2013年06月01日

57cmのヤマメ

Fish HuntのLadyMarcyはLv15になりました。
blog1864.jpg
Lv15で使えるようになる釣竿とリールで装備が一新され、好みのスタイルに沿ってパワー型を選択したため竿はより短く硬い物に、リールもスピニングリールから両軸受けリールになって、
blog1865.jpg
見た目的に船釣り(やボート釣り)に適した形になりました。

式根島の釣りも快調で大型のサヨリやメバル、そして
blog1866.jpg
あまり見たことのないほど大型のアジも釣れるように。

私はアジのたたきが大好物です。レストラン
しかも魚屋で売っているような、刺身をちょっと細かく切ったようないい加減な物ではなく、ガンガン叩いてミンチ状になったところに生姜醤油をかけて、熱いご飯に乗せて食べると堪りません。わーい(嬉しい顔)
50cm物だと結構食べでがありますね(笑)

ところでゲーム中の河口湖ですが、
blog1867.jpg
中々良く雰囲気が出てます。
特に眼前に迫る富士山など、雰囲気など見る影も無いDOLに比べて迫真の出来です。
DOLは国産のゲームなのですから、富士山ぐらいちゃんと表現しようよって思います。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

その河口湖で、自己最長寸記録を更新。
blog1868.jpg
57cmのヤマメexclamation×2
これでも(ゲーム内)ワールドレコードは95cmですから大した事無い大きさですが、釣ること自体が難しい魚なので嬉しい限りです。手(チョキ)

主に渓流釣りで釣れるヤマメは、そんなに大きくならないイメージがあります。ちっ(怒った顔)
そこでウィキペディアで調べてみたのですが、ヤマメは陸封型のサクラマスの一種で、全長は40cm止まりのはず。

本家の降海型サクラマスでも60cmぐらいらしいので、恐らく何かの魚と間違ってるか、確信犯的にゲーム上の創作設定としているのでしょう。

釣り糸をぶち切るメダカとか、遁走する水草とか(笑)、このゲームは厳密に考えると(えええぇ?がく〜(落胆した顔))という箇所が少なくありません。
所詮無料ゲームですから文句を言うのは野暮なんで、細かく考えず生温くスルーするのが精神衛生上良いと思われます。(笑)
posted by マウザー at 13:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Fish Hunt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

中型水槽

Fish Huntの中で、ふと日誌を見てみると
blog1869.jpg
1日に300匹以上釣ってるとか、みかえるさんのコメントではありませんが(どこの漁協の方ですか?)と尋ねたくなるような漁獲高です(笑)

さて日本でできることはほぼ終わってしまったようなので、拠点を韓国に移しました。
blog1870.jpg
移動の航空運賃はFH協会が出してくれるのでタダです。(笑)
色々新しいクエストが待っていたので、次々とこなす内Lv19に到達!
blog1871.jpg
Lv19になって嬉しいのは、新しい釣竿とリールが使えるようになるのはもちろんですが、アクアリウムの中型水槽が使えるようになることexclamation

というのも以前の小型水槽では長寸制限で入りきらず、ずっとクーラーボックスの中で飼っていた(笑)先日のヤマメとかオオクチバスを収納できるからです。
blog1872.jpg
見た目も広くなりましたし、合計長寸が400cmから900cmになったので余裕ですねいい気分(温泉)

装備の方も一新。
blog1873.jpg
相変わらずパワー型です。
しかし、竿はともかくリールはスピニングリールに戻ってしまいました。がく〜(落胆した顔)

以前着ていた桃色のTシャツは錦鯉を釣ることで貰える『錦鯉Tシャツ』だったのですが、今着ているのは、錦鯉と同じくレア魚の黄金鯖を釣ることで貰えるようになる『黄金鯖Tシャツ』。わーい(嬉しい顔)
(正直微妙です。あせあせ(飛び散る汗)

釣りの方は70cmオーバーのチダイやら
blog1874.jpg

90cmオーバーのヒラマサやら、
blog1875.jpg

変わったところではエビとかがく〜(落胆した顔)
blog1876.jpg
せっせと普通に魚屋に並ぶような魚を釣り上げてます。わーい(嬉しい顔)

とりわけ手に汗握るファイトだったのがこれ。
blog1877.jpg
一般的にはオオマダイという魚種はありませんが、このゲーム世界にはこうした特殊な魚が何種か存在します。
ファンタジーRPGで言うところのユニークモンスター、あるいはネームドモンスターといった存在でしょうか。
(別にクエストモンスター的な魚もいます)

見て欲しいのは長寸よりも10分という対戦時間の長さですがく〜(落胆した顔)たらーっ(汗)

鯛釣りのポイントへ行った時に、ふと近くの水面を見ると巨大な魚影が!
ダメ元でトライしてみよう、ということで釣り糸を垂れてみると見事にヒット!
そこから、辛い闘いが始まりました。(笑)

通常と違い、相手のHPが全然減らないように感じます。
しかし、こちらも我慢して集中力を切らさないように意識しました。(元々集中力が続かないタチなので・・・・)

相手の引きが強くなれば糸を繰り出し、緩くなれば急いで巻き取り、の繰り返し。
あまり繰り出しすぎると糸が尽きて切られますから適度に締めないといけないのですが、それも限界があります。たらーっ(汗)
何度か(もうダメかも・・・)と思いかけた瞬間もありましたが、何とか繋ぎ止めておけました。あせあせ(飛び散る汗)
10分後、さしもの敵のHPも減り、ようやくランディング。手(チョキ)
(手が痛い・・・・・・・もうやだ〜(悲しい顔)

このゲームでは釣り針の掛かり具合が、釣り針マークの数の5段階表示で示されます。
大抵は外れることがありませんが、魚がプレイヤーに向かって走り釣り糸が緩むと掛かり具合が浅くなりマークが一つ減ることがあります。
私の場合、いつもと同じく『GREAT』(マーク4つ)からスタートしたのですが、闘い終えた時、針マークは1個(『BAD』状態)しか残ってませんでした。
これがいわゆる唇の皮1枚、というやつでしょうか。(笑)
posted by マウザー at 14:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Fish Hunt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

認識の相違

Fish Huntにおける魚の大きさのランクは『通常(無印)』>『特大』>『巨大』>『極大』と、より大きく右斜め上なっていきます。

で、問題はこのキンメダイなんですが・・・・
blog1880.jpg
日本の魚屋の店先に並ぶキンメダイのイメージだと30cm〜40cmは優にあるのが普通ですが、このゲーム内ではどんなに成長しても、それほど大きくはならない設定のようです。ふらふら
(名称が同じだけで違う魚なのか?とも思いましたが、NPCのセリフを聞いていると同じ魚を指しているように思えますし・・・)
先日のヤマメ(サクラマス?)の件といい、ゲームの開発者が魚のことをよく知らない・・・・ということはあり得ないのですが、何か認識がズレている気がします。
(まあ所詮ゲームなんで、ささいなことですがあせあせ(飛び散る汗)

そんなことを考えながらやっていると、Lv22になりました!
blog1878.jpg
例によって竿とリールを新しくします。
blog1879.jpg
リールがまた両軸受けになりましたわーい(嬉しい顔)
色調も紫で統一され、中々素敵です。黒ハート
折角なので、併せて紫色のキャップも購入してあげました。プレゼント

ところで、韓国の釣り場では釣りをする他に魚用の罠を設置することができます。
設置して20時間置くと魚が入ってる(ただし罠の引き揚げにお金がかかる)という寸法ですが、試しにやってみたら、何と先日あれほど苦労して釣り上げたオオマダイが入ってました。がく〜(落胆した顔)

しかも私が釣り上げた物より7cmも大きい奴が!

罠で手に入れてもEXPは入りませんし、図鑑の項目も(ほぼ)埋まらないので、苦労してでも釣ることはそれなりに意味があるのですがあせあせ(飛び散る汗)、あの苦労はなんだったのか?と思わないわけでもありませんもうやだ〜(悲しい顔)
posted by マウザー at 14:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Fish Hunt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

マイ・フィッシングボート

今日の獲物の中で特に目立った魚は、レア魚のグリーンベリー。
blog1884.jpg
Lv14で開放された2枠目のアクアリウムは海水魚、しかもスズメダイやクマノミなどの色鮮やかな小魚系を集めているので、即そこに収容しました。手(チョキ)

あとは、夜にしか現れず、しかも回遊するので居場所を掴むのが大変なクエスト魚ニテルマダイ。
blog1883.jpg


別のクエストでマンマと取り逃がしてしまった巨大メバルも、わざわざリベンジに行ってきました。
blog1885.jpg
逃がしてもクエ達成にはなるので、本来的にはリベンジする必要は無いのですが・・・

変な物も釣れましたがく〜(落胆した顔)
blog1882.jpg
エビや水草と同じく釣りの対象ではないのですが、ウミガメ釣るのはちょっと可哀想・・・わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

ところで、釣りに不可欠とも言える船は今までずっと、初期から使えるオレンジ色のゴムボートに乗ってきました。
当然ながら船脚は遅いし旋回性能も悪いです。
Lvが進むとより高性能なゴムボートも買えますが、(これまた当然ながら)お高いですし、いち早く釣り場に着かなきゃいけない、とも思わないのでわざわざ買うメリットは感じませんでした。

しかし上記のニテルマダイを追うには速い船が必要(出現時間が限られているため)ということもあり、また釣り人を志すなら自分の船を持つのはいわゆるひとつのドリーム野球と言うわけで、ここはゲーム内通貨のGOLDではなく、ゲームポータル内通貨のJEWELを使い、一隻買うことにしました。
(平たく言えば、課金アイテムを買うということですわーい(嬉しい顔)

モーターボートや木製の民族調の船など数種類あります。
一番先進的なデザインでかっこいいのはこれかなー
blog1889.jpg
と思ったんですが・・・・・・・

結局選択したのはこれでした。
blog1886.jpg
決め手は、屋根があること(笑)

このゲーム、いくら荒天になろうと波が高くなることはありません。
しかし横殴りの雨雨や雪雪は容赦なく吹き付けるので、半袖Tシャツ姿の女の子がゴムボートの上でずぶ濡れになっているのを想像すると悲惨な感じがしますから、やはり室内に退避できる船がいいかなと思うのです。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
(ちなみに船内に行ける機能はありませんw)

blog1888.jpg
航行時には(当然ですが)運転席に座ります。
夜になるとちゃんとヘッドライトが点灯するのが芸コマですね。

リアル世界でこんな船を買おうとすると
blog1890.jpg
約3,700万円かかるらしい(ヤンマーのHPより)ですが、これが(いくらバーチャルとはいえ)たった800円で買えるんですから大変お得?(笑)

