2014年07月04日

目に見えぬ滝

今週のDOLは、セビリア発の地理クエ1つと、ジェノバの書庫産の地図1つ・・・・・・・
blog2854.jpg
・・・・・・・・で終わる予定だったのですが、何やらイベント対応とかで、カリブ海一帯が対人不可となっているらしく、これは好機!とばかりに、もう少し頑張ることにしました。わーい(嬉しい顔)

サントドミンゴでは、ポートロイヤル関連の2件もクエを解決。
blog2855.jpg
例によって上陸賄賂1Mが必要ですが、その分はクエ報酬に入っているので問題なし。

達成時にLvが79にUPしてますが、Lv79には何の特典もイベントもないので、(あっ、そう)てな感じで、何の感慨もありませんでした。

その後リオデジャネイロに行き、新クエを3発クリア。
blog2856.jpg

blog2857.jpg
またまたお約束通り滝のタの字も無い場所で『発見!』となりますが、もう達観してます。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

一つビックリしたのは、リオで提示されたものの中に、未達成なのにwikiの新クエ一覧に載ってないのがあると思ったら、2011年7月(『ヴィンランド』)に実装されて以来、ずっと取りこぼしてきたヤツだったこと(笑)
blog2858.jpg
丁度3年越しですか。
あっれぇぇ、何でやってなかったんだろう?がく〜(落胆した顔)って思いますが、気が付かないもんですね。たらーっ(汗)

まあ、拾えて良かったです。わーい(嬉しい顔)
posted by マウザー at 16:31| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

平和なカリブ

イベント対応で対人戦不可になってるのをいいことに、ほとぼりを冷まし続けていた『カリビアン・シー』の新クエを一気に片付けてしまうことにしました。
PKには襲われないし、NPC海賊は委任回航で楽々スルー。
(堕落したなぁわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

まず、コンク貝関連の連クエから。
blog2859.jpg

blog2860.jpg
このビーチは本当にピンク色をしてるんでしょうか。
一度見てみたいですね。

続いて魚関連。
blog2862.jpg

blog2863.jpg
スティングレイといえばジェリー・アンダーソン製作の人形劇ドラマ『海底大戦争』ですが、エイの一種であることを知ったのはだいぶ後になってからです。(笑)

blog2864.jpg

あとは海賊の残した宝(実質的には何もなしもうやだ〜(悲しい顔))だの、例によって(DOLのオブジェクト的には)見えない滝だのを発見。

残すはアムス発の生物クエですが、何でこれが最後になったかと言うと、それまで散々トライしても中々提示されなかったため。

カリブ関連のクエと地図を全部潰して、前提を全部やったという自信がついたので、ようやく本腰を入れてクエ出しに挑みます。

ようやく出たのは『発見済み依頼非表示』スキルをONにして、かつ斡旋書を50枚ぐらい叩いた後でしょうか。がく〜(落胆した顔)
blog2861.jpg
発見物自体はどってことのないカタツムリなんですけどね。ふらふら

一応、これでカリブ方面の新クエは全部潰したことになるのかな?
あとはエイリアス嬢絡みらしいエピクエ(?)を追うことにします。
posted by マウザー at 21:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

ムトゥ教官の里帰り

カリブ方面以外の新クエをやるためには、エイリアス絡みの前提クエをいくつかやらねばなりません。

1つ目は以前カールグスタフの話でやったやつらしいので、今回はその次からです。

てことでジェノバでクエ受けし、ピサの航海者学校にムトゥ教官を迎えに行きました。
blog2865.jpg
さすが教官、会っていきなり三枝(現文枝)師匠の持ちネタをかましてくれました(笑)

リスボンで同じくインド繋がりのサンジャイと、居合わせたエイリアスと合流。
blog2866.jpg
サンジョルジュに立ち寄った後はケープに向かいます。
blog2867.jpg
ケープではアリデスおばさんと絡む一幕も。
彼女は、他人から『おばさん』と言われるのは嫌らしい。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

