2013年06月16日

淡水の巨大エイ

全然釣る意思はなかったのですが、あるクエストをやっていたら偶然かかりました。
blog1939.jpg
ヒマンチュラ・チャオプラヤ。
語呂の良い魚ですねわーい(嬉しい顔)
私はよく知りませんでしたが、調べてみると淡水に棲むエイでは最大の魚らしい。
(ネットに、大人の人間と実物が一緒に写っている画像を載せたブログがあって、思わず笑ってしまいましたわーい(嬉しい顔)
4.6mのピラルクでも重さは220kgなのに、500kg超の体重はいくらなんでもオーバーじゃない?と思いましたが、現実世界でも300kg程度は普通らしいので、少しもおかしくないようです。あせあせ(飛び散る汗)
名前もヒマン(肥満)チュラだしわーい(嬉しい顔)、幅が(横に)広い分、重いのでしょうね。

今日は、またまた河口湖で釣り大会がありました。
22時スタートという私にとっては一番参加しやすい時間帯で、しかも対象魚はドジョウ。
前回は7分遅刻でしたが、今回は満を辞して餌を充分な数揃え、開催前に参加登録し、ポイントに乗りつけ開催を待つ、という万全の体制をとりました(笑)

上位の人には装備の質も腕も経験も敵わないのはわかってますから、狙うのは前回の自己記録の更新。
前回釣り上げた数20匹を上回ることと、挙げたptsを上回るのが目標です。

結果・・・・・・・・
blog1942.jpg
前回は17位でしたが、今回は(ギリギリ)ベスト10に入りました!わーい(嬉しい顔)
釣り上げた数29匹はTOPの人(21匹)をも上回ってますが、残念ながら数は考慮外らしい。もうやだ〜(悲しい顔)

さて、ずっと東南アジアにいても飽きるので、隅田川に『特別な魚』を釣りに行ってきました。
4mオーバーのピラルクを釣り上げられる装備で、極大サイズとはいえ体長20cmのツチフキ
blog1943.jpg
にブチ切られるとか・・・・・・もうやだ〜(悲しい顔)

今回一番の大物は『巨大フナ』。
blog1941.jpg
フナの『巨大』サイズではなく、『オオマダイ』や『巨大メバル』と同じく、ゲーム内固有種です。
1mオーバーのフナがいるとは、隅田川もキレイになったもんですね。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

巨大フナはナマズ類を釣る餌を生成するための魚として認識されているようで、恐らくどんなに小さいサイズでもリリースされることはないでしょう。
ただ、この極大巨大フナ(紛らわしいw)を潰すのは可哀想なので(笑)、何とか水槽の余地を空けて飼うことにしましたわーい(嬉しい顔)

余勢を駆って河口湖のライギョ釣りにも挑戦。
blog1940.jpg
他の特別魚と違い、餌が特殊では無いのがいいですね。

しかし、図鑑項目を埋めるためには何匹か釣らないといけないません。
例によって『逃げられる』課題もあったのですが、そのことを充分に承知しながら、いざ釣りはじめてみると思わず釣りあげてしまう性分に我ながら呆れてしまいます。ふらふら


posted by マウザー at 13:38| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fish Hunt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。