2016年02月29日

サルベージの戦利品

最近はここに書けるようなネタがあまり無い上に、ネット回線事情の良くない所へ出張しないといけなかったりとか、リアル面で結構忙しくて、ついつい(タダでさえ少ない)更新が滞っています。

Marcyに続いてマウザーもカンスト(Lv55)した、だとか、
blog3196.jpg
東大陸の言語習得を始めた、だとか、
blog3197.jpg
どうでも良かったり、作業が大変だけど地味だったりするようなことばかりです。

本棚には全ての(スキルツリーの)適正がLv50を超えた時に貰える『十二神と英雄の物語』の本と
blog3195.jpg
以前作ったスケボーに関する本が追加されました。

スケボーの本の原稿は、てっきりスケボーを作った時に貰えるものと思っていて、それにしてはインベントリをいくら探しても見つからないので、(間違えて捨てちゃったのかなぁ・・・)と諦めていました。

しかしその後、スケボーを常時使っているStriderが、ある時スケボーに乗ったまま転倒した際に、突如取得メッセージが流れて原稿を獲得できたのです!
blog3198.jpg
恐らく規定回数転倒すると得られる仕様なのでしょうね。

新しい仕様になったサルベージもちょいちょいやってます。

以前ここの記事に書いた金の女神像なんかは『大当たり』の部類ですが、その他にも、サルベージ時に得られる魔石を35個集めてクリックすると異次元の保管庫(のようなもの)が開き、古の陶器やお面などの遺物を得ることができます。
blog3199.jpg
このアイテムにも武器や防具と同じく等級があって、『高級(C+)』などの低いものはNPC売りの金額も15〜30金程度ですが、『英雄(B+)』のこの面などは
blog3194.jpg
NPC売り金額が50金オーバーもあって、『やったね!』感が大幅に増す感じです。

とはいえ異物の等級は保管庫を開ける際の乱数発生によって決まるっぽいので、本当に運まかせで、お宝探しコンテンツとして、ある意味妥当な仕様ですね。(笑)

このように獲得物の種類や、宝箱の出現確率・出現場所が増えたおかげで、結構楽しめるコンテンツになったと思います。

posted by マウザー at 14:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

アバター2種

先日、地獄の沼地が平和期間になった折、持ちキャラの一人で、ロングビーチとの境界付近にあるNPC海賊船を見る機会がありました。
blog3187.jpg
目を引いたのは船首像。
何と言う名前かはわかりませんが、少なくともプレイヤーが作れる船首像にこんなのは無かった気がします。

大抵のプレイヤーが好まれる骸骨の船首像は図体がデカくて派手で良いんですが、このぐらいコンパクトなものも、一見控え目ながらクールな感じがします。

さて、今更ながら旧大陸のエアナード図書館のモンスターがドロップする材料アイテムを集めて作る『継承者の衣』アバターを作ってみました。
blog3188.jpg
この鎧デザインタイプの他、布装備デザインや革装備デザインの物も作れます。

しかし、布タイプのものはまるで寝巻きネグリジェのような色と見かけですし、革タイプのものは赤と青という基本的に合いにくい色使いで、ちょっと二の足を踏んでしまったので、とりあえず最初は鎧タイプのものを選択しました。
(見かけは違えど必要材料数と性能は一緒なので、本当に外見の選択肢しかないのです)

もっとも、昔はどうだったか知りませんが、今は図書館内のモンスターがまとまった数の材料アイテムが入った宝箱を落とすこともあるので、必要材料数100個は比較的簡単に集められる気がしますし、なので、布タイプも革タイプもいずれ作ろうとは思ってますが・・・・。

で、この鎧タイプのアバターデザインの特長は、黒茶系色と金色の中々コントラストの利いた配色と、全ての体位を覆う重々しいフルプレート鎧ではなく、胸部や太もも前面などの必要最小部にしか金属プレートを配していない、全体的に身軽な印象を与える軽装鎧のデザインだ、ということだと思います。
blog3192.jpg
魔物をかたどった肩アーマーや胸元の人面ブローチなど、細部の意匠も結構凝っていて、良い感じです。

そして、この配色だとフィスプロンド馬具(金)を装着した愛馬のブラックアロー(黒)との統一感もありますし、
blog3186.jpg
ペアを組むマウザーのアバターとも配色が似ていて、これまた統一感があってすっかり気に入ってしまいました。
なので、しばらく(飽きるまで)これで行こうかと思います。

ところで、このアバターとは別に、今アイテムモールでは期間限定で『魅惑の妖魔アバター』なる課金アバターを売っています。

試しに買って、持ちキャラの中では一番よく似合いそうなLadydeathに着せてあげたのですが、
blog3193.jpg
見てるこっちが恥ずかしくなるぐらい高い露出度でしたっ
blog3191.jpg
角や翼やブーツはエナメルや羽毛のような質感ではなく、むしろガラスやプラスティックのようです。
そして、基本は黒い色なんですが、時折グラデーションしながら血の様に赤く変色していく効果がついています。

閑話休題。
『色気がある』のと『エロい』のとはよく混同されがちです。

しかし、私の考えでは『色気がある』というのは、例えば完璧に防御した鎧装束の女性の、ごくわずかな部分に素肌の二の腕やお臍が見えてるとか、極度に露出度の低い黒い喪服着物の襟元からすっと綺麗なうなじが見えているとか、あるいは既に一つの芸風を確立した感のある壇蜜さんのようなハスキーボイスや腫れぼったい下唇のような、極めて局所的でフェティッシュな魅力のことだ、と思うのです。

ですから、やたらに露出度を高くし、太ももを露にしたり胸部や尻を覆う服の面積を小さくしたりしても、それが即『色気がある』ことにはならないのではないでしょうか。
(もちろん人によって感じ方は色々でしょうが)

で、どうもこの辺をAAの衣装担当デザイナーは誤解している節があって、女性用下半身装備はすぐにホットパンツやミニスカ、あるいは裾を切り詰めた浴衣のように、とにかく太ももを出せばいいんでしょ?的な流れになっている気がします。

まあ、本気で色気のあるデザインを作るのはそれなりに難しいのでしょうけど。

とはいえ、今回の『妖魔アバター』は文字通り妖魔のコスプレのためのものであって、AAに限らずファンタジーゲームに登場する(特に女性の)妖魔はこんな格好をしているのが定型概念でしょうから、これはこれで大正解だと思います。

そして、露出の高い女性を見ることで性衝動を刺激されることは男性(と一部女性)の悲しき本能なので(笑)、変に上品ぶらず、素直に流されてしまうのが良いのかもしれませんね。

ちなみにアバターの変形機能で角や翼は外せるのですが、外してしまうとマジで単なる変態服になってしまうので、外さないのが吉かと思います。
posted by マウザー at 19:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

ペルディタの女神像

新年早々風邪を引いて、4日間連続で最高39度を越す熱を出し、莫大な量の痰を吐き、とどめに咳の衝撃で『ギックリ腰』になって、この何日か苦しんでおりました。

熱が出て寝たいのに、腰が痛くて寝られないのがこんなに辛いとは思いませんでした。
(風邪と腰痛のコンボは何気に強力です

ようやく4日目に行った近所の病院🏥で貰った抗生薬が効いて、すぐ平熱には戻ったのですが、咳は中々途切れず、咳のたびに走る腰の激痛も未だ治まらず、といった状況です。
(幸い、寝る時の痛くない姿勢は発見することができました)

不幸中の幸いと言うか、AA世界では今のところ能動的にやらなきゃいけないことはなかったので、一日一回(労働力稼ぎのため)ベッドで寝るためと、A-POINTのためと、今やってるログインスタンプラリーのためにログインして、あとはボーッとしてるだけ、というプレイを細々と続けておりました。

ログインスタンプラリーでは節目節目に特別な景品が貰えるのですが、
blog3180.jpg
性能は量産機とほぼ同じながら見た目がかっこいいグライダーとか、
blog3182.jpg
量産馬よりちょっと速い上、見た目が(これまた)かっこいい半透明馬とか、中級PCには重宝しそうなものが色々あるので、PCを沢山抱える私にとっては色々バリエーションをつけることが出来て嬉しいです。

ところで、昨年末に行われたアップデートでテコ入れされたサルベージ・コンテンツですが、ようやく私もやってみました。

以前のサルベージでは沈没船の在り処がほぼ決まっていて、場所と宝箱のPOP時間を把握している一部のサルベージ通の方が大きなアドバンテージを持っていました。

が、今回は沈没船は沈んで無くても宝箱だけ落ちている可能性もある、ということで(宝箱の絶対数も増えているのでしょう)、行き当たりバッタリに潜っても、サルベージできる可能性が結構高くなっている気がします。

そんな中、ふと潜ってみた沈没船の場所に宝箱が3つも!転がっていて、しかも最後の一つは『ペルディタの女神(の上半身)像』でした!

ペルディタの女神像自体はずっと以前から実装されていて、引き揚げるとワールド全体にアナウンスが(座標付きで)流れ、海洋交易商に売ると1000金もの高額で買ってくれるというレア物です。

時々流れる引き揚げアナウンスをうらやましく聞いていた私ですが、何百回もサルベージしないと確率的には難しいはずなので、時折趣味でちょろっと潜る程度の私には縁の無い代物だと思っていました。

なので、引き揚げ物確定の瞬間流れたアナウンスにビックリ!

女神像は背負い形のアイテムなので、酸素ボンベを背負っていると(当然ながら)回収できないのですが、それにも気付かず(なぜ回収できないんだ?)と一人でパニクっておりました。(笑)

さて、ぐずぐずしていると(座標がアナウンスされるので)荷物を奪いにやってくる人達に鉢合わせする可能性があります。

幸いにも(安全圏である)エズナ港の目と鼻の先だったので目立つ海上には出ず、潜水艇でそのまま海底をゆっくり進み、イジの灯台(の根元に海洋交易商がいるのです)を目指します。

なんとか無事たどり着きました。
blog3184.jpg
金ぴかですね。
blog3185.jpg
そして無事納品。

何日も高熱を出すような悪い日もあれば、こんな嬉しい日もある、ってことで『雨が降る日もあれば照る日もある』を実感した日でした。
posted by マウザー at 14:25| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

石像

以前黒い羽マントを買ってあげたLadydeathですが、全身の装備も、以前のダークバニードレスからガラッとイメージを変えて、オールドワールドシリーズのプレート装備にしてみました。(画面右)
blog3179.jpg
全身白イメージのSubzeroと並べてみると本当に対照的な感じで、結構気に入ってます。

最近wowowで『ホビットの冒険〜決戦のゆくえ』を観なおす機会があったのですが、その時に気が付いたのは、AAの一部のプレート鎧のデザインが『ホビット〜』に出てくるエルフの鎧のデザインと凄く似ていること。

もちろん細部は違うのですが、特にヘルメットの顎部分の曲線など、オールドワールドシリーズやグロウルIDで落ちるプレート鎧のそれとデザイン思想が同じように思います。

別にそれが悪いとか、そういう事ではないのですが、このAAはロード・オブ・ザ・リング・オンラインと雰囲気やゲーム仕様の一部が非常に似ていると前々から思っていて、『ホビット〜』でエルフの王がエルク(大鹿)に乗ってるのを観るにつけても、(ああ、やっぱり)と思ってしまうのでした。

ところで『饗宴の園』で導入された石像関連のオブジェクトを何点か造ってみました。
blog3178.jpg
石像本体と背後の壁、石像の土台はそれぞれ別のアイテムで、別々に造った物を組み合わせています。

壁に描かれた翼の模様と赤子を抱いた女性の像が重なることで、あたかも天使のように見える、というのが製作側の狙いなのでしょう。

こうした石のアイテムを一つ作るためには、まず岩石100から造る大元の石の塊と、それを設置するための(自分の)土地が必要です。

それから設置した石の塊を彫っていくのですが、最後の仕上げに、どのアイテム(壁や土台など)にするかを決めるための設計図(と労働力100)が必要となります。

で、その設計図を得るためには一日に一回ベッドで熟睡して、そのアイテムを夢に見ないとなりません。
(もちろん見るのは低確率ですし、見たとしても欲しいアイテムであるとは限りません

私の場合、幸いにも持ちキャラが多く、それぞれがベッドを所有して毎日睡眠を取っているので、設計図を得る機会は比較的多いはずです。

しかし、壁や土台や、ここには写っていませんが石柱や石瓶の図などは結構出てくるのに、石像本体の設計図は、ここに写っている一枚しか出てきていません。

それも、恐らくそれもそういう(中々出ない)仕様なのでしょうね。
(あくまで主観ですが)
posted by マウザー at 14:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

ブラックアロー・ライジング

大規模アップグレード『ノアルタの開拓者』(クライアントver.2.0)が始まったのはついこの間だ、と思ったら、早くもヴァージョン番号が0.5も上がる大型アップグレード『饗宴の園』が実装されました。

『饗宴の園』自体は新IDのことなので、残念ながら私にはあまり関係がありませんが、ツリーハウスやハリハラン(=東洋)風の大型住居のような新建築物が増えたり、既存の騎乗ペットを覚醒させる仕組みなどの、戦闘民のためだけではない新要素も導入されました。
(ただし覚醒のためには新IDで得られるアイテムが必要だ、という露骨ぶりですが

中でも、以前は蜃気楼の島で買える特別なリリエットホースをLv50にし、500金で買う証明書を付けて交換する、という入手に大変な手間がかかった高速馬ブラックアローの性能が見直され、騎乗ペットの素の速度としては現時点で最高の11.5m/sで走れるようになりました。
(ちなみに今後はデルフィナード・コインで買えるようになるらしいです)

