2015年08月05日

浴衣の素足

季節の風物詩なので、メインキャラでも浴衣を貰っておくことにしました。
blog3084.jpg
小柄なハリハランと違ってエルフは長身・長足なので、このゲームではホットパンツぐらいの丈しかない浴衣の裾だと、素足がいやに強調されます。
blog3085.jpg
裾上でカットした画像だと、細部の模様や質感までよく出来ていて、それなりに見えるのですが、
blog3086.jpg
全身像だと、やはりかなり違和感が。もうやだ〜(悲しい顔)
まぁ、エロいのは良いことなんですが揺れるハート

さらに男性用のものだと
blog3087.jpg
これは『作務衣』であって、(帯のある)浴衣でさえない、という。

恐らく(飛んだり跳ねたりの)アクションをした時に違和感無く見せるためには、ズボンのある作務衣の方が良い、という判断でのデザインなのでしょうが、一見それらしく見えても、作務衣は夏の風物詩でも何でもない気がするんですけどねぇ。ちっ(怒った顔)

もっとも日本の文化に対するこだわりは、ゲームを制作している韓国の人はともかく、ゲームプレイヤーである日本の若者自身でさえ非常に薄れているので、それほどの反感無く受け入れらているのが、良いことなのか悪いことなのか?といったところです。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

ところで、今回イベント区域で対人戦不可となった3つの地域の内、ハスラとグラスランドの名所探検は終わりました。

残るロカのチェス駒は(なんとなくメンドクサそう)という思いで最後に回したのですが、この予感が見事的中しました。

難問題となったのは、ロカの北東に位置する高い山の頂上に登る課題です。

3つの峰の内、三番目のものはすぐに登れたのですが、
blog3088.jpg
残る一番目と二番目が中々登れません。

足掛かりが無い訳ではないのですが、山のすぐ横に未開発地域があるので、グライダーで舞っている間にエリアに引っかかって、すぐ『強制帰還』メッセージが出てきてしまうのです。

その事態を避けようとして、山の側面に激突して滑落死すること2回。

最後に(あとちょっと!)というところで『強制帰還』を喰らい、遠くの『ヌイの女神像』(各エリアに数箇所ある、死んだ時の復活地点)まで飛ばされて、それまでの苦労が水の泡になった時点で萎えて、遂に諦めてしまいました。

クリアした人はいるので何かしら方法があるはずなのですが、ちょっと頭を冷やしてから再トライしたいと思います。
(といってもイベント期間はあと一週間しかないのですがふらふら

腹いせに、一度Marycat(フェレ)で達成したことのあるハスラのメインストーリークエの最後の部分をもう一度やったりしてました。
blog3089.jpg
最後に出てくるハスラの悪代官悪い王様の顔が、なんとなくケリー・ヒロユキ・タガワに似てる気がするのは私だけでしょうか?わーい(嬉しい顔)
posted by マウザー at 14:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月29日

川下り

以前ここで触れた、新たに実装された連続クエスト。
前回はID『破壊のゆりかご』に行かなきゃがく〜(落胆した顔)というところで止まっていました。

その後、IDがあるロカのチェス駒が平和期間になった時に、行って来ました。
IDの中には入るのですが、幸いなことに入り口地点にクエNPCがいるので、中のモンスターとの戦闘は一切なしで済みました。いい気分(温泉)

その後グラスランドへ行かされてそこで終わり、かと思いきや、次はハリハララヤ廃墟へ行かなきゃ!という。
blog3082.jpg
そこは平和期間でも(自動的に対人戦不可になる)イベント区域でもなかったので恐々の潜入でしたが、ハイドを使いながら抜き足差し足で行ってみると、クエNPCの目の前で(敵地なのに)同勢力の人が狩りしてるぐらい安全でした。わーい(嬉しい顔)

