2014年12月03日

帆の強化

さて、前回の記事で『帆の向きがランダムで変わる』よーなことを書きましたが、その後何度も航海を続けてわかったのは、実はそれは間違いでランダムではなく常に一定方向から風が吹いてくるということでした。

DOLでは海域が変わったりゲーム内時間が変わることで風向きが刻々と変わりますが、AAでは西大陸の海にいようと東大陸の海にいようと、だいたいこんな感じで吹いているようです。
blog2965.jpg
とはいえ、DOLのように順風なら船速が上がり、逆風なら落ちる、という細かい仕様ではないので、だからどうだってことでもないんですけどあせあせ(飛び散る汗)
(というか帆を畳んだり外していてさえ微進できるぐらいですから)

ところで、以前貿易船を建造した時に『DOLなら2本マストの船の方が1本の船より速い』というようなことを書きました。

あれは『リヴァイアサン』アプデ前の話でしたが、アプデ後、積載重量や帆性能が船速に反映される仕様が実装されたのと同じく、AAでも(同一条件に近ければ)メイン帆が2枚ある方が1枚の船より速くなりました。

貿易船と高速艇はカオ・ノルド型三角帆という同じ種類の帆を使いますが、帆の等級を『希少(B-)』2枚にした貿易船を(積荷を積まずに)走らせてみたところ、
blog2967.jpg
船速は11m/sでした。
(女神バフなしで、トラクター1台分の荷台箱しか積んでません)

これに対し、帆の等級が1つ上の『古代(B)』を付けた高速艇でも10.2m/sしか出ません。
blog2966.jpg
当然といえば当然ながら、これも問題を指摘した当ブログのおかげ・・・・・・・・・・・なわけないですがあせあせ(飛び散る汗)(早晩だれでも気づくでしょうし)、中々筋が通るようになってきたのは良いことだと思います。わーい(嬉しい顔)

とは言いながら、やはり(例え直線航路のみとはいえ)貿易船に船速で負ける高速艇も存在意義的にどうなんだろう?ちっ(怒った顔)と思いますので、航行灯を外したりとか積載重量に気を付けるほか、高速艇の帆もさらに強化することにしました。

以前、強化時に『大失敗』を出して帆自体が消失した経験も頭を過ぎますし、消失した場合の換えの帆も用意してないので、もし失敗したらかなり面倒なことになります。
・・・・・が、運を天に任せてエイや!とばかりに強化スクを叩きます。

幸いなことに一つの失敗もせず『古代(B)』>『唯一(A-)』(つまり2段階上の等級)になり、52%UP性能が60%UP右斜め上まで上がりました。
(基本が40%UPですから都合20%UPということですね)
自分の運を信じる、と言えば聞こえが良いですが、我ながら結構無謀なことやってます。がく〜(落胆した顔)

で、走らせてみたのですが、
blog2968.jpg
負けてはいないものの、追い越してもいない、という。もうやだ〜(悲しい顔)

もっとも貿易船は積荷を積んでナンボですから空荷状態の時と比べてもしかたがない、と言えますし、空気ボンベはサルベージの際に必要で、対モンスター用の散弾砲(榴弾砲のようなものでしょう。使用するのが徹甲弾なのがアレですがあせあせ(飛び散る汗))はシーワーム討伐クエ用に必要なので、その分の重量が加算されてるから、という理由(もっとも貿易船には荷箱が6つもつまれてるんですが)もあり、まして高速艇にはシーサーペント型推進機も積んでるので、ここらで満足するのが妥当なのでしょうね。

帆の強化をさらに進めればもっと速くなるはずですが、引き時を見極めるのが良いギャンブラーの証。(笑)

しかし、一つ上の等級『遺物(A)』の帆がオークションに出品されている(超高額でしたが)のを見るにつけ、世の中には勇気ある人わーい(嬉しい顔)もいるんだなぁと思いました。わーい(嬉しい顔)
posted by マウザー at 15:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月10日

エズナ型小型帆船

『リヴァイアサン』アプデ後、デルフィナードの星(=ゲーム内トークン)を稼ぐ方法がいくつか追加されたので、今までチビチビ溜めてきたペースが幾分か加速されました。

そして遂に、エズナ小型帆船の設計図を買える200枚に到達!