サンジョはともかく、ケープの出航時はPKerが若干気になりましたが、検索で1人引っかかった私掠の人も姿は見えず、そのまま無事に喜望峰通過。
(アガラス海域でも通過直前に同じ人が引っかかったので、その人も別に喜望峰沖に張り込んでたわけではなく、通過中だったのでしょうね)

blog2868.jpg
次に寄港したアデンではエイリアスが謎めいた言動をしますが、結局話は何も広がらず、
blog2869.jpg
カリカットに着いてクエ終了。

つまるところ、道中のムトゥとサンジャイの掛け合い漫才を楽しむのがメインのクエのようです。わーい(嬉しい顔)
posted by マウザー at 21:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

偽占い師の追跡

エイリアスのエピクエ第3弾は、東アジア全域に渡って詐欺を働く偽占い師を追跡します。

情報を取るため、まず最初に訪れた安平では、鄭成功が登場。
blog2870.jpg
3Dモデルで会うのは殿オンライン以来でしょうか。わーい(嬉しい顔)

次の寄港地・江戸では伊達政宗公が登場しますが、
blog2871.jpg
残念ながら2D絵のみでした。
それにしても正宗くん、変なこと知ってますね。わーい(嬉しい顔)

この伝でいくと、次は李舜臣のいる釜山に行くのかと思ったら、漢陽でした。
blog2872.jpg
結局、李舜臣くんも登場するのですけどね。わーい(嬉しい顔)

さて、最後はやはりお姫様(秦良玉)のいる重慶へ。
他の3人が2Dか3Dかのどちらかだけだったのに対し、彼女は2Dと3Dのどちらでも出てきます。がく〜(落胆した顔)
blog2873.jpg
エコ贔屓だっ!(気持ちはわかりますw)

話の筋的には、商人相手に巧みな話術とインチキな占いで金を騙し取る悪者がいる一方で、その後に現れ正確な占いで損失を補填して回る謎の占い師がいるらしい、ということがわかります。

後者は、どうやらいでたちがエイリアスに似ているらしいのですが、決定的に違うのは、彼女が『あなたが望むのなら』『その人が望むのなら』が口癖で常に受動的なのに対し、その占い師は『私が望んだことです』と言い、主動的であること。
blog2874.jpg

しかし、今回のクエでは2人の占い師が誰なのか、それ以上解明されずに終わってしまいます。がく〜(落胆した顔)

『エイリアス』とは本来『別名』『通称』といった意味ですが、Macの世界ではプログラムやファイルの分身として作られ、Windowsで言うショートカットのようなものであることはよく知られています。

私の推測ですが(と言っても誰でも考え付くことですが)、恐らく主動的なのが本体で、今姿を現しているエイリアス嬢が偽者、というか分身なのではないでしょうか。

あるいは以前は一身だった者が、とある理由で2人に分かれたとか。
(ただし、それまでのエピクエから『どうやらエイリアスは一人ではないらしい』ということも伺えるのですが)

今後、彼女の正体が明かされるのかどうか。

あるいは、そのエピソードが実装されるまでDOLの運営が持つのかどうか(をいっちっ(怒った顔)

まあ楽しみには違いないですね。わーい(嬉しい顔)

posted by マウザー at 14:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月09日

占いでおもてなし〜

・・・・・・・っていうのは映画『トリック』の一節でしたが。(笑)

前回までのエイリアスエピをクリアすることで、話の中で取り上げられた占い関連の発見クエ(その他)ができるようになりました。

まずアデン>カリカットへ行ってジンジャーリリーを発見。
blog2876.jpg

その後カリカット>杭州で
blog2875.jpg
を発見。

最後は再びカリカットに取って返し、今度は江戸>堺へ。
blog2877.jpg

これで一応『カリビアン・シー』で実装された(ダンジョン以外の)発見クエは全部こなしたことになりました。

ところで、AAに身を入れてるおかげでDOLのIN率が下がってるので、LadyMarcyのいるアカウントはしばらく課金休止にする予定です。
(グレイマウザーの方は3ヶ月課金なので再開時の計算がややこしくなるため、そのまま)
と言っても、夏あたりに北米の新海域が実装されそうですので、恐らく一ヶ月で再開することになりそうですが。ふらふらあせあせ(飛び散る汗)
posted by マウザー at 12:52| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代オンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラックアロー

