2015年11月07日

ハロウィン・イベント

前回の記事で書いた『アバターの外見変更に必要な変更アイテム数』が20個だ、というのはやはり不具合で、以前の9個が正しかったらしいです。

普通に考えて、プログラムの中のその記述をどうやったらそーゆーように間違うのかが不思議です。
(今まで正しかったものをわざわざ増やす、というのは単なる間違いではないですよね)

ただ差額の11個は補填されたので、恐らく外見変更をこれからもやっていくであろう私的には、無駄にはならなくてよかった、という結末にはなりました。

ところで、既に終わってからかなり日が経ってますが、気にせずハロウィン・イベントのことを書きます。

内容的にはほとんど無いんですけど、一つだけ面白かったのが、多人数参加で大掛かりだった、キャンデーを玉に見立てて、カボチャ型の籠に入れる玉入れ。
blog3160.jpg
青組と白組に分かれて競うのですが、組み分けはシステムが自動的に割り振るので、東大陸の人も西大陸の人も同じ組で共に闘うことになります。

『拾う』ボタンでキャンデーを拾って、マウスポインタをカボチャの口に合わせてクリック、という非常に簡単なオペレーションなんですが、それだけに単調で、(最初は面白いのですが)延々と玉を投げ入れ続けないといけないのはかなり苦痛でした。
(どちらかの籠が一杯になるまで続くのです)

この玉入れやイベント期間限定のカタツムリ型騎乗ペット
blog3162.jpg
に乗っての宝探しゲームなどでイベント・トークンを稼ぎ、景品と交換します。

景品の一番の目玉はこのカタツムリ型騎乗ペットの緑色版(永続的に使えます)なのですが、何せカタツムリですから移動速度がやたら遅いです。
まあ、皆が持ち寄ってレースをするなど、ネタ用の乗り物ですね。

他はカボチャの置物とか、数種類の中からランダムで出てくる小さなカボチャランプとか、オバケ風の顔が書いてある小さなバルーンとかが貰えますが、
blog3163.jpg
玉入れを15回やると貰える大きなバルーンはかなり迫力がありました。

さて、イベント期間中は開催地の西大陸のツインクラウン、東大陸のサンライズ半島は自動的に対人戦不可になります。

それを利用して私はせっせと、サンライズ半島のオーステラへ物品交易に通ってました。
(ビビリなので、普段は東大陸プレイヤーに先攻権のあるエリアへなどほとんど行かないのです)

おかげで染料の自作には当面困らない量の素材を確保することができました。

またこれも良い機会ですから、サンライズ半島の名所探索も、敵対プレイヤーの目を気にせず、一気にバシバシ見つけに行って、それほど苦労も無く完了することができました。
blog3166.jpg
アンチョコにはドラゴン・アセント(最高級グライダー)で、と書いてあった場所も、隣の山を出来るだけ高く登って、そこから『願いの翼』の二段上昇スキルを使って軽くクリアすることができました。
blog3165.jpg
ここは東キャラのMarcycatでさえ完遂してない場所だっただけに、ちょっと嬉しいです。



posted by マウザー at 23:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。