これは長らくブラックアローを愛用してきた私には嬉しい限りの修正です!
これによりメインキャラのMarcyが今まで乗っていた黒矢(12.9m/s)が
blog3176.jpg
になり、私の持ちキャラの中ではNightcrowの九尾(14.0m/s)を抜き最速になりました。

ゲーム中でも(素の速さでは)冥王の天馬を抜き、最高速の馬です。
(もちろん鯖に4頭しかいない領主馬イリル・ゼオノスは除きます

もっとも乗ってる人はそれなりに多いし、大抵の人は名誉ポイントで買えるサンダースプリンター(以前から11.5m/sで走っていた黒豹型騎乗ペット)に乗ってるので、あまり希少性はありませんけどね。

その他、色々と(石版の製作や新サルベージなど)コンテンツが追加され、ver.2.0で起こっていた住宅地近くの謎のラグも若干解消されました。

とはいうものの、例によって原版を直しきれてない部分もあったりして、
blog3177.jpg
残念なところもあるわけですが。

さて12月23日の午後9時には、昨年もやった『全世界に雪が降る』天候改変が発生しました。
(単に雪が降り、地面に薄っすら積もるだけなのですが)

昨年(と言うか今年ですが)は新年の深夜にやって、『クリスマスにやればいいのに・・・』と散々言われたのを今回に生かすところは流石で、
blog3173.jpg
非常にムードがあって、他のプレイヤーにも概ね好評のようです。

が、よく見てみると、
blog3174.jpg
家の中にも降ってる!、とか、
blog3175.jpg
海中でも降ってる!、とか。

ま、オブジェクトがそういう仕様なのでいかんともしがたいのはわかりますが、何だかなぁ・・・・・という感じです。

現実世界の海中では、サンゴの死骸などが降り、あたかも雪景色のようになることがあるそうです。

ということは実はこれも雪ではなく、何かの微生物、あるいは巨大なドラゴン(か何か)から剥がれ落ちた細かい皮膚の一部だったりして・・・・・・・・・とか想像するのはロマンがないのでしょうね。(笑)
posted by マウザー at 19:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

美容整形ふたたび

前回の記事の画像を見てみると、Subzeroの顔がちょっと不細工なのが気になりました。

実はこのキャラは最初の作成時は男性で、Lv50到達後まったく使われなくなったのですが、性転換して女性キャラになった途端、愛着が出てきてよく使われるようになった、という、プレイヤーの嗜好が如実に表れた人。

恐らく私以外気にする人などいないでしょうし、私自身は普段後頭部しか見えないので、わざわざ1200円払ってエステすることもなかろうか?という考えもありましたが、気が付いた時には修正の『適用』ボタンを押していました。
blog3171.jpg
おまけになけなしの『目標の星』で交換した『パープルフェザー』(羽型マント)と天使の羽ヘアバンドを装着させています。(流石にレイナハットに外見変更を適用することはもったいなくて出来ませんでした

性別変換(800円)+1回目の顔変更(1200円)に加え、今回の1200円で、顔の造形だけで3200円もかかってることになりますが、
blog3172.jpg

伐採用ゴーレムと一緒に喜ぶ彼女の姿を見ると、やってよかったのでしょうね。
posted by マウザー at 19:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

白ずくめ

AA画面でHDRエフェクトをONにして感銘したことの一つに海の表現があります。

水の表示クオリティ自体はそんなに高くないのですが、それでも太陽光が水面に反射する様が格段に美しくなって、もっと早くONにしとくんだった・・・・・と強く感じます。
blog3164.jpg
とりわけ、どこか暗い感じの海でしかなかったアイスキングダムの海が、実はオーロラを映したかのような異様な緑色の海だった、とか、
blog3167.jpg
ちゃんと夕日が海面に落ちる瞬間の物寂しげな風情が表現されていたことに、気持ちが動きました。(今更ですが💦)

ところで公式HPでは、キャラのファッションコーディネイトのコンテストをやっています。

『AA世界に登場するものなら何を使ってもOK』というのはいいのですが、グランプリがHPの画像掲示板上で『いいね』を最も多く獲得した人、という採点方式なのが、高得点の人が本当に良く考えられたコーデなのか、単に人脈があるだけなのか判断に苦しむところです。

とはいえ、参加することに意義がある性質のものであることは間違いないので(笑)、私も持ちキャラの一人で応募しました。
blog3169.jpg
Subzero(氷点下)というキャラ名にちなんで、氷を思わせる白色の装備で統一しています。
blog3170.jpg
頭は(ほぼ非戦闘民なのに)分不相応な高級品のレイナハット(レイナというネームドモンスターのドロップ品ですが、装備時帰属なので時折オークに高額で出品される)です。
胸部と手足は初期段階のクエストで貰えるクレセントレザーアーマー、クレセントレザーグローブ、クレセントレザーブーツ。
下半身は課金アイテムのホワイトジーンズ。
マントはハリハランの種族クエストを最後まで達成すると貰える『アマンドラ女王の記章』です。

ハリハランは東大陸の種族ですから、西大陸にいるエルフ種族のキャラは普通は付けることができないのですが、ハリハランの魔亞椎が取得したものを外見変更アイテム化し、取引可能な別のマントに貼り付けて渡しています。

Subzeroが持っている両手杖は氷をイメージして(これまた)課金アイテムのベロエロッドをチョイスしています。

デザインとして見た場合、あまりにも同一色で纏めすぎるとかえって全体的な印象がボケることになりがちなのは承知しています。

しかし、今回はデザイン的な甲乙より『全身を白でまとめる』ことが主眼なので、思い切ってこんな格好に。

実はコーデイベント以前から白装束風にはしていたので、普段着装備の上に上記のアイテムを外見変更化して貼り付けています。

そのため見た目以上にサラッと大金がかかっていたりするわけですが、貼ってしまった後で、手は『ファイアーバードミトン』の方が良かったかなぁ・・・・と思って着けてみた結果、
blog3168.jpg
図らずして間違い探し画像になってしまいました。
(背景やPCの向きが違う、のは置いといて)

上の画像の正解は『手の装備が違う』(右の人の手がファイアーバードミトン)、でした。

ま、他人から見ればどーでもいいことですが。
posted by マウザー at 13:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

ハロウィン・イベント

前回の記事で書いた『アバターの外見変更に必要な変更アイテム数』が20個だ、というのはやはり不具合で、以前の9個が正しかったらしいです。

普通に考えて、プログラムの中のその記述をどうやったらそーゆーように間違うのかが不思議です。
(今まで正しかったものをわざわざ増やす、というのは単なる間違いではないですよね)

ただ差額の11個は補填されたので、恐らく外見変更をこれからもやっていくであろう私的には、無駄にはならなくてよかった、という結末にはなりました。

ところで、既に終わってからかなり日が経ってますが、気にせずハロウィン・イベントのことを書きます。

内容的にはほとんど無いんですけど、一つだけ面白かったのが、多人数参加で大掛かりだった、キャンデーを玉に見立てて、カボチャ型の籠に入れる玉入れ。
blog3160.jpg
青組と白組に分かれて競うのですが、組み分けはシステムが自動的に割り振るので、東大陸の人も西大陸の人も同じ組で共に闘うことになります。

『拾う』ボタンでキャンデーを拾って、マウスポインタをカボチャの口に合わせてクリック、という非常に簡単なオペレーションなんですが、それだけに単調で、(最初は面白いのですが)延々と玉を投げ入れ続けないといけないのはかなり苦痛でした。
(どちらかの籠が一杯になるまで続くのです)

この玉入れやイベント期間限定のカタツムリ型騎乗ペット
blog3162.jpg
に乗っての宝探しゲームなどでイベント・トークンを稼ぎ、景品と交換します。

景品の一番の目玉はこのカタツムリ型騎乗ペットの緑色版(永続的に使えます)なのですが、何せカタツムリですから移動速度がやたら遅いです。
まあ、皆が持ち寄ってレースをするなど、ネタ用の乗り物ですね。

他はカボチャの置物とか、数種類の中からランダムで出てくる小さなカボチャランプとか、オバケ風の顔が書いてある小さなバルーンとかが貰えますが、
blog3163.jpg
玉入れを15回やると貰える大きなバルーンはかなり迫力がありました。

さて、イベント期間中は開催地の西大陸のツインクラウン、東大陸のサンライズ半島は自動的に対人戦不可になります。

それを利用して私はせっせと、サンライズ半島のオーステラへ物品交易に通ってました。
(ビビリなので、普段は東大陸プレイヤーに先攻権のあるエリアへなどほとんど行かないのです)

おかげで染料の自作には当面困らない量の素材を確保することができました。

またこれも良い機会ですから、サンライズ半島の名所探索も、敵対プレイヤーの目を気にせず、一気にバシバシ見つけに行って、それほど苦労も無く完了することができました。
blog3166.jpg
アンチョコにはドラゴン・アセント(最高級グライダー)で、と書いてあった場所も、隣の山を出来るだけ高く登って、そこから『願いの翼』の二段上昇スキルを使って軽くクリアすることができました。
blog3165.jpg
ここは東キャラのMarcycatでさえ完遂してない場所だっただけに、ちょっと嬉しいです。

posted by マウザー at 23:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

ノアルタの開拓者

AAでは21日から『ノアルタの開拓者』という大型アップデートが実装されました。

アプデの目玉は(例によって)旧大陸の対人コンテンツと遠征隊(DOLにおける商会のようなもの)の機能拡充で、遠征隊無所属で対人コンテンツに興味のない私には、対岸の火事です。(例えが違う気がする・・・・こんなことわざがあるかどうかは知りませんが『対岸のお祭り』と言うべきでしょうか)

しかし、それ以外にもあまり目立たない形で変更された仕様がありました。

まず、黒曜石武器・防具の製作に必要な素材が変更されたこと。

今までは黒曜石片手剣を作る場合なら、通常製作の片手剣を砕いて作る燃えカスアイテムが必要でした。
そのため、A-POINTで貰えるエペリウム武器も、箱から出てくる際の運によって売れる金額に大きな差がついていたものでした。

しかし、今回の変更で人気の片手剣だろうが人気の無い片手斧だろうが、必要な製作素材は一緒になったことで、ある程度その辺の格差が埋まったことになりました。

とはいっても例えば片手武器と両手武器では必要な素材が違うため、エペ箱から両手武器が出てきた時のがっかり感は前のままなのですけどね。

また、モンスターから装備アイテムがドロップする確率が上がって、やたらと武器・防具が落ちるようになりました。

もっともこれにも罠があって、私がよく行く狩場のドロップだとLv40の武器・防具が落ちるのですが、一個鑑定するのに労働力を50も使うと言う、無課金プレイヤーにはかなり厳しい仕様です。
(宝の山が目の前にあるのに鑑定しないと使えないし、貴重な労働力を消費して鑑定してゴミだった場合の虚脱感と言ったら・・・・・・

とはいえ、このことによりオークションに流れるアイテム数が爆発的に増え、オークション閲覧は相場とちょっとしたTIPSがわかっていれば、かなり楽しめるコンテンツになりました。

アイテム数が増えたことで、低Lvで実用には耐えないけど、見た目がかっこいい装備を安く手に入れられるようになったので、色々買い込んで着て見るのが今の私のブームになっています。

それと連動して、長い間着てきたMarcyの忍者アバターも飽きてきたし、アバターの下に付けている装備の格もかなり上がってきたので、思い切ってアバターを脱いで見ることにしました。

以前からアバターの下はハーデス革セットだったのですが、これは見た目海賊用のコートなのに下半身がミニスカかホットパンツのようで、太もも丸出しの、海賊ファッションとしては微妙なデザインでした。

しかし、今回色々な下半身アイテムを(安く)買って試すことができるようになったので、色々試してみた結果、
blog3148.jpg
ミニスカだった下半身はアジャイルロバリーレザーパンツ(結果的には以前から安く買えた代物ですが)、赤橙色で浮いていたエペ靴はワンダー海ブーツ、靴と同じ色でやはり浮いていたエペ手は飼育士の手袋(これも原価はタダみたいなものですが、色々試して結局これに落ち着いた、という意味では有意義でした)に外見変更しました。

これでちょっとはまともな装いになりました。
(元DOLプレイヤーとして海賊ファッションは避けて通れない道ですし

着なくなった忍者アバターは、例によって別キャラへ。
blog3146.jpg
男キャラはそもそもご面相の造形にあまり力を入れてないところへ、フードを被ったことで、更に凶悪な顔になってしまいました。(笑)
でも悪役顔は悪役顔で味があると思うので、これでOK。

アバターの移動に使う木人アバターですが、いつの頃からか『目標の星』で交換できるようになっていて、買わなくて済んだので助かりました。

しかし、アバターを別アバターに反映する際に使う外見変更アイテムの数が、以前は9個だったものが20個に増えています。

つまり以前なら9+(外見変更用アイテム化するための)1個の500円で出来たものが、20+1個の1050円もかかるようになっているのです。

この変更は、『容易くアバターの移動ができるようになると課金アバターが売れなくなる』心配を反映してるのではないかと思いますが、(ビジネス的な心情はわかるとしても)何ともセコい気がします。

そして一番腹立たしいのは値上げそのものではなく、20個という設定が、最初に1個必要だということをわかってないんじゃないか、と思われることです。

すなわち課金残高ゼロのプレイヤーがアバターを別キャラに移そうとしても、20個分の1000円課金しただけでは移せない、ということです。
かと言って別途50円のみの課金なんてできませんから、どうしてもやろうとすると更に1000円分課金しないといけないことになります。

運営の目論見かどうかはわかりませんが、もし私がそういう状況になったら追加の1000円を課金するよりは、最初の1000円を課金するところから諦めるので、そうなれば逆にビジネス機会をロスすることになると思うのですけどね。

それはともかく、『目標の星』で交換できる景品には『レッドドラゴンの遺産』もあることがわかりました。

これはドラゴンの翼型マントなのですが、(私の記憶では)基本課金無料になる以前のイベントでのみゲットできたはず。

早速手に入れ、こちらも折りよく廉価で入手できた高級マントに張りつけてMacycatに着せてみました。
blog3145.jpg
マントの尻尾についてるピンクのリボンが可愛いですね。
しかし、単体の見た目はいいのですが、Marcyの海賊コートのような、他の部位のアイテム次第では全然似合わなくなる危険が高い外見だと思いました。

ところで、今回のアプデの新規コンテンツで、以前からあったIDの上級者向けVer.が実装されました。
マップや登場モンスターは同じですが、モンスターのレベルがやたら高くなってる(その分報酬も上がってるのですが)という・・・・・・・・
blog3153.jpg

ソロで制覇できるものかどうか、初級verでは一番低Lvのコールドウインド廃鉱に行ってみました。

最初のトラップでスライムがわらわら出てくる場所では、初級ver.ならLv18のモンスターなのに、上級ver.ではいきなりLv50に!

