2006年05月28日

木こりスタイル

ファイターもLv48になったので、以前mobから強奪した斧を持たせてみました。

blog0143.jpg

このゲームの面白いところは、こうしてmobの持ってる武器を持たせられることです。
しかも得てして、店で売っている同等の武器より性能が良かったりします。

しかし、この武器を持って走ってるところはこれ。

blog0144.jpg

下手すると踵をザックリいきそうで怖いです(笑)。
posted by マウザー at 17:18| グラナド・エスパダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

ドバラダコルテ

品川で開かれたユーザーイベント「Granado Espada World Party」に参加してきました。
普通そんなイベントには目もくれないのですが、今回はパッケージ版に同梱されているサントラCDにも未収録の曲が5曲も入ったミニCDが参加者全員に貰える、ということですし、しかもその曲というのが「ええっ!この曲がサントラCDに入ってないの?」というような良い曲なものですから、このミニCDを貰うためだけに参加した、と言って過言ではありません。

イベントの感想としては、BGMの作曲者の一人である久保田修氏の頭髪の具合が激ヤバだ、と思ったのと、マスケッティア(女性)のコスプレしたコンパニオンが、コスチューム設定通りにヘソを出していたのが印象的でした。(←オヤジ丸出しですねw)。

あと、一位になればGE推奨パソコンが貰える三択式クイズ大会に参加しましたが、三問目であえなく撃沈(名誉のために言っておくと、その問題で参加者の半分以上が落ちる難問だったのです)。
一位になった人は前回のイベントでもグラボを貰ったとかで、まあ流石というか何と言うか、ですね・・・
で、ミニCDと500円のWebMoneyカードとNetCashカードを貰い、ホクホクして帰ってきたのでした。


ところで、短剣使いのヘソ出しネーちゃんこと(←しつこい)リサさんがLv48になったので短剣2刀のスキル・ドバラダコルテを覚えました。

blog0142.jpg

で、試し切りをしてみたところ、鬼のように強く・・・・・なってるわけが無いのでしたたらーっ(汗)
曲剣2刀のアデリーナ姐さんが激強いのと対照的です。
一撃が弱くても攻撃速度で凌駕すると思ったのになあ・・・・
攻撃力低い、ヒールできない、っていったらこの人、やはり色気だけじゃん。

blog0141.jpg

編入時からこれですから、まさに魔性の女ですね。(でも会話してる側も全員女だったりw)
でも可愛いから許す。(だからオヤジ丸だ(ry)

posted by マウザー at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | グラナド・エスパダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

また失敗?

イッジ編入計画のため新しくアカウントを作り、イッジの編入条件である『ウンボマ編入』のための3万家門ポイントを貯める予定でしたが、ハントミッションクエのおかげでメインキャラのいるアカウントの方が先に3万家門ポイント溜まってしまったので、計画を変更してそっちのアカウントでウンボマを編入することにします。

首尾よくウンボマカードをゲットし、早速イッジを編入するアカウントにカードを移動して召喚!

しかし編入計画を途中で変更したため、頭が混乱して間違ったアカウントでウンボマを召喚してしまいましたたらーっ(汗)
イッジカードを入手するには2万家門ポイント必要で、同じアカウントでウンボマも召喚しなければなりませんが、私の場合『カードをゲットするアカウント』と『イッジを召喚したいアカウント』が違うのに、『イッジを召喚したいアカウント』にウンボマを召喚してしまったのです。
問題は『イッジを召喚したいアカウント』にはイッジカードをゲットする際に必要な家門ポイント2万がないことです。

さすがに凹みました。
あまりゲームで落ち込むことはない方ですが、この時ばかりは自分の馬鹿さ加減にしばらく呆然としました。
折角2万まで家門ポイントが溜まった『イッジカードをゲットするアカウント』(=今回新しく作ったアカウント)が丸々無駄になってしまった、と思ったからです。

・・が、気を取り直してメインのアカウントでふらふら遊んでいると、ふとしたことで、ウンボマカードを入手したのに家門ポイントが減っていないことに気が付きました。

!!!ひょっとしてバグか?』

とりあえず検証しなくてはなりません。
以前ウンボマを倒した別のアカウント(家門ポイントは4千しかありません)で、カードを手に入れてみます。
ダイアログ上は相変わらず「編入には3万家門ポイント必要」と表示されますが、何の問題も無くカードを手に入れることが出来ました!

