幻と化していたのです。

同じ帽子の色違いver.はフィレンツェで作れますが、どの色も好みに合わないこともあって、他鯖の航海者さんのブログを読んでは、ちょっと悔しい思いをしていたのでした。ふらふら

その因縁のレシピが使えるようになった、ということで早速作りに行ってきました。
必要な材料の『オオワシの羽』をわざわざカイロまで買いに行く手間がかかりましたが、他の材料(革紐と綿生地)はPFから調達可能だったので比較的楽に済みました。
blog1828.jpg
性能はアレですがたらーっ(汗)、今着ている『遺跡調査団の衣装』と色が合っていて、中々良い感じです。揺れるハート

ところで新レシピに関連して、恒例のフィレンツェ詣でにも行きました。
白いバケツ頭レシピが出ているのでは?という期待は裏切られましたが、今までのnotos鯖には出ていなかった『ひだ付きプールポワン』のレシピが見えるようになっていたので一着作成。
blog1825.jpg
素材となる普通のプールポワンは男女兼用の服ですが、できあがった『ひだ付きプールポワン』は男性専用なのがちょっと納得いきません。ちっ(怒った顔)

本当はLadyMarcyに着せようと思っていたのですが、仕方が無いので期間従業員のガレット君にマネキン、もといフランス人なのでマヌカンブティックになってもらいましょう。わーい(嬉しい顔)
blog1826.jpg
色は3色あるみたいですが、詳細は他の航海者さんのブログをご覧くださいあせあせ(飛び散る汗)

ちなみに現在のような等身大の人形形式のマネキンができたのは20世紀に入ってかららしいので、アパにあるようなマネキンは、ひょっとすると時代考証的にはおかしいのかもしれませんね。
(もちろん突っこむほどの事じゃありませんがあせあせ(飛び散る汗)
posted by マウザー at 22:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

コナン・ザ・バーバリアン

コナン・ザ・バーバリアン』 DVD/字幕

ご存知(?)E.ハワード著のヒロイック・ファンタジー小説『英雄コナン』を元ネタとした映画です。
コナンと言えば誰が何と言おうとヒーロー・オブ・ザ・ヒーローズですし、原作小説も5冊ほど読んでいて、そこそこ思い入れがあります。

R15だけあって頻繁に手足が飛ぶは首が飛ぶは血がドバシャーと流れるは。(笑)
そういうのに耐性が無い人にはちょっとお勧めしかねる作品であることは確かなようです。
私はと言えば、意味も無く血を流す、あるいは血を流すことを売りにするようなスプラッタホラー映画は嫌いですけど、こういう理由があってなされる流血描写には何の抵抗もないので問題もなし。

A.シュワルッツネガー主演で映画化された旧作に比べて映像的に優れているのは特撮やCG技術が進んでいるので当然としても、やはりお金をかけて作ってるだけに見ごたえがあります。

そもそもストーリーはあって無きがごとしというか、あまり気にしちゃいけない部分ではあるんですがあせあせ(飛び散る汗)、あの鍵開け名人の盗賊を助けながら怪物と闘うシーンは本当に必要だったのか?とか、クライマックスの磔台を挟んでのコメディ風立ち回りシーンとか、微妙な演出もチラホラ。がく〜(落胆した顔)

とはいえ、こういう映画にはうってつけの俳優ロン・パールマンとか日本人には馴染み深いボブ・サップとかが出てますし、ヒロイン役の女優(レイチュル・ニコルズ)が美人なので、そこも見所です。揺れるハート

そして主演は『スターゲイト・アトランティス』にレギュラー出演していたJ.モモア。
『〜アトランティス』で観ていた時に比べて時系列的には後なのにもかかわらず、ドレッドヘアーと髭がない分若々しく感じるのは気のせいでしょうか(笑)
彼の魅力である低音ハスキーボイスは健在なので、ぜひ字幕版でご覧になることをお勧めします。わーい(嬉しい顔)
posted by マウザー at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画短評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