アイテム課金については賛否両論あると思います。
私個人としては、単純なる成長促進アイテムや性能強化アイテムは、(早く成長しても、それだけ楽しめる時間が短くなるだけで、かえって損だろうという考えで)恐らく買わないです。

今回のケースでは、確かに課金船の加速性能も速度もゴムボートとは段違いです。
(単なる船外機と専用発動機の2軸スクリューですから、違って当然なのですがあせあせ(飛び散る汗)

しかし船に対して(というか船を持つことに対して)も思い入れがあるので、仮にゴムボートと同じ性能でも、やはり買っていたでしょう。わーい(嬉しい顔)

それに面白いゲーム・良いゲームに対しては、少しはお金を落としてあげるのも礼儀でしょうよ、という考えもあります(若干言い訳がましいですがわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

早速使ってみました。
blog1887.jpg
乗ってみてわかったのですが、船体が予想外に大きいがく〜(落胆した顔)
39人(船長+副長2人+船員36人)乗りの巡航ハイクリッパーには比べるべくもないですが(笑)、恐らくこのゲーム内では一番大きいんじゃないでしょうか。
大きい図体でポイントに乗り込むのはちょっと引け目を感じます。たらーっ(汗)

それはいいとしても、船首から釣り糸を垂れると水面との距離がかなりあるため、竿を倒しにくくなって不便になります。
おまけに船首から船尾に向かう場合、狭い通路を通らなければならないので簡単には移動できません。

ですから釣ることだけを考えた場合、水面との差があまりなく、360度どの方向にもキャストできるゴムボートの方が使いやすい気がします。
船からゴムボートを降ろして使うようなことができればいいのですが、そんな仕様はまず取り入れられないでしょうね。ふらふら

で、この船でバンバン沖合いに行くぞー、と思ったら見えない壁にゴツーンとぶつかるのはお約束ですか?もうやだ〜(悲しい顔)
(DOLじゃないんだからわーい(嬉しい顔)
posted by マウザー at 19:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Fish Hunt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

アメマス

Lv23になって、ようやく『PERFECT(釣り針マーク5つ)』アワセを出すコツを掴んだ(今更かっちっ(怒った顔))ので、『PERFECT』が出せずに埋まってなかった図鑑項目を埋めるべく、河口湖へドジョウ釣りに。

それはすぐ埋まったのですが、以前は50cmでも凄い格闘をしていたコイも、70cm級をあっけなく釣り上げてしまいました。
Lv(と釣具性能)の上昇の賜物と言えばそれまでですが、この辺はRPGではよくある出来事ですね。あせあせ(飛び散る汗)

その後、図鑑に載っている河口湖の魚を全て埋めてないことに気付いたので、(しょうがなく)攻略wikiを見て、最後の一種アメマスを釣りに行きました。
blog1891.jpg
大きさは程ほどですが、私の淡水魚水槽が更に華やかになって嬉しいです。揺れるハート

ところでRPGでは、よくクエストという言葉を略して『クエ』と言います。
(転職クエストを『転クエ』と言ったりしますね)

一方、ハタ科の魚にも『クエ』というのがいます。
blog1892.jpg
で、魚のクエを釣って来いというクエスト(実在します)は『クエクエ』と言う・・・・・・のかどうかは知りませんがふらふら、紛らわしいので、このブログのFish Huntの記事内ではクエストは『クエスト』と表記することにします(どうでもいい話ですがあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
posted by マウザー at 12:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Fish Hunt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

1m越え

1mと言っても1『メガ』ではなく『メートル』です。(普通そうかわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

まず、マイレコード(MR)を0.45cm越えた(笑)クエ。
blog1894.jpg
『特大』クラスでしかないので、まだまだ上はいる、ということですね。がく〜(落胆した顔)
(巨大魚として名高い魚ですから当然ですが)

で、そのクエよりデカい魚。がく〜(落胆した顔)
blog1895.jpg
『鱈腹食う』の語源ともなるマダラ。
そんなに大きくなるの?と思いましたが、ウィキペによると全然問題なさそうです。たらーっ(汗)

さて問題のイシダイ。
blog1896.jpg
クエほどではありませんが、イシダイはクエやイシナギと並んで巨大魚の代名詞のようなイメージがあります。
それが『極大』クラスで40cm級というのは、ちょっと過小評価し過ぎでは?(笑)
(ちなみにウィキペでは成魚50cmが普通で、稀に70cm級も、という表記でした)
posted by マウザー at 12:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Fish Hunt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

Tシャツコレクション

1メートル越えのスズキも釣りました!
blog1897.jpg
スズキといえばバス科特有の『エラ洗い(水面上にジャンプして針を外す特技)』が見られるかと思いましたが、残念ながら実装されてないようです。ふらふら

Fish Huntには釣り上げた魚を見せびらかす『自慢』という機能が付いていることに(今更ながら)気が付いたので、使ってみました。
blog1898.jpg
1メートルを越す魚を軽々と抱える筋力に脱帽です。(笑)
(しかも画像では良くわかりませんが、魚がビチビチと動いているのですがく〜(落胆した顔)

ところでこのゲーム、ある課題をクリアすると、PCが着られるTシャツを貰えます。
隅田川の課題を全クリアすると貰える『東京』Tシャツ、錦鯉を釣ると貰える『錦鯉』Tシャツ、黄金鯖を釣ると貰える『黄金鯖』Tシャツは既に紹介しましたが、今回は違うヴァージョン。

まず韓国のホンヒョンでの課題を全クリアすると貰える『サウスブルー』Tシャツ。
ホンヒョンの全クリアには、先日ここでも書いたオオマダイが絡んできます。
最大の難関は『かかったオオマダイに逃げられる』こと。

要は釣りあげずに逃がせばいいのですから、普通にやっても逃げられる可能性高いでしょ?と気楽に釣ってみました。
すると、前回よりLvも釣具性能も向上しているためか、なんと比較的簡単に釣れてしまいましたふらふら(サイズも前回より小さかったこともあるんですが・・・・・)

しょうがないのでマップのチャンネルを変えて再挑戦。
釣り糸を巻き上げっぱなしにし、わざと切られることで、なんとか課題クリア。(う〜むちっ(怒った顔)
blog1899.jpg

blog1900.jpg
非常に地味です。ふらふら
南海電鉄の電車は昔、難波から和歌山にアジを釣りに行く時に一回だけ乗った記憶があります。(その『南海』と違うからあせあせ(飛び散る汗)

河口湖の課題を全クリすると『河口湖』Tシャツを貰えます。
難関は、これまた以前に書いたこともあるアメマスです。

この魚を釣るための特殊な餌が『魚の内臓』というのですが、これは普通の魚からは作れず、エサ職人に合成してもらわなければなりません。
そして合成に必要な材料『キレイな内臓』はヤマメを釣った時のドロップでしか手に入りません。
そしてヤマメは特定のポイントを回遊するので、魚影を追いかけて釣らねばならない手間がかかります。
しかも、釣ると必ずドロップするわけでも無いという・・・・・・
(私の場合、8匹釣ってドロップしたのは4匹だけたらーっ(汗)

苦労してヤマメを釣り、餌は確保しました。(おかげでヤマメ釣りのコツは掴めた気がしますわーい(嬉しい顔)

残された課題は『かかったアメマスに逃げられる』ことと『90cmオーバーのアメマスを釣り上げる』こと。

アメマスはゲーム内時間で朝〜昼にしか現れない魚(オオマダイもそうでしたが)。
陽が落ちると魚影が消えてしまうので、明るい内が勝負です。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

90cmオーバーは流石に難しいかなーと思いながらチャレンジ。
しかし幸いなことに2匹目で95cmの魚を釣り上げることができました。

後は、またわざと切られる課題が残りました。
普通に釣って大物がかかって奮闘空しく切られる、というのが理想なんですが、3匹目にかかった魚は、どうやらそんな大物ではなさそうです。

オオマダイと同じく巻き上げっぱなしにしましたが、糸が張り切る前に釣り上げてしまいそうですあせあせ(飛び散る汗)
しょうがないので糸を緩みっぱなしにして、自分で針を外してもらうことにしました(笑)
blog1902.jpg

blog1903.jpg
『東京』Tシャツの漢字と色が違うver.ですね。
なんと言うか、生地が微妙な色です・・・・・ふらふら
PCの容姿次第では良い色だと思うのですが、赤茶色の髪と茶色のカーゴパンツを履いた人には、ちとアンバランスな気がします。あせあせ(飛び散る汗)

ちなみにアメマスを釣ると『アメマス』Tシャツも貰えるんですが、
blog1901.jpg
灰色っぽい生地にアメマスがプリントされただけ、という、何のデザイン性もない代物でしたもうやだ〜(悲しい顔)
posted by マウザー at 13:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Fish Hunt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

極大キツネベラ

今日の大物は、極大のマハタ
blog1905.jpg

と、
blog1906.jpg
オオサワラ。

オオサワラはオオマダイと同じく、ゲーム内のユニークモンスターユニークフィッシュです。
猛烈に引っ張ったかと思うと、物凄い速度でプレイヤー側に反転してきて糸を弛ませ、こちらがなす術も無いまま釣り針を外される、という嫌らしい攻撃をしてきます(笑)

1匹目はそれでまんまと取り逃がしました。
2匹目の途中で、『糸を弛ませられたら出来るだけ竿を立てる』のが有効だと気付いたので、その後は上手く抑えることが出来るようになりました。手(チョキ)

ところで、今度は式根島の図鑑項目をコンプしようとしています。
そこでの難関は『キツネベラを3匹釣り、餌を作成すること』。

キツネベラは式根島マップの全域で釣れますが、釣ってみると滅多に釣れない珍しい魚。
ポイントが特定できないことが、逆に難易度を上げています。ふらふら

キツネベラ用の釣り餌は手軽に手に入るのが救いですが、雑魚のカタクチイワシやマハゼの攻撃に耐えながら根気良く釣らねばなりません。

で、ようやく掛かったのですが・・・・・
blog1904.jpg
そんな必要も無いのに『極大』クラスを釣り上げてしまいました。がく〜(落胆した顔)

