2015年11月07日

ハロウィン・イベント

前回の記事で書いた『アバターの外見変更に必要な変更アイテム数』が20個だ、というのはやはり不具合で、以前の9個が正しかったらしいです。

普通に考えて、プログラムの中のその記述をどうやったらそーゆーように間違うのかが不思議です。
(今まで正しかったものをわざわざ増やす、というのは単なる間違いではないですよね)

ただ差額の11個は補填されたので、恐らく外見変更をこれからもやっていくであろう私的には、無駄にはならなくてよかった、という結末にはなりました。

ところで、既に終わってからかなり日が経ってますが、気にせずハロウィン・イベントのことを書きます。

内容的にはほとんど無いんですけど、一つだけ面白かったのが、多人数参加で大掛かりだった、キャンデーを玉に見立てて、カボチャ型の籠に入れる玉入れ。
blog3160.jpg
青組と白組に分かれて競うのですが、組み分けはシステムが自動的に割り振るので、東大陸の人も西大陸の人も同じ組で共に闘うことになります。

『拾う』ボタンでキャンデーを拾って、マウスポインタをカボチャの口に合わせてクリック、という非常に簡単なオペレーションなんですが、それだけに単調で、(最初は面白いのですが)延々と玉を投げ入れ続けないといけないのはかなり苦痛でした。
(どちらかの籠が一杯になるまで続くのです)

この玉入れやイベント期間限定のカタツムリ型騎乗ペット
blog3162.jpg
に乗っての宝探しゲームなどでイベント・トークンを稼ぎ、景品と交換します。

景品の一番の目玉はこのカタツムリ型騎乗ペットの緑色版(永続的に使えます)なのですが、何せカタツムリですから移動速度がやたら遅いです。
まあ、皆が持ち寄ってレースをするなど、ネタ用の乗り物ですね。

他はカボチャの置物とか、数種類の中からランダムで出てくる小さなカボチャランプとか、オバケ風の顔が書いてある小さなバルーンとかが貰えますが、
blog3163.jpg
玉入れを15回やると貰える大きなバルーンはかなり迫力がありました。

さて、イベント期間中は開催地の西大陸のツインクラウン、東大陸のサンライズ半島は自動的に対人戦不可になります。

それを利用して私はせっせと、サンライズ半島のオーステラへ物品交易に通ってました。
(ビビリなので、普段は東大陸プレイヤーに先攻権のあるエリアへなどほとんど行かないのです)

おかげで染料の自作には当面困らない量の素材を確保することができました。

またこれも良い機会ですから、サンライズ半島の名所探索も、敵対プレイヤーの目を気にせず、一気にバシバシ見つけに行って、それほど苦労も無く完了することができました。
blog3166.jpg
アンチョコにはドラゴン・アセント(最高級グライダー)で、と書いてあった場所も、隣の山を出来るだけ高く登って、そこから『願いの翼』の二段上昇スキルを使って軽くクリアすることができました。
blog3165.jpg
ここは東キャラのMarcycatでさえ完遂してない場所だっただけに、ちょっと嬉しいです。

posted by マウザー at 23:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

白ずくめ

AA画面でHDRエフェクトをONにして感銘したことの一つに海の表現があります。

水の表示クオリティ自体はそんなに高くないのですが、それでも太陽光が水面に反射する様が格段に美しくなって、もっと早くONにしとくんだった・・・・・と強く感じます。
blog3164.jpg
とりわけ、どこか暗い感じの海でしかなかったアイスキングダムの海が、実はオーロラを映したかのような異様な緑色の海だった、とか、
blog3167.jpg
ちゃんと夕日が海面に落ちる瞬間の物寂しげな風情が表現されていたことに、気持ちが動きました。(今更ですが💦)

ところで公式HPでは、キャラのファッションコーディネイトのコンテストをやっています。

『AA世界に登場するものなら何を使ってもOK』というのはいいのですが、グランプリがHPの画像掲示板上で『いいね』を最も多く獲得した人、という採点方式なのが、高得点の人が本当に良く考えられたコーデなのか、単に人脈があるだけなのか判断に苦しむところです。

とはいえ、参加することに意義がある性質のものであることは間違いないので(笑)、私も持ちキャラの一人で応募しました。
blog3169.jpg
Subzero(氷点下)というキャラ名にちなんで、氷を思わせる白色の装備で統一しています。
blog3170.jpg
頭は(ほぼ非戦闘民なのに)分不相応な高級品のレイナハット(レイナというネームドモンスターのドロップ品ですが、装備時帰属なので時折オークに高額で出品される)です。
胸部と手足は初期段階のクエストで貰えるクレセントレザーアーマー、クレセントレザーグローブ、クレセントレザーブーツ。
下半身は課金アイテムのホワイトジーンズ。
マントはハリハランの種族クエストを最後まで達成すると貰える『アマンドラ女王の記章』です。

ハリハランは東大陸の種族ですから、西大陸にいるエルフ種族のキャラは普通は付けることができないのですが、ハリハランの魔亞椎が取得したものを外見変更アイテム化し、取引可能な別のマントに貼り付けて渡しています。

Subzeroが持っている両手杖は氷をイメージして(これまた)課金アイテムのベロエロッドをチョイスしています。

デザインとして見た場合、あまりにも同一色で纏めすぎるとかえって全体的な印象がボケることになりがちなのは承知しています。

しかし、今回はデザイン的な甲乙より『全身を白でまとめる』ことが主眼なので、思い切ってこんな格好に。

実はコーデイベント以前から白装束風にはしていたので、普段着装備の上に上記のアイテムを外見変更化して貼り付けています。

そのため見た目以上にサラッと大金がかかっていたりするわけですが、貼ってしまった後で、手は『ファイアーバードミトン』の方が良かったかなぁ・・・・と思って着けてみた結果、
blog3168.jpg
図らずして間違い探し画像になってしまいました。
(背景やPCの向きが違う、のは置いといて)

上の画像の正解は『手の装備が違う』(右の人の手がファイアーバードミトン)、でした。

ま、他人から見ればどーでもいいことですが。
posted by マウザー at 13:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。