一般奢侈品保管庫付商大クリッパー

グレイマウザーが普段乗っているローズウッド製商大クリッパー。
被曳航専用船として設計されているので25%増容量と倉庫強化(ほぼ)MAXです。
常に曳航されることになるので旋回が低かろうが帆性能が低かろうが何の不満もありません。
強いて言うなら専用艦で『耐震倉庫』を付けた以外に船OPを付けられなかった(『偽装倉庫』は金庫×2で勝手に付く)ので、OP欄が若干寂しい気がするところでしょうか。

そこでSRで何かOPを付けようと思いました。

何のOPを付けるか考えた末、スキル継承で『一般奢侈品保管庫』が付けられることに注目。
このOPを付けると第3類(いわゆるカテ3)に属する交易品の取引スキルが+1されるのです。
第1でも第2でもなく何故第3か、というと言うまでも無く(?)我が社(笑)の南蛮貿易の主力商品である西洋甲冑(武具)の仕入れに役立てるため。

このOPを付けられるフレミッシュガレオンはお隣のアントワープで造船できます。
OPを付けるための副官室(ジャマイカで製作)と金庫(リガで製作)を揃えるのに若干手間がかかりましたが、何とか手に入れました。

素材船のフレミッシュガレオンを新造し『一般奢侈品保管庫』を付けた後、残りの強化回数を加工鉄で埋めフル強化済みに。
また別途G1の商大キャラックを建造し、フレミッシュガレオンに合成してG1に。

そしていよいよ商大クリッパーに合成しますが、もう一回副官室を作りに行くのは避けたいので、最終の合成は一発で決めたいところです。

そのままだと若干心もとない70%台の成功率だったので、更に別のG1商大キャラックを建造して(後から考えれば別に商大キャラックで無くてもよかったんですがw)解体し、設計図をゲットし反映。
blog1830.jpg
成功率が90%台に乗ったところで合成し、順当に成功しました。手(チョキ)

この結果、見た目にも普通に2つのOPがある船に。わーい(嬉しい顔)
blog1829.jpg
肝心の武具取引は船OPの他フルブースト+SS使用で+9まで上がりました。
blog1831.jpg


はっきり言って、このOPを付ける必要が本当にあったかというと疑問です。
武具取引Rが1上がっても買える甲冑の量は4増えるだけですし、その分使わずに済むカテ3紙の枚数もたかが知れてます。
もっと言うと、実はカテ3紙の在庫は2500枚ほどあって、逆に、減らすためにガンガン使わないといけない状況だとも言えるのです。
従って100M近くの資金を投入した甲斐があるとはまったく思えません。ふらふら

そんなことはやる前から承知の上なのですが、にもかかわらず何でこんなことをやっているかというと、シスターマーシーの造船R上げを少しでも有意義にやりたいため、ということもありますし、一番大きなのは『より良い船を造りたい』という自己満足のためなのです。
(単なる暇つぶしだ、と言う説もありますがあせあせ(飛び散る汗)
posted by マウザー at 23:58| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

メンターズローブ

『義賊の帽子』が作れるようになった、ってことは、あの鎧も作れるはずだ・・・ってことでセビリアの荷担ぎが持っているレシピで『レコンキスタの鎧』を作ってきました。
blog1836.jpg
見ての通り『十字軍の鎧』の色違いver.ですが、色使いが秀逸です。

さて、notos鯖では10日に東アジアの安全化が解けたので、しばらく南蛮貿易もお休みかなと思ってSRをやっていたわけですが、何と約1日置いただけで再び東アジアの安全海域化がやってきました!がく〜(落胆した顔)

これは望外の喜びです。わーい(嬉しい顔)
というのもグレイマウザーのメンターポイントが、南蛮貿易をあと2か3往復すれば10kptに達する見込みになっていて、でも次の安全化まではしばらくかかるんじゃないかなーと予想していたからです。ふらふら

早速例によって西洋甲冑を満載して、華南の呉須手や竹を大量に引っこ抜いてきます。

小出しに売っていって地道に5ptずつ溜めていくと2往復目で、ほどなく10kptに到達したお知らせが!
blog1832.jpg
銀行へ行くと前回と同じく宝箱を貰えました。
blog1833.jpg
いよいよメンターズローブとのご対面です。
blog1837.jpg
レコンキスタの鎧と同じく色使いが渋い服ですね。