釣り上げた魚から餌を作成すると魚本体は消滅してしまいます。もうやだ〜(悲しい顔)
せっかくの極大魚を潰してしまうのはもったいないふらふらと思って、渋々アクアリウムで飼う事に。
すると『水槽のサイズからオーバーします』と言われてしまいました。

泣く泣く(貴重な資金の中から)1.4k GOLD出して2個目の中型水槽を導入することにもうやだ〜(悲しい顔)
posted by マウザー at 15:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Fish Hunt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

2m越え

その後、首尾よく別のキツネベラを釣り上げ、式根島の課題は全てクリアしました。
blog1908.jpg
釣れない時は耐久100の釣竿が10を切るまで延々と釣っても釣れないのに、釣れる時は釣り場に着いて2投目で釣れるとかがく〜(落胆した顔)
(そういうもんですけどねあせあせ(飛び散る汗)

ちなみにLadyMarcyが釣りをする姿がこれですが、ちょっと違和感を感じます。
blog1907.jpg
というのも、スピニングリールを右手で巻いているから。

世界人口の80%は右利きだという話ですが、右利きの人が釣竿を持つ場合、リールは左手で巻くのがセオリーです。
なぜかと言うと、魚信(アタリ)に対して竿をアワせる(=竿を振って釣り糸を張り、釣り針を魚の口に引っ掛ける)のは微妙な感覚が要求されるので、利き手で行なうのが常識的だからです。

右手でアワせて、更に右手を竿から離してリールに持ち替える、というのは余計なアクションがかかります。
右手でアワせて、リールは左手で巻くのがスムーズかつスマートでしょう、ということなのです。
恐らく釣具屋に並ぶスピニングリールのハンドルが
blog1913.jpg
初期状態で左に付いている理由はそこにあると思われます。

断っておきますが、これはセオリーというか理屈の話であって、良い悪いの話ではありません。
どちらの手で巻いても本人の自由で、使い易いやり方で使うのが正しいのです。
ですから左利きだったり、右利きだけどアワせは左手でやる方がやり易いという人は、右手で巻いてなんら問題ないのです。

問題は、こんな(釣りをする上で)常識的な、私が得々と語るようなことでもない事を釣りゲームの開発者が知らない筈ないにもかかわらず、ゲーム上で反映されていない事。
まあ、色々事情があるのでしょうけどね。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

ちなみにLadyMarcyは(リネ2ではずっと右手で弓を撃っていたことから)右利きという設定です(笑)

ところで先日の記事でイシダイの大きさを話題にしましたが、近似種のイシガキダイは巨大魚だという認識があるようです。
blog1909.jpg
よかった、よかった。わーい(嬉しい顔)

韓国の灯台島(実際にそんな場所があるのかは知りませんがたらーっ(汗))はマップの中の海の割合が大きく、船を相当走らせても船壁にぶつからないので気持ちがいいです。
blog1912.jpg

その灯台島で、2mを越えるクロマグロを釣り上げました!
blog1910.jpg
根っから小心者の私は大物志向なんて更々ないのですがあせあせ(飛び散る汗)、クエストがあるので挑戦せざるを得なくて、ダメ元でやってみっか(失敗してもクエストは達成されるし)と思ってトライしてみたら、存外に上手く釣り上げられてしまったのでした。手(チョキ)
blog1911.jpg
『自慢』してみましたが2mを越えると流石に持ち抱えることはできないらしく(笑)、吊るし台にぶら下げることに。わーい(嬉しい顔)

『特大』サイズなのでそこそこ大きい筈ですが、ゲーム内WR(ワールドレコード)は何と3m47。
さんめーとる!がく〜(落胆した顔)
想像もつきません(笑)
posted by マウザー at 13:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Fish Hunt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

セクシーショット?

今日の大物は1m越えのスケトウダラと
blog1915.jpg
ちょっとした女の子の身長ほどもあるシイラ。
blog1916.jpg
シイラといえばDOLではマデイラ沖の名物(違ふらふら)ですが、カジキのトローリング釣りで外道として掛かることも多く、どちらかと言うと暖かい海に生息するイメージが強いです。

従って、どちらかと言うと北の海に生息するスケトウダラと同じ海域で釣れるのは少し違和感を感じるのですが、ウィキペによると北海道辺りまで北上することもあるそうですから、あながち間違いではないようです。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

ところで、LadyMarcyの格好はTシャツにカーゴパンツに運動靴という貧相ないでたちです。ふらふら
折角プレジャーボートに乗っているのですから、やはりそれなりの格好もしたいところです(をいちっ(怒った顔)

FHのショップでは、とても釣りをする格好とは思えない衣装を売ってたりするのですが、中でも露出を最大限に大きくしたものを選んで試着してみました。
blog1914.jpg
クルーザーのデッキで寝転ぶには適正な格好と言えるでしょう(笑)

ただ、今更言うまでもないことですが、山や海のアウトドア・ライフを楽しむ際、みだりに肌を露出するのはあまり好ましくありません。

日焼けを防ぐためとか、ぶよや蚊の攻撃から身を守るためもありますが、特に釣りの場合、間違って釣り針がブッスリがく〜(落胆した顔)いくのを防ぐためもあります。

自分で刺すことはあまり無いにしても、他人(得てして知人であったりしますが)の投げる範囲に誤って入ってしまったりすると、往々にして事故が起きるものなのです。
なので、現実世界では一見ダサくても長袖長ズボンの着用をお勧めします。わーい(嬉しい顔)
posted by マウザー at 13:49| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Fish Hunt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

大会初参加

このところの釣果ですが、
blog1917.jpg
コンスタントに200匹以上釣っていますがく〜(落胆した顔)

しかしこれだけ釣ってても、(公式HPで集計記録が見られる)全プレイヤー対象の『釣り上げた数ランキング』では現在12位でしかありませんので、上には上が一杯いるってことですね。(笑)

このゲームの凄いのは、釣った魚のデータを全て記録していることです。
この『日誌』の、それぞれの日にちの部分をクリックすると、その日に釣った魚の種類・大きさ(重さ)・釣った場所・釣り餌・釣った時間などが詳細に記録されているのです。

DOLで言うと倒したNPC船の種別・隻数・使った砲弾などを1日単位で記録するようなもの。
そんなことをしたらPC用のデータ量が膨大になるだろうと思うんですが、特に問題もなく動いています。がく〜(落胆した顔)
この機能は後から(あの日は〜)と記憶を呼び覚ますのに役立ちますね。

ところで、釣り大会に初めて参加しました。
釣り大会は毎月何度も、最大でも2日おきぐらいに開催されるので今までも参加チャンスは度々あったのですが、何となくパスしてきました。

しかし今日はふとやる気になって、開催場所である河口湖へ向かいます。
参加する気になった時点で開催から既に7分も過ぎてますしがく〜(落胆した顔)、心の準備もエサの準備も全然ですし、ポイントの把握も全然なのでわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)、元より入賞などは狙ってませんが、オリンピックと同じで『参加することに意義がある』ということで(笑)

結果は
blog1918.jpg
予想通り(?)の低い結果(17位)に。
一番得点の高いコイではなくウケ狙いのためドジョウポイントで釣っていたので、目論見通り(笑)『最もドジョウを釣った』項目で記録されました。手(チョキ)

そして参加賞とエンブレムを貰いました。
blog1919.jpg
エンブレムはプレイヤー名の横に表示することが出来るのですが、私のはランク的に一番低いエンブレムなので、いかにも『ビギナー』だと触れ回ることになります。ふらふら
ま、本当にビギナーなのでいいのですけど。わーい(嬉しい顔)

大会は完全に個人競技なので、PTメンバーの都合やら所属陣営の都合を考える必要がないのが良いです。
しかも開始時間から40分間拘束されるだけなので、DOLの大海戦のように3時間も拘束されませんし。(3時間付き合わないと顰蹙を買いそうな風潮が問題なのですが・・・・あせあせ(飛び散る汗)

もっとも、いかにハンデキャップがあるとはいえ高Lv者が断然有利な仕様だけに、入賞者が毎回固定化される恐れがあるので、全プレイヤー向けではないのかもしれません。ちっ(怒った顔)
でも、座興としてはいいコンテンツだと思います。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

ちなみに現実世界では一匹長寸(釣った対象魚の中で最も長い1匹)、あるいは二匹長寸で競うルールが多く、ビギナーズラックで大物を上げた初心者が入賞する可能性もあるのですけど、オンラインゲームでそれをやると、時間と金をつぎ込んでいる人から文句が出るのでしょうね。ふらふら

ところで、韓国でのSTORYクエスト(DOLでいうところの連続クエスト)もいよいよ終盤となり、パク老人(NPC)の脚を傷つけた巨大魚の正体が判明したところまで進みました。

で、そいつを釣り上げなければならないのですが、
blog1920.jpg
ノコギリカジキというその魚。
連続クエストの途中で2回釣り上げそこない、恐らく最終クエストでも2回挑戦し、どちらも善戦しましたが、途中でブチ切られる結果に。

クエストはLv24〜ですし、Lv29のPCがLv25の釣竿+リールを+3まで強化した装備を使っていて釣り上げられない筈はない(私が下手だから、という自明の事実は抜きにして)と思うのですが、緊急発動のフォーカス・スキルを使っても(使いどころも難しいのですが)まったく歯が立ちません。もうやだ〜(悲しい顔)

この魚が食う『薄切りした肝臓』はクエやスズキ釣りにも使う優秀な餌なため、すぐ在庫が尽きてしまいます。
補充するためにはシルバークローカーと呼ばれるイシモチの一種やスケトウダラやマダラを釣って、そこから生成しないといけません。
餌を作るために餌の魚をまず釣る、というのは巨大魚釣りにはよくあることらしいですが、なるほど、これがいわゆる『まだらの紐』ならぬ『マダラの肝』というやつですかわーい(嬉しい顔)(それが言いたかっただけかいっちっ(怒った顔)

ちょっとメゲたのでバッド(下向き矢印)ノコギリカジキは一時諦めて、Lv30になってからLv30用の装備で臨むことにしました。ふらふらたらーっ(汗)

その代わりと言っては何ですが、デカデカアナゴは釣れるようになりました。
blog1921.jpg
こちらも動きがトリッキーで神経を使うので、1匹釣るのもかなり疲れます。
なのに、図鑑項目を埋めるためには、釣る途中でカウンターを3回以上当てる大きなデカデカアナゴを、あと2匹も釣らないといけない、という・・・・・もうやだ〜(悲しい顔)
posted by マウザー at 14:36| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Fish Hunt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

なぜピラルクが?