早速、設計図を買ってきて、エズナ港で建造に取りかかります。

船本体の建造には木材500個、生地500個、鉄材500個という、決して少なくはない建材が必要です。
木材や鉄材を作るのに使う丸太や鉄鉱石を得るため、木を切ったり採掘したりするのにまず労働力コストがかかりますし、丸太を木材に、鉄鉱石を鉄材にするのにもまた労働力が必要で、といった具合に、見た目の個数以上に、かかる労働力は並大抵ではありません。

ただ、幸運なことに今は一定時間INしているだけで労働力POTが貰えるイベント中ですし、労働力が100回復するアシベッドのおかげもあり、持ちキャラ総動員で労働力を稼いで、建材を作り続けました。

アプデ以前では設計図と数十個の木材があれば船舶の建造台が建てられたはずですが、アプデ以降では、建造台を作るためにも300個の木材と、深層水や黒炭や岩塩など敵対大陸との交易品が必要になるように上方修正されています。がく〜(落胆した顔)

デル星が手に入りやすくなった反面、こういうところで難易度の調整をしているのでしょうか。
ユーザー受け狙いで仕様が優しくなりつつある昨今、難易度を上げる修正も珍しいですね。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

さて建造台を建てようとしたところ、いきなり『15金払え』と言ってきました。がく〜(落胆した顔)
blog2969.jpg
アプデ以前にエズナ船を作ったことがないので今までの仕様通りなのかはわかりませんが、少なくとも高速艇や貿易船でこんなことを言われた記憶がないのでビックリ。がく〜(落胆した顔)

しかたなく払い、黙々と建造作業に入ります。

まず、要求される木材500個を全て投入し終わったところで、
blog2982.jpg
竜骨しかできてなくて(おいおい、大丈夫か?)と思いましたがわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)、残りの材料をつぎ込む内に着々と形になっていきます。
blog2970.jpg

blog2971.jpg

blog2972.jpg

blog2973.jpg
そして遂に完成!
blog2974.jpg
進水も完了。
blog2975.jpg
デフォルトの船首像や大砲は付いてますが、そのままでは満足できないので、まず帆は速度が出る(が耐久増加度が低い)グロウル帆に換え、船首像も範囲リザスキルを持つ『イジ女神の白像』に換えます。
blog2976.jpg
帆の色や紋章も(課金アイテムのペンキを使えば)変えることができます。

ユーザーが作った紋章も取り込むことができるので、ああでもないこうでもない、と試行錯誤を繰り返して、1500円ぐらい課金ペンキに注ぎ込んだのですが、結局一番しっくりくるのはシステムで用意された柄と紋章だった、という。たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)

余談ですが、統一感を出すために高速艇の帆紋章も換えました。
blog2981.jpg
システム上高速艇の帆は色換えできないのですが、紋章製作画面のスクリーンショットをそのまま紋章に加工することで対応してます。

AAの中では小型帆船は戦闘艦という扱いで、片舷4門、計8門の大砲を搭載できますが、仕様上、大砲一門につき砲手が一名必要です。

勿論こちらはソロプレイヤーですから2PCを動員しても船員は2名(内1名は操舵手)なので、まともな戦闘はできません。(というか海上戦闘自体を考えてませんあせあせ(飛び散る汗)

幸い交易品を4つ積むことができるので、船員2名の背中を合わせて6個の交易品を運べますから、貿易船として運用することにします。

そのため、無駄に重量を食う艦砲や鐘、航行灯はすべて撤去。(ただし接岸用のモリ銃は2門搭載)

で、早速試運転してみたのですが・・・・
blog2978.jpg
さすが戦闘艦、速度重視(かつ英雄クラス)の帆を使い、無駄な重量を積んでないにもかかわらず、9m/sいかない、という遅さ。もうやだ〜(悲しい顔)

鈍重だと思った貿易船より更に鈍重です。
そんなことなら航行性能的には上の貿易船を造った方が良かったのかもしれませんが、(DOLにも言えることですが)同じ船を造っても面白くないので、まあ、これはこれでアリかな、と。

感覚的はやっと本格的な帆船に乗ったな、という気がします。
特に急旋回して船がググッと傾く時など
blog2977.jpg
中々良い感じです。手(チョキ)

船名も色々考えました。
帆の色と紋章がドイツ海軍っぽかったので、昔ウォータラインのプラモデルを作ったこともある(巡航戦艦の)グナイゼナウか、と思ったのですが、『艦これ』から取ったのね?と誤解されるのが嫌だったので没。ちっ(怒った顔)

思い入れのあるドイツ船で一番記憶に残っているのは、大昔、少年倶楽部(の復刻版)で読んだこともある『海の鷲〜ゼーアドラー号の冒険』です。
そこでゼーアドラーにすることにしました。