生憎トレ不可ですが、ローブと言えば魔法職、魔法職と言えば錬金術師(?)てなもんで、当初からフィロゾフのグレイマウザーに着せる予定だったので、まったく問題ありません。
blog1834.jpg
火器取引+2の性能は美味しいかもしれませんが、重ね着設定にすると折角の性能が活きないのが残念。もうやだ〜(悲しい顔)
ま、まあ火器を買うことはあまり無いのでいっかふらふらあせあせ(飛び散る汗)

ちなみに、5000pt地点で長さが合ってなかったメンターポイントのバーは、最終的にはきっちり帳尻が合ってました。
blog1835.jpg
てことはバーの描画ロジックのどこかがおかしいってことですよ(笑)>プログラマさん。
まぁ大したことじゃないんですけどね・・・・・。ふらふら
posted by マウザー at 21:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

反逆の騎士

『彷徨える艦隊』外伝第1巻。
シンディック側の艦隊司令官と陸戦部隊の司令官が主人公です。

正編と同じく面白いことは面白い・・・・・・・のですがストーリー展開が正編と似かよってるのはいかがなもんだろうか、という気もします。

また、一話完結かと思いきや海外ドラマのように肝心なところで『次回に続く』となるのが思いっきり肩透かしです。(泣)

ちなみに正編第9巻の翻訳版の出版予定が年末か年明けで、外伝第2巻はその後(恐らく半年後?)ですから結構待たされることになりますね。
posted by マウザー at 02:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読後感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

メフメト2世と会う

今やっているライブイベント『征服帝降臨』に参加してきました。

ヴェネツィアの受付NPCからスタートしてイスタンブールのトプカピ宮殿に行きますが、生憎と目的のメフメト2世さんは不在中。

しょうがないので改装した(という)宮殿を見学します。
とは言え昔の姿を知らないので、どこが変わったのかはよくわかりませんが。ふらふら
blog1838.jpg
さすがトルコの偉い人は(イングランドの狭い王座と違って)2人掛けても余裕なほど大きい椅子に座ってらっしゃるようで。(笑)

さて、遺跡見学に行ってるというメッフー君(勝手に付けた愛称)を探して、アテネ西へ。

護衛の近衛兵が5人も罠にかかって立ち往生してるのに、主人はかまわず先に行ってる、という・・・・がく〜(落胆した顔)

もっとも護衛の人たちも、落とし穴と金属球ボーラにやられた者を除いたら大した怪我じゃないんですが・・・・・
blog1839.jpg

blog1840.jpg

中でも彼などは、せいぜい髪の毛がチリチリになる程度でしか無いのですが、
blog1842.jpg
(大したことないよね?)と言って傷薬を渡すのを拒むと、
blog1841.jpg
そんなオーバーなちっ(怒った顔)

ようやく奥地にいるメッフー君に会えましたが、
blog1843.jpg
それより傷薬も持ってない部下の質を嘆くべきかと・・・・・・・・ふらふら

ちなみにメッフー君を案内しているグッチオさん。
blog1844.jpg
訛ってます(笑)
(恐らく『なるだ』と言いたかったのではないか、と思うんですが・・・)
posted by マウザー at 21:33| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

ハワイ・ファイブオー シーズン2

HAWAII FIVE-0 シーズン2』 DVD/字幕

ようやく近所のTUTA●Aで旧作扱いになったので、シーズン2の1〜11巻を通して観ました。

一番の収穫は、シーズン2開始当初から新たにメンバーに加わる元NSA捜査官ロリ・ウェストン役のローレン・ジャーマンが、
blog1845.jpg
私的に超ど真ん中ストライクコースの、いかにもアングロサクソン系クールビューティな美女であったこと黒ハート
(もっとも、以後活躍を楽しみにしてたらシーズン中盤でありえないほど唐突に退場してしまうのですが・・・もうやだ〜(悲しい顔)
これは是非、主演している『ザ・ディバイド』も観てみないといけませんねーあせあせ(飛び散る汗)