韓国でのクエストはほぼ終わったので、細かく残った図鑑項目を逐次埋めていってます。
今日はコムン島とヨクチ島の図鑑を完成。
blog1923.jpg
コムン島の場合は『巨大メバルをカウンターなしで釣る』という比較的簡単なものだったのですが、ヨクチ島はフォーフィンガースレッドフィン(名前長いわちっ(怒った顔))という、よく知らない魚を何匹か釣らねばなりません。
blog1922.jpg
その魚が落とす『硬い骨の破片』を得ることが課題達成に必要だったのですが、中々出ず(もしかしてプレイヤーLvと差がありすぎると出ないの?)と不安になりました。
・・・・・が、不安を抑えて釣っていく内に何匹か目で無事ゲット。

例によって『逃げられる』課題もあったのですが、意図せずに一匹逃げられていたので、わざと逃がすのは1匹で済みました。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

さて、韓国周辺もそろそろ煮詰まってきたので、ようやく重い腰を上げ、東南アジアへ拠点を移すことにしました。
blog1927.jpg
行けるエリアをざっと行ってみて、受けられるクエストのLvが一番低いドンコン(ラオス近郊)へ。

(当然と言えば当然ですが)韓国で使っていた釣り餌がまったく使えないので、やむなくショップから東南アジア用の餌を少量購入しなければなりません。ふらふら

で、第一投目でタカサゴイシモチとかいう小魚を釣り上げ、ほうほうと感心した後の第二投目。

リールから糸がどんどん出て行きます!
カウンターを入れても魚のHPがビクともしません。がく〜(落胆した顔)

ただ糸を切られるのではなく、全ての糸を出し切って切られるという事態に。
思わずログを確認すると
blog1924.jpg
ピラルクだってぇ?がく〜(落胆した顔)
あの魚は南米固有種じゃなかったっけ?
それがなぜ東南アジアの、しかも町の目の前の浅瀬に?
(その後の特大ブダイっていうのもよくわかりませんがもうやだ〜(悲しい顔)

夜だったので暗くてよく見えませんでしたが、明るくなって水面を見てみると、確かに剣呑そうな(笑)魚影が。ふらふら

場所を変えて、魚影の無さそうなところにキャスティング。
すると何匹か釣った後再びピラルクがかかり、ラッキーなことに、今度は上手く釣り上げることが出来ました。
blog1925.jpg
何と言っても世界最大の淡水魚ですから、1.7mなんてピラルクの稚魚と言っていい大きさかもしれません。あせあせ(飛び散る汗)
ちなみにゲーム内WRは5.75m。
さもありなん、というところですわーい(嬉しい顔)

2つほどクエストをやった後ショップで購入した餌が尽きたので、釣り上げた魚から別の餌を生成し、釣り続けてみました。

すると今度はギンザケが。
blog1926.jpg
言うまでもないですが、ギンザケは北方に棲む魚。
ここはラオス近郊ということなので釣ってる場所はメコン川なのでしょうけど、ギンザケにしろピラルクにしろ、居るべき魚ではありません。

ゲームは教科書と違うので現実と違ってもそんなに腹は立たない私ですが、これは流石にカオス過ぎる気がします。むかっ(怒り)
う〜んちっ(怒った顔)

ところで、Fish Huntは12日から大規模メンテナンスで最大48時間使えなくなります。

ああ、山積するダイアログの誤字・脱字・誤変換・ボタンの文字のはみ出しが修正されるのね?わーい(嬉しい顔)
と思ったら、単にハードウェア機器のグレードアップをするだけらしい。ふらふら
ま、やらないよりはやるに越したことがないわけですがあせあせ(飛び散る汗)
posted by マウザー at 03:45| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | Fish Hunt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

ノコギリカジキ

Fish Hunt、というよりゲームポータルPMANGの大規模メンテは、きっかり36時間で終わりました。

メンテ前までに、Lv30まで後10%ほどに迫っていたLadyMarcyは引き続きドンコンでハンパラやら
blog1928.jpg
パールンやらいう、あまり馴染みの無い魚(熱帯魚通にはそうでもないらしいですが)をチョロチョロ釣ってるうちに、Lv30に到達。
blog1929.jpg
早速、店売りのLv30から使える釣竿とリールと釣り糸を揃え、韓国に舞い戻って宿敵のノコギリカジキに挑みます。
blog1930.jpg
Lv30装備は流石に優秀で、あれほどブチ切られたカジキも遂に御用となりました。
(と言いながらファイトに6分も掛かっているのですがあせあせ(飛び散る汗)

陸に上がってご尊顔を拝見してみましたが、
blog1931.jpg
思わず(ちっちゃっ!がく〜(落胆した顔))と叫んでしまうほど、その小ささにガッカリふらふらたらーっ(汗)

とりあえずコイツを釣り上げたことによって連続クエストは終わりかと思いきや、新たにクエストが幾つか生まれました。
blog1932.jpg
が、特にどうと言うことも無く終了。
図鑑項目がまだチョボチョボ残っているのですが、それは追々埋めていくとして、これで心置きなく東南アジアに集中できます。わーい(嬉しい顔)

これからはしばらく、ドンコンやビンパールが主戦場になるでしょう。
blog1933.jpg
ちなみにピラルクはMRを大幅に更新する2匹目ゲット!

posted by マウザー at 13:32| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Fish Hunt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

アンコールワットでの釣り

ドンコンで遂に4m級のピラルクを釣り上げました!
blog1934.jpg
と言っても、決して腕が上がったのではなくあせあせ(飛び散る汗)、Lv30装備に加え、衣装に通常ダメージやカウンターダメージを増加させる宝石を装着できるようになったのが大きいのかな、と思います。
動きから推測すると『極大』サイズでも釣り上げられそうで、ピラルクの難易度はそれほど高く設定されてないようです。
blog1935.jpg
数少ないながらソーシャルアクション機能があることも(今更ながら)発見しましたがく〜(落胆した顔)

ところで、NPCから受諾するクエストの必要Lvの低さを見て、まずドンコンに行ったわけですが、アンコールワットのクエスト一覧をよく見てみると、必要Lvがより高いクエストの下に、もっと低いLvのクエストが隠されているのを発見!
(それも一度に受けきれない程たくさん!)

ええぇぇがく〜(落胆した顔)って感じです。
スクロールしないとクエスト一覧を全部見れない仕様が・・・・・・もうやだ〜(悲しい顔)

とは言っても、こちらのLvがどうあれクエストで貰えるEXPは変わらないので、大したことではないのですが・・・・
blog1936.jpg
有名なアンコールワット遺跡の目の前にある池で釣ることになります。

遺跡とはいえ宗教施設の眼前で釣り(=殺傷行為)をしていいんだろうか?ふらふらと思ったりしますが、こっちは無神論者なので気にしないことにします(笑)

DOLでもシェムリアップ遺跡として登場するこの建物。
中もそれなりにらしく作ってあって、クエストをくれるNPCの僧侶がいたりします。
blog1937.jpg
で、その池なんですが、広い上に多種多様な魚がいて驚かされます。
blog1938.jpg
フォーフィンガートレッドフィンの時は全角表示で名前が表示しきれなかった不具合は、半角表示で逃げることにしたようですねわーい(嬉しい顔)(つかフォントの大きさがそもそも大きすぎたんじゃ?)

そんなわけでアンコールワットの釣りは当分続きそうです。
posted by マウザー at 13:26| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fish Hunt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

淡水の巨大エイ

全然釣る意思はなかったのですが、あるクエストをやっていたら偶然かかりました。
blog1939.jpg
ヒマンチュラ・チャオプラヤ。
語呂の良い魚ですねわーい(嬉しい顔)
私はよく知りませんでしたが、調べてみると淡水に棲むエイでは最大の魚らしい。
(ネットに、大人の人間と実物が一緒に写っている画像を載せたブログがあって、思わず笑ってしまいましたわーい(嬉しい顔)
4.6mのピラルクでも重さは220kgなのに、500kg超の体重はいくらなんでもオーバーじゃない?と思いましたが、現実世界でも300kg程度は普通らしいので、少しもおかしくないようです。あせあせ(飛び散る汗)
名前もヒマン(肥満)チュラだしわーい(嬉しい顔)、幅が(横に)広い分、重いのでしょうね。

今日は、またまた河口湖で釣り大会がありました。
22時スタートという私にとっては一番参加しやすい時間帯で、しかも対象魚はドジョウ。
前回は7分遅刻でしたが、今回は満を辞して餌を充分な数揃え、開催前に参加登録し、ポイントに乗りつけ開催を待つ、という万全の体制をとりました(笑)

上位の人には装備の質も腕も経験も敵わないのはわかってますから、狙うのは前回の自己記録の更新。
前回釣り上げた数20匹を上回ることと、挙げたptsを上回るのが目標です。

結果・・・・・・・・
blog1942.jpg
前回は17位でしたが、今回は(ギリギリ)ベスト10に入りました!わーい(嬉しい顔)
釣り上げた数29匹はTOPの人(21匹)をも上回ってますが、残念ながら数は考慮外らしい。もうやだ〜(悲しい顔)

さて、ずっと東南アジアにいても飽きるので、隅田川に『特別な魚』を釣りに行ってきました。
4mオーバーのピラルクを釣り上げられる装備で、極大サイズとはいえ体長20cmのツチフキ
blog1943.jpg
にブチ切られるとか・・・・・・もうやだ〜(悲しい顔)

今回一番の大物は『巨大フナ』。
blog1941.jpg
フナの『巨大』サイズではなく、『オオマダイ』や『巨大メバル』と同じく、ゲーム内固有種です。
1mオーバーのフナがいるとは、隅田川もキレイになったもんですね。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

巨大フナはナマズ類を釣る餌を生成するための魚として認識されているようで、恐らくどんなに小さいサイズでもリリースされることはないでしょう。
ただ、この極大巨大フナ(紛らわしいw)を潰すのは可哀想なので(笑)、何とか水槽の余地を空けて飼うことにしましたわーい(嬉しい顔)