呆然としてる間にタコ殴りにされて、あっという間に死亡。
(もっともLv55ですからEXPロスは無いのですけどね

気を取り直して橋の上から狙撃する方法でスライム群を撃破し、先に進みます。

広間に続く回廊でも苦戦しますが、一人やっつけては退散する気の長い方法で突破。
blog3156.jpg
途中で倒れた敵をよく見てみると、日本語のボタン説明の次に何やら英文が表示されています。

元SEだからかもしれませんが、これはプログラムのプロシージャー名かコメントのように見えます。
この手の不具合は以前から頻出していて別に珍しくもないのですが、一つ気が付いたことは『コールドウインド廃鉱』は原版だとcuttingwindつまり『風切り廃鉱』のような名前だったということ。

渓谷の名前なら『風切り』は自然ですが、廃鉱の名前としてはおかしい、という判断で変えたのでしょうか。

もしそうだとしても、もっと大きなところで間違ってるところは沢山あるのに、そんな微細なところにこだわるなんて、どうなんでしょ?

さて広間に着き、そこにいる雑魚の群れをやはり苦労しながら一人ずつ倒し(言うまでも無く初級なら瞬殺です)、最初の中ボスの女盗賊ネルタに謁見できました。
blog3155.jpg
Lv50の星3とか無理無理っ!

まあ装備と職種によっては倒せる人もいるのでしょうけど、私にとっては戦う前に結果がわかる良い例です。

ということでラスボスのオカフェどころか三分の一進んだだけで終了となったのでした。

posted by マウザー at 16:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HDR

久しぶりにヌイアンの新キャラを作り、種別クエストを完遂してみました。
blog3158.jpg
エルフの時は、ラスボスとの対決場面でNPCが勝手にラスボスを倒してしまうようになった、と以前ここの記事で書きましたが、驚いたことにヌイアンは以前と変わらずプレイヤーがラスボスを倒さなければならないままでした。
変わったのはエルフだけだったのでしょうか・・・・

ところで、ようやくマウザーの工芸熟練が50000に到達したので、材料だけは用意していた『迅速』強化石の3段階目(移動速度3%UP)を作ることが出来ました。

NPCから買わなければならない素材だけでも20金はするのでホイホイ作れる代物ではないため、誰に付けるか迷いましたが、ここはメインキャラのMarcy・・・・・・ではなく彼女の乗るブラックアローの馬具に付けることに。
blog3149.jpg
2段階目だった時は巡航速度が12.8m/sでしたから、0.1上がったことになりました

数値的には全然大したことはないのですが💦、黒矢には愛着❤があるので、まあ、満足ですね。

さて、最近ふと思いついて、一番性能のいいマシンで動いているAAの環境設定の『HDRエフェクト』をONにしてみました。
(HDRエフェクトとは高品質光源エフェクトのことらしいです)
blog3147.jpg
すると、ゲーム世界の見た目がずいぶんと変わりました。

まず水面に反射する光の輝きも増し、日向と日陰のコントラストがよりはっきりし、日中は眩しいぐらいに明るく、逆にダンジョンの中はより暗くなりました。
(よく考えれば当然なのですが)

今までは夜になっても光った状態のテクスチャに置き換わらないので、リソースの節約かよケチくさっ💢、と思っていた街灯の発光部も、実はちゃんと光っていたんだ、ということにビックリ!

ダンジョンでも、今までそんなところに光源があるとは思ってさえいなかったところが妖しく光っていて
blog3154.jpg
ちょっとした感動を味わいました。

真っ黒だと思ってた羽マントも実は青味がかった黒であることや
blog3150.jpg
ブラックアローの蹄の炎も、より激しく燃えているように感じますし
blog3157.jpg
装着しているフィスプロンドの馬具の胴部前面にある赤い宝石のような物が、実は光っていることも発見しました。
blog3152.jpg
いったい今までみてきたゲーム世界は何だったんだ、というぐらい劇的に世界が変わりました。
(既にエフェクトを入れていた多くのプレイヤーさんからすれば『何を今更』な話ですが)

posted by マウザー at 14:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

ツイているのかいないのか

AAの世界では毎週土曜日、午後8時から9時までの間、蜃気楼の島で釣り大会が行われます。

通常釣れるのはピンクカジキの大型・中型・小型だけなのですが、ごくたま〜に『幸運のピンクカジキ』というレア魚がかかります。
これを釣り上げるとポイントも一気に増え、かつ賞金が250金も貰えます。

さて今回私は、時間切れで餌が無駄になってもダメ元の気持ちで、大会の終了間際ギリギリまで粘っていました。

すると、終了直前でヒット!
しかし取り込む前に、大会終了の時間が来てしまいました。

釣ってる間は操作に必死でターゲットの魚名を良く見ていませんでしたが、取り込んでみると『幸運のピンクカジキ』ではありませんか!
個人としては3匹目の『幸運の〜』です。
blog3138.jpg
ヒットしたのは(当然ながら)大会終了前だったので(ひょっとしたら)と期待していたのですが、結果の出る月曜日になっても、いつもなら贈られてくるトロフィーや賞金は、やっぱりと言うか何と言うか、全然来ませんでした。

ヒットするのがあと2分早ければ間に合っていたはずなのですが、これでは幸運なのか、不運なのかわかりませんね。

ところで、AAのコンテンツの一つとして『目標の星』システムというものがあります。

キャラ毎に特定の課題が課されていて、それをクリアする度に『目標の星』というトークンが貰える仕組みです。
(例によって一定数集めると景品と交換してもらえるのです)

キャラのゲーム活動の中で一回でもクリアすれば貰える課題もあれば、デイリークエストの形で毎日0時を過ぎるとお題が言い渡される形のものもあります。

そのお題もいくつかあって、Lv50代のキャラならば全部で5つほどあるのですが、最初は隠れているお題の項目を開けた時点でクリアになる、『幸運な』パターンがごくたま〜にあります。

毎日繰り返されるので、5つのお題の内一つが該当する日は結構ありますが、あるキャラが珍しく同時に2つも『幸運な』ケースに当てはまった時がありました。
blog3139.jpg
この場合何もしないで7金と星3つをゲット、というわけです。
まあ、星が1つや2つ楽に手に入ったところで、別にどうということは無いレベルなのですけどね。

話は変わりますが、私のマイホームは一番低Lv(なのでもっとも税金が安い)のものが一軒あるだけです。

暇つぶしに、最近それをちょっと模様替えしました。
blog3141.jpg
今はあまり聞くことも無くなったSOHO風ってやつでしょうか。

部屋の隅にはマスコットの『喋るミミズク』がいます。
blog3140.jpg
飼ってる人は沢山いると思うのですが、ミミズクの寝床まで用意してる人はあまりいないんじゃないですかね。(笑)

さて、以前ちびっこ海賊風の身なりでイマイチ感のあった魔亞椎に『ハリハランの伝統衣装』アバターを買ってあげました。
blog3142.jpg
で、余ってた黒染料を適用してみたのですが、上着の赤い部分が黒く染まって精悍に見える・・・・・・・・・・・と思いきや、黒系ながら若干色見の違うズボンと微妙に合いませんでした。
blog3143.jpg
なので、これは一見デフォルトに見えますが、わざわざ赤い染料を作って染め直してるという。
blog3144.jpg
他の染料も色々考えてみたのですが、結局デフォルトのパターンが一番落ち着きます。
posted by マウザー at 14:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月30日

悪魔コスプレ

今回の課金ガチャの目玉は、近々のアップグレードで実装される青ver.のハイドスキル搭載の獅子型騎乗ペットに交換可能なレッドサンダーです。

しかし、個人的に興味があったのは、むしろ外れレアぽい天使の羽根型のマント。
青味がかった白いタイプと真っ黒なタイプの二種類あります。

白ver.もいいのですが、特に黒ver.が欲しい!と思ったので1500円ほどガチャにつぎ込んでみました。
(ちなみに一回300円)
・・・・・・もちろん、そんなに簡単に当たる筈も無く、外ればかりでした。もうやだ〜(悲しい顔)

しかたがないので、前回の黒ペガサスと同じく、オクに流れてくるのを待つことにしました。

黒ペガサスの時は落とす時期を焦ったため、買った後も相場が1400金ほど下がり続けて(しまったぁ・・・)と後悔しました。がく〜(落胆した顔)

その反省から、買いたいのをグッと堪えて、底値になるまで辛抱することに。
(言うまでもないことですが、どこら辺が底なのかを見計らうのが難しいわけです(笑))

で、ジリジリしながらようやく買ったのがこれ。
blog3136.jpg
モデルは悪魔っ子コスプレのためのような容姿のこのキャラ。

頭には『悪魔の羽ヘアバンド』、服は『ダークバニードレス』セットを着けています。
blog3137.jpg
公式HPに載っている景品サンプルの画像と実際の色味が異なることがよくあるので若干心配していましたが、実物も本当に真っ黒ですし、予想より大きいので迫力もありました。揺れるハート

課金ガチャ期間はあとニ週間もあるので相場が更に下がる可能性もあるものの、現時点ではかなり満足です。
posted by マウザー at 14:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

男性キャラの顔

ボーンプレイスで作れるらしいアクセサリーの製作に挑戦しました。
blog3132.jpg
リングを作ってみたのですが、素材に使う『レッドドラゴンの鎖鱗』は、(恐らく取りに行く時間にもよるのでしょうが)大体一日に一個は取れる状況でしたので(取れない日もありましたが)、苦戦するかな?と思いきや意外に楽でした。

逆に通常のモンスターから落ちる『エンシェントドラゴンの骨』の方が、取引不可ということもあって製作キャラでモンスターを狩らねばならず、必要数が多いのに必ず落ちるアイテムでもないので、大変でした。
(そして狩りが単調で、すぐ飽きる、というのが最も大きな苦痛でしたねあせあせ(飛び散る汗)

もう一段階上のリングもあるのですが、流石に面倒くさくなってギブアップ。ふらふら
(気が変わったらリトライするかもしれませんが)

話は変わって、私の中では数少ない男性キャラのマウザー。
『男の真価は顔じゃないよね?』(微妙に性差別発言ですが、どちらかと言うと男性差別かもわーい(嬉しい顔))ということで、当初男キャラのエステはやらないつもりだったのですが、一応主要キャラだし、これだけ女性キャラの顔は弄ってるとなると片手落ち感も出てきたので、急遽やることに。
blog3133.jpg
Marcyと言い、この人と言い、およそ二年前に初めて作った時には凶悪な面構えを作るマイブームでもあったのでしょうか?わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
blog3134.jpg
変更後、彼もかなり柔和な顔になりました。いい気分(温泉)

前から不似合い感を感じていたアバター衣装『焔竜のローブ』も、今、期間限定で売り出している『灰都市の怪傑』アバターを購入して変更。
blog3135.jpg
着なくなったローブは、例によって『アバター衣装移しの術』で別キャラに着てもらいました。

で、買ったら黒染めしようと黒染料をわざわざ作っておいたにもかかわらず、デフォルトで黒染め状態だった、という。もうやだ〜(悲しい顔)
(まあ、これからも使う機会はありそうなので無駄にはなりませんけどね)

帽子を被っていると、折角変更した顔の大部分が隠れてしまいます。
帽子を被ると必ず付いてくる左目のアイパッチ型ライトは、ダンジョンの中でわずかに自キャラの周囲を明るく照らしてくれるようですが、だから超便利に!というわけでもないようです。

オプションで帽子を取ることもできます。
しかし、Marcyの忍者アバターと違って頭巾で顔が潰れることもなく、中々感じの良い帽子なので、このまま被っておくことにしました。

ところで、オクを見ていたら安い『ハーデス軍革装備』があったので、買って魔亞椎に着せてみました。
blog3131.jpg
見るからにがきんちょちびっこ海賊という感じで、あまりゾッとしませんでした。もうやだ〜(悲しい顔)
この人にも何かアバターを着せてやらなきゃ!ふらふら
posted by マウザー at 15:01| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月02日

エステみたび

前回はハリハランとフェレキャラのリメイクを行ったわけですが、終わってみると、他のキャラの顔も治したい気持ちが沸々と湧いてきました。ふらふら

本来、雑用係的な扱いのサブキャラはノータッチの予定だったのですが、それも可哀想な気がして(笑)予定を変更し、エステチケット4枚も購入。がく〜(落胆した顔)

まずエルフ女性とヌイアン女性の顔をリメイク。
blog3130.jpg

blog3128.jpg
いずれもすっぴんとメイクを完全に終えた後ぐらいに大きく違いますね。

しかし実際のゲーム世界に反映してみると、キャラ作成画面のイメージと若干違う気もします。
blog3129.jpg
特にヌイアン女性は乖離が激しい感じです。ちっ(怒った顔)