さてドラマ全編を通して思うのは『ハワイって一口に言っても凄く広いんだなぁ』ということ。
残念ながら実際にハワイに行ったことは無いのですが、ドラマを見る限り土地は広大で緑も豊富、しかしありえないほど高層ビルが密集している地域もある不思議な都市だ、という感想を持ちました。
(あとは犯罪捜査ドラマなだけに、日本に比べて治安は悪そうだというイメージも(笑))

ドラマ的には主人公のマクギャレット少佐とダノ刑事の掛け合い漫才や、コメディパートのオタクな検死官や太っちょの情報屋の笑いどころもしっかり入っていて、まずまず安定して楽しめます。

シリーズを通しての悪玉であるウォー・ファットを演じるマーク・ダカスコスは『スターゲイト・アトランティス』でも悪役だったこともあって、すっかり悪い奴が板に付いてしまいましたね。
(元はクライング・フリーマンだったのに(笑))

シーズン2の終盤で一瞬大阪が舞台になるのですが、この時、背景で演技している名前も無い俳優さん達がちゃんと日本語を喋っているのに感銘を受けました。(イントネーションは少々変なんですがw)
ただし、脚本家は日本人の名前についてあまり正しい知識を持ってないように見受けられます。
(ヒロ・ノシムリって漢字でどう書くんだろうわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

日系俳優と言えば私の好きな悪役俳優ケリー・ヒロユキ・タガワも、シーズン1に続いてちょこっと出てくるのですが、実年齢なのか役の上の年齢メイクなのか、大層歳とって見えたのがショックでした。
スペース・レンジャーズ』のジライヤン役などは超かっこよかったんですが・・・わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

で、謎の一部は残ったままだし、(例によって)シーズン2最終話がシーズン3に導かれる終わり方をしているのでまだまだ先が楽しみではありますが、とりあえずDVD化もされてないようなので、だいぶ待たされることになりそうですねふらふら
posted by マウザー at 01:32| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画短評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

チーク製将官用コルヴェットG3

ちょっと前のこと、チーク製の将官用コルヴェットに乗っている人を見かけました。
(おー、マニアックな人がいるわーい(嬉しい顔))と思ってハンザ同盟の商会チャットでその話をしたら、意外にも「結構ポピュラーですよ?」という反応が。がく〜(落胆した顔)

(え、そうなの?)ということでwikiの船性能表を見てみると、確かに中型船の中ではダントツの帆性能ですし、従って冒険船として乗る人がいるのも頷ける話です。

以前から歴史変動レース用の中型船が欲しいと思っていて、でも海事船はまったく考慮対象外だったこともあり、作るならやっぱり巡航軽クリッパーかなーとツラツラ考えていました。
しかし、こうして見るとなにやら巡航軽クリッパーより性能が高そうな気さえします。
(性能的に沙船が抜けてるのは知ってますが、あの船の帆性能が高いのは、グラフィック上ではとても有用とは思えない2本のちっこいマストが補助帆枠として活きてるからであって、若干インチキくさい気がするんですよねぇふらふら

これは作ってみるしかないexclamationと思いました。

FS造船で作るのですが、造船に必要な『将官用2層甲板型中型船体』は以前メモリアルアルバム報酬で造船+アイテムを取る時に作った物があった筈だ、と思ってました。
しかし実はかなり前に、大海戦の中型船枠で将官コルヴェを作りたがってた商会メンに差し上げてしまっていたので、在庫はありませんでした。
なので、また1から作らなければなりません。

原則的に船部品は自力製作を旨としているのですが、将官用2層甲板型中型船体を作るのに必要な『名提督の指揮杖』は私の力で手に入れるのは非常に困難なので、渋々バザーで購入。ふらふら
チーク装材も別途作ってFS新造します。