考えてみるとウンボマ編入クエで、ウンボマ本人と戦い、苦労して勝って編入条件をクリアしたわけですから、更に家門ポイント3万必要、というのも酷い話です。

さて今度は間違わないように、『イッジカードを入手するためのアカウント(=2万ポイント溜まっているアカウント)』でウンボマを召喚します。

ここで別の小さな問題が。
イッジ編入クエにはポルトベルロ・ダンジョンの2F(キャビン)まで行かねばなりません。
このアカウントのキャラのレベルはまだ34そこそこですが、キャビンまでにはLv44代のmobがいる1F(デッキ)を通らねばならないのです。
さすがにレベル差が10あると怖いので(笑)、頑張ってLv36まで上げ、装備を一新して(それでも恐々)ポルトベルロに向かいます。

結果からいうと、特に問題も無く1Fデッキを突破。
首尾よくイッジ編入クエ終了。
そしてカードをゲットし、(今度こそ本当に)『イッジを召喚したいアカウント』に渡して召喚!

blog0140.jpg

これで『全女性NPCを編入する』という目的も完遂しました。
これほど紆余曲折するとは思いませんでしたが・・・・

さて苦労して手に入れたイッジですが、金属鎧と両手剣のためか非常に足が遅いです。
足の速いエミリアと組ませると尚更目立ちます。
スキル発動時の掛け声が妙に勇ましいのでほほえましいですが(笑)。

ウンボマ編入条件の表示については、公式HPから報告は入れときました。
まさか3万ポイント必要なようにパッチが当たるとも思いませんが・・・

posted by マウザー at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | グラナド・エスパダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

失敗

前回エミリアとウンボマを天秤にかけ、エミリアを取ったわけですが、よく考えてみるとそれは失敗だったことに気が付きました。

ウンボマを編入(してリーダーに)するとイッジを編入できるクエが発生するのです。
ウンボマの編入には3万、イッジの編入には2万の家門ポイントが必要で、ウンボマはともかく合わせて5万は無理、と思ってエミリアにしたわけですが、19日の大規模アップグレードから導入されたハントミッションクエをやると、どうやら残り2万も用意できそうなのです。
だったらイッジ編入のためにウンボマにするんだった!

なぜイッジにこだわるかというと、NPCのうち編入してない女性キャラはイッジとリボルドウェ兵士だけだからです(笑)。
そこで目標。

全女性NPCを編入する

そこで、例によって別アカウントを作成し、3万ポイントの壁に対処することにします。
そう考えると前回ウンボマを選択してれば、あとはエミリアを編入するため3万ポイントを貯めればよいだけだったのですが、エミリアを選んでしまったため、3万ポイントを貯めた上、もう一度ウンボマを倒さねばなりません。
ということで、ウンボマを倒すため(だけ)にキャラを育成することにします。
作ったキャラはこちら。

blog0139.jpg

リボルドウェ女兵士もちゃんと含まれています。
この人の決まり文句は「リボルドウェに栄光あれ!」。
ことあるごとに
「リボルドウェに栄光あれ!」
「リボルドウェに栄光あれ!」
「リボルドウェに栄光あれ!」
「リボルドウェに・・・」

正直ウザいですむかっ(怒り)

が、攻撃力が落ちても1人壁(というか盾?)役がいた方が良いのでは?という3人マスケ時の学習からこうした編成にしました。
ウンボマと対戦する際には、もう一枚あるグレイスカードを使えば良いわけですからね。

まあ、一つの家門に入れるわけではないのでインチキと言えばインチキですし、そんな暇があったらメインキャラで3万ポイント稼げ、と言われそうですが、回り道でもとりあえず他人と違う遊び方をするのが私の本分なので(笑)。
posted by マウザー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グラナド・エスパダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

アレスモレンディー!

今日はオープンベータが始ってから初めて大規模なアップグレードがありました。

大部分はバグの収束や表示の改良であったり、高レベル者向けのマップとクエストの追加だったりします。
が、一つだけ私にも関係のある、嬉しい追加がありました。
それはマスケティアの新しい帽子(Lv52)。

blog0138.jpg

なんか鶏のトサカみたいですたらーっ(汗)

ところで新しく編入したグレイスさんは、見かけ結構年配かな?と思えるのに声が若々しくてギャップを感じます(笑)。
そして時折「アレスモレンディ!」と叫ぶのですが、意味がわかりません。
(語呂がいいのでお気に入りなのですが)
ネット上ではスペイン語で「前へ進め」だという説が最有力ですが、よく考えてみるとグレイスさんは元ブリスティア軍情報部将校。
このゲームではブリスティア=ブリテン=英国、べスパニョーラ=エスパニョーラ=スペインなので、グレイスさんは英国人ということになります。
その人がスペイン語で掛け声をかけるでしょうか?
秘密裏に潜入して軍事情報を探っている、ということですからべスパニョーラ人に偽装するためわざとスペイン語を話してる、ということも考えられますが、無理がなくもありません。
詳しい裏情報希望。
posted by マウザー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グラナド・エスパダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

リストラ?