もっとも、現実世界だって完全な美人なんて早々いないわけですから、リアルさを出す意味では、これぐらい崩れた方がいいかなあせあせ(飛び散る汗)(<負け惜しみちっ(怒った顔)

次は釣り専用キャラのこの人を変更。
blog3125.jpg
これはもうまったくの別人になりました。
ヤンキーギャル風だったのが、少し年齢層が上がり、大人し目に。

で、最後に、前々回エステしたMarcyに再度挑戦。
blog3123.jpg
前々回の結果が微妙に気に入らなかったので、反映後も少しづつセーブデータを修正していたのでした。

どこが違うかは既に間違い探しレベルで、ゲーム内に反映されたって絶対と言って良いほどわからないぐらい微妙な差でしょうし、もっと言うなら、そもそも誰もこちらの外見などに興味を持ってないのは重々わかってます。

そんな修正に課金アイテムを使うのはもったいなくない?という考えもありました。

しかし、最も大事な自分が納得してないことは自分自身が良くわかってるわけですし、結局ゲーム活動なんてすべからく自己満足で、その自己満足を得るために長い時間を費やしたり高い課金を払ってるのだ、ということを踏まえれば、それで納得するなら決して高い出費ではない、と思うことにしました。わーい(嬉しい顔)
blog3124.jpg
反映した結果にはおおよそ満足です。黒ハート

ところで、先だってから作っている容姿データの中から、ヌイアン男性のものを一つ使って、別のアカウントにキャラを作ってみました。
blog3118.jpg
キャラ作成後に始まるチュートリアル・ムービーを久しぶりに見ましたが、その中で一つ気が付いた点があります。

旧大陸に向かう主人公を乗せた船が途中で海賊に襲われるのですが、主人公たちは船に備え付けられた大砲で反撃します。

その時のムービーで、射撃の指揮を執っている女性エルフがいるのですが、
blog3119.jpg
この人だけ他の隊員と違ってローブを着てるのです。

この赤いローブはマエストロ・ローブかな?と思いますが、テキパキと指揮する彼女の姿は中々凛々しく感じます。

船が撃沈され、主人公達が旧大陸に流れ着いた後のエピソードには登場しないので、悲しいことに彼女は逃げ遅れてしまったのでしょうね。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by マウザー at 03:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

黒ペガサス

ずっと前に課金ガチャの目玉となって、密かに注目していた騎乗ペットのペガサスが、再登場しました。

私がペガサスを欲しいのは、その美しい見栄えやタンデム・グライダーの性能もさることながら、マウザーが今ブラックアローに装備している馬具『アペイロン』は本来ペガサスのためにある装備で、その設定通りに使ってやりたいからです。
(ペガサスの滑空速度を上げる『空を駆ける』スキルの持続時間を延ばす効果が鞍に付いているのです)

以前の記事で(ペガサスが課金ガチャで再登場することがあったらトライしてみてもいいかも)と書いた記憶があります。
・・・・・・が、どうやら今回の目玉は『ナマケモノ・グライダー』であって、ペガサスは外れ一位的な位置付けのようです。
なので、オク市場に流れてくるのを期待して、ちょっとの間、様子を見ることにしました。

白と黒の二種のペガサスの内、『冥王の天馬』と呼ばれる、移動速度がより速い黒ペガサスは、以前ならオクの相場が6000〜7000金でした。

しかし、当時は最高だった性能も今では凌駕するものが沢山あり、しかも、ガチャ的にも今回は出る確率が若干高いのでしょう。
最初は以前の相場で始まった値段も見る見る下がり、4000金程度になりました。

もっと待ってたらもっと下がるだろーな、という当然の予測はありましたが、今は特に資金を貯めて置きたい目標があるわけでもないので、軽い気持ちで黒ペガサスの一匹を購入。
blog3121.jpg
蹄と鬣から白い冷気のような煙が噴出しています。
もっと色が黒いのかと思ったら、翼や鬣の先端は完全な青で、他の部分は濃紺です。
海軍仕様ですね。(違

黒ペガサスは白ペガサスにはない(ユニコーンのようなドリル型ではありませんが)角も生えてますし、目も青白く光ってて超クールです。揺れるハート

早速夜間飛行したり(夜は各部の青白さが一層綺麗です!)
blog3122.jpg
複座で飛んでみたりしてますが
blog3127.jpg
グリフォンほど図体が大きくないので、中々良い感じです。

しかも素の移動速度がブラックアローに比べて0.5m/sも速く、強化済みアペイロン装着後だと、Marcyのブラックアロー(12.8m/s)よりも速い13.2m/sで走れるという。
(Marcyはメインキャラなのに他のキャラにどんどん追い抜かされていきますねもうやだ〜(悲しい顔)

乗ってみて気に入ったのは事実ですが、最初の予測通り、もう少し待っていたら更に相場が1000金下がっていたのにふらふら、というのと、これで九尾に乗り換えたMarcycat(フェレ)と黒ペガサスに乗り換えたマウザー(ヌイアン)で、(生産するのに500金もかかる)ブラックアローが二匹もお蔵入りになってしまって、それがちょっと悲しいです。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by マウザー at 14:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

エステ再び

私は、AAは元より、大抵のオンラインRPGをやる時、特にさしたる理由がない場合、一度やったクエストを別のキャラで再びやるようなことはしないのを原則としています。
(往々にしてそれは破られるのですが(笑))
なぜなら、先の展開がわかっている話をもう一度追ってもツマラナいだけですから。

しかし、イベントでロングビーチが対人戦不可になっているので、恐らくイベント終了後は一切行く機会が無いであろう東キャラの魔亞椎で、ずっと以前にメインキャラで終わってしまったロングビーチの通常クエストをもう一度やってみました。
blog3107.jpg
すると、以前は気が付かなかったいくつかの発見がありました。
blog3106.jpg
クエNPCのマチルダさんが結構美人だったりとか、
blog3108.jpg
クエ完了後に面白い(?)セリフを言ってる人とか。

魔亞椎の場合、Lv50過ぎてから治癒職>アタッカーに転職したという、EXPを稼ぎたい事情があってやってるのですけど、途中のクエで得た(既に性能の足りない)防具を砕いて素材を獲得できるのも地味にありがたいですね。

さて、先日はMarcyのエステ(というより美容整形)をやったのですが、未だにエステ熱は冷めていません。

色々な種族のキャラを弄っては容姿のセーブデータを増やしてたりするのですが、今回はメインアカウントの二番目のスロットにいる魔亞椎の顔を変えることにしました。

まず変更前の姿がこれ。
blog3111.jpg
自分で言うのもナンですが、全然可愛くないですね。もうやだ〜(悲しい顔)

もっともこの人を作った時AAはまだ月額課金制で、何かの無料キャンペーンをやった時でした。
で、ゲームできる時間が限られているので、キャラメイクに時間を取るよりは早くゲーム世界の中に入りたかったために、そそくさと、おざなりに作ったのでしょう。
(もう忘れましたが)

しかし、今は容姿作成に充分時間を取ることができるので、色々やって出来たのがこちら。
blog3112.jpg
とりあえず種族設定を大事にして東洋人風の美人顔を目指したのですが、残念ながらあまり上手く行かなかったような気もします。もうやだ〜(悲しい顔)
blog3113.jpg
それでも変更前と比べるとかなりシャープな造形揺れるハートになったとは思いますが。

どうせなら、ということでサブアカウントのMarcycat(フェレ種族)も変えてみました。

変更前はこうですが、
blog3114.jpg
変更後はこう。
blog3115.jpg
髪型をドレッドから直毛にし、目の周辺を変えただけで、あとはそんなに劇的には変えてないので、1200円の変更チケットを適用するのに(もったいなくて)迷いましたがあせあせ(飛び散る汗)、これも変更後のイメージがかなりシャープになったので、まぁ良かったかな、と。
blog3117.jpg

やってみてわかったのは、ハリハラン女性を可愛く作るのはかなり難しい、ということ。

エルフやヌイアンのような成人タイプの顔造形だと、好みのタイプの美人に作るのは私の美的センス(良いとは言ってませんw)的にそう難しくないし、フェレは獣人であるが故に少し人間離れしていても、ある程度可愛くできれば(そういうもんかな)と許せてしまう気がするのですが、ハリハランは基本が小娘タイプで私の琴線にあまり触れない上、仕様上の理由で、もっと大きく変更したいのにできないちっ(怒った顔)、といった美的センス以外の部分の不満が残ることになりました。ふらふら

ところで他のプレイヤーさんのサイトを見ても、(これは良くできてるな)と思う顔造形には中々巡り会わないですし、第三者的に見て『ええっ!がく〜(落胆した顔)』と思うほど不細工なそれほどでもない出来のキャラを凄く美しいと書いている記述や、客観的に見たら人三化七のようなそれほどでもないキャラを『私の顔データを参考にして!』というような記述を見たりします。

これはどうも、その人の美的センス云々よりも、造形変更画面を長い間見ていると、その顔に段々見慣れてきて、それが良く出来ているのか出来ていないのか、そもそも何が良くて何が悪いのかわからなくなってきているせいじゃないのかな、と思うのです。

私も(我ながら良く出来た!)と思う顔を数日経った後で見てみると実はそうでもなかったり、ということがままあるので、そうした『慣れによる美的感覚の麻痺』が、恐らく多くのプレイヤーさんに起こっているのではないでしょうか。

こうしたことはゲームだけではなく現実世界でも、特によく観ていたドラマや映画に出ていたアイドルや俳優に対して起こりますし、もっと言えば、幼馴染や学校・職場で顔をよく合わせる異性に対しても起こりうる現象です。

そうした現象があるからこそ、客観的な美男・美女だけがモテるのではなく、それほどでもない人にもチャンスがある(何の?)ということになり、大局的には良いことだと思います。

そして、こうした現象を上手く言い表していることわざがありますね。
曰く『あばたもえくぼ』(ゲームのアバターキャラだけにわーい(嬉しい顔)
(それが言いたかっただけかいっちっ(怒った顔)むかっ(怒り)

posted by マウザー at 17:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

ロングビーチのイベント

珍しく釣り大会に参加したら、終了間際にこんな物が釣れました。
blog3105.jpg
釣り上げると釣り王コインが一枚貰えるのですが、ピンクカジキだけが釣れるマンネリ感を打破するには良いアクセントですね。わーい(嬉しい顔)

あと、Marcyが遂に、このゲームではカンストレベルのLv55になりました。
blog3109.jpg
途中で転職することも無く、ずっと弓職のシャドウブレイドでやっていたので、シャドウブレイドに必要な特性3種も同時にLv55に。
blog3110.jpg
Lv55になって一番期待していたのは弓スキルの最終奥義と言っていいLv55スキルの『ヘッドショット』です。

しかし、いざ実際に使ってみると、ヘッドショットという名前とは裏腹に、ターゲットを固定せず、漠然と前方に強力な矢を放ち、直接当たらなくとも通り道の周囲の敵にダメージを与える、ガンダムで言うところのソーラーレイ・システムのような大雑把な攻撃スタイルなのでした。がく〜(落胆した顔)

前動作に時間がかかる割には一人の敵に当ててもそんなに大ダメージが行くわけでもないため、非常に使いにくいです。もうやだ〜(悲しい顔)

コールドウインド廃鉱IDのような低Lvダンジョンで雑魚敵を一掃するのにはいいかもしれませんが、逆に言うとそれぐらいしか使いどころが思い浮かびません。ふらふら
(私の経験が浅いせいかも知れませんがあせあせ(飛び散る汗)

で、カンストしたことでLvの成長が止まったので、Marcyの活動はやや低調になるでしょう。

本来なら近接戦闘系やら魔法系などの別スキルを育てるべきなのでしょうが、私は職業特性は大事で、ゲーム内での職業をそんなにコロコロ変えるべきじゃないし(メンドクサいから、という話もありますがあせあせ(飛び散る汗))、別職業がやりたければ新キャラ作ればいいじゃん?という考えの持ち主なので、当面はこのままですね。わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

また、一年間欠かさずにログインしたことの報奨である騎乗ペット『九尾』ですが、持っている5つのアカウントの内4つで貰える資格があったので全員貰いました。
(残る1つは大分遅れて作ったので、ログイン日数が足りませんでした)
blog3100.jpg
この狐さん、素の移動速度は(ゲーム中最速の)11.5m/sですが、専用馬具で14.5%、更に蹄の馬具をムーンライトで5%、クレセント石で2%増速強化することで、14m/sもの速さで走れるのです。がく〜(落胆した顔)
(3%UPのクレセント石は工芸熟練度が5000足りなくて作れませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)
Marcyのブラックアローが12.8m/sですから、各段に速いです。

しかし、Marcyは(平地を16m/s程度で走れる)車を持ってますし、既に乗りなれたペットを乗り換えるのもちょっとアレですし、色も形も派手派手しくて趣味に合わないのでちっ(怒った顔)、裏キャラの魔亞椎を乗せることにしました。

ところで、今やっているイベントは、普段は対人戦可能地域であるロングビーチで行われています。
blog3101.jpg
イベント区域になると自動的に対人戦不可になります。

なおかつ、ロングビーチは大陸内貿易では最も買い取り価格が高いエリアですので、この時とばかりに売りに行って、置き貯めてあったグイオニード産チーズの在庫を全て捌くことができました。手(チョキ)