まだAAが月額課金制で、購入するのに『ヌイの涙』が必要だった時代に買ったリリエットホース・漆黒。(通称『漆黒ちゃん』)

以来、移動時の友としてずっと乗ってきました。

そして今回、ようやくそのLvが50(ペットのカンストLv)になりました。
早速蜃気楼の島へ行き、クエストNPCに『漆黒ちゃん』を納入します。がく〜(落胆した顔)

そして、その報酬として貰ったのがブラック・アローという新しい馬です。
(他のブログやwikiなどでは蜃気楼の島産リリエットホースの『進化系』と記されることもありますが、クエNPCの台詞を見ると別の馬であることがわかります)
blog2880.jpg

馬具を着ける前の見た目はこんなの。
blog2881.jpg
全身真っ黒だった『漆黒ちゃん』に比べ、目は赤いし、静止画ではわかりにくいですが蹄がメラメラと燃えています。
お尻の炎のタトゥー(?)がシャレオツですね(笑)

とりあえず店売りの馬具を装着。
blog2882.jpg
『漆黒ちゃん』との性能差ですが、
blog2879.jpg
Lvが50>30になったのでHP/MPは落ちてますが、移動用ペットのHPなので、ほとんど問題になることはありません。
重要なのは移動速度ですが、0.6m/s(秒速0.6メートル)速くなってます。
(時速に換算すると約2.2km)

11.0m/s(馬具なしで10.5)というのは、課金ペット(というか課金ガチャのスーパーレア)の『冥王の天馬』(黒ペガサス)を除けば、馬の中では最速です。
しかし、乗ってる人はあまり見かけません。

それもその筈、ゲーム中最も速いのは『ブラストスプリンター』という黒豹だから。
このペットは名誉ポイントという、対人戦やデイリー戦闘クエで溜まるポイントで買えるので、戦闘ガチの人は普通そちらを買うのです。

つまり戦闘をあまりやらない(=できない)、そして課金ガチャも回さない私に乗れる中では最も速いペットということになりますね。
(他の人があまり乗らないのも、レアリティが上がって良いことですわーい(嬉しい顔)

実は、この馬を手に入れるためにAAをやっていた、と言ってもあながち間違いではありません。

ペットのEXPを得るために、リターン魔法やグライダーで行けばもっと速く行けそうな場所でもわざわざ馬で行ったり、グィオニードの森のはずれにあるスパイラルゾーンで、馬を横に連れてMPポットをガブ飲みしながら☆1強化モンスターを狩ったりとか、涙ぐましい努力を重ねてきました。

しかも、ブラックアロー・クエストには『優良馬品質証明書』なるアイテムが必要ですが、
blog2883.jpg
これをNPCから買うのに金貨500枚(通称『500金』)が必要なのです。
この額は、課金プレイヤーで大規模交易ができる人には大したことのない金額でも、無課金の貧乏プレイヤー(<私)には結構な大金です。がく〜(落胆した顔)
なので、細々と、それでもかなりの力を貿易に注いで、やっと溜めました。

それが今日、やっと結実の日を迎えたのです!