グラナド・エスパダはLv52のチームでようやくNPCのグレイスとウンボマを倒すことが(何とか)できました。

倒した後、何の気なしにゲーム雑誌を読んでいると、ちょっとしたことに気が付きました。

グラナド・エスパダは使用するスキルにSPを割り振ってレベルアップすることが出来るのです!(それを言うならリネ2だって出来ますがね)

「おいおい、今更かよ!」という声が聞こえてきそうですが(笑)、今の今まで、スキルは初期状態のレベルのまま戦っていたのでした。
初期レベルスキルのままグレイス倒すなんて、私偉〜い!・・・・・・・ではなくてあせあせ(飛び散る汗)、同じく初期レベルスキルのまま、倒せないながらもあと一歩のところまでグレイスを追い込む時もある別アカウントの3銃士チームは、もしかしたらスキルレベルを上げたら倒せるのではないでしょうか?ひらめき

早速、銃士チームの最頻スキルであるヘッドショットを全員MAXのレベル10まで上げます。
そして挑戦。


・・・勝ってしまいました^^v
銃士チームはLv45で勝てなかったため全員Lv46に上げてしまいましたが、最初からスキルレベルを上げてればLv45でも勝てた気がします。

調子に乗ってコインブラに行き、ウンボマにも挑戦します。
こちらは前回、途中からウンボマの加勢にやってくるクラウドの反応エリアでない場所を発見しているので、そこから攻撃してみると、こちらも勝てました!(流石に1人死にましたが)

さてグレイスは対戦して勝つことで誤解を解き、自分の家門に編入することができます。
そこでグレイスを編入してみました黒ハート

blog0135.jpg

何と、初期レベルが48で、このアカウントでは最も高いレベルになってしまいました。
しかも、得意の得物はショットガンらしいですが、ライフルも撃てます。

・・・てことは、3銃士のうち、誰かが要らなくなる、ってことでしょうか?(笑)

blog0136.jpg

ところで、グレイスとウンボマを倒すことで家門ポイントが必要量に達したのでコインブラのエミリアかウンボマを家門に編入することが出来ます。
恐らくウンボマは初期レベルも高いし優秀なウィザードなのですが、致命的な欠点が・・・・

それは男であること!(笑)

てことで女性キャラだという理由(とヒーラーだという理由も少しありますが)だけでエミリアを編入することに決定!

しかしこの人、かなり最初の段階から編入条件がクリアできるだけあって、初期レベルが24と低いです。
なので使えるようにするためには別途育成期間を設けないときつそうですね。

blog0137.jpg

自動ヒールもあるし、杖を持てばウイザードの通常攻撃とバフも出来ます。
しかしアースクエイクなどの範囲攻撃はありません。
スカウトなのにヒールできない人(リサ)とか、ヒール能力があるのに自動ではやってくれない人(ソホ)とか、バリバリのアタッカーなのに金属鎧が装着できない人(アデリーナ)とか、NPCってどうしてこんな中途半端な人ばかりなのでしょう?たらーっ(汗)
posted by マウザー at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | グラナド・エスパダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

セールスコピー

今日秋葉原のソフト屋で見かけてウケた「HALF LIFE 2」(FPSゲーム)の宣伝文。

無人島に持って行きたいゲームソフトNO.1

ゲーム開始時にオンライン認証がありますので、インターネット接続環境のある無人島へお持ちください」

・・・・・・どんな無人島やねん!


さてグラナド・エスパダの方はメインキャラがようやくLv52になり、装備グラフィックが一新されました。

blog0133.jpg

今後はしばらく、またこのグラフィックのまま装備のグレードだけ上がっていくことになるので面白味はないかも。

blog0134.jpg

アデリーナ姐さんはめでたくLv44になり、シルバーバロン2刀を装備。(リネ2風に言えばシルシル?)
言ったかもしれませんが、シルバーバロンはアデリーナを使用する人のみ貰えるクエアイテムですので、露天等で買わない限り一つのアカウントだけでは2刀にすることはできません。
が、2刀にしたからと言って恐ろしく強くなるか?というと、実はそうでもないので、曲剣2刀スキルを使う際片方の曲剣を買わなくて済む、というメリット以外は、ネタとしての意味しかないかもしれません。
posted by マウザー at 00:00| グラナド・エスパダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

GEのマイキャラ

依然としてグラナド・エスパダをやってます。
しかし例によって一つのキャラクターで集中して遊ぶ、なんてことはできない性質なので別アカウントを取って、チーム編成を色々変えたりしてます。