その後初期化し、専用艦OPで『急加速』を付与。

もちろんSRも行ないます。
小型船と同じく選択ボーナスは加速強化1と2。

これが結構大変でした。あせあせ(飛び散る汗)
と言うのも、合成に使う素材船の無印キャラックは全てシスターマーシーによる浮き造船で造ることにしたからです。

親方売りの船を使えば時間的には早く済むのでしょうが、お金も掛かるし、第一、造船熟練がビタ一文入らんじゃないか、というわけです。
しかし『建造効率化』スキルで一隻5分で完成すると言っても、何十隻と無くキャラックを造り続けるのは流石に辛気臭く、海外ドラマのDVDを観ながらでもなければ、とてもじゃないけどやってられなかったことでしょう。

G3に達するまで、おおよそ3日ほどかかりました。あせあせ(飛び散る汗)

さて次はFS強化です。
目指すのは帆/旋回/対波の強化MAX。
元が海事船なので航走に活きる船OPは持ってませんから、基本5回+再強化分1回の計6回は全て帆/旋回/対波に当ててしまえます。

6回もあるので造船帆だけで帆強化は余裕でMAXに行くかな、と思っていたら、最後の最後で(中間値を出しただけでは)微妙に足らないことが発覚。
急遽上質リギングを放り込む羽目になりました。たらーっ(汗)

結果から言うと帆強化の上限をかなりオーバーすることになり、リギング分は必要なかったかもしれないのですが、キッチリ上限になるようにやって部品1個分の枠を救えたとしても大勢に影響はないので、まぁこれはこれでいっか、ということにしておきましょう。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

倉庫容量が小さいので操船熟練稼ぎに苦労しましたが、何とか稼ぎ終えました。あせあせ(飛び散る汗)
blog1847.jpg

blog1848.jpg
(補助帆の旋回-3ペナ反映済み)
専用艦しかOPが付いてないのが我ながら潔いですね。わーい(嬉しい顔)

操船熟練稼ぎ時に思ったのですが、加速強化と高旋回のおかげで瞬発力がハンパじゃありませんわーい(嬉しい顔)
まるで船外機付きモーターボートのような加速力です。
とはいえ縦帆が400無いので逆風はきつい感じ。たらーっ(汗)

これで小型・中型とレース用の船が揃いました。
さぁ、いつでも歴史変動レース来いっ(と言ってると、ずっと来ないのはお約束ですが・・・もうやだ〜(悲しい顔)
posted by マウザー at 19:53| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

SF映画三本立て

『SF映画2本立て(Science Fiction Double Feature)』と言えば『ロッキー・ホラー・ショー』の主題曲タイトルですが、たまたまWOWOWのスケジュールで未観の映画が3本ほぼ続けて放映されることになったので、頑張って三本立てで観ました。

まずは一本目。
ジョン・カーター

北米では興行的に大コケした本作。
確かに大金が掛かっている割には超オモシローい、ということもなく、ノンケの人には(スターウォーズのパロディ?)で終わりそうな出来です。ふらふら

原作は(劇中にも出てきますがw)『ターザン』シリーズの作者としても有名なエドガー・ライス・バロウズ。
原作『火星のプリンセス』は1912年、つまり今から約100年前に書かれた作品ですから、『コナン』と同じくヒロイック・ファンタジーの古典なのです。

大コケした事実を知っていたので大した期待を持たずに観たのが良かったのか、そんなにつまらなくはなかったです。あせあせ(飛び散る汗)
陸上を行く巨大地上戦艦や羽のある大型飛行艇など、原作に登場するメカが現代的なデザインで映像化されたのは意義あることですし、恐らく原作にはないオチも中々良く考えられていると思いました。

ただ、原作翻訳版のカバー絵を担当した武部本一郎画伯の影響で、ヒロインのデジャー・ソリスは清楚な超絶美女という固定観念が染み付いている日本人から観ると、デジャー・ソリス役のリン・コリンズは(失礼ながら)それほど美人でもないレベルで、ちょっとガッカリでした。失恋