調べてみたところ、ゼーアドラー号は3本マストのクリッパーらしいですが、この船は2本マストふらふら
DOLでいうところの商用武装フリュートでしょうか。わーい(嬉しい顔)

おまけに本家のゼーアドラーは、商船に化けて敵商船(と軍艦)に近づき奇襲する偽装商船ですが、こちらは戦闘艦の外見ながら実態は商船という(DOLでいうところの『軍船偽装』)、真逆の船。

ま、細かいことは気にしない方向で。(笑)
posted by マウザー at 15:13| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月24日

巨大トナカイ

当然ながらAAにもクリスマスクリスマスはやってきます。
blog2983.jpg
もちろんクリスマス・イベントもあるのですが、総じて貰えるものは役に立たないものばかり。

それもその筈、AAはハイブリッド課金システムですから、これまた当然のごとくXmas用課金アイテム、課金ガチャアイテムが目白押しで、めぼしい物はそこに集約されているのです。

残念ながら課金アイテムには(これは買いたい!)と思わせるものがなかったのですが、課金ガチャの中にちょっとエゲツない代物がありました。

それはサンタの橇を引くトナカイにちなんだ、トナカイの騎乗ペットなのですが、最も性能の高い白いトナカイ(『ホワイトルドルフ』)の走る速度が(装備を付けない)素の状態で11.5m/sもあるんです。がく〜(落胆した顔)

AAプレイヤー以外にはピンと来ないかもしれませんが、これは今まで(領主用馬を除けば)最速であり、取得するのに名誉ポイント50kもいるサンダースプリンターと同じ速さ。

しかも、付属の馬具(鹿具?)が合計+14%の速度増効果があるので、増速馬具としてポピュラーなアペイロン装備(+13%)を付けたサンダースプリンターより速いという。がく〜(落胆した顔)

さすがに課金ガチャのレアですから誰でも手に入れられるわけではないのですが、金を出させるためには手段選ばんなー(笑)と思いました。

白いヤツよりも少し遅い黒ver.(『ブラックルドルフ』)もあるのですが、こちらは黒いアバター服を着ているサブキャラに似合いそうなので、これを狙って3回ほどガチャを回してみましたが、順当に外れでした。もうやだ〜(悲しい顔)

しかしゲーム内の取引シャウトを見ていると、比較的買えそうな値段で出物がありそうなので、貯めてあるA-POINT資金から購入資金を捻出して買いシャウトしてみました。

程なく売り手の人が見つかり、無事購入。
早速サブキャラを乗せてみます。
blog2984.jpg
まず思ったのは(デカっ)がく〜(落胆した顔)ってこと。

エルフが初期クエストで手に入れるエルク(大鹿)も、鹿にしては大きいはずですが、
blog2985.jpg
乗り手の足と地面との距離を見てもわかる通り、黒トナカイの乗座位置がかなり高いところにあります。

白ver.より性能が落ちるとは言え、それでも素で11.0m/sありますから、メインキャラのMarcyが乗るLv50ブラックアロー(10.5m/s)より速く、ブラックアローが+15%馬具を付けていてさえ、専用鹿具装備の黒トナカイには及ばないのです。もうやだ〜(悲しい顔)

Lv50のブラックアローに育てるのに結構苦労したんですが、いったいあれは何だったんだろう?って思いますね。むかっ(怒り)
(もっとも、アイテム課金システムはそーゆーもんですがわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

ところで、『リヴァイアサン』実装後に姿を見せたエノア型中型帆船ですが、未だ乗っている人を見かけませんし、ひょっとすると造船方法も判明していないのかもしれません。

しかし運営が用意した見本船がエズナ港に現れたので、とりあえずお約束の『タイタニックごっこ』をしておきました。
blog2986.jpg
(俺は世界の王だ〜)と叫びたいところですが、考えたらデカプリオはこんな、一歩足を踏み外したら真っ逆さまに落ちる危険を冒していたわけではないので、口ほどにもないちっ(怒った顔)ですね。(笑)
posted by マウザー at 17:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月29日

漁船と海賊服

エズナ小型帆船より前に、設計図だけは入手していながら作ってなかった船があります。
それはシーカーシップという、帆船ではなく(恐らく)内燃機関で動く外輪船です。

ゲーム中では漁船という扱いで、釣った魚を保存する生簀がデフォルトで付いてくる他、釣った魚を吊るすクレーンや魚群探知機を装備しています。

漁船であるが故に、航行性能は高くありません。
『リヴァイアサン』アプデ以前にイベントで配られたレンタル漁船に乗った時には、その遅さと旋回性能の悪さに辟易した記憶があります。