イベント自体は前回の浴衣イベントに比べると簡単なもので、クリアすると(例によって)巨大絵画やらビーチパラソル付きのソファが貰えます。

早速、貰ったビーチソファーを庭に置いてみました。
blog3102.jpg
女性用水着を持ってなかったので下着姿ですが(笑)、結構らしい感じです。
blog3103.jpg
某金髪ネーチャンのセリフを言ってみたり。わーい(嬉しい顔)

ちなみに男性だとこんな感じで。
blog3104.jpg
マウザーは魔法使いだから、こんなに筋骨隆々の筈がないんですが。ふらふら
posted by マウザー at 15:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

エステ

納涼イベントはその後も続け、マウザーとは別の男性キャラで、違う種類の浴衣を取ったり、庭の垣根に使うホウセンカの花壇を貰ったりしてました。
blog3091.jpg
最も浴衣が似合うであろうハリハラン・キャラの魔亞椎では3種全ての浴衣をゲット。
blog3090.jpg
同時に皇女全員を攻略(笑)したことの証となる称号を貰いました。

この称号を表示していると『誘惑のジェスチャー』なるダンスの一種を踊れるようになるのですが、股を左右に大きく広げたりして結構艶かしい振り付けです。

ところが、基本小娘タイプのハリハラン種族だと、まるでAKBの誰それがポールダンスを踊るかのように、色っぽくも何ともないのでした。もうやだ〜(悲しい顔)
(※あくまで個人の感想です)

ところで、今ハマってるのはゲーム内の『エステ』機能です。

このゲーム、キャラメイクの際の細かい設定をセーブすることができます。

通常、一旦キャラを作ってゲーム世界に登場させてしまうと、およそ二度と使わない機能と思われるのですが、キャラ作成後でも再度設定を弄って違う容姿にし、セーブデータを残すことができるのです。

もちろん、今使っているキャラにその設定を反映することもできますが、そのためには(言うまでも無く!)1200円也の『エステ利用チケット』なる課金アイテムが必要です。

なので、私は今までその機能には興味がありませんでした。

しかし今、このエステ機能を使って『作成した画像を公式HPの画像掲示板にUPし、その中の優秀な作品をキャラ作成時のサンプルとして採用する』というイベントをやっていて、面白そうだったので、私もやってみることにしたのです。

いざやってみるとこれが結構楽しく、元からアバターデータを弄るのが好きだったこともあって、かなりの時間を費やしてキャラ(の容姿)作成にのめり込んでしまいました。

何パターンか作成し、画像も3つほど公式掲示板に投稿しました。

しかし、作り始めてみると、やはりそのデータがゲーム世界に登場するのを見たくなるものです。

そこで一人、一番Lvの低いキャラを削除し、作った容姿データを使って新たにキャラを作ってみました。
blog3092.jpg

blog3093.jpg
削除したキャラの持ち物を引き継いだり何なりで手間が若干かかりましたが、使い道も(コールドウインド廃坑IDに連れて行ったりとか)無いわけではないので、有効に使えると思います。

驚いたのは、このキャラでエルフ種族クエを最後までやった時。

以前だと一番最後に登場するラスボス・モンスターは自力で倒さなければならなかった筈ですが、今回やってみると、以前は無かったムービーがいきなり始まり、囚われていたエノイルさん(=エルフの祭祀長で、エルフの一番偉い人)がラスボスに立ち向かい、自キャラ(主人公)が何もしない間に勝手にやっつけてしまう、という・・・・・。がく〜(落胆した顔)

その辺でへこたれるプレイヤーもいないだろうし、万が一いたら、ここで変に難易度を下げてもらってクリアしても、この先ゲームを続けてはいけないだろうに、と思うんですけどね。むかっ(怒り)

とはいえ、私にはあまり関係ない変更ですし、恐らく同様に修正されているであろう、エルフ以外の種族のムービーを見れなかったのは残念ですが、それらを観るために、また各種族の新キャラを作るほどの甲斐性はないのでした。もうやだ〜(悲しい顔)

話が逸れましたが、メインキャラの容姿も手を加えました。(というか一番時間を使ったかもしれません)

で、作ってみると、やはり実際のゲーム世界に(ryあせあせ(飛び散る汗)

たまたま、ジュエル(=ポータル内通貨)の残額が足りていたこともあって、結局、エステチケットを購入し、メインキャラの容姿を初期作成時以来2年ぶりに変えることにしました。

【変更前の顔】
blog3094.jpg

【変更後の顔】
blog3095.jpg
まったくの別人ですね。がく〜(落胆した顔)

変更前の、肌の色も悪くギラギラした殺気を放っていた顔付が、変更後には、角の取れた何とも穏やかな表情に。わーい(嬉しい顔)
『月日は人を変える』ということかもしれません(笑)
blog3097.jpg

blog3096.jpg
変更画面と実際のゲーム画面では色味その他が違う、という人もいらっしゃいますが、私的にはほぼ再現されているように感じます。
blog3098.jpg

blog3099.jpg
髪の色もさらに黒を強調したので、納涼イベントで貰った浴衣がとてもよく似合うようになりました。
(※あくまで個人の感想です)
posted by マウザー at 17:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

浴衣の素足

季節の風物詩なので、メインキャラでも浴衣を貰っておくことにしました。
blog3084.jpg
小柄なハリハランと違ってエルフは長身・長足なので、このゲームではホットパンツぐらいの丈しかない浴衣の裾だと、素足がいやに強調されます。
blog3085.jpg
裾上でカットした画像だと、細部の模様や質感までよく出来ていて、それなりに見えるのですが、
blog3086.jpg
全身像だと、やはりかなり違和感が。もうやだ〜(悲しい顔)
まぁ、エロいのは良いことなんですが揺れるハート

さらに男性用のものだと
blog3087.jpg
これは『作務衣』であって、(帯のある)浴衣でさえない、という。

恐らく(飛んだり跳ねたりの)アクションをした時に違和感無く見せるためには、ズボンのある作務衣の方が良い、という判断でのデザインなのでしょうが、一見それらしく見えても、作務衣は夏の風物詩でも何でもない気がするんですけどねぇ。ちっ(怒った顔)

もっとも日本の文化に対するこだわりは、ゲームを制作している韓国の人はともかく、ゲームプレイヤーである日本の若者自身でさえ非常に薄れているので、それほどの反感無く受け入れらているのが、良いことなのか悪いことなのか?といったところです。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

ところで、今回イベント区域で対人戦不可となった3つの地域の内、ハスラとグラスランドの名所探検は終わりました。

残るロカのチェス駒は(なんとなくメンドクサそう)という思いで最後に回したのですが、この予感が見事的中しました。

難問題となったのは、ロカの北東に位置する高い山の頂上に登る課題です。

3つの峰の内、三番目のものはすぐに登れたのですが、
blog3088.jpg
残る一番目と二番目が中々登れません。

足掛かりが無い訳ではないのですが、山のすぐ横に未開発地域があるので、グライダーで舞っている間にエリアに引っかかって、すぐ『強制帰還』メッセージが出てきてしまうのです。

その事態を避けようとして、山の側面に激突して滑落死すること2回。

最後に(あとちょっと!)というところで『強制帰還』を喰らい、遠くの『ヌイの女神像』(各エリアに数箇所ある、死んだ時の復活地点)まで飛ばされて、それまでの苦労が水の泡になった時点で萎えて、遂に諦めてしまいました。

クリアした人はいるので何かしら方法があるはずなのですが、ちょっと頭を冷やしてから再トライしたいと思います。
(といってもイベント期間はあと一週間しかないのですがふらふら

腹いせに、一度Marycat(フェレ)で達成したことのあるハスラのメインストーリークエの最後の部分をもう一度やったりしてました。
blog3089.jpg
最後に出てくるハスラの悪代官悪い王様の顔が、なんとなくケリー・ヒロユキ・タガワに似てる気がするのは私だけでしょうか?わーい(嬉しい顔)
posted by マウザー at 14:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月29日

川下り

以前ここで触れた、新たに実装された連続クエスト。
前回はID『破壊のゆりかご』に行かなきゃがく〜(落胆した顔)というところで止まっていました。

その後、IDがあるロカのチェス駒が平和期間になった時に、行って来ました。
IDの中には入るのですが、幸いなことに入り口地点にクエNPCがいるので、中のモンスターとの戦闘は一切なしで済みました。いい気分(温泉)

その後グラスランドへ行かされてそこで終わり、かと思いきや、次はハリハララヤ廃墟へ行かなきゃ!という。
blog3082.jpg
そこは平和期間でも(自動的に対人戦不可になる)イベント区域でもなかったので恐々の潜入でしたが、ハイドを使いながら抜き足差し足で行ってみると、クエNPCの目の前で(敵地なのに)同勢力の人が狩りしてるぐらい安全でした。わーい(嬉しい顔)

その次は、やっぱりと言うか何と言うか、ハスラに行かされるので、何のことはない、イニステール以外の東大陸の対人戦可能区域全てに行くことになるのでした。もうやだ〜(悲しい顔)
blog3083.jpg
しかもハスラで終わりではなく、その後は再び、西大陸の北にあるボーンプレイス(ちなみにここも対人戦可能区域)に舞台が移ります。
blog3077.jpg
ここが終わるとようやく一段落、といった感じ(あとは旧大陸なので)なのですが、どうやらこの連続クエは、やはり新実装されたレイド・モンスター討伐への布石だったようです。
(もちろんこっちはソロ・プレイヤーなので、そちらはクリアの見込みはありませんもうやだ〜(悲しい顔)

ところで、今やっている『ロカ川下り』イベントと『ホウセンカプリンセス』イベントですが、結構面白いので、色々なキャラで参加しています。

中でも小さな樽に入ってチェックポイントを通過しながら急流を下る(と言うか流される)『〜川下り』がスリルがあって楽しいです。
blog3078.jpg
最初にやってみた時には樽の左右移動のコツが上手く掴めず、両岸や川中の岩にぶつかって樽が壊れたり、時間制限を越えたりでクエスト失敗になり、(これは無理コンテンツ?)と思ったりしました。

しかし何度かやっている内に要領を覚え、初級用のクエは元より、上級用のクエも達成できるようになりました。

他のプレイヤーの中には、トラクターをチェックポイントの直前地点の川中に突っ込ませて流れを堰き止め、樽を止めてチェックポイントを全て通過したように見せかけたり、一箇所チェックポイントを通過したらグライダーで戻って同じチェックポイントを通過したりする人もいます。

テクニックとしてはそれも有りかと思いますがあせあせ(飛び散る汗)、一度は全行程を流れてみるのがお勧めですね。
(面白いのでわーい(嬉しい顔)

『ホウセンカプリンセス』の方は、宮殿を逃げ出した3人の皇女(の誰か)に一日一回、イベントコインで買ったホウセンカの花びらを送り続けると、浴衣アバターをくれる、というもの。
(イベントコインは、いくつかあるイベントクエストを達成すると少しずつ貰えます)

とりあえず黒パターンのやつを貰いました。
blog3079.jpg
浴衣と言っても裾の短いタイプなので、あまり成人女性には似合わないかもしれませんね。失恋
といって裾の長いタイプだと動きにくい、または動いた時リアルに見えないのかも知れませんが。ふらふらあせあせ(飛び散る汗)

イベントコインは浴衣の他にも色々なものと交換できますが、私は川下りが面白かったので、スイカ樽を貰いました。
blog3081.jpg
川下りイベントで使う赤いイチゴ樽のように時間制限で消滅しない恒久アイテムですし、耐久も5000あってちょっとやそっとでは壊れにくいぐらいの頑丈さです。

自走能力は無いので流れのある場所しか使えませんが、ロカ北部から南部まで素早く移動したい時には(直線状に流れる川があるので)便利かな、と思ってます。
(まだ実行したことはありませんが(笑))

また、イベント期間中、ハスラ、ロカ、グラスランドの三区域はイベント区域として対人戦不可になります。
blog3080.jpg
これはいい機会なので、西大陸のメインキャラでその区域の名所巡りをやってます。
(東キャラを使って通常クエストは全部終わっているので、土地勘があるのが助かります手(チョキ)
posted by マウザー at 15:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

巨大絵画

『新たなる英雄達』実装を記念して行われたイベントのデイリークエを粛々とこなして、恐らく一番の目玉なのでであろう十二英雄の肖像画を貰いました。
blog3068.jpg
ゲーム中最も小さい家とはいえ、我が家の外壁一面を使う無茶苦茶大きな絵です。がく〜(落胆した顔)

獲得時帰属なので家の持ち主キャラに取らせなければならないのがアレですがたらーっ(汗)、何せイベント期間が長いので、イベントのクエを真面目にやってるだけで3キャラぐらいこの絵を獲得できてしまう、という。がく〜(落胆した顔)

他にもイベントクエの冒頭で1回だけ貰える、イベント期間限定のマントが3種ほどあるのですが、どれも期間限定なのが惜しまれるほどかっこいいのです。
blog3069.jpg
英雄になったらこんなマントを着られる、というのが釣り餌なので、それはそういうもんなのでしょうがわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)、我々一般庶民からすればちょっと悔しい。(笑)

またイベントとは別に、新たに実装されたらしい(?)連続クエストがクロススター半島の某所で始まるのを偶然知り、追ってみました。
blog3071.jpg
デルフィナード・コインを餌に、クロススター平原>ゴールド平原>地獄の沼地>ロングビーチと引っ張りまわされた挙句、
blog3070.jpg
次の目的地は(敵対勢力のエリアである)ロカのチェス駒だ(しかもID『破滅のゆりかご』の入り口)、という。

で、ロカが平和化するのをずぅ〜と待ってるのですが、中々ならずに今に至ってます。ふらふら
デルフィナードコインは別にいらないのですが、ストーリーの続きを知りたいので、ちょっとイライラしますね。わーい(嬉しい顔)
(ネット情報によれば、グラスランドまで行かされるらしいですが)がく〜(落胆した顔)
posted by マウザー at 13:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