次。
メン・イン・ブラック3

人気SFコメディシリーズの第三弾。
前2作では、某缶コーヒーCMでお馴染みのトミー・リー・ジョーンズが共演していますが、流石にお歳を召されてフル出演はキツいのでしょう、今回主演のウィル・スミスは過去に飛び、ジョシュ・ブローリン扮する若い時の捜査官Kと話を進めることになります。

SFコメディの出来としてはソツがない、というか安定して楽しめます。(まぁ何でもありの世界ですからあせあせ(飛び散る汗)
ラストで主人公・捜査官Jの過去が一つ解き明かされる部分が予想外で(おーがく〜(落胆した顔))という感じです。わーい(嬉しい顔)

そして最後。
アイアン・スカイ

こちらもコメディですが、上述の『メン・イン・ブラック〜』とはいささか趣が異なります。

大筋としては『月の裏側にナチスの残党が巨大な基地を建設していて宇宙船の大軍を率いて地球に攻めてくる』という他愛も無いものですが、そこかしこに政治的な当てこすりやブラック・ユーモアが込められていて、大笑いすると言うよりは、小さくニマニマする描写が随所にあります。

ナチスの月面基地が上空から見ると逆卍(ハーケンクロイツ)の形をしてたり、地球に攻めてくる宇宙戦艦がヒンデンブルク号ばりの飛行船の形をしていたり。(笑)

ナチスに対する茶化しは当然として、劇後半に掛けてはアメリカ合衆国に矛先が向きます。
この辺は製作国がフィンランド/ドイツ/オーストラリアなので、容赦が無いというか切れ味が鋭いです。(笑)
あまり笑える部分を書くと興ざめなので書きませんが、ヒロイン(というか主役?)のレナーテ役のユリア・ディーツェが結構可愛い揺れるハートことは付け加えておきましょう。
posted by マウザー at 14:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画短評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

フィッシュハント

最近DOLもマンネリなので、たまには息抜きで違うゲームにも手を出してみようと思いました。
しかし擬似リネージュUのような似たり寄ったりのファンタジーRPGには食傷気味なので、何か今までにやったことのないカテゴリーを探します。

そこで行き当たったのが『Fish Hunt』というオンライン釣りゲーム。
今年1月に正式運用された比較的新しいゲームです。

運営を管理している『pmang』のホームページに載っているラインナップを見ると、『RF-online(Z)』や『(旧称)シルクロード・オンライン』、『Soul of Ultimate Nation』など、昔懐かしいタイトルが並んでいます。
(昔と運営母体の名前が違う気がしますが、ゲーム運営の移管は決して珍しくないことなので、さして驚くことでもありません)

試しに『RF-online』をやっていた頃のIDとPWを探し出してきて入力してみるとすんなり通過できたので、そのままゲームをダウンロードし、ゲーム世界に入っていきます。

釣りゲームは初めてですが、チュートリアルがかなりしっかりしているので、操作にはすぐ慣れました。

最初は隅田川からスタート。
単に釣るだけではなく、NPCからクエストを貰ったり図鑑の完成など、様々な目標が設定されているのでモチベーションが維持できるのは良いですね。

例によってLadyMarcy名義でキャラを作ってます。(笑)
blog1853.jpg
隅田川地点で出来ることをほぼやり終えてしまった段階で、Lv9まで行きました。

blog1854.jpg
始めて2日しか経ってないのに100匹以上釣ってるとか、結構ハマってますねがく〜(落胆した顔)たらーっ(汗)

他の釣りゲームを知らないので比較はできませんが、ラインの垂れ具合とか竿のしなり具合など、かなりリアルに作ってあると思いました。
blog1858.jpg

また時間帯による日照や天候が反映されるのも芸が細かいですし、モーターボートに乗れたりするのも、ちょっと感動的です。

この手のゲームには当然と言えば当然でしょうけど、釣れる魚にはレアリティがあって、普通に釣れる魚から金魚のようなレアな魚まで色々釣ることができます。
blog1855.jpg
これは河口湖で釣ったニシキゴイ。

そして何気に重要なコンテンツだと思うのが、釣った魚を飼うことができる個人用の水槽(アクアリウム)
blog1856.jpg
しかも特定の魚をフォーカスできるので、
blog1857.jpg
レアな魚を釣ってニマニマしたい時など便利です。わーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)