余勢を駆って河口湖のライギョ釣りにも挑戦。
blog1940.jpg
他の特別魚と違い、餌が特殊では無いのがいいですね。

しかし、図鑑項目を埋めるためには何匹か釣らないといけないません。
例によって『逃げられる』課題もあったのですが、そのことを充分に承知しながら、いざ釣りはじめてみると思わず釣りあげてしまう性分に我ながら呆れてしまいます。ふらふら
posted by マウザー at 13:38| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fish Hunt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

忠実なる僕

FHの陰に隠れて、DOLの方もこっそりやってたりします。

『アムステルダム証券取引所』イベントは4キャラ全員で参加して、カドゥケウス紋章1個と打掛オーナメント1個とその他諸々、という感じです。

打掛はシスターマーシーのアパに目出度く収まりました。
blog1947.jpg

面白かったのが、終盤で無価値になった『アルギン造船所』の株を最後まで持っていた人に、『緊急造船紙』8枚の手当てが付いたこと。
blog1944.jpg
ある意味、持ってて良かった結果になりました。わーい(嬉しい顔)
今にして思えば『修繕不要・破損済みスパンカー』とか『修理不要・浸水済み2層甲板』とかいうロクでもない新兵器開発がフラグだった、という話でしょうか(笑)

ところで、久しぶりの『皇帝選挙』もやっています。
blog1950.jpg
例によって一点掛け方針でルー氏に。

とはいいつつ、選挙開催当初に8連続で『冷徹なる助言』コンボが出続けてからというもの、前回の教訓に従って、候補者の『長所』が発表される終盤まで、支援券を買うだけで支援しない作戦を採ることに。

で、『長所』が発表されてから色々支援のパターンを模索していたのですが、
まず『長所』交易品3種盛り(酒類・香料・織物)のパターンだと『甘い誘惑』コンボになるようです。
blog1946.jpg
今までに出したことのないコンボなので献身のフードは有難かったのですが、一つで十分なのに『酒・香・織』でも『酒・香・酒』でも『甘い〜』になるのに閉口しました。もうやだ〜(悲しい顔)

試しに『長所』交易品を1種だけ(酒・酒・酒とか織・織・織とか)支援してみると『行くは我が道』コンボになることも判明。
blog1945.jpg
これは以前にも出したことがあるので、祭礼木装材2個だけ貰っておきました。

『冷徹〜』地獄から抜け出してある程度の結果が残せたので、同じようなパターンを探ってもしょうがないと思い、ここは直感に任せて『長所』交易品から敢えて外れてみました。

もちろん『冷徹〜』や『平々凡々』も出てくるのですが、ある時『現実主義者』コンボが出ました!
blog1949.jpg
支援パターンは食料品・医薬品・雑貨の順でしたが、どうも支援後の候補者の発言への対応に影響されるらしく、直後に同じパターンを試しても『冷徹〜』が出る始末。
てことは、交易品種別のパターン以外に発言のデータも取らなきゃいけないってことですねもうやだ〜(悲しい顔)
(まぁwikiに載ってますけど)

私的には緑色の装材には興味が無いので、鉱石+2の男性用服を大変有難く頂きました。

更に続けていくと、織物>雑貨(家臣の教育)>美術品(家臣の教育)パターンで『忠実なる僕』コンボが発生。
blog1948.jpg
火器+1靴は地味ですけど、持ってない装備なので、これまた有難く使わせてもらうことにします。

結局、やはり『冷徹〜』と『平々〜』が多いので非戦密約の覚書と国家貢献勲記が無為に溜まることになりましたがたらーっ(汗)、今回は色々新しいコンボが見られたので有意義な選挙でした(笑)
posted by マウザー at 16:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

ビンパールの怖い奴

その後、餌の魚を釣り直し河口湖のライギョに再挑戦。
首尾よく1匹わざとバラして(=魚に逃げられること)ライギョの図鑑項目完成。

実はライギョを釣るとドロップするアイテムを使って、ビワコオオナマズ用の餌を合成することができます。
私も合成して、トライしてみました。

出現時間が午前9時から午後5時までなのが、どっかのサラリーマン風です。
特定の場所を回遊していて滅多に立ち止まらないので、始終追っかけていなければならず、珍しく立ち止まったところにキャストしても必ず食いつくわけではない(というか滅多に食いつかない)ので、非常に忍耐力が必要ですふらふら(もっともこのゲームの特別種はそういう魚が多いのですが)

ようやく釣り上げたのがこの一匹。
blog1951.jpg
オオナマズというには情けない程小さいです。あせあせ(飛び散る汗)
しかも河口湖で釣れるところが・・・・・・・たらーっ(汗)
釣り場所として琵琶湖が設定されてないならともかく、琵琶湖マップがちゃんと存在するのに、なぜ琵琶湖で釣れるようにしなかったんでしょうねぇ?がく〜(落胆した顔)
これじゃビワコオオナマズじゃなくてカワグチコオオナマズじゃないか!・・・・・・という突っ込みは推定3万人がやってる(大嘘)でしょうけど。

ところで、このゲームでは湖中や海中に突き出している島や岩に降り立つことが出来ます。
いわゆる磯釣りのイメージなんでしょう。

河口湖にはスワンボートが浮いているのですが、これにも乗り移ることができます(笑)
blog1952.jpg
流石に中には入れないようです(中に入ったら釣れないでしょうしあせあせ(飛び散る汗)

ベトナム北部のハロン湾にはジャンク風の船が浮いていて
blog1953.jpg
これまた乗り移れたりします。
blog1954.jpg
地形オブジェと同じ扱いなので動いたりしないのが残念ですが、ちょっと面白いと思いました。
DOLでも港に停泊するガレオンに乗り移れたりすると楽しいでしょうにね。わーい(嬉しい顔)

打って変わってベトナム有数のリゾート地ビンパール。
blog1957.jpg
折り良くTVバラエティの『知っとこ』で触れられていたのを観ましたが、本当に綺麗なところです。

・・・・・・・・が、岩礁地帯にはこんな危険な魚が。がく〜(落胆した顔)
blog1955.jpg

しかし、このマップで最も危険なのは、このNPCかもしれません。
blog1956.jpg
どこがって、このウエストの細さが揺れるハート(げふんげふんふらふら
posted by マウザー at 13:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Fish Hunt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イタチザメ

あまり東南アジアに居座るのもアレなんで、韓国で暴君サワラを釣ったりしてます。
blog1958.jpg
よく暴れる上に餌がやや特殊、というやっかいな魚ですが、ホンファロの図鑑完成のためには避けて通れないのです。
しかもあと最低2匹は釣らないといけない、というもうやだ〜(悲しい顔)・・・・・・(『PERFECT』アワセで2匹釣れ、という課題なため)

ところで夜にFHにINしてみると、アンコールワットで釣り大会が開催されていました。

TVを観ていたので、INした時点で既に開始後から11分経過しています。
参加しても中途半端な結果になることは目に見えてますが、少しでもランクポイントを稼ぎたいので、押して参加することにしました。

対象魚はスポッテッド・ナイフフィッシュ。
ポイントはある程度知ってますし、餌は手持ちが充分にあります。
外道(=目的外の魚)もあまり掛からずそこそこ順調に、しかし対象Lvが近いだけあってファイト時間はドジョウ並み、とはいかないので、ボチボチ程度の得点を重ねていました。

終了まであと数分となった時に事件は起りました。
blog1963.jpg
暫定3位にexclamationがく〜(落胆した顔)

とはいっても急に釣果が増えたわけではありません。
終了前5分間はバーニング・タイムといって獲得ptsが2倍になるのですが、その時に『ゾウの置物』という、ウミガメやエビと同じ様なラッキーアイテムを釣ることができたのです。
1個150ptsが2倍で300ptsという大僥倖!

結局最後の1分で掛けた魚を釣り上げるのが間に合わず、最終結果は4位に。
blog1964.jpg
狙って出来るもんでもなし、今後一切起らないかもしれませんが、とてもツイてればヘボヘボでも入賞は夢じゃないってことですね。わーい(嬉しい顔)
11分遅刻しなければ・・・・・・とは思いましたが、いわゆる棚ボタですから惜しいと思う方が筋違いってもんでしょう。(笑)

話は変わって、ハロン湾ではハタをはじめ
blog1962.jpg
東南アジアらしい色とりどりな魚を釣ることが出来ます。

しかし中にはイタチザメもいて、存在を確認し釣り上げることがクエストになってたりもします。
この魚も昼間にしか姿を現さない面倒な奴なんですが、どうにか魚影を見つけて針に掛けることができました。

1匹目はどういう動きをするかわからなかったり特大サイズだったこともあって、フォーカス・スキル(=4秒間スローモーション状態でリールを高速回転させる技)を使う間もなく、ファイト中盤でアッサリ切られましたもうやだ〜(悲しい顔)

気を取り直して再チャレンジ。(といってもかなり時間が経ってからですが)
blog1959.jpg
幸いなことにそこそこな大きさだったので、上手く釣り上げることができました。
blog1960.jpg
持ち上げてよく見ると、中々可愛げがあります。(そうか?がく〜(落胆した顔)
サイズ的にも水槽で飼うには良い大きさなので喜んでいたら、クエスト絡みでFH協会に没収されてしまいました。(ガ〜〜〜〜〜がく〜(落胆した顔)〜〜〜〜〜ン

ま、まぁ又釣ればいいんですけどねわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

で、イタチザメがドロップした、名前をブルーシャークという釣り竿があるんですが、
blog1961.jpg
Lv28〜でありながら、Lv30〜の市販品よりも高性能なのです。がく〜(落胆した顔)
(よくあることですが)

ありがとうサメ君、大事に使わせてもらうね(笑)
posted by マウザー at 14:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Fish Hunt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

プーケットのヨット

別に釣ろうと思ってたわけではないのですが、MRを20cmほど更新する4.8mのピラルクをゲット。
blog1965.jpg
『460cm以上のピラルクを2匹釣れ』という課題があることを思えば、そう目立って大きいわけでもないようです。あせあせ(飛び散る汗)

他にもゴールドチョウセンブナや
blog1969.jpg
ゴールデンハーフクロミスなど
blog1968.jpg
珍しい魚を釣ったのですが、水槽に入れようと思ったら例によってクエスト絡みでFH協会に没収されてしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)