その次は、やっぱりと言うか何と言うか、ハスラに行かされるので、何のことはない、イニステール以外の東大陸の対人戦可能区域全てに行くことになるのでした。もうやだ〜(悲しい顔)
blog3083.jpg
しかもハスラで終わりではなく、その後は再び、西大陸の北にあるボーンプレイス(ちなみにここも対人戦可能区域)に舞台が移ります。
blog3077.jpg
ここが終わるとようやく一段落、といった感じ(あとは旧大陸なので)なのですが、どうやらこの連続クエは、やはり新実装されたレイド・モンスター討伐への布石だったようです。
(もちろんこっちはソロ・プレイヤーなので、そちらはクリアの見込みはありませんもうやだ〜(悲しい顔)

ところで、今やっている『ロカ川下り』イベントと『ホウセンカプリンセス』イベントですが、結構面白いので、色々なキャラで参加しています。

中でも小さな樽に入ってチェックポイントを通過しながら急流を下る(と言うか流される)『〜川下り』がスリルがあって楽しいです。
blog3078.jpg
最初にやってみた時には樽の左右移動のコツが上手く掴めず、両岸や川中の岩にぶつかって樽が壊れたり、時間制限を越えたりでクエスト失敗になり、(これは無理コンテンツ?)と思ったりしました。

しかし何度かやっている内に要領を覚え、初級用のクエは元より、上級用のクエも達成できるようになりました。

他のプレイヤーの中には、トラクターをチェックポイントの直前地点の川中に突っ込ませて流れを堰き止め、樽を止めてチェックポイントを全て通過したように見せかけたり、一箇所チェックポイントを通過したらグライダーで戻って同じチェックポイントを通過したりする人もいます。

テクニックとしてはそれも有りかと思いますがあせあせ(飛び散る汗)、一度は全行程を流れてみるのがお勧めですね。
(面白いのでわーい(嬉しい顔)

『ホウセンカプリンセス』の方は、宮殿を逃げ出した3人の皇女(の誰か)に一日一回、イベントコインで買ったホウセンカの花びらを送り続けると、浴衣アバターをくれる、というもの。
(イベントコインは、いくつかあるイベントクエストを達成すると少しずつ貰えます)

とりあえず黒パターンのやつを貰いました。
blog3079.jpg
浴衣と言っても裾の短いタイプなので、あまり成人女性には似合わないかもしれませんね。失恋
といって裾の長いタイプだと動きにくい、または動いた時リアルに見えないのかも知れませんが。ふらふらあせあせ(飛び散る汗)

イベントコインは浴衣の他にも色々なものと交換できますが、私は川下りが面白かったので、スイカ樽を貰いました。
blog3081.jpg
川下りイベントで使う赤いイチゴ樽のように時間制限で消滅しない恒久アイテムですし、耐久も5000あってちょっとやそっとでは壊れにくいぐらいの頑丈さです。

自走能力は無いので流れのある場所しか使えませんが、ロカ北部から南部まで素早く移動したい時には(直線状に流れる川があるので)便利かな、と思ってます。
(まだ実行したことはありませんが(笑))

また、イベント期間中、ハスラ、ロカ、グラスランドの三区域はイベント区域として対人戦不可になります。
blog3080.jpg
これはいい機会なので、西大陸のメインキャラでその区域の名所巡りをやってます。
(東キャラを使って通常クエストは全部終わっているので、土地勘があるのが助かります手(チョキ)
posted by マウザー at 15:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

足立区の花火大会2015

昨日は足立区主催の花火大会を観に行ってきました。

最初は『毎年恒例の、』と書き出そうかと思ったのですが、ブログを遡ってみると、前回は2012年に行ったのが最後で、13、14年は行ってませんでした。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
(私事で色々あったから、なんですがあせあせ(飛び散る汗)
なので、実はかなり久しぶりだったのですね。

出かける時には、まだ小雨小雨がパラついていて(無理に行くと風邪引くかも?)とは思いました。

例年なら(今年もパスしようひらめき)ってところなんですが、私的に(恐らく足立区で見る花火大会は今年が最後)という予測があるので、折り畳み傘を携え、強行することにしました。