・・・・・まあ、戦闘に使わない騎乗ペットが少々速くても大した意味がない、とも言えるのですけど、やっぱりステータスシンボルですし、見た目もちょっとしたアピール度があるので大満足です。
posted by マウザー at 14:34| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月14日

銀河伝説クルール

銀河伝説クルール』 DVD/字幕

blog2884.jpg


1983年公開のこの映画には、以前ここで紹介した『処刑ライダー』と同じく、かなり思い入れがあります。
まだ学生だった頃に劇場で観て、非常に面白かった記憶があるのです。

その時から今に至るまでの長い年月の間、輸入版のサントラCDと国内版LDは手に入れましたが、DVDはいくら探しても見つかりませんでした。

ところが最近、ArcheAgeの『ブラックアロー(足が燃えている馬)』のイメージをネットで検索中、ふとしたことで、TUTAYAオンラインで売っているのを発見。

おそらく値段さえロクに見ませんでしたが、ためらうことなくネット通販してしまいました。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

刊行年を見ると2013年ですから、昨年やっと発売されたのですね。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

ストーリーはSFというかファンタジーというか、『宇宙から来た悪の魔王に攫われた姫を、伝説の武器を携えた勇者が救出する』という、何とも、有って無いような内容です。(笑)

ですから、その気の無い人にはマッタクお勧めしかねる作品なんですが、いくつかの点で、不思議な面白さがあるのです。

まず第一のセールスポイントは、劇中曲の良さ。
音楽は(旧作の方の)『スタートレック』を担当したジェームズ・ホーナーですが、私に言わせれば『スタートレック』より確実に上で、勇壮なエンドタイトルは未だによく聞きます。

また、伝説の武器『グレイブ』や、スレイヤーと呼ばれる敵の兵隊のデザインもカッコいいですし、スレイヤーが倒された時に、被っていたヘルメットが割れて中から虫のような生物が土中に逃げ出す演出の斬新さも、地味に好きなシーンです。

そして一番特筆すべきなのは、『セオリー外し』。

魔王が王国を蹂躙し、主人公以外ほとんど全滅、というお約束のパターンで始まるのですが、そこで『魔王を倒すためには伝説の武器グレイブを探し出さねばならない』という課題が課せられます。

普通の映画だと艱難辛苦の果てにやっと手に入れられる展開になるはずですが、本作では、ちょっとした岩山の洞窟へ入って、チョコチョコっと探すだけで『発見!』

ここでまず『おいおいちっ(怒った顔)』となります。

魔王のアジトへ向かう途中で色々なエピソードが挿入されるのはセオリー通りで、盗賊団の一党やら腕の悪い魔法使いやらが仲間になるのですが、彼らが結構無駄に死んでいくところが笑えます。わーい(嬉しい顔)

で、なんだかんだありながら、いよいよクライマックスで魔王と対決するのですが、ここでグレイブが大活躍(?)。
グレイブはDVDジャケットに描かれているような手裏剣型の剣なんですが、これが高速に回転して、まるで電気ノコギリのように壁を切り裂いたりします。

ところが、いったんグレイブで魔王を倒したかのようにみえたのに、何を血迷ったか勇者が魔王の死体からグレイブを回収しようとウロウロしてるあいだに(逃げればいいのにあせあせ(飛び散る汗)魔王復活!がく〜(落胆した顔)

もうグレイブは使えず、勇者絶体絶命!

ここが一番コケる凹oところですねわーい(嬉しい顔)

そして、最終的に魔王を倒すのはお姫様と勇者の『愛の力』(!)なんですが、『愛の力』を具体的に表すと、互いに取り合った手から火炎放射器のように炎がボワッーと。がく〜(落胆した顔)

そんなオチを予想してなかったこっちは、『ウッワーそう来るかー』と茫然自失。がく〜(落胆した顔)(笑)

決してコメディなどではなく、至極まじめに魔王と戦ってるわけですが、全体を通して恐ろしくチープで、突っ込み所満載で、しかも所々に光るものがあるという、そこがC級映画ファンから意外にウケる揺れるハート要素なのでしょう。

ちなみに盗賊団の一人に、これが出演第二作目の(一作目は『エクスカリバー』)リーアム・ニーソン(『スターウォーズEP1』でオビ・ワンの師匠役を演じていた)が出ています。
posted by マウザー at 22:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画短評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月31日

潜水艇

先日、私の主要交易先であるツインクラウンから、グライダーを駆使してマリアノープルに向かっていた時の事。

もうすぐマリアノープル城の上空だなーと思っていると、左手の方から何やら大きな物体が迫ってきます!