まずメインキャラ(現在Lv47)。

blog0132.jpg

ウィザード、スカウト(ヒーラー)、マスケッティアの編成。
見てわかるように近接職がいません(笑)。
ただスカウトが自己をヒールしてタンカーの役目を果たしてるので、意外にバランスは取れてるかも。

blog0131.jpg

チーム「マスケッティア」(まんまじゃんw)(現在Lv42)。
瞬間的破壊力最高。
ただしヒーラーがいないので持久戦になればあっさり全滅。
しかも弾代はかかるし、ウィザードがいないのでテレポートできないためウェイポイント(リネ2でいうGK)代も嵩みます。

blog0129.jpg

チーム「二刀流」(現在Lv38)。
2丁拳銃のファイター、シャムシール2刀(リネ2風に言えばシャムシャムw)のNPC女海賊、そして一見わかりにくいですが、両手に腕輪を装着したウォーロック(通常ウォーロックは片手にしか嵌めない)。
拳銃はライフルより射程・威力が落ちます。
でも2丁拳銃にしたら少なくとも威力はカバーできるかな?と考えたのですが、実際それでもマスケッティアのライフルより威力が無いように感じます。

blog0130.jpg

美貌の姉御肌女海賊アデリーナ(口癖は『遅い!』)は流石に人気が高く、使っている人が大勢います。
このNPCを編入するとLv44から使える名剣シルバーバロンを貰えるのですが、今考えてるのは二つのアカウントでこの人を作成・編入してシルバーバロンを2つ手に入れ、シルバーバロン2刀を使うこと(既に入手済み)。
でもそれにはレベル44まで育てないとならないのですが・・・

blog0128.jpg

もう一人編入したNPC、カフェ『セイウチ』のオーナー兼店員のリサさん。
この人、美人で色っぽい声していて、おまけにこの格好ですからやはり人気は高いです。
しかしスカウトの癖にヒール能力がありません(自分で「回復・・・・・できません(泣)」とか言います(笑))。
がんばってLv48まで上げれば短剣2刀のスキルが使えるようになり、それは恐ろしい強さになるのでは?と思うのですが、メインキャラチームでさえLv47なのに・・・(苦笑)

思うに、このゲームの妙はこういったチーム編成を考えるところにあるのかもしれません。
いくら高レベルの人を見てもどうということはないですが、3人ウォーロック(ウォーロックは特に範囲魔法攻撃が強い職ですが、足遅い・紙防御・低HPで非常に死に易い)とか、全員が2丁拳銃(都合6丁!)の3人マスケッティアとかの、とてもネタくさいチームを操る他の人を見ると、素直に感心してしまいます。
posted by マウザー at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | グラナド・エスパダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

近況

仕事の都合であったり、体調を崩したり、そうこうしてるうちに課金期間が切れたりしてて、リネ2はしばらくお休みしてます。
しかし、それなのにグラナド・エスパダのキャラがレベル40になってるのは何故でしょう?!(笑)(←タダだから)

前にも書きましたが、このゲームの一番良いところはゲームシステム、ではなくて、BGMにいい曲が揃ってるところではないでしょうか。
クラシック風のピアノ曲があったり、ノリノリの(←死語)ダンス曲があったり、ハードロック風のがあったりと、聞いていて飽きません。
リネの時はスピーカーはOFFってますが、これをやる時はONに、そして深夜はヘッドフォンをしても聞くようにしています。

ゲームとしてはオープンベータということもあり色々不備が目に付きます。
NPCのダイアログ中の誤字は日常茶飯事的ですし、クエ中にバグが発生すると、ちゃんと進行してるのか不安になります。
しかし中にはこうした笑える文章もあります。

blog0127.jpg

ある武器の説明ですが、自分でボケて自分で突っ込んでる!

またどのMMORPGでもそうだと思いますが、ここでも某国プレイヤーの進出が著しいです。
判読不明のPC名なのでそれとすぐにわかりますが、そういうのに限って高レベルキャラだったりするのが悔しいですね(笑)。
しかも中には既にBOTプログラムを組み込み済みらしい動きをする人たちもいて、羨ましいというか、呆れるというか・・(笑)。