攻略wikiもあって、データだけではなく読み物としても中々興味深く、確かに40cm級の鮒を釣り上げられるフィッシングギアを使っているのに、なおかつ釣り糸をぶち切るメダカ(!)とかがいるんですががく〜(落胆した顔)、そこはご愛嬌、と思える人向きかもしれません(笑)

またオンラインゲームにはお決まりの問題について書かれた『FishHuntの問題点』の記事も非常に面白いです。

起動時間がやたら長いとか、釣竿やリールの耐久がすぐ消耗するとか、色々不満点や問題点もあるにはあるんですが、課金基本無料(=アイテム課金)ですし、特に欲をかかなければ無料のままでも充分に面白いですから、釣りに思い入れのある人にはお勧めのゲームだと思います。
posted by マウザー at 23:25| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Fish Hunt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月30日

50cmの鯉

今回もFish Huntの話です。

実は私はLv10ぐらいになるまで、仕様として竿やリールの耐久は修理できることを知らなくて、耐久0になる度に新品に買い換えていたのですもうやだ〜(悲しい顔)
とんだ無駄金を使ってしまいました(笑)

さて隅田川から河口湖、琵琶湖と転戦しているうちにLv12になりました。
blog1861.jpg
Lv12になると、より高性能の釣竿とリールが新たに使えるようになります。(もちろん、それまでに稼いだ金で買わなければならないのですが)

この頃から釣竿選択の方向性は二手に分かれます。
一つは、長くて柔軟性に優れた軽い物と、短くて剛性に優れた重い物。

柔軟性に優れていると大物の引きに耐えられやすいので、いわゆる大物釣りに向いているのでしょう。
逆に剛性に優れていると、少々の引きは無視してゴリゴリ糸を巻き取りやすい、つまり小物を数多く釣るのに向いているように思われます。

またリールも同様に、糸の繰り出しに長けているけど巻き取り数が少ない物と、繰り出しにくいけどガンガン巻ける物、というように特性付けられています。

私の場合あまり魚との駆け引きが(マウスの操作性の面で)上手くないので、どちらも後者を選ぶことにしました。
もっとも竿とリールの見た目がどちらも赤くて気に入ったから、ということもありますが。揺れるハート
blog1863.jpg
(残念ながら、赤くても巻く速さが通常の3倍になる、ということはないようですわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

いざ使ってみるとこれが私の性格にドンピシャで合っていて、中々快適に釣ることができるようになりました。
(もちろん切られる時はバンバン切られるのですけどあせあせ(飛び散る汗)

引きが強く遁走するので、以前は中々釣り上げられなかった鯉もそこそこ釣り上げられるように。
現在、私の最長寸記録は河口湖で釣り上げた50cmの鯉。
blog1862.jpg
実世界での50cmは結構迫力あると思うのですが、(ゲーム世界の)ワールドレコードは80cmオーバーですから、想像を絶しますがく〜(落胆した顔)
(まぁ実世界でもとてつもないのがいるようですけどあせあせ(飛び散る汗)

この鯉は今、私のアクアリウムに入っているのですが、水槽に入れることが出来る魚の総全長が決まっているため、迂闊に大物ばかり放り込んでしまうと、匹数制限をクリアしてても入れられなくなってしまうのが何ともふらふら
(水槽の大きさが決まっているので当然と言えば当然の仕様ですが・・・)

琵琶湖も一段落したところで、式根島の波止場や、ゴムボートを繰り出して少し沖へ出たところで海釣りもやってみました。
blog1860.jpg
マアジやサヨリ、トビウオ、メバルなど、食べたら美味しそうな魚も釣れるので、
blog1859.jpg
クエストやLv上げなんてものを度外視して、ただ釣ってるだけでも結構楽しいです。るんるん
(釣り上げた魚を料理して食べることが出来ないのが、とても残念ですけどちっ(怒った顔)
posted by マウザー at 19:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Fish Hunt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。