新たな英雄達

前回『狭間の釣り』イベントで貰った高級釣竿ですが、マカジキ(中型)を釣っただけで使用期間(2週間)を終えてしまってはもったいないので、他キャラがブルーソルト協会の釣りクエをクリアするために使うチョウザメ(小型)を釣りに行ったりしてました。

そうした中、海洋魚はどうしても対人戦可能区域に行かなければならないため怖いのですが、淡水魚は必ずしもそうではない、ということで、まだ釣った事のないアロワナを狙うことにしました。

私の家の前にあるグィオニード湖も淡水魚が釣れるポイントなのですが、アロワナの群れが登場するのを待ってみても、中々現れません。

業を煮やして、山を一つ越えた先にあるボーンプレイスのドラゴンティアー湖に行ってみました。

ボーンプレイス自体は対人戦可能区域ですが、ドラゴンティアー湖のあたりは滅多に人が訪れることがないので、安心して釣りに専念することができそうです。

ラッキーなことにアロワナの群れが発生していたので、寄せ餌を撒き、釣りを開始。
blog3059.jpg
流石に漁船を出すのは怖かったのですが、湖の畔に魚販売台もあるので、釣れる度にそこへ泳いで行って釣った魚を売り、またポイントへ戻る、を繰り返しました。
blog3060.jpg
釣れたアロワナ(大型)の1匹は売らずに魚拓にし、家に飾ることに。
blog3061.jpg
結局は対人戦可能区域の釣りでしたが、魚群が消えるまで、遂に誰にも会わずに釣りきることができました。

ところで、先週のメンテ日に『新たなる英雄達』という大型アップデートが実施されました。

アップデートの目玉は『英雄』の選出システムなのですが、非戦闘民である私には、正直どうでもいいコンテンツです。

また、生産機能に特化した新しい家が何種類か実装され、従来の家を改築することで利用できるようになったのですが、それらは中型・大型の家を対象にしたもので、一番税金の安い小さな家に住んでいる私には恩恵が受けられないのです。

私の場合、新たに中型の家を建てようにも、所有している畑の取り方が変則的なので、中型の家を建てるだけの広さの土地を確保できない、という。もうやだ〜(悲しい顔)
(総面積的には充分なんですがあせあせ(飛び散る汗)

ということで、新アップデートの目玉2つは、どちらもあまり嬉しくないものでした。

とはいえ、それ以外の新規・変更内容も(規模は小さいながら)ありました。

一つは、召喚したペットのための装備がいくつか追加されたこと。

早速、ペット装備製作のための家具を作って設置してみました。
blog3062.jpg
で、装備を作り始めてみたのですが・・・・・・・
(後から判明しましたが、ペット装備の製作台はIDの入り口やエルフの評議会広場の一角に設置されていて、別に作らなくてもよかったのでしたたらーっ(汗)たらーっ(汗)

まず言える事は、今回作れるようになったペット装備の主眼は、戦闘スキルに特化したものだ、ということ。
近接戦闘力・魔法力・防御力など、色々な特性を伸ばすための装備が作れるのですが、移動用ペットのための移動速度アップができる装備は一種しかありませんし、それも従来の装備に比べて格段に優れている、と言うわけでもなさそうです。ふらふら

また、製作にはIDでの戦闘が不可欠で(製作用のアイテムをボスキャラが落とすため)ソロ・プレイヤーにはきつい仕様です。

おまけに(これが最も致命的な欠点だと思うのですが)折角作った装備が外見に反映されまないようです。
blog3063.jpg
性能的にはLv50用のクラスまで作れればそれなりですし、等級を上げることもできるので、ちゃんと強化すれば化けるのかもしれません。

しかし、ペット装備なんて外見が反映されてナンボだろう、と私は思うのです。

確かにペット一種一種に専用のグラフィックを作らないといけないのは大変ですし、画像処理の負荷もかかるでしょう。

しかし、ペットを戦力として計算するプレイヤーが(今のところ)どれだけいるのか?ということや、ペット育成の楽しみの面で、見た目の変化が無いことは、非常なマイナスだと思うのですよね。

結局私はそこで萎えて作るのをやめてしまいましたが、(なんかツマンナいもの導入したな)という気持ちです。ちっ(怒った顔)

他のアプデ項目ですが、コールドウインドIDのボスキャラ・オカフェの登場時ムービーが新しくなってるとか、召喚ペットのLv上限が50から55に引き上げられてる、とか。

面白いのは召喚ペット扱いの潜水艇です。
今まではこれ以上上がらないLv50でしたが、航行することでEXPが入ってくるので、更にLvUPが可能なのです。
blog3064.jpg
無機物の潜水艇が成長するって・・・・・・・・がく〜(落胆した顔)

そして、巨大魚釣りでは以前のように魚種を特定できる魚群ではなく、
blog3065.jpg
このような表示になり、数種類あった寄せ餌も海水魚用と淡水魚用の2種に統合されました。
(やってみてはいないのですが、以前のように一種類だけではなく、何が掛かるかわからないことになるのでしょうか)

またダンジョンや家の中の照度が低くなり、
blog3066.jpg
特に家の中では室内照明の必要性が高くなりました。
blog3067.jpg
それ自体は、今まで(必要無いほど明るかったために)死に家具だった室内照明にスポットを当てる意味で良いことだと思うのですが、一定時間経つとすぐに消えてしまうので、一々点け直さないといけないのが鬱陶しいです。むかっ(怒り)
posted by マウザー at 13:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

匠の釣り人

今年の1月下旬にやった『狭間の釣り』イベント(その時の模様)の、第2回が行われました。

あの時はPCの釣り熟練値がかなり低く、巨大魚釣りの操作も、ややぎこちないところがありましたが、それでもレア魚を二種釣ったりと、結構楽しめたイベントでした。

それ以来、今後同様のイベントがあった時のためにも、と、PCの熟練値を上げる努力を(主にブースト装備を揃えることであせあせ(飛び散る汗))してきました。

そして今回、その努力の成果を示すことができたのです。

前回は、最も難易度の高かったマカジキを釣り上げるためにはかなりの時間を要し、一回のイベント時間(=一時間)で(上手くいって)2匹を釣り上げるのがやっとでしたが、今回は漁船のクレーンの数分(2匹)とPCの背中、更には漁船の操縦を任せている2PC目の背中を含め、合計4匹のマカジキをイベント時間中に釣ることができるようになったのです!

さて、イベントの一環として、イベントNPCが出すクエストの中に『レア魚を3匹釣る』というものがあります。

前回も同じクエストが出されていて、前回は2匹までしか釣れなかったので未完に終わったのですが、(ひょっとして次回にも使えるかも)と、クエストを放棄せずに、そのまま保持していました。

果たして今回、通算3匹目のレア魚となる『輝くチョウザメ』を釣りました。
blog3046.jpg
すると、予測通り、クエスト達成となりました!
blog3047.jpg
報酬となる釣竿は生産で作る『アーキウム釣竿』と同性能、ということはゲーム中、上から数えて2番目に良い性能の代物です。

しかし、だからといって今日から巨大魚釣りに勤しむようになるか、というと、そうでもありません。
(一般的な巨大魚が釣れる海域は(淡水を除いて)全て対人戦可能区域なので)

従って、折角の高級釣竿ですが、このまま死蔵することになるのかな?と思っていました。

ところが、ふとPCの釣り熟練値を見てみると、(ブースト分込みですが)50kを超えています。
それの何が嬉しいかというと、『匠の釣り人』称号を獲得できるクエストを受けることができるのです。

クエストの内容は『マカジキ(中型)の剥製を一個納品する』こと。

マカジキはゲーム中最高難易度の釣魚ですから、今まで(最も低Lvの)竹竿しか使ってこなかった私にとっては、釣れる筈もないよなぁ、と諦めてきた魚でした。

しかし今回図らずも高級釣竿を手に入れ、最高級の餌もイベントで大量に入手していたので、(やってみよう!)という気になりました。

試しに『ヌイアン最初の地』から海に出て北上し、マカジキの魚群を探します。
すると幸運なことに一発目で魚群発見!

寄せ餌を撒いて釣りはじめます。
blog3049.jpg
竹竿ならこうはいかなったでしょうが、流石高級釣竿、いとも容易くマカジキが釣れます。

目指す中型は釣れなかったものの、マカジキを3匹ばかり釣った時の事、通りがかった(恐らく海賊島に向かう途中の)海賊PCに轢き殺されました(笑)
blog3048.jpg
PKerがいそうな場所と時間帯にノンビリ糸を垂らしていて、しかもたまたま釣り上げてしまった大型のマカジキを持って帰ろうと欲をかいて、よせば良いのに、ご丁寧に漁船を出してクレーンにぶら下げて目立っていたわけですから、いわゆる自業自得で、PKerを責めるわけにはいきませんね。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

幸い、取られるような名誉ptも元から持ってませんし、沈められた漁船の修理費10金は、イベント一回で約80金稼げるぴかぴか(新しい)ことから考えれば、まったく微々たる物。
更にクエスト対象のマカジキ(中型)はまだ釣ってませんでしたから、(折角釣ったのに〜)という悔しさもありません。わーい(嬉しい顔)

魚群の在り処はこちらで選べませんから、場所的な危険を回避することはできませんが、PKerが活動しないであろう時間帯を選ぶことは、ある程度可能です。
(つまり襲われたのは、それを考えなかったこっちの落ち度ということですね)

なので、気を取り直し、別の時間帯を見計らって再度チャレンジ。

今度はマカジキの魚群を発見するのに大層時間がかかりましたが、それでも最後には魚群を見つけ出しました。

先程の教訓を生かして、漁船は出さずに壊れてもいいような渡し舟で釣り、中型以外が釣れたらリリースして、中型が釣れたら即帰ろう、と思っていました。

すると、なんと一発目で中型HIT!
blog3050.jpg
開始後一投目で、早々に引き揚げることに(笑)

クレセントスローンの魚販売台で釣ったマカジキを剥製にし、
blog3051.jpg
そのままエズナのクエNPCに会いに行って、剥製を納品。
blog3052.jpg
首尾よく『匠の釣り人』称号ゲットです。手(チョキ)
blog3053.jpg
この称号を表示することで釣り熟練度が1000上がりますから、今まで付けていた100UPの称号から差し引き900上がることになりました。

熟練度が上がると釣り時に魚への与ダメが増えるので、一匹を釣り上げる時間がトータルで短くなります。
『狭間の釣り』イベントで言うと、それまで持ち帰るキャパギリギリの4匹目のマカジキを釣り上げるのにイベントの制限時間一杯までかかっていましたが、この称号を付けてから終了まで5分間余裕ができるようになりました。
(言うほど大した変化じゃないってことですねもうやだ〜(悲しい顔)

ところで、このイベントの(個人的には)最大の関心事であるレア魚ですが、『輝くチョウザメ』の後しばらく日が経ってから、『輝くマカジキ』も釣り上げることができました。
blog3056.jpg
これでレア魚四種の内、釣ってないのは『輝くバショウカジキ』一種のみとなりました。
いわゆるリーチ状態で、今回のイベント期間内で達成できるか?という期待もありましたが、どうやらそれは無理でした。ふらふら

四種コンプで何か報酬があるわけでもないのですが、コレクター心理としてはコンプしたくなるのは当然の話です。

(オクで買っちゃえば?)という悪魔の囁きが聞こえるのも事実ですが(笑)、こういったトロフィーは自分で獲得して初めて価値があるものだと思うので、次の(半年後?)イベントの楽しみに取って置くことにします。

posted by マウザー at 14:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブルタン城ID

この間Marcyに忍者装束アバターを買ってあげたことで、それまで着ていた『血のドレス』アバターが浮いてしまいました。

折角お金をかけたのに使わないのはもったいないのですが、生憎『血のドレス』は装備時帰属なので、一旦着てしまうと、普通は別キャラに譲ることができません。

で、ちょっと考えた挙句、使わなくなった『血のドレス』の外見を、(もちろん帰属される前の)別のアバターに貼り付ければ、別キャラに『血のドレス』(の外見を持った)アバターを譲ることができるのではないか?と思いました。

オクを探してみると、たまたま『木製人形』アバターというのを売っていたので、購入。
それに、外見変更媒体という単価50円の課金アイテムを使って『血のドレス』の外見を貼り付けます。
blog3044.jpg

外見変更用のアイテム化を行うのに媒体が1個、貼り付ける時に9個の、合計500円分の媒体が必要でしたし、『木人』アバターを買うのに180金ものゲーム内通貨が必要となりましたが、貼り付けた『木人』アバターは首尾よく別キャラの手に渡すことができました。
blog3045.jpg
運営会社の思う壺のような気が若干しますがあせあせ(飛び散る汗)、結果には満足です。わーい(嬉しい顔)

ところで、今やっている『週末バーニング』イベントでは土曜日と日曜日のみ、獲得EXPが二倍になる週と、ドロップ率が二倍になる週が隔週で交互に来ていました。

私はちょっと考えて、ドロップ率が二倍になる週に、今まで行ったことの無かったブルタン城のID(インスタントダンジョン)に行くことにしました。
(ブルタン城はクロスター平原という対人戦可能地域にあるのですが、たまたま平和期間になった時があったのです)

そもそも行った事が無いので、Lv54のPCがソロで踏破できるものかどうかさえわかりませんでしたが、そこは『やってみればわかる』の精神で(笑)

IDに入って、すぐ雑魚敵が何体かいます。
総じてLv34程度ですが★1強化モンスターで、しかも一度に3体リンクするので、思ったほど簡単には行きません。ふらふら

しかし、頑張ればなんとか倒すことはできるので、ゆっくり時間をかけて倒していきます。
(一回タゲミスで死にましたがわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