にもかかわらず、造船するに当たっては高速艇の2倍量の建材が必要な上、魚群探知機やクレーンなどの部品をあらかじめ作っておかねばならず(その材料も結構きつい物だったりしますあせあせ(飛び散る汗))、なおかつ漁船登録証という紙を雑貨商から100金もの大金で買っておかねばならない、というかなり高難度な船なのです。

しかし、図だけ持っていて造らないのもつまらないので、材料集めに奔走し、ようやく全て揃えることができました。

例によってエズナ港で建造です。
小型帆船や高速艇のように建造台を特別に作らなければいけないことはないのですが、建造台を設置するのに15金要求されるのは小型帆船の時と同じです。
漁船登録証で100金払った後だけに、とりわけ痛い仕様ですね。もうやだ〜(悲しい顔)
blog2991.jpg
構造的には特に面白くも無いので、途中の工程の画像はすっ飛ばします。

で、完成。
blog2992.jpg
操縦席が甲板より高い位置に設定されているのは、現代のクルーザーをイメージしているのでしょうか?

早速試運転です。
blog2994.jpg
『リヴァイアサン』アプデ以降、漁船も装備のいくつかは取り外し可能となったので、とりあえず航行灯と魚群探知機と銛砲台を外して重量を軽減化しています。

アプデ前に乗った時の記憶とは違い、直進時は結構スピードが出ます。
数値的には建造初期状態の高速艇と同じぐらいでしょうか。
しかし舵は申し訳程度に小さいものが付いているだけなので、旋回は苦手なようです。たらーっ(汗)
blog2993.jpg
煙突から煙が出ているところを見ると動力は蒸気機関のようですが、この世界には石炭はない(黒炭はありますが)ので、何を燃料としているかは不明です。がく〜(落胆した顔)
(トラクターの増速時や自動車の加速時に使う、鶏糞と藁を混合した『エコロジー燃料』もありますが、漁船には使いませんし、自動車にしても『エコ燃料』が無くてもそれなりに動くのです)

話は変わりますが、クリスマスにかこつけてちなんで売り出した課金福袋の中に、一つ欲しいアイテムがありました。

それは『ハーデス軍革装備』という頭・上半身・下半身のセット服です。
必ず出るわけではないのですが(というか非常に低確率)、高性能なので狙う人も多く、半年前に同じアイテムが出る宝箱が販売された時には1セット5000金から6000金で取引されていました。

前回は諦めていたのですが(と言っても別のアイテムを狙って5個ほど買ってましたが)、今回は出ると良いなぁと思いながら4個買いました。

・・・・・・・・・予想通り、出ませんでした。もうやだ〜(悲しい顔)
(余談ですが敏捷+8の強化石と下着が出たので、両方をMarcyにセットして遠距離攻撃力が2上がりました(笑))

これ以上注ぎ込んでもしょうがないと思って買うのは止めましたが、オク相場だけは欠かさずにチェックします。

すると面白いことに、ハーデス軍装備(布やプレート装備もあるのです)がダブついてきているのか、相場がドンドン下がってきました。

思うに、欲しい人の大半は前回手に入れて、別のアイテムを狙ってハーデス軍装備を出してしまった人が相当数いるのでしょう。
最初は4000〜5000金だったものが、2、3日で2000金まで下がってしまいました。

これなら私にも(何とかあせあせ(飛び散る汗))買えそうです。
恐らく下げ止まりだろうと思われるところまで待って、一着購入しました。
blog2989.jpg

blog2990.jpg

blog2988.jpg

blog2995.jpg
プレイヤーの中には見た目より性能目当てで求める人もいるでしょうが、私はむしろ性能より、この海賊風の見た目目当てです。黒ハート

ハーデス軍装備には眼帯のあるver.と無いver.があるのですが、特に眼帯(アイパッチ)はリネ2時代や、
blog0377.jpg
DOL時代と
blog1852.jpg
一時期トレードマークだったこともあって(いずれも最終的には外してしまいましたがあせあせ(飛び散る汗))思い入れがあるのです。

とはいえ性能も悪くない(というかむしろ高い)ので普段着にしたいところですが、買ったそのままの等級では今装備している防具の方が良いですし、等級を上げるには資金不足ということもあって中々上手く行きません。

もっとも戦闘志向の人と違って明日から実戦に使いたいっ、ってこともないのでユルユルと育てていこうと思ってます。
posted by マウザー at 14:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。