マリアノープルにはロングビーチ行きの飛行船発着所があるので、着陸(?)間際の飛行船がたまたま丁度同じ高度で進路にかぶさってきたのでした。がく〜(落胆した顔)

グライダーの旋回速度などたかが知れてますから今更避けようとしても無駄だ、ということはわかっていたので、墜落死を覚悟してそのまま飛び続けていると、衝突の次の瞬間、飛行船のプロペラ軸カバー(?)の上に立ってました。
blog2885.jpg
乗降用の塔に停船中ならともかく、飛行中の飛行船に飛び移るのは、狙ってやっても相当難しいと思われるのですが、こんな偶然もあるのですね。わーい(嬉しい顔)

あと、例によって『今更かよ』って話ですが、私のいるヌイア大陸の主要対人可能区域であるクロススター平原やロングビーチなどは、一定の条件を満たせば『平和期間』といって対人不可のエリアになることを、最近知りました。(をいをいちっ(怒った顔)

私のように対人戦に余り興味の無いプレイヤーには、3時間ほどあるその対人不可の時間は、その地方での交易やらクエストをこなすチャンスです。
(もちろん、PK上等の人にはその限りではありませんが)

いつ発生するかはわからないし、3時間では全てのクエストをこなすのには短いのですが、おかげで折を見てはチョコチョコとクエストをこなすことができるようになりました。
blog2886.jpg
とあるクエストで、ロングビーチの記憶の森で謁見した妖精の女王が魅惑的でした。(笑)

ところで、今やっている一周年記念キャンペーンで、色々な景品がランダムで手に入る課金宝箱が期間限定で売り出されました。

一個2500円するのですが、景品のラインナップを見てみると、どれが当たっても、何かの役には立ちそうです。
どれが当たってもハズレなし、というのは好きなのでわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)、私も試しに買ってみました。

開けてみると、出てきたのは金色の潜水艇。
blog2887.jpg
ゲームに潜水艇が実装されているのは知ってましたし、欲しいなとは思っていたのですが、まず設計図を手に入れるのが大変で、なおかつ、例え設計図が手に入っても、今度は製作に必要な材料の入手が大変なのと、製作するためのスキルに必要な熟練値があまりにも高いので、半ば諦めていたところだったのです。

喜んで早速乗ってみました。
潜水艇、といっても騎乗ペット扱いなので、船のように召喚に時間がかかることがないのがいいですね。
blog2888.jpg
他の潜水艇に比べ性能的には劣化版といった感じで、さすがに製作を必要としない分、製作で手に入れるものより、約2〜3m/sほど航行速度が遅いようです。ふらふら

・・・・が、良く考えれば潜水艇は、ミサイル原潜のように乗ったまま長距離航海する、という運用をするものでもない気がしますし、敵対勢力の船に追われて『眼下の敵』ごっこ(笑)をするのでなければ、そんなに高速でなくてもいい気がするので、これはこれでOKだと思います。わーい(嬉しい顔)

実際に潜ってみるとこんな感じですが、
blog2889.jpg
酸素ボンベが備え付けられてないので、PCの呼吸能力だけの酸素しかありません。
(呼吸バーのゲージが尽きれば当然溺死もうやだ〜(悲しい顔)
言ってみれば潜水艇というよりは水中バイクのような物なのでしょう。

外付けの酸素ボンベを装備することもできるようですが、そのボンベを作るには、これまた高熟練度のスキルが必要で、という・・・・・・もうやだ〜(悲しい顔)

とりあえず潜水艇を使用する現地までは高速艇で行き、そこから高速艇に備え付けの酸素ボンベを背負って潜水艇を召喚する、というのが(今のところ)正しい使い方のようです。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
posted by マウザー at 21:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。