とりあえず少し濡れる程度の雨なので、傘もささずに自転車を転がし、会場に向かいます。
途中で綺麗な虹にも遭遇しましたが、雨自体は止むことも無くシトシトと降り続いていました。

会場に着き、適当に場所を選んで座り、打ち上げ開始をおとなしく(傘をさして)待ちます。

そしてカウントダウンのアナウンスの後、いよいよ打ち上げ開始!・・・・・・・・・と、思いきや、一向に打ち上がらないハプニングが(笑)

怪訝な観衆が見守る中、『ただいまのはリハーサルでございます』と笑わせるアナウンス流れました。
(んなわけねぇだろ!という突っ込みが恐らく3万人ぐらいあったのではないでしょうか?がく〜(落胆した顔)
意識して笑いを取ったのなら、中々やる進行ですね(笑)

気を取り直して行われた再カウントダウンで、無事打ち上げが始まりました。
blog3073.jpg

blog3072.jpg

blog3074.jpg
大部分は以前にも見たものが多かったのですが、中に一種類、地表近くで赤い噴煙が燃え上がる、見たことのないのがあって目を引きました。
blog3075.jpg
これは見た目も壮観なのですが、燃え上がった後莫大な量の白煙を生み、煙が流れていった先の人はホワイトアウトしたのではないか、と思うほどの白い煙に包まれました。
(苦情の2、3はあったかもしれませんねあせあせ(飛び散る汗)

さて、降り続いていた雨も大会の中盤には上がり、傘を畳んでのんびり観ることができました。
(強行してよかったわーい(嬉しい顔)

適当に陣取ったにしては中々良い席で、打ち上げ場所のほぼ真正面なので、花火の炸裂を真下で観られましたし、風向きも右から左に良い具合に流れて、花火の煙で次の花火が霞むこともありませんでした。

大会の企画者は、相変わらず打ち上げと一緒にくだらない音楽を質の悪いスピーカーから流すのを洒落てると考えてる風なのですがむかっ(怒り)、それも5〜10分ほどで終わるのでそれさえ我慢すれば、打ち上げのほとんどは、花火の迫力の爆発サウンドどんっ(衝撃)をそのままを楽しめました。
blog3076.jpg
そしてフィナーレの打ち上げが終了。

来年の夏はもう足立区にはいない予定なので、この迫力の花火を見るのも最後かと思うと、感慨深いものがあります。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by マウザー at 14:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

巨大絵画

『新たなる英雄達』実装を記念して行われたイベントのデイリークエを粛々とこなして、恐らく一番の目玉なのでであろう十二英雄の肖像画を貰いました。
blog3068.jpg
ゲーム中最も小さい家とはいえ、我が家の外壁一面を使う無茶苦茶大きな絵です。がく〜(落胆した顔)

獲得時帰属なので家の持ち主キャラに取らせなければならないのがアレですがたらーっ(汗)、何せイベント期間が長いので、イベントのクエを真面目にやってるだけで3キャラぐらいこの絵を獲得できてしまう、という。がく〜(落胆した顔)

他にもイベントクエの冒頭で1回だけ貰える、イベント期間限定のマントが3種ほどあるのですが、どれも期間限定なのが惜しまれるほどかっこいいのです。
blog3069.jpg
英雄になったらこんなマントを着られる、というのが釣り餌なので、それはそういうもんなのでしょうがわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)、我々一般庶民からすればちょっと悔しい。(笑)

またイベントとは別に、新たに実装されたらしい(?)連続クエストがクロススター半島の某所で始まるのを偶然知り、追ってみました。
blog3071.jpg
デルフィナード・コインを餌に、クロススター平原>ゴールド平原>地獄の沼地>ロングビーチと引っ張りまわされた挙句、
blog3070.jpg
次の目的地は(敵対勢力のエリアである)ロカのチェス駒だ(しかもID『破滅のゆりかご』の入り口)、という。