ゴールデンハーフクロミスのクエストを達成すると、Tシャツをくれました。
blog1966.jpg
結構アーティスティックな柄ですね。わーい(嬉しい顔)

ゲーム当初は苦しかった資金も気がつけば1.2Mを越えていたので、思い切って新しいゴムボートを導入。
色のパターンは4種類あったんですが、内2種類はEXP取得性能が僅かに高い分、お値段も高かったのでパス。
残り2種が単色の黒とカモフラ・パターンだったので、黒単色は面白味がないかなーと思ってカモフラにしてみました。
blog1967.jpg
う〜むちっ(怒った顔)思ってたより配色がイマイチ。
やっぱり黒Ver.の方が良かったかなふらふら
できればウッドランド迷彩かタイガーストライプ迷彩に変更して欲しいところです。わーい(嬉しい顔)

しかし性能は抜群です。がく〜(落胆した顔)
速度ではプレジャーボートに及ばないものの遜色ない速さですし、小型な分小回りが効くし、釣り場に着いて即キャストできるし、水面に近いので釣りやすいし。
これならプレジャーボート買わなくても良かった?と思いましたが、序盤は資金的に苦しいし、バカンスにはやっぱりちゃんとした船の方がゴージャスですし。(笑)

ところでアンコールワット近辺でのSTORYクエストも佳境に入って、神王と呼ばれる巨大魚を釣って来い、と言われるようになりました。
で、トライしてみたのですが、予想通り一蹴されるハメに。
もし逃げられたらどこそこのNPCに会って来い、と言われて会ってみたら『欲があったのではありませんか?無心でやらなきゃだめですよ?』と言われる始末。たらーっ(汗)

どうも韓国のノコギリカジキと同じ匂いを感じたので、ここも一時棚上げし、あと1Lv上げてLv35用の釣具を装備できるまで待つことにしました。(えぇヘタレですとも!わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

ベトナム付近のクエストもほぼやり終えていて、Lv35になるまで魚を漫然と釣るのも芸がないので、本当はLv35になるまで踏み入れたくなかったプーケットに行ってみることに。
blog1971.jpg
いかにもリゾート地リゾートしてます(笑)
blog1970.jpg
可愛いネーチャンオネーサマNPC黒ハートもいるし、いいとこですね。わーい(嬉しい顔)(をいちっ(怒った顔)

DOLプレイヤーとしてはバンガローの先に停泊しているヨットが気になります。
blog1973.jpg
近付いてみると、この船にも乗れることがわかりました。
blog1972.jpg
舵輪横のコンソールを見る限り、かなり最新式(?)のヨットなのではないでしょうか。
blog1974.jpg
船内に行く階段もありましたが、行けるのは残念ながらここまで(当然ですがあせあせ(飛び散る汗)
blog1975.jpg

ハロン湾のジャンク船と同じく地形オブジェの一種なのでまったく動きませんが、こういう船船に乗って漫然と世界を航海できるゲームがあってもいいですね〜

アンコールワットの時と同じく、クエストが豊富に用意されているので、程無くLv35になりましたが
blog1976.jpg
今日はここまで。ふらふら
posted by マウザー at 14:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Fish Hunt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

ナマズ日和

Lv35になったので、Lv35〜の釣竿、リール、釣り糸をショップから購入。
blog1977.jpg
Lv35の装備はGOLDで買える市販品としては最高級の物なので、当然お高いですから慎重に選びました。

巨大魚と対決するためには、ヘビー&パワータイプの釣竿&リールより、柔軟性の高いライト&長距離タイプの組み合わせの方が有利だということはわかってます。

しかし、始終巨大魚と闘うわけじゃありませんし、同じタイプの方が使い慣れていることを考え、やはりヘビー&パワーを選ぶことにしました。
(理想的には両方持つのが良いのですが、資金もアイテム枠も食い潰すことになりますし・・・)

てことで、ブルーシャークの釣竿は、先日(大事にするよ)と言った舌の根が乾かない内に要らない子になってしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)(世の中そーいうもんですわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

で、アンコールワットの『神王』に再挑戦してきたのですが・・・・・・・

結果は前回と同じく、激しい動きに対応するのがやっとで、てんやわんやの内に中盤から終盤にかけて遁走されて終わり、という・・・・・もうやだ〜(悲しい顔)

腕が未熟なのは言われるまでも無いですがあせあせ(飛び散る汗)Lv35でだめならLv36で、それがダメなら最悪Lv40の装備でやればいっか、と負け惜しみを吐いて退場することにしました。わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

腹いせというわけではないですが、琵琶湖の河口湖のビワコオオナマズにも再挑戦。
blog1978.jpg
願ったり叶ったりの『極大』サイズですが、神王に比べれば何と簡単に釣れることか。
高HPなので削るのに時間はかかりますが、動きが鈍重なので対応が楽です。わーい(嬉しい顔)

余勢を駆って、以前釣るつもりもなかったのに勝手に掛かって勝手にブチ切ったメコンオオナマズにも再挑戦。
blog1979.jpg
ビワコオオナマズに比べればずっと対応が難しいのですが、神王に比べればまだ楽な方だと思います。あせあせ(飛び散る汗)
blog1980.jpg
『特大』以上ではなかったのもツイてましたが。

恐らく神王はアンコールワットマップのボス的存在でしょうから難易度が高くてもしょうがないと思いますが、結構トラウマになりそう・・・・・ふらふら

プーケットでは『ファインディング・ニモ』でお馴染みのカクレクマノミ
blog1984.jpg
を釣ったりしてましたが、ある時こんなものが。
blog1986.jpg
釣り上げるとたくさんのEXPと良いアイテムをドロップしてくれるのはいいのですが、哺乳類釣っちゃだめだろう、という気はしますふらふらあせあせ(飛び散る汗)

気分転換のため、少し北西のサムイ島にも行ってきました。
巨大な仏像が印象的です。
blog1981.jpg
サムイ島という割には暖かそうですが(そのダジャレの方が寒いわっちっ(怒った顔)

サムイ島ではマンタで有名なオニイトマキエイや
blog1983.jpg
ニモの色違いver.(笑)
blog1985.jpg
とかが釣れるのですが、クエストで中型の魚が釣れるのを想定している時に、何だか激しく動く大きな魚が掛かりました。
blog1982.jpg
見た目ハタなんですけどシーバス(日本ではスズキを指す)なんですね。
ちょっと調べてみて、世界的にはバスと名の付く異種の魚がたくさんいるらしいことがわかりました。わーい(嬉しい顔)
posted by マウザー at 13:42| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fish Hunt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

カジキ日和

プーケットでロボフィッシュなる探査用の機械魚を釣るクエストがあるんですが、
blog1988.jpg
デザインが無茶アナクロです(笑)

ところで、日本の『特別な魚』はまだナマズと怪物ナマズが残っているのですが、一時棚上げして韓国に移ることにしました。
韓国の特別な魚の内、クロメジナは以前、もっとLvが低い頃に一回挑戦して敗退した過去があります。
しかし今回再び挑んでみると、いとも簡単に釣り上げてしまいました。

クロメジナがドロップするアイテムを使って、バショウカジキ用の餌を合成することができます。
それを使って今度はバショウカジキに挑戦。

これまた以前もっと低Lvの時、とあるブイの下にカジキのシルエットをもった巨大な魚影を見つけてガクブルがく〜(落胆した顔)した記憶がありましたが、今回はその主を釣るわけです。
blog1989.jpg
案ずるより生むがナントカで、予想外に簡単に釣る事が出来てしまいました。

気を良くして、いつ作ったかわからない専用の餌5個を使ってクロカジキにも挑戦してみます。

最初の三投目までは餌取りに先に食われて失敗。
四投目で、いよいよ本命のクロカジキにヒット!・・・・・・・・・

・・・・・・・・しかしバショウカジキが楽に釣れたことで慢心&油断して操作が雑になっていたのでしょう、中盤の遁走でバラしてしまいました。

残弾(=残りの餌)は1発。
餌取りにやられる可能性も高いので、これは失敗か〜ふらふらと思いましたが、一縷の望みをかけてラストキャスト。

すると運良くもう一度クロカジキがヒット!
今度は慎重の上にも慎重を重ねて対処します。
blog1991.jpg
頑張った甲斐あって(笑)なんとか釣り上げることができました。
blog1992.jpg
ちょっと劇的だったので興奮しました。

閑話休題。
韓国のホンファロの図鑑項目を埋めるためには、丸々残っている『PERFECTアワセで暴君サワラを2匹釣る』課題をクリアしないといけません。

ところが以前やった時は、暴君サワラの魚信と私のアワセのタイミングがどうしても合わず、どうやっても1ランク低いGREATアワセになってしまうのです。

暴君サワラはホンファロの特定の場所に夜だけ現れる魚なので、アワセ損なったのに真面目に闘っていては時間がもったいないと思い、わざと切って再トライしたりしていましたが、アワセのコツが掴めない内に専用の餌が尽きて中断していたのです。

専用餌は作ろうと思えば作れるのですが、アワセを何とかしないと話になりません。
そこで別の(沢山ある汎用的な)餌を使い、同じ場所で釣れるサワラやオオサワラでアワセの練習をすることにしました。

30匹ほど釣っているうちに、一瞬PERFECTになってから一旦GREATに戻り(今まではこの段階でアワせていた)、再びPERFECTに向かうことを発見。
その時点まで待つように慣れるまで練習を継続。

もういけるかな?と自信がついた所で、暴君サワラ用の餌を作るため、アラを釣りに行きます。
blog1993.jpg
気がついてなかったのですが、サムチョク沖の図鑑項目もアラだけが残っていて、釣り上げた瞬間、図鑑完成。(でも報酬はしょぼいたらーっ(汗)

結局アラは1匹しか釣れなかったので専用餌は5個しか作れませんでしたが、それを持って暴君に再挑戦。

最初の1個目で上手くアワせるて1匹釣る事が出来ました!
次は餌取りに食われましたが、3発目も上手く成功。
blog1994.jpg
目出度くホンファロの図鑑完成!

