2014年03月21日

悲しいお知らせ

5月末一杯で、Fish Huntの日本での運用が中止になります。
観光クエストで行けたアレクサンドリアやプリモシュテン・マップは、結局開放されずに終わりそうです。ふらふら

そもそも『釣り』という、一般的なゲーム愛好家層にはウケにくい題材だったことと、無課金でもそこそこ遊べてしまう、我々プレイヤー側にとっては神仕様でもビジネス的にはどうよ?みたいなところも敗因の一つだったのではないでしょうか。ちっ(怒った顔)

しかしながら、グラフィックも変にアニメっぽくなく大人の雰囲気で、操作性の良いUIや、釣った魚を協会に納品して報奨金を得ることでRPGには必須の金稼ぎ問題を解決する、という非常に良く考えられた仕様や、これでもか!とばかりにイベントを詰め込む運営とか(笑)、良い部分が沢山あるゲームだったと思います。
blog2696.jpg
(ちなみに画像と話の筋は無関係あせあせ(飛び散る汗)

私が以前やっていて運用中止になったゲームというと、LOTRO(ロード・オブ・ザ・リング・オンライン)や九龍争覇が思い浮かびます。

LOTROは、Lv37になり『裂け谷』に行けたところで満足して、運用中止になる前から課金を止めてしまいましたが、クエスト主導でゲーム性も高い面白いゲームでした。
(ダイアログ等が誤字誤訳でいっぱいだったのは、ゲーム自体の罪じゃありませんし)

九龍争覇も、ゲーム途中から妖怪退治になったところで萎えて止めたのですが、戦闘方法を格闘一本に絞り、戦闘スキルの取得もミニゲーム方式の修練をこなさないといけない変にリアルなところが目新しくて、中々面白いゲームでした。

いずれも『何がなんでもアクションファンタジーRPGにしてしまえ』的な今の風潮とは違う斬新さがあったものですが、やはり一般受けしないと続かないのでしょう。たらーっ(汗)

折角面白いゲームを作っても、ビジネス的に上手くいかなければ運用を続けるのは難しい、ということは言うまでもありません。

しかし、新生FF14を含め、どこかで見たようなファンタジーRPGしか生き残れないゲーム業界も、それはそれで問題だと思うのですよね。ちっ(怒った顔)

そういったものしか供給しない開発側が悪いのか、そういったものしか受け付けない我々プレイヤー側が悪いのか、微妙なところだとは思いますが。

ところで、FHにおける私のLvは現在49の37%で、Lv50になれば新たに見れたはずのナイル川マップとか新装備とかを目にするのは難しくなりました。もうやだ〜(悲しい顔)
終了までまだ2ヶ月あるので頑張れば何とかなりそうですが、そこまで気力は続かなさそうですあせあせ(飛び散る汗)


posted by マウザー at 18:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Fish Hunt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。