で、ロカが平和化するのをずぅ〜と待ってるのですが、中々ならずに今に至ってます。ふらふら
デルフィナードコインは別にいらないのですが、ストーリーの続きを知りたいので、ちょっとイライラしますね。わーい(嬉しい顔)
(ネット情報によれば、グラスランドまで行かされるらしいですが)がく〜(落胆した顔)
posted by マウザー at 13:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

新たな英雄達

前回『狭間の釣り』イベントで貰った高級釣竿ですが、マカジキ(中型)を釣っただけで使用期間(2週間)を終えてしまってはもったいないので、他キャラがブルーソルト協会の釣りクエをクリアするために使うチョウザメ(小型)を釣りに行ったりしてました。

そうした中、海洋魚はどうしても対人戦可能区域に行かなければならないため怖いのですが、淡水魚は必ずしもそうではない、ということで、まだ釣った事のないアロワナを狙うことにしました。

私の家の前にあるグィオニード湖も淡水魚が釣れるポイントなのですが、アロワナの群れが登場するのを待ってみても、中々現れません。

業を煮やして、山を一つ越えた先にあるボーンプレイスのドラゴンティアー湖に行ってみました。

ボーンプレイス自体は対人戦可能区域ですが、ドラゴンティアー湖のあたりは滅多に人が訪れることがないので、安心して釣りに専念することができそうです。

ラッキーなことにアロワナの群れが発生していたので、寄せ餌を撒き、釣りを開始。
blog3059.jpg
流石に漁船を出すのは怖かったのですが、湖の畔に魚販売台もあるので、釣れる度にそこへ泳いで行って釣った魚を売り、またポイントへ戻る、を繰り返しました。
blog3060.jpg
釣れたアロワナ(大型)の1匹は売らずに魚拓にし、家に飾ることに。
blog3061.jpg
結局は対人戦可能区域の釣りでしたが、魚群が消えるまで、遂に誰にも会わずに釣りきることができました。

ところで、先週のメンテ日に『新たなる英雄達』という大型アップデートが実施されました。

アップデートの目玉は『英雄』の選出システムなのですが、非戦闘民である私には、正直どうでもいいコンテンツです。

また、生産機能に特化した新しい家が何種類か実装され、従来の家を改築することで利用できるようになったのですが、それらは中型・大型の家を対象にしたもので、一番税金の安い小さな家に住んでいる私には恩恵が受けられないのです。

私の場合、新たに中型の家を建てようにも、所有している畑の取り方が変則的なので、中型の家を建てるだけの広さの土地を確保できない、という。もうやだ〜(悲しい顔)
(総面積的には充分なんですがあせあせ(飛び散る汗)

ということで、新アップデートの目玉2つは、どちらもあまり嬉しくないものでした。

とはいえ、それ以外の新規・変更内容も(規模は小さいながら)ありました。

一つは、召喚したペットのための装備がいくつか追加されたこと。

早速、ペット装備製作のための家具を作って設置してみました。
blog3062.jpg
で、装備を作り始めてみたのですが・・・・・・・
(後から判明しましたが、ペット装備の製作台はIDの入り口やエルフの評議会広場の一角に設置されていて、別に作らなくてもよかったのでしたたらーっ(汗)たらーっ(汗)

まず言える事は、今回作れるようになったペット装備の主眼は、戦闘スキルに特化したものだ、ということ。
近接戦闘力・魔法力・防御力など、色々な特性を伸ばすための装備が作れるのですが、移動用ペットのための移動速度アップができる装備は一種しかありませんし、それも従来の装備に比べて格段に優れている、と言うわけでもなさそうです。ふらふら

また、製作にはIDでの戦闘が不可欠で(製作用のアイテムをボスキャラが落とすため)ソロ・プレイヤーにはきつい仕様です。

おまけに(これが最も致命的な欠点だと思うのですが)折角作った装備が外見に反映されまないようです。
blog3063.jpg
性能的にはLv50用のクラスまで作れればそれなりですし、等級を上げることもできるので、ちゃんと強化すれば化けるのかもしれません。