ホンファロの図鑑が完成するとTシャツが貰えます。
(そのためにこだわっていたのですが)
blog1995.jpg
以前のサウスブルーTシャツに対応したイーストブルーTシャツ。
個人的に、白地は汚れ目が目立つので好きじゃありませんが。(笑)

先日プーケットのヨットに乗りたい話を書きましたが、運営元もそれは考えているらしく、今度実装された『アイランド・スクラッチ』なるガチャの景品に10人乗りのヨットとして含まれています。
blog1987.jpg
プーケットのヨットと同じ物かどうかはわかりませんが、非常に魅力的なことは確かです。

しかしガチャ一回で500円必要ですし、恐らくレア度は最高級でしょうから大金をつぎ込まないとだめでしょう。
従って誰でも手に出来る代物ではないようです。(当然と言えば当然ですが)
さすがアイテム課金システム、というところですね。

ま、まぁ例え手に入ったとしても帆走するにはマップが狭いのでDOL風の快適クルーズ、と言うわけにはいかないでしょうしあせあせ(飛び散る汗)(ひょっとして7月に実装される地中海マップがやたら広いという可能性もあるのですが)、私にはクルーザーで充分、と思うことにします。ふらふら
その手には乗らないよPMANGさん。(笑)
posted by マウザー at 14:42| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fish Hunt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

ビギナー脱出?

プーケットでアオチビキ釣り大会が開かれたので参加してきました。
blog1996.jpg
今回は遅刻しないように事前登録までして備えてましたが、前回のようにラスト5分でジュゴン(=ラッキーアイテム)が釣れることも(当然)なく、餌の選択を間違えたこともあって(間違わなくてもそんなに変わりなかった気もしますが)結果はしょぼいものでした。ふらふら

しかしRP(ランクポイント)が規定値に達したこともあり
blog1997.jpg
『ミドル』ランクになり、エンブレムも新しくなりました(と言っても見た目あまり変わらないのですがもうやだ〜(悲しい顔)

今私の位置はここですが、
blog1998.jpg
修業を積むと王や仙人、
blog1999.jpg
果ては神にまでなれるようです。わーい(嬉しい顔)
ファンタジーRPGでさえ神になれるものは早々無いのに、このゲームは凄い!わーい(嬉しい顔)(もっともあくまで尊称ですので、本当に神になれるわけじゃありませんが(笑))

ところでこのゲームでは、Lv的にまだ行けないマップの一部に観光目的で行けるようになるクエストがあります。
以前は地中海マップのクレタ島に行ったりしたのですが、今回はDOLでも馴染み深いアレクサンドリアに行きました。
blog2008.jpg
DOLとは時代が違うこともあって、若干様相が異なりますね。

NPCもこんな感じです。
blog2010.jpg
で、何が釣れるかというとトビハゼやボラや
blog2009.jpg
カレイの一種だったりします。

アレクサンドリアといえばナイル川の河口に位置する関係で、今後ナイル川に生息する魚のマップもあるんじゃないかと予想するのですが、どうなんでしょう?
(でもナイル川は地中海じゃないかも、という考えもあせあせ(飛び散る汗)

さて東南アジアでは、マレーシアのランカウイとタイのバンコクマップに行ってみました。

ランカウイは、海がすぐ傍にありながら淡水系ぽい水草が鬱葱と覆い茂った水面に桟橋を縦横に掛け渡したマップで
blog2000.jpg
惑星ダゴバと衛星エンドアを足して2で割ったようなイメージです。(笑)

一見すると沼なのに、スズメダイやフグや
blog2001.jpg
綺麗な色のハタが釣れることに違和感を感じるのですが、釣れる魚のほとんどが海水魚なので、そういうもんなのでしょう。
しかし例によって一種だけ、
blog2002.jpg
ニジマスが釣れたりするのが、何だかな、と言う感じですが。(笑)
(釣り場のイメージ的にはニジマスの方が合ってる気がします)

バンコクでは人工的に作られた、大きな釣堀で釣る事になります。
blog2003.jpg
釣れるのは
blog2006.jpg
名前も聞いたことがないし、姿も見たことがないような魚がほとんどです。
しかし、(やっぱり)一種だけ
blog2004.jpg
カラフトマスがいるのには、もう驚かなくなったとゆーか、バンコクの養魚技術スゲーとゆーか。がく〜(落胆した顔)
blog2005.jpg
ランカウイのニジマスと共に私の淡水魚アクアリウムが賑やかになって、いい事だとは思いますが。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

バンコクマップのボス的存在の一匹であるコクレンは上手く釣ることができました。
blog2007.jpg
WRが183cmであることを見ると巨大魚だという認識はあるようですが、これはそんなことを感じさせないぐらい可愛いサイズですね。わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
posted by マウザー at 14:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Fish Hunt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

悔しい4位

ナポレオンフィッシュという名前の方が私にはしっくり来ますが、プーケットでメガネモチノウオを釣りました。わーい(嬉しい顔)
blog2014.jpg
DOLでも釣るのが難しい(=中々釣れない)この魚。
FHの中だと魚群が光るので発見するのは比較的楽です。

ところで、昨夜に続きまたもやアオチビキ釣り大会が開催されたので、昨夜のリベンジを果たすべく再び参加しました。

ポイントをかなり正確に押さえ、昨夜は失敗した餌の選択も正攻法に変え、(ゲーム内の)体力消耗に備えてご飯もショップで適正量買って準備万端。

そして、スタートする1時間前から釣りはじめ、リリースバフ(=1匹リリースする度に大物が釣れる確率が増すFHのシステム。3匹リリースすると次に掛かる魚は必ず『特大』以上となる)用のアオチビキを仕入れます。

で、大会スタート。
blog2011.jpg
スタート後10分ほどでラッキー魚(?)のジュゴンが釣れ、一躍3位に。
blog2012.jpg
その後、必死で何とか上位に食い付いていってふらふら、一時は暫定2位まで順位を上げました。

しかし結果は・・・・・・・・・・
blog2013.jpg
惜しくも4位。もうやだ〜(悲しい顔)

ぶっちゃけ終了あと3分ぐらいまでは暫定3位だったのですが、最後の最後で運に見放され、ラスト2投で外道(=対象外魚)が掛かる、という・・・・・・・・ふらふら
ご丁寧にも、終了直前に巨大アオチビキを掛けたのですが、釣り上げるのが間に合わなかったオマケ付き。
それが釣れていれば少なくとも3位は堅かったのに・・・・・・・・もうやだ〜(悲しい顔)
(そもそもスタート1時間前から釣っていた時にジュゴンを2匹も釣ってしまって、運を無駄使いしたのが良くなかったのかももうやだ〜(悲しい顔)

・・・・・・・・まあ、『マダラの肝』は止めておきましょう。
(鱈の肝>鱈のレバー>タラのレバー>たられば)がく〜(落胆した顔)たらーっ(汗)

冗談はともかくあせあせ(飛び散る汗)、今回の4位はもう少しで入賞できる千載一遇のチャンスだったので、とても悔しいですわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

以前のチョウセンブナ大会時の4位は、バーニングタイム(=pts2倍時)にラッキー魚(?)が掛かるという、自分の努力とは無関係なタナボタ得点だったので何も感じませんでしたが、今回は自分なりに色々考え、相応の努力を払って(確かにジュゴン効果もありますが、それを言ったら他の上位プレイヤーだって恐らく1匹程度は釣ってる(可能性がある)でしょうしあせあせ(飛び散る汗))、その結果あと一歩で手が届くところだったわけですから、気の入り具合が違います。

もっとも釣り大会自体はやってない日の方が少ない程頻繁に開かれているので、またの機会が楽しみになった、という言い方も出来ますが。(笑)
posted by マウザー at 17:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Fish Hunt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

ターポンとキンベラ

夜にしか現れないランカウイのボス的フィッシュ、ターポンをやっと仕留めることができました!
blog2015.jpg
中々食いつかない上に、食いついたと思ったらクエスト対象の1匹目は油断してバラしてしまいましたふらふら
(どうもどこかの球団と同じく、初物に弱いようですあせあせ(飛び散る汗)
リターンマッチでようやく2匹目を掛けたので、今回は慎重に慎重に・・・・・
(最初からしとけよっって話ですが・・・・・あせあせ(飛び散る汗)

ウィキペによると、ターポンは主に大西洋に棲む魚のようです。
ただ河口やラグーンに生息するので、アンダマン海とはいえランカウイの環境にはマッチしている気がします。

DOLでもカリブ近辺で釣れますが、『毒魚のためリリース』メッセージが出て勝手に捨てられてしまいますもうやだ〜(悲しい顔)
実際には毒は無いそうですが、小骨が多かったり肉に金属臭があったりで食用に適さない、ということなので、おおまかに考えれば間違いではないのかもしれません。

ランカウイでは他にもクエスト対象魚のゴールドスポットフィッシュというフグの一種らしき魚を釣らなければなりません。
blog2018.jpg
こいつも夜にしか現れない上に、いつまで経ってもいっこうに釣れる気配がないのです。
実は大きな魚影を持った魚群がいくつかポイントを周遊していて、てっきりそこに居ると踏んでそればっかり狙っていたのですが、別に小さな魚影の群れがこっそり一ついて、それが対象魚の魚群だったというオチでしたふらふら

サムイ島では例によってTシャツプレゼント対象(笑)のキンベラを釣りました。
blog2017.jpg

blog2016.jpg
Tシャツに描かれた魚と釣った魚が違う気もしますが、それはおいといて。がく〜(落胆した顔)
色的にあまり好みじゃないですが、デザイン的に(若干)手がかかってますね。
posted by マウザー at 13:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Fish Hunt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

小さい魚を求めて

アンコールワットの最終(と思われる)STORYクエストの対象魚『神王』に腰を据えて挑んでみました。
blog2019.jpg
・・・・・・結果は通算8連敗もうやだ〜(悲しい顔)
(チャーはアワセ損ねただけですあせあせ(飛び散る汗)

RPGのセオリーとして、一箇所であまりにも死に過ぎるのは(FHは死ぬわけではありませんが)、PCのLvがその狩場の推奨Lvに足りてないか装備に問題がある、ということがあります。

神王の場合クエストはLv29〜でこちらのLvは38ですから必要にして充分。
てことは装備に問題があるのでしょう。ふらふら

どちらも+3まで強化したLv35〜の竿&リールを使っていますが、ヘビー&パワー型なので動きの激しい神王に付いていけないのかな?という疑念はあります。

とはいえ神王のためだけにライト&長距離型の竿とリールを別途購入するのも業腹です。ちっ(怒った顔)
とりわけLv40も目の前ですからLv40装備も視野に入って来てますし(といっても入手の当てはないのですがあせあせ(飛び散る汗)