GEには基本機能として自分の一定範囲内に近づいたmobを自動で攻撃する自動戦闘システムがあるのですが、一定時間一箇所に固まっていると、ノンアクながら非常に強い対BOT用のmobが沸くのです。
それを回避するためでしょう、恐らくプログラム的に任意時間が経過すると微妙にPCの位置を少し移動するようにしているようです。
そういう動きをするPCを見たら即通報、ではなくてその人たちの前に陣取って、こちらも自動戦闘状態にし、その人たちのmobを先に取るような形にして遊んでます。
一種の嫌がらせですが、なまじ対BOT用mobが来ても一蓮托生ですし、GEは死んでもデスペナが一切無いので(死ぬと一定時間経過後、その場所で自動復活。ただし生前の設定は全てキャンセル)特にこちらは痛くないのです(笑)。

posted by マウザー at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | グラナド・エスパダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

グラナド・エスパダ

昨日から始った「グラナダ・エスパダ」のオープンベータ・テスト。
早速アカウントを取得し、ゲーム世界に入ってみました。
(鯖はルビー鯖)

前評通り、地形や建物のグラフィックがとても綺麗です。
移動や戦闘のシステムも(大雑把に言えば)リネ2と変わりません。
しかし根幹的な所でいくつか違いがあります。

まず、家門制度があること。
プレイヤーはまず自分の家門名を決めねばなりません。
そして作った家門の一員、という形でキャラが作成されるのです。
つまり「織田信長」といった場合、「織田」が家門名で「信長」がキャラ名ということですね。
ちなみに私は、SFファンの間では最も有名な家名(ハウスネーム)だと思われる「アトレイデ」に決定。(←「デューン/砂の惑星」参照)

さて肝心のキャラ名ですが、当然「ポール」・・・を取ろうと思ったら既に取られてました(笑)。
ありふれた名前ですからネ。

もう一つ特徴的な点が、一人で複数のキャラを操ることができるシステム、マルチ・キャラクター・コントロール(MCC)。
とはいっても最初から操ることが出来るわけではなく、一定のレベルになり、それ用のクエを達成して初めて可能になります。
2人のキャラを操るMCCレベル2はそう難しいクエでもなく簡単に取得できるのですが、3人操るレベル3を取得するには、ダンジョンに潜って高レベルのmobに守られた部屋に行かねばなりません。
そこそこレベル上がったかな、と思って行っても2回ほど死んだりして、最後は他のプレイヤーの影に隠れるように付いていって、ようやくクエ達成。
(それでも途中危ない場面が何度か・・)
晴れて3人パーティーが組めるようになりました。

blog0126.jpg

また、このゲームではPTの行動の基準となるキャラをリーダーと呼び、キャラをクリックすることによって選択するのですが、選択されたリーダーはその時々に応じて喋るのです。
声とセリフがキャラの性別と職業によって違っていて、例えば男性のウィザードがリーダーの時はいかにも色男ぽい声だったり、攻撃力の無い女性スカウト(このゲームではスカウト=ヒーラー)をリーダーに選ぶと(いかにも嫌そうな声で)「えっ?」と聞き返したりするのが面白いです。

ところでこの世界に弓職の概念はなく、代わりに銃士(マスケッティア)がいます。
遠隔戦大好き人間ですから当然マスケッティアを一番最初に作りましたが、リネ2と違い移動速度がやたら遅い。
足の速いスカウトとPT組むとすぐ置いていかれます。(その分攻撃力は高いのですけどね)
しかし女性マスケッティアのリーダーは「わかったわ!」「指示された通りに行きます」「行く!」と、凛として涼しい声で喋ってくれるので、とても気に入ってます。

もうひとつ面白いのは、MMORPGによくあるソーシャルアクション。
このゲームは「抱擁する」というのがあるんです。
位置を上手く合わせると、このように目のやり場に困るカットも作れたりします(笑)。

blog0124.jpg

また「座る」を使うとベンチに座る(ように見せる)事も出来ます。

blog0125.jpg

あとは自動攻撃(一定の距離にmobが入ってきたら自動で攻撃する)ができたりとか、BGMの曲名と作者がその都度表示される、とか(ロック調ありワルツ調ありとバラエティに富んでます)、色々面白い機能が搭載されています。

反面、RFオンラインと同じく、キャラが移動できるエリアが狭い(いかにも行けそうな斜面でも行けなかったりする)とか、キャラのバリエーションが少ない(職種が5種で男女別の合計10パターンしかない。つまり同じ職・性別だと皆同じ顔)とか、不満点が無いわけではありません。
特にキャラのバリエーションは、人の集まる街中では皆、同じ顔・同じ顔・同じ顔・・なので、一種異様な雰囲気です。
それもこれも鯖負荷軽減のためであろうことはわかっているのですが、世界観の構築という面も無視できない重要な要因であることを理解して欲しいものだと思いました。

グラナド・エスパダ公式HP:http://www.granadoespada.jp/

posted by マウザー at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | グラナド・エスパダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。