しかし、ペット装備なんて外見が反映されてナンボだろう、と私は思うのです。

確かにペット一種一種に専用のグラフィックを作らないといけないのは大変ですし、画像処理の負荷もかかるでしょう。

しかし、ペットを戦力として計算するプレイヤーが(今のところ)どれだけいるのか?ということや、ペット育成の楽しみの面で、見た目の変化が無いことは、非常なマイナスだと思うのですよね。

結局私はそこで萎えて作るのをやめてしまいましたが、(なんかツマンナいもの導入したな)という気持ちです。ちっ(怒った顔)

他のアプデ項目ですが、コールドウインドIDのボスキャラ・オカフェの登場時ムービーが新しくなってるとか、召喚ペットのLv上限が50から55に引き上げられてる、とか。

面白いのは召喚ペット扱いの潜水艇です。
今まではこれ以上上がらないLv50でしたが、航行することでEXPが入ってくるので、更にLvUPが可能なのです。
blog3064.jpg
無機物の潜水艇が成長するって・・・・・・・・がく〜(落胆した顔)

そして、巨大魚釣りでは以前のように魚種を特定できる魚群ではなく、
blog3065.jpg
このような表示になり、数種類あった寄せ餌も海水魚用と淡水魚用の2種に統合されました。
(やってみてはいないのですが、以前のように一種類だけではなく、何が掛かるかわからないことになるのでしょうか)

またダンジョンや家の中の照度が低くなり、
blog3066.jpg
特に家の中では室内照明の必要性が高くなりました。
blog3067.jpg
それ自体は、今まで(必要無いほど明るかったために)死に家具だった室内照明にスポットを当てる意味で良いことだと思うのですが、一定時間経つとすぐに消えてしまうので、一々点け直さないといけないのが鬱陶しいです。むかっ(怒り)
posted by マウザー at 13:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

匠の釣り人

今年の1月下旬にやった『狭間の釣り』イベント(その時の模様)の、第2回が行われました。

あの時はPCの釣り熟練値がかなり低く、巨大魚釣りの操作も、ややぎこちないところがありましたが、それでもレア魚を二種釣ったりと、結構楽しめたイベントでした。

それ以来、今後同様のイベントがあった時のためにも、と、PCの熟練値を上げる努力を(主にブースト装備を揃えることであせあせ(飛び散る汗))してきました。

そして今回、その努力の成果を示すことができたのです。

前回は、最も難易度の高かったマカジキを釣り上げるためにはかなりの時間を要し、一回のイベント時間(=一時間)で(上手くいって)2匹を釣り上げるのがやっとでしたが、今回は漁船のクレーンの数分(2匹)とPCの背中、更には漁船の操縦を任せている2PC目の背中を含め、合計4匹のマカジキをイベント時間中に釣ることができるようになったのです!

さて、イベントの一環として、イベントNPCが出すクエストの中に『レア魚を3匹釣る』というものがあります。

前回も同じクエストが出されていて、前回は2匹までしか釣れなかったので未完に終わったのですが、(ひょっとして次回にも使えるかも)と、クエストを放棄せずに、そのまま保持していました。

果たして今回、通算3匹目のレア魚となる『輝くチョウザメ』を釣りました。
blog3046.jpg
すると、予測通り、クエスト達成となりました!
blog3047.jpg
報酬となる釣竿は生産で作る『アーキウム釣竿』と同性能、ということはゲーム中、上から数えて2番目に良い性能の代物です。

しかし、だからといって今日から巨大魚釣りに勤しむようになるか、というと、そうでもありません。
(一般的な巨大魚が釣れる海域は(淡水を除いて)全て対人戦可能区域なので)

従って、折角の高級釣竿ですが、このまま死蔵することになるのかな?と思っていました。

ところが、ふとPCの釣り熟練値を見てみると、(ブースト分込みですが)50kを超えています。
それの何が嬉しいかというと、『匠の釣り人』称号を獲得できるクエストを受けることができるのです。

クエストの内容は『マカジキ(中型)の剥製を一個納品する』こと。

マカジキはゲーム中最高難易度の釣魚ですから、今まで(最も低Lvの)竹竿しか使ってこなかった私にとっては、釣れる筈もないよなぁ、と諦めてきた魚でした。

しかし今回図らずも高級釣竿を手に入れ、最高級の餌もイベントで大量に入手していたので、(やってみよう!)という気になりました。

試しに『ヌイアン最初の地』から海に出て北上し、マカジキの魚群を探します。
すると幸運なことに一発目で魚群発見!