考えた末、とりあえず竿とリールを+5まで強化してみることにしました。
その結果Mダメージ(=糸のテンションが最も高い状況での与ダメ)が約100加算されるようになりました。

で、再挑戦。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・はい、予想通り、またもやブチ切られました。もうやだ〜(悲しい顔)
(まぁそうかな、とは思ってましたけどたらーっ(汗)

これで通算9連敗。
竿&リールのタイプの違いってそれほど大きなものなんでしょうかね?ふらふら
(私が下手なだけ、というのは度外視するとしてあせあせ(飛び散る汗)

アンコールワットでは他にもクエスト対象魚が残っていました。
blog2020.jpg
名前と柄がかっこいいです。揺れるハート
この魚も居場所が中々わからず全然見当外れの方向を探してたりしたのですが、神王や後述するバラマンディを釣ってる横で他のPCさんがこの魚を釣り上げるのを見て、どの魚群を狙えばいいかようやく気が付いたのでした。たらーっ(汗)

ところでFHの図鑑項目の課題には『●●cm以上の魚を釣り上げろ』とか『●●kg以上の魚を釣り上げろ』という大物狙いの物もありますが、逆に『●●cm以下〜』『●●kg以下〜』とか、敢えて小物を釣って来いという指示の場合もあります。

『韓国の灯台島で100cm以下のクロマグロを釣れ』という課題は10匹釣りましたが最低でも130cmはあり、その内に餌が無くなって未達成のまま今に至ってます。もうやだ〜(悲しい顔)

アンコールワットでも『9cm以下のキュウリエソを2匹』とか『74cm以下のバラマンディ』とか、一見何でもないようで実は結構メンドクサい課題があるのです。

大物狙いの時はリリースバフをMAXまで付ければ次は必ず『特大』以上が釣れるので、次に釣れる魚への期待が持てるのですが、小物狙いは次に掛かる魚を縮める方法がないため、何時になったら釣れるのが不安になってしまいます。

キュウリエソは何とか2匹釣りましたが、バラマンディは(例によって)夜しか現れないので中々はかどりません。
blog2022.jpg
・・・・・・この期に及んで『巨大』とか要らないんですけどたらーっ(汗)
blog2021.jpg
ようやくキター!と思ったら1cm大きいという・・・・・・・ふらふら
posted by マウザー at 12:47| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Fish Hunt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月27日

シンガポール行き

その後バラマンディは目出度く73cm物をゲット!
blog2027.jpg
『釣れない時は中々釣れないけど、釣れる時はすぐ釣れる』法則が当てはまった感じです。あせあせ(飛び散る汗)

バンコクでは3匹目にして150cmオーバーのコクレンを釣り上げ、こちらも図鑑完成。
blog2026.jpg
一方、バンコクでコクレンと対を成すボス魚のカトラは、クエスト対象だった時に一匹バラしてからまったく釣っていなかったのですが、ようやく1匹目をゲット!
blog2025.jpg


ところで、東南アジア地域に拠点を移してからコツコツと溜めてきたオオニマイガイ(=ゲーム内通貨の一種)がようやく250枚になったので、東南アジア第3地域に行けるライセンスを買うことができました。
blog2024.jpg
シンガポールはセントーサの有名な像マーライオンも見られました。

プーケットのジュゴンに対するセントーサのラッキー魚は、タツノオトシゴのようです。わーい(嬉しい顔)
blog2023.jpg
posted by マウザー at 10:27| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Fish Hunt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

プリモシュテン

東南アジア第三地域(シンガポール)のライセンスを手に入れたので嬉しくて色々なマップを見て回ってますが、その中に(例によって)本来なら地中海マップに行けないLvの人向けの、アドリア海北部のプリモシュテン観光クエストがあるのを発見。

ちなみにプリモシュテンはここ。
blog2037.jpg
DOLで言うザダールの近くでしょうか。

いかにも西洋的な町並み。
blog2035.jpg
ここでヨットを浮かべたら絵的に映えそうです。

DOLに出てきそうなNPCもいたりしますが
blog2038.jpg
何と言っても見所は夜景でしょう。
blog2036.jpg

何が釣れるかといえばサバとかヒラメとかカサゴとか
blog2034.jpg
この辺はDOLとあまり違わない気がしますね。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

ところで、今までFHのLvカンストは40でした。
私は現在Lv39の65%で、今までの経験から考えると、東南アジア第三エリアのクエストを潰しているだけでLv40なんてあっという間に達成できてしまうことでしょう。

このゲームはクエストや、図鑑項目埋めや、アクアリウムに好きな魚を入れるために釣っているだけで自然とEXPが溜まるので、特にLvアップを目的にせずともLvアップが自然にできてしまう大変良いゲームシステムです。黒ハート
世の中にはゲーム内でのLvカンストを目的にするプレイヤーも多いようですが、私は、カンストしてしまうと折角ゲーム内活動してもEXPが入って来なくなるのでツマラナくなるなーと思ってたのです。

しかし27日の大規模メンテで地中海マップ2つが追加されると同時に、Lv上限が45になりました!
何と言うタイムリーなアップグレードでしょう!わーい(嬉しい顔)
これでまた、当面Lvを気にすることなくゲームすることが出来ます。わーい(嬉しい顔)

地中海マップへはLv40であることも条件ですが、その他に地中海ライセンスをオオニマイガイで購入しなければいけません。
(オオニマイガイは図鑑項目を完成させたり、懸賞の掛かった大物を釣り上げた時などにFH協会から貰えるゲーム内通貨の一種)
購入には500枚のオオニマイガイが必要ですが、これまたアップグレードに伴うキャンペーンで250枚貰ったので、残りはあと250枚!
それでも大変ですが、東南アジア第三地域もほとんど残ってることですし、目処が付かない程多い、という感じではありません。わーい(嬉しい顔)

更には!
それまでは店売りLv35〜竿&リールの上位には、釣った魚からドロップする物やNPCからオオニマイガイの交換で手に入る物があるだけ(一部例外はありますが)でした。
しかし今回のアップグレード後には、ゲーム内ショップにGOLDで買えるLv40〜の釣竿とリールと釣り糸が並ぶようになったのです。がく〜(落胆した顔)
一生懸命オオニマイガイを溜めて上位釣具を買った古参プレイヤーは憤慨しているかもしれませんが、新参者の私には嬉しい限り!

これで神王に勝つる!(・・・・・・かも?ふらふら
posted by マウザー at 12:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Fish Hunt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

新しい釣具の威力

アップグレードのおかげでLv40〜の竿&リールを手に入れる目処が付いたので、遠慮することなくEXP取得に励みます。

個人的にはジャイアントパーカーホより釣るのが難しいと思われる無印パーカーホの極大サイズとか
blog2032.jpg
サムイ島の図鑑を完成させたりとか
blog2033.jpg
してる内に、目出度くLv40に到達。
blog2031.jpg

早速なけなしのGOLDを握り締めて、新しい釣竿とリールを買いました。
今回は大物ターゲットなので以前のスタイルを捨て、ライト&長距離型のものにします。
blog2039.jpg
シャア大佐も真っ青の赤さですねわーい(嬉しい顔)(どっちやねんっちっ(怒った顔)
blog2030.jpg
さすがLv40装備、タイプが違うのにすべての項目で以前の竿より性能が勝ってます。

何回か試し切りをした後、早速アンコールワットへ。
宿敵神王に挑戦します。
blog2040.jpg
・・・・・・今までの苦労は何だったのかというぐらい、大した苦労もなく釣り上げてしまいました。がく〜(落胆した顔)

確かにLv29のクエスト対象魚を、Lv40のPCがLv40装備で釣っているのですから当然と言えば当然の結果かもしれません。あせあせ(飛び散る汗)

しかしこれを見ると、(ファイト時間が短いのはLv40装備の性能が優秀なおかげでしょうけど)Lv35〜の竿&リールでもライト&長距離型なら(時間をかければ)釣り上げられていたんだろうなー、という気はします。ふらふら
今となっては検証のしようもない、というか、どうでもいい話ですが。たらーっ(汗)
blog2041.jpg
ちなみにTシャツはあまりぞっとしないデザインでした。もうやだ〜(悲しい顔)

調子に乗って、今まで煮え湯を飲まされてきた魚全てにリベンジしに行きます(笑)

まずプーケットのSTORYクエストの大ボス、バリアントグルーパー。
blog2029.jpg
こちらもTシャツがもらえますが、やはりデザイン的に・・・・・・たらーっ(汗)
blog2028.jpg

そういえば、ビンパールのアカハナも釣り逃がしていたな、ということで・・・・・
blog2042.jpg
神王を倒して心の余裕ができたのでわーい(嬉しい顔)、アンコールワットの金属的なヤツにも初挑戦。
blog2043.jpg

Lv35装備でギリギリ釣っていた魚がLv40装備になって簡単になるのは、ある意味面白味がなくなるので残念ではあります。

しかし、試しにLv40対象のクエストをやってみると、
blog2044.jpg
当然ながらこれが中々良い勝負で、緩んだ気持ちを引き締めてくれました。(笑)
posted by マウザー at 12:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Fish Hunt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月30日

アンコールワット制覇

韓国の灯台島の図鑑なんですが、実はこの前ここでも触れた『100cm以下のクロマグロを釣れ』という課題がまだ残ってます。ふらふら
折を見てトライしてるんですが・・・・・・
blog2045.jpg
あと3cm小さければ・・・・・・・もうやだ〜(悲しい顔)

ところで、竿とリールを一新して大型魚への対応力が付いたのを良いことに、アンコールワットの図鑑を完成しました。
blog2046.jpg
若干インチキクサい気がしないでもないですがあせあせ(飛び散る汗)、まぁバリバリに強化してるわけでもないし、RPGの常道ということで。たらーっ(汗)

報酬でTシャツが貰えるのですが、
blog2047.jpg
ごく普通、というか実際にありそうなデザインですねわーい(嬉しい顔)

Tシャツ報酬は無いものの、バンコクの図鑑も完成。手(チョキ)
blog2048.jpg
posted by マウザー at 13:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Fish Hunt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。