雑魚を全て倒せば、あとはそのフロアのボス1体を残すのみなのですが、こいつは★3強化という、かなり強力なヤツで、何回かチャレンジしてみましたが、倒せないどころか、HPを半分程度しか減らせない有様でした。もうやだ〜(悲しい顔)
(幸い、ある一定ラインまで逃げれば戦闘が初期化される仕様なので、こちらが死ぬ前にそこまで逃げ切れば、再チャレンジは可能です)

Lv55で(全3フロアを)クリアした人の話を聞いたことがありますから、Lv的なもの(Lv55まで上がっていればLv55用の強力な戦闘スキルを使えたはず)も、装備的なものも、プレイヤースキル的なものも、恐らく全て足りなかったのでしょう。がく〜(落胆した顔)

とはいえ、実は最初からIDの踏破は目的ではありませんでした。

というのも、このIDでは雑魚敵が『旋風』シリーズという中級馬具をドロップするので、それらが欲しかったからです。

なので、ボスには敵わないのがわかった後は、雑魚敵を全て倒し終え、ボスは放って置いて、早々に入ってきた入り口から外へ出て、ダンジョンの中身を初期化し、再度入ってまた雑魚敵をやっつける、という繰り返しにシフト。

2PC目のキャラでPTを組み、拾わせたいキャラにドロップアイテムを選択して拾わせたりしてる内に、所持しているペットのほぼ全員に『旋風』馬具が行き渡りました。
blog3058.jpg

blog3055.jpg

blog3057.jpg
そんなに育成には力を入れてない別キャラの馬にも。
blog3054.jpg
通常はそんなに落ちないのかもしれませんが、ドロップ率二倍は流石だと思いました。

posted by マウザー at 03:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

ギアスケボー

今やってるイベントで、イベントNPCが毎日1つずつランダムなクエストをくれるものがあります。
報酬が労働力POTなので、生活ptを稼ぐためにMarcyは毎日欠かさずやってきました。

そのランダムなクエストの内、『サイレントシーの小島のどこかにいるイベントNPCの誰々に会いに行け』というものがあります。
イベントNPCは全部で5人いるのですが、全てのNPCに会うと特別な報酬があるらしいのです。

ランダムですから『会いに行け』クエストが必ず出るとは限りませんし、出たとしても前会ったのと同じNPCだったりすることもあるわけであせあせ(飛び散る汗)、5人全員に会うのはかなり至難の業ぽいです。

しかし、遂に私は5人目に会うことができました。

それまでに会って貰っていたそれぞれのNPCの手紙5つを合わせると、大元のイベントNPCに会え、というクエストが発生。
blog3034.jpg
そこで報酬を貰えるのか?と思ったら、
blog3035.jpg
ヌイア大陸北部にあるアイスキングダムにいるNPCに会え、と言われました。がく〜(落胆した顔)

しょーがないのでボーンプレイスをグライダーで縦断して、会いに行きました。
(西大陸の住人なので、東の方よりは比較的楽だったのですが・・・・あせあせ(飛び散る汗)
blog3036.jpg
地黒ジグロロ隊長でかっ!
blog3037.jpg
でかいので画面から顔がはみ出てます。わーい(嬉しい顔)

貰った報酬をクリックすると
blog3038.jpg
欲しかった生活ptが5250も増えました。
(本来は5000ptですが、今月は生活pt稼ぎのため1ヶ月課金していたので、貰えるptが5%増しなのです)

ちなみに名誉pt(対人戦や特定の戦闘クエストで貰えるpt)も2000増えますが、増えた後でも2500弱って、どんだけ・・・・・・・あせあせ(飛び散る汗)

元々、生活ptはそこそこの量まで(生活pt220kで交換できる)『マイファーム四型』自動車の設計図と交換するために貯めていたのですが、デルフィナードの星と交換するタイプの車を作ってしまったので、使い道が無くなっていました。

それでも無駄使いすることなく、(なんとなくですが)使わずに遺しておいて結果的に良かったです。わーい(嬉しい顔)

さて、生活ptが規定値に達したので、早速ギアスケボーの設計図を買います。
blog3039.jpg

必要なのは2段階目のスチールスケボーと設計図のみ。
blog3040.jpg
ひっくり返って裏面を見てみましたが、スチールスケボーとあまり変わらないようですね。
blog3041.jpg

しかし走ってみると、速度は格段に速くなりました。ダッシュ(走り出すさま)

平地では13〜14m/sと、並みの騎乗ペットよりは速い速度で走れるようになりましたし、スチールスケボーでは2〜3m/sぐらいでしか登れなかった坂も、6〜7m/sで登れるように。(笑)

で、車では24m/sぐらいのスピードが出る下り坂で、21〜22m/s出ますから、『自動車並の速度』という表現は、あながち間違いとは言い切れないかもしれません。たらーっ(汗)

とりあえず現時点ではスケボーはこれが最終形ぽいので、それらしい画像をチャラッと作って課金ペンキをペタリ。
blog3042.jpg
ちょっと嬉しくなったので、グィオニードの森からツインクラウンまでスケボーの旅に行きました。
blog3043.jpg
速度的には大抵の騎乗ペットより勝ってますが、操縦は結構難しいです。ふらふら

まず地面の凹凸に敏感に反応するので、その都度修正しないといけませんから手が離せないですし、あまりスピードが出すぎるとコントロールを失って、あさっての方向へ飛んでったりします。わーい(嬉しい顔)

車は四輪ある上に自重があるので転倒するのはよっぽどのことですが、スケボーの場合は日常茶飯事。
(とは言え、復帰するのは車より簡単ですが)
個人的には車の運転より難しい気もします。

しかし、車と違って車幅が狭いので細い道も通れますし、ジャンプできるスキルがあるので、柵を跳び越したり、中央が落ちた橋も飛び越えられるのは、走ってて楽しいです。

役に立つかどうか、というより、不安定な車体をどう上手く操作して走るか、というところに面白味を見出すためのものなのでしょうね。
(その意味では現実世界のバイクに似た感じかもしれません)

posted by マウザー at 14:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月20日

スチールスケボー

AAの世界では、スケートボードが3月に実装されました。

現時点でスケボーのグレードは3つあります。

一段階目のウッドスケボーは製作が比較的簡単なのですが、平地ではキックスキルを使わないと前進しないし、ちょっとした上り坂や凸凹があるとキックしても進めず、ただ下り坂を降りるだけの、どちらかと言うとあまり使えない代物でした。ちっ(怒った顔)

2段階目のスチールスケボーになると、駆動システムが搭載されて自走できるようになるので、ウッドスケボーよりは遊びやすくなります。

しかし、製作には『歯車原動機』という、(この世界でも)高価な金塊を62個も必要な部品を使うので、自動車並、とは言わないまでも、相当に難易度が高い製作物なのです。ふらふら

なので、ウッドスケボーを作った後は、しばらく次の段階に進めませんでしたが、労働力potが貰えるイベントが続いたのと、A-POINTの景品で小銭が手に入ったので、貯まった労働力を使って鉱石を掘りながらレア鉱石である金鉱石を狙いつつ、足りない部分はオクで比較的安い金鉱石を落として補い、2段階目のスチールスケボーを製作することにしました。

そしてようやく必要な部品が揃ったので、いよいよ製作。
blog3027.jpg
完成したスチールスケボーに乗って見ましたが、自走するので確かにウッドスケボーよりは面白いです。
blog3029.jpg

blog3028.jpg
転倒した際に裏側を見てみましたが、何やら怪しげな歯車が。わーい(嬉しい顔)
blog3030.jpg
しばらく乗って遊んでましたが、慣れてくると、やはりスピードが遅いのが気になります。

当然ながら下り坂では加速するので良いのですが、平地では(数値的に)馬以下の速さですし、上り坂では2〜3m/sという、荷物を積んだロバよりも遅い始末。がく〜(落胆した顔)

3段階目のギアスケボーだと自走速度は上がるようなのですが、2段階目の時のようにやっかいな部品を使わない反面、交換するのに生活ポイント(=伐採や農作業などを行うと貯まるpt)が200kも必要な設計図が要るので、今は必死に生活ptを貯めてる最中です。(あと20kほど足りませんもうやだ〜(悲しい顔)

ところで、今、期間限定販売で忍者装束のアバターを売っています。
見た目がカッコ良さそうですし、弓職キャラのイメージに合うように感じたので、私も一着欲しくなりました。

通常の手順で課金しても良かったのですが、オクを見ると買っても良いぐらいの値段で売ってる人がいたので、ゲーム内通貨を消費して手に入れることに。
blog3031.jpg
デフォルトの状態では(黒ver.なので)黒いフードとマスクが付いてきます。

実はこのゲーム、顔半分が隠れるマスクを着けると顔の造形が壊れるという面白いむかっ(怒り)ところがあって、それが嫌でこのアバターの購入を躊躇ってる人もいると聞きました。あせあせ(飛び散る汗)

アバターの変形機能で頭部分の見た目を(マスクとフードを着けない状態に)変えることもできるので、両方を比べてみました。
blog3032.jpg
確かに元の顔(右側)に比べ、目が細くなっている気がします。
しかし、気にならないレベルと言えば言える程度にも思えます。

とは言うものの、フードとマスクで顔を覆ってしまうと、あまりにも個性が表現できない(忍者衣装ですからそれでいいんでしょうけど(笑))気もするので、顔は露出したままの方が私の好みですね。揺れるハート
blog3033.jpg
ベッドで寝ている状態だとマントが隠れるので体のラインがよくわかります。

腰から下の大きさに比べ、くびれが異様なほど細く、まるで旧ver.のクールガール((c)タカラトミー)のような感じですが、男性目線だと全然問題ないです。黒ハート

posted by マウザー at 17:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月22日

異次元の保管箱

前回の記事で書いた『貯まった財布』の件ですが(流石に課金しないと全部開けられないかなぁ)と思って、一ヶ月分課金用のジュエル(=ポータル内通貨)をチャージするところまでいきました。

しかし、折りしも『女神の砂時計』(=INしていれば30分毎に労働力50回復POTが一個貰える)イベントと、『春のログイン祭り』(=一日一回ログインすることで何かしらのアイテムが貰え、その中には労働力回復POTも入っている)イベントが始まっていて、(ひょっとしたら)の思いで一ヶ月課金を見送って、そのまま無課金を続けていたのですが・・・・・・

あれだけMarcycatの倉庫を占めていた財布の山を、ものの見事に解消することができたのでした!
(もっとも裏キャラの倉庫にも『大富豪の財布』がまだ1000ほど残っているのですがねたらーっ(汗)

ところで、第三段階目(熟練値15000プラス)の工芸ブースト装備を作ったおかげで、工芸熟練40000までのアイテムが製作できるようになりました。

これで保管箱(=個人用倉庫)の最高級品である『名人の大型保管箱』まで作れるようになったので、試しに一個作ってみました。

保管アイテム枠が70増えたので、かなり快適になりました。手(チョキ)

更に調子に乗って、前から作ってみたかった『異次元の保管箱』の乗り物専用ver.にチャレンジしてみることに。
blog3026.jpg
通常の保管箱にはペット本体や乗り物は保管できないのですが、これには入れることができるのです。
blog3025.jpg
実は、これを作るのには密かな野望がありました。

以前、(『封印された〜』状態なら他のキャラに渡せるんじゃないの?)と思って作ったのに取引不可だった(Marcyにとっては)二匹目のブラックアロー(=量産馬では最も速い馬)をこの保管箱に入れ、建物譲渡券を使って他のキャラに所有権を渡したら、ひょっとしてヌイグルミの時のようにブラックアローも渡せるんじゃないの?と思ったのです。

『異次元の保管箱』を作成するには、まず『名人の大型保管箱』が二個要ります。

『名人の〜』一個作るのには『見習い人の小型保管箱』『熟練者の中型保管箱』『匠の大型保管箱』がそれぞれ一個ずつ要りますから、全体としてはそれぞれが二個ずつ要ることになります。

『見習い人の〜』には『美しい木目の木材』が5個、『熟練者の〜』は10個、『匠の〜』は20個要りますから、全部で35個×2の70個要ることになります。

『美しい木目の木材』は普通の木材10個で1個できるので、すなわち普通の木材が700個(!)要るってことです。がく〜(落胆した顔)
(最初に作った『名人の〜』は普通に使うので、最初に必要だった350個とは別に必要になりますがく〜(落胆した顔)

これを、木を伐採して丸太にし、更にそれを木材に加工して、という最下位工程からやっていくので消費労働力は馬鹿になりません。(笑)
(ちなみに『美しい木目の木材』製作に使う『胚芽オイル』も自作です)

で、そこそこの努力を払って、『名人の〜』がようやく二個できました。

必要な材料は他にもありますが、めんどくさくなったので(をいちっ(怒った顔))それらはオクで揃えることにしました。

しかし、設計図自体はNPCから買わねばなりません。
その代金が100金。(高けぇよがく〜(落胆した顔)

設計図のことまでは考えてなかったので、ちょっとショックでした。(笑)

さて製作、という段になったのですが、アイテムの説明をよく見ず、必要熟練が工芸なので工芸熟練を積ませるため、工芸製作担当のマウザーに作らせたのですが・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・『異次元の保管箱』は獲得時帰属なのでした。がく〜(落胆した顔)

マウザーは畑しか持ってないので、このままでは折角作った保管箱を設置できません。

泣く泣く譲渡券を使って、Marcyの家をマウザーに譲渡します。

設置後、使わないペットやグライダーや船舶装備などをいくつか保管箱に入れ、再度Marcyに譲渡しようと試みました。

すると、家の譲渡自体は上手くいったのですが、保管箱は消えてなくなりました。がく〜(落胆した顔)