寄せ餌を撒いて釣りはじめます。
blog3049.jpg
竹竿ならこうはいかなったでしょうが、流石高級釣竿、いとも容易くマカジキが釣れます。

目指す中型は釣れなかったものの、マカジキを3匹ばかり釣った時の事、通りがかった(恐らく海賊島に向かう途中の)海賊PCに轢き殺されました(笑)
blog3048.jpg
PKerがいそうな場所と時間帯にノンビリ糸を垂らしていて、しかもたまたま釣り上げてしまった大型のマカジキを持って帰ろうと欲をかいて、よせば良いのに、ご丁寧に漁船を出してクレーンにぶら下げて目立っていたわけですから、いわゆる自業自得で、PKerを責めるわけにはいきませんね。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

幸い、取られるような名誉ptも元から持ってませんし、沈められた漁船の修理費10金は、イベント一回で約80金稼げるぴかぴか(新しい)ことから考えれば、まったく微々たる物。
更にクエスト対象のマカジキ(中型)はまだ釣ってませんでしたから、(折角釣ったのに〜)という悔しさもありません。わーい(嬉しい顔)

魚群の在り処はこちらで選べませんから、場所的な危険を回避することはできませんが、PKerが活動しないであろう時間帯を選ぶことは、ある程度可能です。
(つまり襲われたのは、それを考えなかったこっちの落ち度ということですね)

なので、気を取り直し、別の時間帯を見計らって再度チャレンジ。

今度はマカジキの魚群を発見するのに大層時間がかかりましたが、それでも最後には魚群を見つけ出しました。

先程の教訓を生かして、漁船は出さずに壊れてもいいような渡し舟で釣り、中型以外が釣れたらリリースして、中型が釣れたら即帰ろう、と思っていました。

すると、なんと一発目で中型HIT!
blog3050.jpg
開始後一投目で、早々に引き揚げることに(笑)

クレセントスローンの魚販売台で釣ったマカジキを剥製にし、
blog3051.jpg
そのままエズナのクエNPCに会いに行って、剥製を納品。
blog3052.jpg
首尾よく『匠の釣り人』称号ゲットです。手(チョキ)
blog3053.jpg
この称号を表示することで釣り熟練度が1000上がりますから、今まで付けていた100UPの称号から差し引き900上がることになりました。

熟練度が上がると釣り時に魚への与ダメが増えるので、一匹を釣り上げる時間がトータルで短くなります。
『狭間の釣り』イベントで言うと、それまで持ち帰るキャパギリギリの4匹目のマカジキを釣り上げるのにイベントの制限時間一杯までかかっていましたが、この称号を付けてから終了まで5分間余裕ができるようになりました。
(言うほど大した変化じゃないってことですねもうやだ〜(悲しい顔)

ところで、このイベントの(個人的には)最大の関心事であるレア魚ですが、『輝くチョウザメ』の後しばらく日が経ってから、『輝くマカジキ』も釣り上げることができました。
blog3056.jpg
これでレア魚四種の内、釣ってないのは『輝くバショウカジキ』一種のみとなりました。
いわゆるリーチ状態で、今回のイベント期間内で達成できるか?という期待もありましたが、どうやらそれは無理でした。ふらふら

四種コンプで何か報酬があるわけでもないのですが、コレクター心理としてはコンプしたくなるのは当然の話です。

(オクで買っちゃえば?)という悪魔の囁きが聞こえるのも事実ですが(笑)、こういったトロフィーは自分で獲得して初めて価値があるものだと思うので、次の(半年後?)イベントの楽しみに取って置くことにします。

posted by マウザー at 14:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Arche Age | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。