どうやら農夫の作業台と同じく、家の所有権が移ると同時に、元の所有者にメールで(中身もろとも)返却される仕組みのようです。

ということは、仮にMarcyが保管箱を所有していたとしても、ダブったブラックアローは他のキャラに移せない、ってことになりますね。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

数百金かけて作った異次元の保管箱でしたが、あまり望ましくない結果に終わってしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)

う〜むちっ(怒った顔)、と思いましたが、よく考えると、それで帰属乗り物の所有者を代えられるようになると、例えば製作難易度の高い自動車や小型帆船の所有者を低熟練プレイヤーにホイホイ代えられることになって、ゲームバランス的に問題になるのでしょうね。

異次元の保管箱には乗り物専用ver.の他に課金ペンキ(と原版)ver.や衣装ver.などがあるのですが、理屈的に考えると、やはり一旦帰属したものは、異次元の保管箱に入れたまま家の所有者を代えても、元の所有者に戻ってくる仕様のような気がします。もうやだ〜(悲しい顔)

posted by マウザー at 15:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月08日

財布

通常のRPGと違い、AAではモンスターを倒しても、金とドロップアイテムが直接手に入るわけではありません。
(武器&防具のような、いわゆる現物ドロップは別ですが)

手に入るのは『○○の財布』(○○には財布のランクを示す言葉が入る)というアイテムで、これをダブルクリックすると、ランクに応じた金額と素材アイテムがランダムで取得できる仕組みです。

この仕組みのやっかいなところは、『〜の財布』一つを開けるにも一定ptの労働力が必要なこと。
一つ一つは少量でも、ほぼモンスター一匹について一個財布を落とすので、手に入れた財布を全部開けようと思うと、多く狩れば狩るほど、消費する労働力ptがたくさん必要になります。がく〜(落胆した顔)

このゲームの課金システムで、無課金プレイヤーと課金プレイヤーの一番の違いは労働力の回復量にある、と言っても過言ではないため、こういった仕組み自体を批判するつもりは毛頭ありません。
(開けたければ課金しろ、って話ですし、開けないという選択肢もあるので)

しかし、無課金プレイヤーで、かつ貧乏性の私としては、開けない財布をポイっと捨ててしまうようなこともできません。ふらふら

その結果、前回のハスラ武器製作で、製作のためのモンスター狩りを終わった後の倉庫の中身は・・・・・・・・
blog3024.jpg
山のような量の財布で占められることになりました。もうやだ〜(悲しい顔)

全て開けきれば(開けることで獲得できるEXPを含めて)それなりの一財産になるはずですが、一筋縄ではいきません。あせあせ(飛び散る汗)

赤い線で囲まれた『有名人の財布』一個を開けるには労働力が5pt必要で、と言うことは100個開けるためには500pt必要で、その100個の塊が28個あるってことは、全部開けるためには500×28=14000ptの労働力が必要、ってことです。がく〜(落胆した顔)
(これでも200個ほど開けた後の状態です)

無課金状態だと労働力は5分ログインして5pt貯まりますから、14000ptの労働力は単純計算で14000分=約233時間ログインしないと貯まりません。

一日に一回しか使えませんが寝ることによって100pt貯まるベッドや、イベントで配られる労働力POTもありますから、実際はそんなにはかからない筈ですが、それにしても気が遠くなる量ではあります。
(所有する畑の税金も大元は労働力から支払われるので、その分も残しておかなければなりませんしたらーっ(汗)

なので今のところ、チマチマ労働力を貯めては100個ずつ開けて、てなことをしてますが、終わるのはいつになることやら・・・・・・・ちっ(怒った顔)

ところで、先日ユーザー主催のバザーイベントが行われたので見に行ってきました。
blog3023.jpg
AAはDOLと違って対人販売システムがないので、トラクターやペットを召還し、その名前を売り物(と値段)に変更することで客にアピールし、買いたい客は売り手に直接話しかけて、売り買いは取引コマンドを使って行う、という、人見知りさんには少々ハードルの高い仕組みを採っていました。

バザーなので、どの売り手も相場よりはそれなりに安い出品をしていましたが、金を稼ぐのがDOLほど簡単ではないためか、金銭感覚がかなりシビアで、個人的にはあんまり安くはないなぁ、という印象でした。
(こればかりはゲームシステムのせいなので、仕方ありませんねわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

それでもそれなりに大勢のプレイヤーが集まり、各自のいでたちや装備を見るだけでも十分楽しめました。わーい(嬉しい顔)

posted by マウザー at 14:29| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

ハスラ武器

東大陸のキャラであるフェレ種族のMarcycatもようやくLv50に到達し、東大陸のクエストもあらかた制覇しました。

主要装備は以前のキャンペーンで貰った(Lv50から使える)配布武器&防具で、今後のキャラの使い道を考えると、それでも特に問題はなさそうです。

しかしそれではツマラないので、東大陸のハスラ地方でできる武器製作にチャレンジしてみることにしました。

聞くところによるとハスラ武器は、同等級の物では配布武器より性能は上で、旧大陸で作る黒曜石武器より僅かに劣る程度らしい。

(3段階目の)黒曜石武器を作る際には、元となるマスター級の武器が2個とマエストロ級の武器が1個必要で、それらを自作するのは素材集め的にかなり大変です。

と言って、オクで手に入れるとそれなりに高額な金が必要となりますし、等級を上げようとすると強化スクロールも手に入れなければならないし、その費用を考えると、滅多に使わないサブキャラの武器には、やはり二の足を踏んでしまいます。

それに引き換えハスラ武器は、ハスラの特定地域にいるモンスターが落とすアイテムを集めて作るので、モンスターを狩っていればいいだけで、非常にお手軽・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・と、思って始めたのですがっ!

まず大変なのが、武器を作るためのアイテムが中々集まらないこと。

モンスターを1匹狩ると製作用アイテムが必ず1個落ちるのですが、武器の種類によって必要なアイテムの種類が異なり、なおかつモンスターが落とすアイテムの種類はランダムで、必ずしも必要なアイテムが手に入るとは限らないのです。がく〜(落胆した顔)

また製作には1段階目の武器、2段階目の武器、3段階目の武器があるのですが、1段階目の武器には製作アイテムが150個、2段階目の武器には200個(と同系統の1段階目の武器)、最後の3段階目の武器には300個の製作アイテム(と同系統の2段階目の武器)が必要となります。

つまり最後の3段階目の武器を作り上げるには、その武器用の製作アイテムが650個必要となるわけです。

そして作れる武器の系統は7種類ありますから、概算で650×7=4550匹のモンスターを狩らなければならないっがく〜(落胆した顔)てことになります(笑)

もちろんこれは計算上の話で、そもそも落ちるのがランダムですから、実際はもっと少なくて済むでしょうが(可能性的にはもっと増えることもあり得ますが)、それにしても莫大な数のモンスターを狩らなければならないのは変わりません。

もっとも、そもそもモンスターが製作アイテムを1個しか落とさない、というところがミソで、実は一度に5個落とす種類のモンスターも(時間限定で)現れるのです。

しかし、それらのモンスターは大抵、貧弱な装備のLv50キャラのソロでは倒せない程度に強いので、高Lvプレイヤーとパーティーを組むか、同じ目的のプレイヤー複数でPTを組んで倒すしかありません。
(もちろん、そのためのモンスターなのでしょうし)

なのでソロ専従の私としては、最弱Lvのモンスターをチマチマ1匹ずつ倒すほかないのです。もうやだ〜(悲しい顔)

救済措置として他の種類の製作アイテムを全て1個ずつ消費し、特定の製作アイテム5個に換えることもできますが、それをやるには6金と労働力を100も使うので、割に合いません。もうやだ〜(悲しい顔)

もう一つ大変なのが、武器を一つ製作するのに(私にとっては)貴重な労働力ptを500も使うこと。
1段階目で500、2段階目で500、3段階目で500使いますから、武器を1系統作るには1500の労働力が必要となります。

そしてMarcycatは攻撃魔法用の両手杖と射撃用の弓が必要なので、合わせて3000ptもの労働力が必要です。

そんなわけで少々ウンザリしながらも、(主にブログネタのためにわーい(嬉しい顔))頑張って製作アイテムを集めきりました。
(ハスラは対人戦可能地域なので何回かPKされましたが、そもそも名誉ptを持ってないキャラなので、装備の耐久がチョビっと減るほかは、失う物はほとんどありませんでしたわーい(嬉しい顔)
blog3020.jpg

blog3021.jpg
作った武器をメインキャラのMarcyの3段階目の黒曜石弓と比べてみましたが、同じ等級でも性能的にはかなり落ちることがわかりました。ふらふら

しかし、金銭的には(消費した労働力を別にすれば)お金がかかってないどころか、倒したモンスターがドロップする製作アイテム以外の部分でそれなりに儲かっているので、まあヨシ、というところでしょうか。わーい(嬉しい顔)

ところで、ハスラ武器を3段階目にすると武器本体がかなり強く光を発するようになりますが、持っているのが両手杖だと、まるで蛍光灯を持ってるかのような気分になります。
blog3022.jpg
暗い夜道を照らすのに役立ちそうですね。(笑)


posted by マウザー at 14:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月25日

修復されたデイリークエがマラソンな件

少し前に、ペットのガーゴイルが目出度くLv50になりました。
そこで、私が持ってる中では二番目に優秀な『激風』セットの兜と蹄(胴は店売りの鎧)を付けました。
blog3014.jpg
ようやく(保有している最後の)Lv50戦闘スキルまで使えるようになったのですが、試しにモンスター狩りに使ってみたところ、全然パッとしませんでした。もうやだ〜(悲しい顔)
(まぁ、薄々気がついてましたけどね・・・・・あせあせ(飛び散る汗)

ところで、以前からクエ用のオブジェクトは用意されていたものの、バグがあってやることができなかったブルーソルト協会(=生産職用のクエを担当するNPC群)のデイリークエが3月11日のアプデで修復され、できるようになったらしい、ということで、私もやってみました。

以前はLv38〜だったようですが、Lv31のキャラで受けさせてみたところ問題なく達成出来たので、恐らくLv30、31〜なのでしょうか。

クエストは基本的に5つあり、5つとも達成するとLv50オーバーのキャラでも1万ちょっとのEXPが貰えるので、私のように戦闘メインでも交易メインでもない人間にとっては結構お得なクエストです。わーい(嬉しい顔)

ただしその内の4つはお使いクエストで、戦闘が無い代わりに、クエ受けの地点からかなり遠い場所まで行かねばなりません。ふらふら

ちょうどLv30台のキャラのパワーレベリングを考えていた私は、このクエを組み込んだデイリークエの効率的な消化メニューを考えました。
(私の場合、家がグィオニードの森にある都合で、リターン魔法の飛び先がグィオニードの森になっています)
blog3015.jpg

1)まずマリアノープルに行き、青塩デイリー5つを受ける
(その内1つはその場で消化。その時に粉砕された穀物(別の物でも可)30個要)

2)エズナの『イジ女神の灯台』まで行き、シーワーム15体討伐デイリーを受ける。

そして、リターン魔法で家の近所に帰還。

1)騎乗ペット放牧場で、青塩デイリーの一つである『野生エルクの飼育』を達成。
(この時、通常の騎乗ペットと違って成長の実と水を多く要求される場合があるので、事前に大量に用意しておきます)

2)グィニードの森郊外のスパイラルゾーンで妖精15体討伐クエとダフタ教団15人討伐クエを受け、達成。
(いずれもLv40の★1強化モンスター(しかもペアリンク)なので、Lv30程度のソロでは到底無理ですが、Lv53のMarcyとPTを組むので楽勝)

そこから車を飛ばしてリリエット丘陵まで行き、マリアノープルで渡された花瓶を3箇所に置きます。
この時、置く順番を
1.丘陵入り口
2.老松村入り口
3.ヴェア盗賊アジト入り口
の順にするのがポイントで、最後の花瓶を置いた後、盗賊のアジトの横手の坂を降りて船に乗り換えます。

4)シーワームの沸くポイントで15体狩ります。
(Lv50★2の『ビッグシーワーム』はまともに相手すると(死なないまでも)苦労するので、それを引っ掛けないように注意しながら)

討伐後、船でそのまま南下しソルズリード半島の騎乗ペット放牧場の横手に出ます。

5)『野生馬の飼育』を達成。
(手順はエルクの時と同じ)

6)そこからまた車を飛ばし、ミルク村を縦断してガランドル平原に出て街道を南下、マリアノープルの入り口近くの歩哨所で不良火薬8つを回収。

あとはマリアノープルのクエ受け場所1)へ戻りクエ報告、
blog3016.jpg
エズナの灯台2)でもクエ報告、といった具合です。

車がなければ出来ない?というわけでもないのですがあせあせ(飛び散る汗)、車を持っていて、しかも運転が好きだと、さほど苦労でもないマラソンだ、とは思いました。

ちなみに東大陸でも同様のクエがあり、東側のキャラでやってみましたが、やはり同様に長い距離を移動しなければなりません。
東キャラは車を持ってないどころか、騎乗ペットの中では足が遅い部類のタレに乗っているので、かなり大変です。がく〜(落胆した顔)

タレと言えば
blog3018.jpg
ハリハラン(=東大陸のヒューマン種族)の初期騎乗ペットですが、同じ青塩クエで『野生タレを飼育』するやつがあって、NPCがこんなことを言います。
blog3017.jpg
タレは機械獣だったのですね・・・・・
匿名掲示板でそんな話を聞いたことがありましたが、すっかり忘れてました。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
posted by マウザー at 15:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。